yogurting ヨーグルティング

サイバーエージェント

2021年06月18日

バンナム、スマホゲームと家庭用リピート販売好調

バンナム、2021年3月期の決算は営業益73%増の428億円
最終益53%増の332億円と過去最高 スマホゲームと家庭用リピート販売好調
2021年06月18日 17時22分 ソーシャルゲームインフォ
バンダイナムコエンターテインメントの2021年3月期の決算は、売上高2507億6500万円(前の期比4.3%増)、営業利益428億2000万円(同73.0%増)、経常利益440億5500万円(同69.0%増)、最終利益332億5700万円(同52.8%増)と大幅増益だった。営業利益と経常利益、最終利益については過去最高を更新したようだ。
ネットワークコンテンツにおいて、ワールドワイド展開している「DRAGON BALL」シリーズや「ワンピース」、国内の「アイドルマスター」シリーズ等の主力タイトルがユーザーに向けた継続的な施策により好調に推移した。家庭用ゲームは、「リトルナイトメア2」等の新作に加え、「DRAGON BALL」シリーズ、「TEKKEN(鉄拳)7」、「DARK SOULS(ダークソウル)」シリーズ等、高採算のリピート販売が海外を中心に人気となった。

バンダイナムコアミューズメント、2021年3月期の決算は営業損失63億円
2021年06月18日 18時58分 ソーシャルゲームインフォ
バンダイナムコアミューズメントの2021年3月期に決算は、売上高550億6800万円(前の期比22.4%減)、営業損失63億7100万円(前の期は31億2300万円の損失計上)、経常損失62億6500万円(同32億0400万円の損失計上)、最終損失125億7200万円(同50億0800万円の損失計上)と減収・赤字幅拡大となった。
新型コロナウイルス感染拡大を受け、国内外のアミューズメント施設等を休業したことにより、施設運営、業務用ゲーム機販売とも大きな影響を受けた。一方で、このような環境変化を受け、オンラインを活用したクレーンゲームの対応や、グループの商品・サービスの活用を強化した。

最近やたら株価がグダグダに下げてたんで新規売りしようかと考えてたけど
ちょうど決算前だったんで「ちょっと怖いな」って止めて正解だったのがバンナムです
でもその後、なぜかいきなり勢いがなくなって下げてたんで驚いたけどΣ(・ω・ノ)ノ

日本だけでなく、世界的にも新型コロナの影響で家の中にいることが増えたせいで
スマホゲームとか家庭用ゲームソフトが売れに売れて儲かってるみたいですね(´∀`*)
世界規模のなパンデミックが起きても儲かってる会社は儲かるんだなと
あらためて感じさせられたし、業績や株価を見てて色々考えさせられましたφ(.. )

一方でゲームセンターなどのアミューズメント施設を運営してる子会社は絶不調
休業に追い込まれて営業損失はさらに拡大しているみたいですね(´・ω・`)
ただ売上高が550億円とかあって思ったより多いんだなって感じたのも事実です

新型コロナがこれから世界的に収束していくとおそらくこの逆回転が起きて
スマホゲームや家庭用ゲームの売り上げが減少していく可能性が考えられるし
一方でアミューズメント施設の業績はこれから一気に回復していくんだろうけど
業績がこれほどよかったのに株価はあっという間に売られ始めたことを考慮すると
最終的には前者の方が稼いでるんで株価的にはマイナスって予測されてるんでしょうか
株価がかなり興味深い値動きをしていたのでしばらくウォッチしていくつもりです。

バンダイナムコホールディングス(7832) 7,808円 −71円 (−0.90%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7832
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7832.T/chart
売ろうと考えてただけあって日足のチャートは非常に悪いですよね(´・ω・`)
雲に上値を抑えられてて、決算よかったのにむしろ雲に押し返されて下げました
月足チャートを見た印象だけで言うと7,100〜7,300円まで調整しそうな感じ。

別件だけど最近驚いたのが歳サイバーエージェントの子会社のCygamesが強気で
やたらすごい好条件の採用かけたり入社支度金を払っていることですね
ウマ娘の調子がやたらいいんだなってことがよく伝わってきましたφ(.. )
ゲーム系の銘柄買うときは人材募集どれくらいかけてるかも重要な材料ですからね
2,150円あたりでサイバー買っとけばよかったなと死ぬほど後悔してる日々です。
120148684360cc44506cda00011



ss2286234570 at 18:09|PermalinkComments(0)

2021年05月05日

サイバーエージェント、うまぴょい効果でゲーム事業の営業益122%増

サイバーエージェント藤田社長『ウマ娘』は「収益性が高く利益を引っ張り上げてくれた」
第2四半期のゲーム事業は売上・利益とも過去最高
2021年04月28日 16時57分
サイバーエージェント<4751>は、この日(4月28日)、第2四半期の機関投資家・アナリスト向けの決算説明会をオンラインで開催し、ゲーム事業の売上高が前年同期比42.7%増の639億円、営業利益が同122.3%増の232億円と過去最高を更新したことを明らかにした。営業利益の伸びは、『ウマ娘 プリティーダービー』の貢献による。収益に貢献したのは2月24日からの1ヶ月強の数字であり、四半期ベースでフル寄与する次の四半期はさらなる伸びが見込まれる。
藤田晋社長は、「前回の発表時が数字の谷だったが、既存タイトルの周年イベントによる復調に加えて、新作タイトル『ウマ娘』と『ニーア リィンカーネーション』が大きく貢献した」と述べた。特に利益貢献に大きかったのは、リリース1.5ヶ月弱ながら『ウマ娘』だ。「自社IPタイトルであり、(他社IPを使ったタイトルに比べて)収益性が高く、売上だけでなく、営業利益も大きく引っ張り上げてくれた」とコメントした。





サイバーエージェント決算
https://www.cyberagent.co.jp/ir/library/results/

さて『ウマ娘』のおそるべき効果でサイバーエージェントの決算が跳ねました
しかしウマ娘なんて数年前からアニメとか曲とか出て先行して盛り上がってたのに
なんで今ごろゲームリリースで増益とか騒いでるのかと思って調べたら
2018年冬にリリース予定だった当初のウマ娘のゲームの開発を2年半も延期して
おそらくほぼ1から作り直してようやくリリースに漕ぎつけたって感じですねφ(.. )

CygamesっていえばどちらかといえばRPGとかカードゲームが有名だったけど
https://www.cygames.co.jp/
『ウマ娘』みたいなコンテンツゲームで大ヒットさせたのは実力があるからでしょう
しかも1から自社企画で作成した自社IPなので収益力が非常に高いわけです
例えば、すでに世の中に存在してるアニメなどのコンテンツを借りてゲームを作れば
固定ファンが一定数いるので一般的には大こけしないのでヒットしやすい傾向があります。
一方で、完全にオリジナルコンテンツでゲームを開発すると金も時間もかかるわけで
しかも固定ファンも知名度も最初はゼロなので外したら大コケするリスクもあります

今回の『ウマ娘』はゲーム開発に2年半かかって非常に困難な事態になってたようですが
事前にWEBコミックサイトのサイコミあたりで先行して漫画展開やアニメ展開を進めて
アニメ化した過程で声優のライブを開催したり配信したりして認知度を高め
そして最終的に2021年2月にゲームをリリースして大ヒットという流れだったようです。
一般的にはゲームを出してから漫画・ゲーム・声優ライブ展開をしていくので
それらとはまったく真反対の流れでやっていたのが『ウマ娘』のようですφ(.. )
0508












一番驚いたのが『ウマ娘』が2月24日にリリースしたばかりなのにすでに大ヒットして
2/24〜3/31までのたった36営業日の結果だけで業績に貢献してる点ですよねΣ(・ω・ノ)ノ
わりとDL数が圧倒的にランキング1位を独走してるようなので
このまま3か月程度上位に位置して利用者と課金で利益を積み上げていくことができたら
次回の2021年4〜6月の四半期でとんでもない利益叩き出しちゃうんじゃないでそか
率直にいってさらに業績が上振れするんじゃないかなって思うんですよねΣ(゚д゚;)

ちなみにサイバーエージェントの「ABEMA」事業は失敗したみたいな
誤った認識で批判してる人(バカ)が投資家においてですらいるようですけど、
実際には有料会員の「ABEMAプレミアム」と競輪のチケット販売で大当たりしてて
昨年時点ですでにアベABEMA 事業の売上高が前年比で1.6倍に拡大してるんだおね
基本的にこういった事業は先行投資が嵩むので当初のうちは赤字になるんですけど
売上高がしっかり右肩上がりに増えてたら客観的に考えて黒字化は容易でしょう
そう遠くない将来に黒字化してまた株価が上振れしそうな気がします(´∀`*)
https://www.businessinsider.jp/post-228651

0509



ss2286234570 at 22:06|PermalinkComments(0)

2021年02月04日

2/4 株式市況 勝負の春

ソニー株が2000年来高値、営業利益2期ぶり最高へ−アナリスト高評価
2021年2月4日 9:14 Bloomberg
ソニー株が20年超ぶりの高値。今期(2021年3月期)の営業利益が従来予想比34%増(前期比11%増)の9400億円になる見通しだと3日に発表した。上方修正するのは昨年10月に続き2度目で、19年3月期に計上した最高益を2年ぶりに更新する見込みとなった。
4日の日本株市場で、株価は一時前日比9.5%高の1万1650円と大幅に5日続伸。2000年9月以来の高値を付けた。上昇率は19年5月17日(11%)以来。
SMBC日興証券の桂竜輔アナリストはリポートで、第3四半期(10−12月)が売り上げ、利益とも市場予想や同証予想から大幅に上回れ、「ポジティブな印象」と指摘。通期の上方修正も着実に中期成長への戦略進展が見られ、高く評価するとし、投資判断「1(アウトパフォーム)」を継続した。
-1x-1









KADOKAWA、サイバーエージェントおよびソニーから100億円の資金を調達。
さらなるIP強化を推進
2021.02.04 20:03 ファミ通.com
KADOKAWAは、2021年2月4日開催の取締役会において、サイバーエージェントおよびソニーを割当予定先とする第三者割当による新株式の発行について決議。約100億円(調達額99億9999万9250円)を調達し、さらなるIPの強化を図ることを発表した
発行新株式数は、284万4950株となり、サイバーエージェント、ソニーそれぞれに142万2475株を割り当て。調達した資金は、50億円を新規IPの創出・開発・取得にあて、50億円が既存IP活用の最大化にあてられる(支出予定時期2021年3月〜2023年3月)。
サイバーエージェントとKADOKAWAは、両社の事業・ノウハウなどの強みを活かしつつ、 サイバーエージェントが有するスマートフォン向けゲームの開発・運用力とKADOKAWAのコンテンツ力を組み合わせ、 IPのグローバル・メディアミックスをより強力に推進すべく、 両社の事業面における提携関係の構築・強化に向けた協議を進める。

アメリカ市場の急落があったものの直後に切り替えしてきたおかげで
NYダウもあっさり反発した値動きになってきましたφ(.. )

NYダウ
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800

ダウよりも強かった日経は円安の効果もあったのかあっさり反転しましたにょ(σ´∀`)σ
まあ日経はまだ崩れそうな気配がなくもないので注意は必要ですけど
ダウが落ち着いてきたので日経もそのうち落ち着いてくるんじゃないのかなと
そもそも2月に深刻な下げがくるって経験上あまりありませんから。
(地震とか去年の新型コロナの拡大のような特殊事情を除いたらですが)

ちなみに手持ちの保有銘柄は高値を更新しまくりで大きく上げてたにょ(σ´∀`)σ
最近は日経が200〜300円下げてるのに手持ち株はなぜか上げてることが多いです。
日経下げてるってより、下げてる銘柄から上げてる銘柄に資金シフトが起きてる感じ。
ソニーのように業績がいい銘柄には強く買いが入ってきてるし、
半年先に増産で値崩れしそうな半導体銘柄は明らかに天井打ったような値動きです

旅行・レジャー銘柄セクターのエアトリオープンドアベルトラ旅工房とか
前回取り上げたセクターはどこもガンガンに上げまくりだおね
チャートがいい有望セクターとして前回書いたJフロント三越伊勢丹高島屋H2Oリテ
の百貨店銘柄なんてどの銘柄も上げまくりで資金が流入しているのがわかります。
百貨店は非常に有望なのでもちろん買おうかなって目星は付けてたんですが
とはいえ、あまり銘柄増やすより効率的に銘柄を絞った方がいいと判断したわけで、
今のとこはマツダエイチ・アイ・エス青山商事新日鉄に集約してます。
以前から書いてるこの4銘柄に資金をブッコんでその他を少しといったところ

日本航空(9201) 2,201円 +150円 (+7.28%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9201
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9201.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v
ついに月足チャートでゴールデンクロスが入ってることを確認できました
ちょっとHISの指値が約定しすぎてポジが膨らんだので他の銘柄購入は消極的です。
とはいえ、ぶっちゃけJALのチャートも「気がついたら即買え」系の強いチャートだおね。
この形に入って上がらないというのはまずありえないだろうという強いチャートです。
もしHISをこれほど買い増してなかったら即日JALを買ってたと思います(´・ω・`)
現在は週足の上の雲に突っ込んでるのでそのまま即突き抜けるかは謎だけど
2,500円あたりまでは躊躇なくいくと思います。2,500〜3,000円はよくわからないけど。

一方のANAは月足チャートではゴールデンクロスを達成せずもたついている感じ
ただ週足で上の雲がある2,470〜2,500円くらいまでは目先の上昇余地があります。
ちょっと出遅れている分だけ来週から資金が入ってきそうな気がしますが

関東圏はまだ緊急事態宣言継続なんでJR東日本はまだ強くないですけど
JR東海JR西日本はメチャクチャ上がり始めてますよねΣ(・ω・ノ)ノ
JR東海は18,000円あたりまで、JR西日本は7,000円あたりまでは余裕で上げそう
JR東日本は7,200円超えると週足でけっこうぶ厚い雲に阻まれてますけど
予定通り3月に緊急事態宣言の解除または緩和という流れになっていくのであれば
3〜4月ころには8,500〜9,000円回復してる気がするんですよねφ(.. )
前も書いたけど外食・人材だけでなく航空・陸運は脱コロナ銘柄の筆頭銘柄ですしね。

ユナイテッドアローズ(7606) +254円 (+14.39%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7606
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=7606.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v
四半期決算が良かったことを好感して上げまくってるユナイテッドアローズ。
監視してた銘柄ですけど非常にきれいに月足でゴールデンクロス入ってますよね
チャートの形状はJALと完全に同じような典型的な綺麗な上昇チャートです
現在は週足の上の雲に突っ込みまくって突破するかどうかって段階ですね(´・ω・`)
すでにちょっと急騰しすぎ気配もあるんでそのまま行くかは謎ですけど
2,250〜2,300円あたりまでは普通に達成すると思われますφ(.. )
同じようなライトオンも月足でゴールデンクロスみたいな形になっています
ようは同セクターに強い買いがはっきりと入ってるってことです。

青木ホールディングス(8214) 611円 +39円 (6.82%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8214
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8214.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v
青山商事を買ってるんだからそりゃ青木もはるやまも当然チェックしてるわけで
じゃあなんで青山商事にしたかというと週足の上の雲までスペースが大きくて
青山商事の方がより上昇余地が大きいだろうと判断したからですφ(.. )
青木も640円あたりまでは軽く上がりそうだけど、その雲を抜けるかは不透明でそ。
あそこをもし抜けるような動きをしたら月足で800円くらい行く可能性あるでそ
まーとりあえず「脱コロナ銘柄」を買いまくっとけばいいんじゃないかってこと。

キャリアリンク(6070) 3,095円 −15円 (−0.48%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6070
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6070.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v
決算がキチガイみたいにいいのでアホみたいに上がりまくっているキャリアリンク
ずっと前から監視してて指値を出し続けてるんだけ約定しないんだこれが

ダイヤホールディングス(6699) 1,921円 +115円 (+6.37%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6699
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6699.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v
2ちゃんで教えてもらってからずっと指値出してるけど買えない銘柄です(´・ω・`)
1/18と1/29だけは下げたんでそこが買うチャンスといえばそうだったんだけど
ちょうどその日は日経もダウも怪しくて買い指値出さなかった日なんだなこれが
超期待値のある監視銘柄筆頭に入ってるけどなんせ指値だよぜんぜん約定しない。
自分とは縁のなかった銘柄なんだと割り切ってすでに諦めています(´;ω;`)

鳥貴族(3193) 1,616円 +99円 (+6.53%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3193
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3193.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v
最近は外食系全般に強い買いが入ってることな投資家なら知ってるでしょう
以外と気がついてない人いますけど実は鳥貴族は月足でゴールデンクロスなのよね。
大した株数じゃないですが自分の判断が正しいかを試す意味でも試しに買っています
飲食・飲み屋系で月足で一番良いゴールデンクロスしそうな綺麗なチャートだったんで。
なんていうか自分の読みや判断が本当に正しいのかを確認するためにも買いました。
儲けるためっていうより何を根拠にして判断すればいいのかを実証したかったので。

串カツ田中は日足だとか上に抜けてるんでそういう意味では良いチャートなんだけど
月足だと1,880〜1,900円あたりに重い上値抵抗線がありますよねφ(.. )
日足はいいけど月足はよくない串カツ、日足はしょぼいけど月足がとびきり良い鳥貴族。
どっちを買うのが今の地合いで正しい判断なのかを確認したかったってことです
日足と月足どちらを優先すべきかって意味でJALとANAの値動きと同じなんですよね。
自分の考えでは月足チャートを絶対優先で銘柄選ぶのが正しだろうと考えてます

日本水産(1332) 493円 +41円 (+9.07%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=1332
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=1332.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v
ファインケミカル銘柄で検索してたらたまたま見つけて監視してた銘柄です。
これもJALとかユナイテッドアローズと極めて近似したチャートですよね。
チャートだけでいえば垂涎の的というか絶対上がるって感じのいいチャートです
監視してただけで買ってはないですけどチャートがいいので登録しときました
決算は大してよくなかったんですけどチャートが良かったんで上がった感じだおね。

カドカワ(9468) 3,900円 +280円 (+7.73%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9468
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9468.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v
日足チャートがいい感じに切り上げてて決算期待もあってポジってるカドカワです。
カドカワは値動きが予測しやすくて極めてテクニカルな動きなのでよく売買してます。
決算も非常によかったんですがそれだけだと出尽くしで下げる懸念があったんですが、
業績予測の引き上げと増配ってネタもなかなかいい支援材料でしたが、
時価総額2,552億円のカドカワがサイバーエージェントとソニーに第三者割当で
100億円の増資を引き受けてもらって資金調達をするというビッグニュースがありました
借金返済のために増資したとかだったらボロ下げしてた可能性すらあるんだけど
決算ではなく間違いなく増資が材料視されて上がったのは間違いないでしょうφ(.. )
ちなみになつさんはカドカワをガンガンに買い増そうと考えています(*´∀`*)ムフー


※今回のブログ記事は後半部分を書き足しています


ss2286234570 at 18:54|PermalinkComments(0)

2020年07月27日

サイバーエージェント、コロナ禍の3Qは「思ったより堅調」

サイバーエージェント、第3四半期のネット広告は新型コロナの影響受けるも売上微増を達成
2020年07月22日 17時49分更新 ソーシャルゲームインフォ
サイバーエージェント<4751>は、この日(7月22日)、第3四半期の決算説明会で、インターネット広告事業の売上高が前年同期比で横ばい(0.01%増)の643億円、営業利益が同6.0%減の47億円だったことを明らかにした。新型コロナウイルスの影響があったとはいえ、売上を大きく落とす会社が多い中、わずかでも増収を達成したことには大きな意味がある。同社の藤田晋社長(写真)によると、これまでの広告主については新型コロナの影響を受けて出稿が減ったものの、いわゆる「巣ごもり需要」を取り込めそうなデジタル関係の広告主が積極的に出稿してくれたことでカバーしたとのこと。7月からは経済が再開し、徐々に回復してきたという。
  
サイバーエージェント、コロナ禍の3Qは「思ったより堅調」
2020年07月22日 20時49分 ITmedia NEWS
サイバーエージェントが7月22日に発表した2020年4〜6月期の連結決算は、売上高が1128億円(前年同期比0.7%減)、営業利益が82億円(同12.3%減)と減収減益だった。しかし藤田晋社長は、同日の決算会見で「新型コロナウイルスの影響を受けそうかなと保守的に見ていたが、業績は思っていたより堅調に推移した」と前向きな見方を示した。
主にメディア事業と広告事業がコロナ禍の影響を受けたが、3〜5月にリモートワークを実施したところ、交際費や広告費を大幅に削減。販売管理費が237億円(第2四半期は269億円)に減ったため、営業利益を堅調に確保できたという。4〜6月期単体の連結業績をセグメント別にみると、メディア事業の売上高は133億円(前年同期比19.2%増)、営業損益が40億円の赤字(前年同期は41億円の赤字)。
コロナ禍でインターネットテレビ局「ABEMA」(旧称AbemaTV)の広告収入が減ったが、“巣ごもり需要”によりWAU(週当たりのユーザー数)が増加。緊急事態宣言の解除後も好調に推移した。
dy_ca_02




.
サイバーエージェントが7/22に決算を発表しました(´・ω・`)
当初は週末の連休に記事を作成するつもりだったんですけど
途中までしかできてなくて間に合わなかったんで先ほど掲載しました

前四半期(1-3月)と比較すると売上高が−12.6%
営業利益が−33.8%、経常利益が−34.2%マイナスにはなっていますね
コロナ下においても業績そのものはぶっちゃけ悪くなかったと思います
ただ株主はサイバーの業績がもっと伸びてると期待してたみたいですね(´・ω・`)
コロナ過のど真ん中で広告主は広告の出稿を大きく手控える傾向にあります。
(4月は都内もほとんどの企業が在宅勤務だったんで広告出しても誰も見ないですし)
他の広告代理店は4-6月はかなりボロボロでしたがサイバーは頑張った方でそう。
ただ特別損失?が30億円発生してるのがこれは何だろうというところです

7月に入ってから決算期待でやたらサイバーの株価が上がってたんで
実際には前四半期(1-3月)より悪化してたので期待外れで一気に売られたようです
瞬間的にはMAXで700円くらい下げてるんでかなりエゲツナイ下げですね
でも今回は決算よくても悪くても結局は株価が織り込みすぎてたこともあって
どういう結果であったにせよ株価は大きく下げたと思うんですよね(´・ω・`)

期待されてないときは期待を裏切って決算が良くて上げること多いですけど
期待先行で株価が上げてる時に決算よくて上がったことってほとんどないですから
これはいつものパターンなんでやっぱりかというおが印象ですφ(.. )
決算日が7/22でその日の夜にはPTSでそこそこ売られてる感じだったんで
どっちみち売られるのはその時にほぼ見えてたことですしね

もちろん決算で下げる可能性高いとは結構予想はしていましたが
確信は出来なかったので今回は決算持ち越しトレードはしませんでした。
やっぱり80%くらい行けると思えないと持ち越しは難しいですよねΣ(・ω・ノ)ノ
4/22の決算の時は株価もあまり業績を織り込んでる風ではなかったですし
決算はよいだろうとかなり強く予想してたんで珍しく持越ししましたけど

サイバーエージェント(4751) 5,760円 −440円 (−7.10%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4751
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4751.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

2020年06月12日
ためころ事件から10年目、サイバーエージェントが電通を逆転

2020年04月23日
サイバーの純利益4.4倍 10〜3月、広告・ゲーム好調

2020年01月30日
サイバーエージェント、10〜12月期の営業利益は44%増の77億円と大幅増


ss2286234570 at 18:36|PermalinkComments(0)

2020年04月23日

サイバーの純利益4.4倍 10〜3月、広告・ゲーム好調

サイバーの純利益4.4倍 10〜3月、広告・ゲーム好調
2020/4/22 20:30 日本経済新聞
売上高は7%増の2448億円、営業利益は45%増の202億円だった。広告事業は大型案件が増え、部門別営業利益は28%増の123億円だった。ゲーム事業の部門別営業利益は46%増の155億円だった。インターネットテレビ「アベマ」を含むメディア事業は92億円の営業赤字で、前年同期(90億円の赤字)と同水準だった。外出自粛を受けた「巣ごもり需要」もあり利用者数が増えたが、販促費も増えた。
新型コロナにより「3月に入って広告のキャンセルが発生し、4〜6月期以降は影響を免れない」(藤田晋社長)見通しだ。ただ20年9月期の通期業績予想はもともと保守的だったことに加え、上期は想定以上に好調だったとして据え置いた。

サイバーエージェント藤田社長「コロナの影響は3Q以降」
ITmedia NEWS 2020年04月22日 18時54分
サイバーエージェントが4月22日に発表した2020年1〜3月期決算は、売上高1291億円(前年同期比10.1%増)、営業利益124億円(同45.3%増)と増収増益だった。広告事業とゲーム事業が好調で、増益に貢献した。同社の藤田晋社長は決算会見で「巣ごもり需要もプラスに働き、メディア事業の『ABEMA』はWAU(1週間当たりの利用者)が大幅にベースアップした。しかし、3Q(20年4〜6月期)以降は新型コロナウイルスの影響で広告事業は明らかに減退する」と語った。
広告事業は売上高727億円(同9.2%増)、営業利益67.2億円(同23.7%増)と順調に推移。「新規開拓した広告主の売上を伸ばす戦略が奏功した」(藤田社長)としている。

ABEMA、「有事」での強さ発揮しWAU急増 柔軟なニュース配信で巣ごもり需要取り込む
2020年04月22日 16時57分
サイバーエージェント<4751>の藤田晋社長(写真)は、この日(4月22日)に開催した第2四半期の決算説明会で、「ABEMA」のWAU(週次アクティブユーザー数)が急増したことを明らかにした。昨年後半は1000万近辺で推移していたが、新型コロナウイルスの感染拡大による巣ごもり需要を取り込むことに成功し、20〜30%のベースアップを果たしたという。
0423


さてなつさんが3月にナンピン買いしてたサイバーエージェントですが
思いのほか決算がよくてちょっとホッとしました(*´∀`*)ムフー
といいつつも決算全力持ち越しはさすがに怖くてやってられなかったので
3,500〜4,400円で半分売却済みなのでこれから残りも売却していこうかな(´∀`*)

そもそもサイバーエージェントって広告事業以外はほぼネットビジネスなんで
広告事業さえなんとかなれば決算はいいだろうと睨んでたんですよね
アベマTVは視聴者伸びてたし年始から国内大手クライアントがいっぱい出稿してたし
新型コロナウイルスが流行ってもゲーム事業とアベマTV事業は伸びてるだろう
と予想して3月に下げたとこで買い増ししてたのがようやく功を奏しましたφ(.. )

ゲーム事業の売上高も前四半期比で+100億円くらい増えてるようだし
最近は業績を伸ばすためにテレビでの派手な広告は控えてるって決算で言ってたし
(昨年の秋くらいからテレビの地上波ではゲームの広告ほとんど見なくなった)
費用を削った分利益はおそらく伸びてるだろうと期待してましたが、
予想通りというかそれ以上にゲーム事業がガッツリ利益を伸ばしてたようです

とはいえ、4月に入って緊急事態宣言が発令されたことで大手企業も続々と
自宅でのテレワークに切り替えてるので広告出稿自体が増えるわけはまずないし
工場をほぼ止めてしまってる大手自動車会社のCMも最近めっきり減ってるし
なによりも旅行・航空・鉄道・ホテル宿泊・レジャー関係は業績超悪いから
売上げが減ったらまず広告費を削ってくるのはまず間違いないですおね
サイバーエージェントも認めてる通り広告事業はここから悪化していくでしょう。
そうなると結局はゲーム事業とかでどこまで補えるかだと思うんですよね
業績予測をかなり低めに見積もってるとはいえ、先が見通しにくいのは事実でそ。

サイバーエージェント(4751) 4,115円 −35円 (−0.84%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4751
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4751.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
3月の下げたとこで買ったのはETFと個別銘柄ではネットで稼いでる企業の株
途中で神戸物産も買いましたが、こちらを購入したのは4月に入ってからの話。
もちろんNTTドコモとかKDDIとか新型コロナの影響をまったく受けない
携帯キャリア大手の株を買うことも検討したんですがこちらは最終的に止めました
(ETF買うのとあんまり変わんないんじゃないかなと思って中止に)
結果論といわれたらそれまでの話ですけど予想はそれなりに当たって印象ですね
少なくともサイバーもメルカリもヒロセ通商もしっかり上がってましたしφ(.. )


ss2286234570 at 01:23|PermalinkComments(0)

2020年02月01日

サイバーエージェントのノア買収! 新日のブシロードと対決?

サイバーエージェント、プロレス「ノア」買収
2020/1/29 18:57 日本経済新聞
サイバーエージェントは29日、プロレス団体「プロレスリング・ノア」を運営するノア・グローバルエンタテインメント(東京・千代田)の全株式を取得し子会社化することで合意したと発表した。サイバーはインターネットテレビ「アベマTV」で格闘技の番組を配信している。ノアの試合も配信しコンテンツを強化する。
株式取得は2月1日を予定する。サイバーはプロレスの興行を手掛けるDDTプロレスリング(東京・新宿)を17年に子会社化し、DDTグループが開くプロレスの試合やオリジナル番組をアベマTVで放送している。今後はノアの試合も放送する。29日に記者会見に登壇したサイバーの藤田晋社長は「プロレスのコンテンツとしての魅力に期待している」と話した。





.
サイバーエージェントがプロレス団体「ノア」を買収したようです
けっこう前からアベマテレビで格闘技の番組多かったですから
なにかしらの格闘技団体を買収する可能性はあると思ってたけどノアですか
サイバーは2017年にDDTも買収してるのにノアも買収するってことですね。

現在、アベマテレビと組んでるテレ朝は土曜の深夜に新日の放送してるから
いまさらプロレス団体を買収するってのはあまり予想してなかったです
ただブシロードが買収して成功させた新日本プロレスという前例があったから
それを参考にして本格参戦を決めたのかもしれませんφ(.. )
楽天の成功を見てプロ野球ビジネスに参入を決めたDeNAみたいなものかも。

新日本プロレスといえば誰でも知ってる知名度の高いレスラーが多数いますね
一番有名なのがスーパースターの棚橋弘至内藤哲也オカダ・カズチカ
鉄の鎖を首にまいてるけどまさかの金属アレルギーの真壁刀義
今はアメリカに行ってしまったオカダのライバルでもあったケニー・オメガ
ケニー・オメガといえば小学生とのバトルを見た人も多いはず。

じゃあサイバーエージェントがブシロードのライバルになるか・・・
といったらまずありえないでしょうね。
だって両社はビジネスでガッツリ組んでる協力会社同士ですからΣ(・ω・ノ)ノ

山手線の車両にベタベタ気持ち悪い「BanG Dream!(バンドリ!)」の
広告を貼ってるのがブシロードですね
もとは月間ブシロードで連載していた漫画をアニメ・ライブ・音楽などに展開し
いわゆるメディアミックス戦略で大成功!したのがブシロードですが、
そのスマホゲーム「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」を開発して
大ヒットさせたのがサイバーエージェント子会社Craft Eggであるのは有名な話
さらに両社は「プリンセスコネクト!Re:Dive」のビジネスでも組んでる旧知の仲

サイバーエージェントとブシロードの関係はいわば巨人阪神みたいなもの。
一緒に戦うからこそ観客を呼び込むことで観客を増やしている間柄です。
ブシロードが所有する「新日本プロレス」とサイバーエージェントの「ノア」が
本当に客を奪い合うような対立関係になる可能性なんて0.1%もありえない話でそ
サイバーエージェントがノアを強いプロレス団体に育てることによって
新日とノアをぶつけて観客動員数を増やしていく間柄でしかないので
両社は明らかなビジネスパートナーでしかないわけですφ(.. )
むしろサイバーエージェントvsブシロードという構図自体がそもそもプロレスだおね。
 





サイバーエージェント(4751) 4,415円 +170円 (+4.00%)


ss2286234570 at 06:51|PermalinkComments(0)

2020年01月30日

サイバーエージェント、10〜12月期の営業利益は44%増の77億円と大幅増

ネット広告事業売上は前年比8.1%増、営業利益33.7%増
−サイバーエージェント19年10-12月期決算−
2020年1月29日
サイバーエージェントは、2020年9月期第2四半期(対象期間:2019年10-12月期)の決算を発表した。該当四半期の連結売上高は1156億8100万円で前年比4.4%増。営業利益は77億3300万円、前年比44.6%増。
主力事業の内訳は、メディア事業が122億2900万円で前年比6.9%増、営業損失が50億5000万円(前年同期損失額は46億8300万円)。売上増をけん引したAbemaTVへの投資を継続。ゲーム事業は、既存タイトルが堅調に推移する一方で、新規タイトルが貢献。売上高は352億5100万円で前年比3.1%減、営業利益が51億1800万円で、前年比60.3%増と大幅な増益。インターネット広告事業は、新規開拓したクライアントの広告取扱高拡大に注力し、売上高は673億2200万円で前年比8.1%増と、過去最高を記録。営業利益は56億6200万円、前年比33.7%増。営業利益率も前四半期の7.8%から、8.4%に上昇した。
AbemaTVの有料プレミアム会員は、19年12月末時点で前年比約1.7倍の59.3万人に達しており、年内100万人超を見込む。また、昨年4月に開設した「競輪チャンネル」を通じて販売している公営ギャンブルチケットの19年10-12月期取扱高は17億円に達しており、主力の広告や課金に次ぐ、新たな収益源の一つとして立ち上がりつつあるようだ。

サイバーエージェント、10〜12月期の営業利益は44%増の77億円と大幅増
ゲームとネット広告伸長 AbemaTVは投資継続
2020年01月29日 15時09分
サイバーエージェント<4751>は、本日(1月29日)、第1四半期(2019年10月〜12月)の連結決算を発表し、売上高1156億円(前年同期比4.4%増)、営業利益77億円(同44.6%増)、経常利益77億円(同44.6%増)、最終利益14億円(同58.9%増)だった。前年同期は下方修正を行うなど振るわない決算だったが、大幅な増益となった。





サイバーエージェント 2020年1Q決算発表
決算資料

実は今回のサイバーエージェントの決算がいいの知ってたんだおね(´・ω・`)
ただおもくそサイダー情報だったからもちろん売買はしなかったけど
知り合いがいるってのもあるけどあそこの社員ちょっと口が軽すぎだろと。
実は前にもアメブロ事業が黒字化したときの決算もしゃべってるやつがいたのよね
その時は買おうと思ってたけど知っちゃたからもちろん買わなかったけど
今回もほとんど似たような感じでペロッとしゃべりおったやつがいた。アホかと
個人的な見解だけど、サイバーはもうちょっと社員教育した方がいいと思うね。
悪意はなさそうなんだけど、嬉しさを隠しきれないでしゃべるやつが明らかにいる。

まあそれはさておき、サイバーエージェントは業績回復で株価爆上げでした
広告事業が大きく伸びて貢献したのと、ゲーム事業のコスト削減が功を奏したと
もともとゲーム事業は売り上げは良かったんでテレビ広告費なんかを圧縮したことで
営業利益が一気に増えてそれが大きく貢献したようですφ(.. )

でも一番大きいのは予想以上にアベマ事業の売り上げが伸びてたことでしょう(´∀`*)
アプリのダウンロードの伸びも順調で課金もしっかり伸びてる様子。
なにより競輪の公営ギャンブルの放映でしっかり稼げているようです。
おそらく事前予測で「アベマ事業は非常に不調で足を引っ張ってる」っと思われてて
その予測がいい意味で裏切られたんで株価が一気に上がったってことですね

実は最近まったく地上波のテレビをまったく見なくなってきたんですよね
そのかわりアベマテレビは毎日数時間見てるし、土日はずっとつけてることが多い。
個人的な印象としてアベマテレビはかなり気に入ってるし応援しています
番宣がまだちょっと多すぎるんでもっと減らして広告増やしてもいいと思うお。
いっぱい儲けて、業績よくして、それでサービス継続してくれた一番うれしいな

サイバーエージェント(4751) 4,245円 +580円 (+15.83%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4751
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4751.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

ss2286234570 at 18:25|PermalinkComments(0)

2019年04月26日

サイバー藤田社長、「アベマTVに年200億円投資続ける」

サイバー藤田社長、「アベマTVに年200億円投資続ける」
2019/4/24 20:19 日本経済新聞
アベマTVの専用アプリの累計ダウンロード数は3900万件で、有料会員数は約40万人だった。18年10月に電通などと資本業務提携したことにより広告収入が拡大。広告収入と課金収入の割合は65%対35%だった。「将来は1対1の割合にしたい」考えだ。
外部との連携も進める。2月にはスポーツ動画配信サービス「DAZN(ダゾーン)」を手がける英パフォームグループと、サッカーJリーグの放映などで業務提携した。ソニーなどと提携して、アベマTVに対応するテレビも増やしている。「多角展開することでアベマの収益モデルを強化する」という。ただ黒字転換の見通しは明らかにしなかった。

【速報2】サイバーエージェント、ゲーム事業の営業益はQonQで134%増の74億円と急回復
サイバーエージェント<4751>は、本日(4月24日)開催の決算説明会で、ゲーム事業の収益が急回復したことを明らかにした。第2四半期(1〜3月)の業績は、売上高399億円(同9.8%増)、営業利益74億円(同134.1%増)と営業利益が大きく伸びた。
主力タイトルである『グランブルーファンタジー』をはじめ、『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』、『プリンセスコネクト Re:Dive』など周年記念効果で売上が伸び、売上高は四半期ベースで過去2番めの水準となった。利益面では、増収効果に加えて、広告宣伝費の適正化が奏功した。広告宣伝費は「強めのアクセルを踏んでいたこともあり、第1四半期で86億円使ったが、この四半期は50億円弱まで下げた」

【速報3】サイバーエージェントのネット広告事業は過去最高の売上に
サイバーエージェント<4751>は、本日(4月24日)開催の決算説明会において、インターネット広告事業の売上高が前年同期比10.8%増の674億円と過去最高を更新したことを明らかにした。クリエイティブやAIなど先行投資を行っているものの、営業利益も56億円と過去2番めの規模となった。
ナショナルクライアントもしくはブランド広告主など新規開拓の取り組みが奏功したという。前年同期を100としたとき、化粧品が153、メーカーが167、自動車・バイクが184と大きく伸びた。

WAU1000万視野のAbemaTV、収益化の準備着々 電通経由の広告売上と定額課金拡大
WAU(週次アクティブユーザー数)1000万達成が見えたことから、収益化の取り組みも徐々に強化している。資本提携を行っている電通経由の広告売上が伸びているほか、課金ユーザーも40万人を突破した。広告主も、いわゆるナショナルクライアントが増えているという。藤田晋社長は「何年も前からナショナルクライアントがネットにシフトするといわれてきたが、なかなか起きなかった。
そこで「AbemaTV」では、ブランドセーフティなメディアを目指した。同時にテレビや新聞、雑誌を見ない若者に受け入れられるメディアであることも目指した。質の高いオリジナル番組を充実させることで若年層を取り込みつつ、広告主の価値毀損も防ぐ。「広告商品としても価値の高いものができてきたのでは」と振り返った。

新オフィス「Abema Towers」をグランドオープン
ビル1Fに「AbemaTV」の公開スタジオをオープン。FANTASTICS from EXILE TRIBEが出演したこけら落とし特番には300人ものファンが集まりました。HIPHOPチャンネルの番組「AbemaMix」など、東京・渋谷発のインターネットテレビ局「AbemaTV」の番組配信を通じて、「UDAGAWA BASE」が渋谷のランドマーク的存在になることを目指しています。
0428











2019年9月期第2四半期の決算短信(2018年10月1日〜2019年3月31日)
連結売上 2,281億8,400万円(+10.1%)
営業利益    139億4,900万円(−29.3%)
経常利益    137億2,900万円(−26.1%)
最終利益       10億8700万円(−74.4%)

2019年9月期第2四半期の決算説明資料(2018年10月1日〜2019年3月31日)


サイバーエージェントの四半期決算が4/24に発表されましたφ(.. )
前年比ではかなり業績が大きく落ち込んでますがこれはもう織り込み済みです。
落ち込みが激しかったゲーム事業が復調してきたのは良いけど
とはいえ全体的には業績はまだ落ち込んでるので安心できる水準ではまったくありません
四半期ベースでは良い決算ですが、株価的にはなかなか評価のわかれる決算でそう。
最終利益がやたら少ないのはアメーバ事業のサービス終了の減損と
本社移転費用12億円の特別損失が嵩んだこと
による影響だそうです(´・ω・`)

直近でかなり激しく業績が落ち込んでたゲーム事業がコスト削減のおかげもあって回復
四半期別の売上高も大きく伸びて、広告費を前四半期比で36億円ほど削ったことで
ゲーム事業単体の営業利益も31億円から74億円へと2倍以上回復したようです

サイバーエージェントのネット広告の国内シェアは20%で1位だそうですφ(.. )
ただの営業チームだと売上げが増えても利益率は伸びないのが広告事業ですが
エンジニアを大量に雇用して広告の自動運用と最適化を早くから手掛けていたので
それらが結果的に広告事業の成功につながったのかもしれませんね
一時期はアメーバ事業が主力で広告事業は縮小かみたいなことが書いてあったけど
現在ではむしろ広告事業の方が主力で、アメーバピグはサービス終了するようです


サイバーエージェントの子会社のCygamesといえばゲーム事業会社としても有名です。
最近はサイバーエージェントという名前を隠したままでCMでもよく見かけるし
海外サッカーとかのメインスポンサーなどでも見かけるようになりました
ってかサイバーエージェントのゲーム事業だけで子会社が11社もあるんですねΣ(゚д゚;)
ゲーム事業だけで従業員が3,000人いるってことはほぼ国内最大規模でそう。

10年前のサイバーエージェントっていわゆるウェイウェイ系の社員が多かったけど
最近はそういうのはむしろ全体からしたらほんのごく一部って印象がありますね。
たしかに広告事業には今でもいかにもサイバーエージェントっぽい人もいますし
胸元ひらいた顔と胸だけが目立つ若い女性社員もいるはいるんでしょうけど
どっちかっていうと地味でオタクっぽい社員が大多数を占めてると思いますφ(.. )

社内を映した動画見ててもいかにもって感じのウェイウェイ系も少しいるけど
全体的にはあなり目立たないようなメガネのオタク系社員がほとんどだおね
サイバーエージェントが理系のエンジニアを大量採用するようになったころから
社員のタイプとか社員構造がものすごく変わったってことなんでしょう
個人的に接するサイバーエージェントの社員も髪染めた社員とかほとんどいなくなった。
メガネで口下手だけど頭がよくて仕事ができる社員が増えた印象があります 
最近のサイバーってメガネでオタク系でアニメ大好きな社員が最近やたら多いおね。

サイバーエージェント(4751) 4,430円 +60円 (+1.37%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4751
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4751.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss


ss2286234570 at 16:42|PermalinkComments(0)

2018年05月26日

サイバーエージェントが仮想通貨業に参入断念

「傷が浅いうちに」 サイバーエージェントが参入断念、仮想通貨交換業の難しさ
2018年04月26日 ITmedia
2017年に子会社、サイバーエージェントビットコインを設立し、18年春をめどに仮想通貨取引所を開設すると表明したが、18年1月にコインチェックから巨額の仮想通貨「NEM」が流出したトラブルなどを受け、藤田社長は「(サイバーエージェントが展開する)他の事業と比べると、引き受けてはいけないリスクがある」と考えたという。「そもそも参入が遅い上、金融庁の審査が厳しくなっている」(藤田社長)。仮想通貨取引所は、改正資金決済法に基づき、金融庁の登録を受ける必要があるが、コインチェックの流出トラブル以降、より審査が厳格化したとみられ、登録申請を取り下げる企業も相次いでいる。藤田社長は「リスクを減らそうと、自社開発の体制を整えようとするほど、さらに参入が遅くなる」と話す。

1212







サイバーエージェント、独自の仮想通貨開発へ
2018/4/20 19:15 日経電子版
サイバーエージェントは独自の仮想通貨の開発に乗り出す。基盤技術であるブロックチェーン(分散型台帳技術)に強い技術者の採用を進め、2019年にもゲーム事業向けなどに発行する。17年に仮想通貨の交換業に参入すると表明していた。コインチェック(東京・渋谷)の仮想通貨の流出事件以降、金融庁の審査に遅れが生じているため、交換業から独自発行に切り替える。
金融庁の審査が滞っている一方で、仮想通貨交換業への参入を表明する会社は増えている。ネット証券大手のマネックスグループは今年4月にコインチェックの完全子会社化を完了し、再建支援を手がける。ヤフーは今月13日、18年秋にも取引所サービスを始めると発表した。子会社のZコーポレーション(東京・千代田)を通じ、仮想通貨交換事業者のビットアルゴ取引所東京(同・渋谷)に二十数億円程度を出資する。フリーマーケットアプリのメルカリ(東京・港)やQ&Aサイトのオウケイウェイヴも申請を検討している。

サイバーエージェントが仮想通貨への参入を断念したようですφ(.. )
だって金融庁が仮想通貨交換業の登録申請してもまったく登録許可してないんだもん
半年以上前からすでに新規参入を完全に閉め出してるからどうしようもない。
金融庁としたらこれ以上トラブルを起こしてほしくないってのもあるんでそね。

ヤフーはすでに登録許可をもってる業者を買収したから参入できるみたいですねφ(.. )
DMMもすでに登録許可をもってる会社に増資して開業しただけだしね
サイバーエージェントはそのつてがなかったので諦めたということでしょう
そもそも仮想通貨業界そのものが協会を作ってルールや規定を明確にして
投資家保護の施策をこれからやって行こうっていう段階なので、
いきなり新規業者は50100も参加してきたら統一ルールを守れなくなってしまいます
おそらく2018年内に新規業者が参入できる可能性はほぼ0%ってとこでしょう(´・ω・`)
メルカリもオウケイウェイヴもLINEも新規参入予定とかいってるけど
それって3年後に参入できるかどうかっていうレベルじゃないのかなって思います

サイバーエージェントは仮想通貨交換業者に参入するのは諦めて
独自の仮想通貨を発行してグループ内のユーザーに提供していくとか言ってるけど
それって楽天ポイントやセブンのナナコポイントと大差ないですよね(´・ω・`)
わざわざポイントではなく仮想通貨にする意味がさっぱりわかりません
とりあえず仮想通貨に参入したって言いたいだけなんちゃうんかと。
そんな無意味な仮想通貨発行するコスト払うくらいならもっと別の事業に使うべきでそ
すでに方針がブレブレだし何のためにやってるのか意味がわからなくなってますね。


2017年12月03日
サイバー、セレスに7億円出資 仮想通貨事業を拡大

2017年12月02日
くりっく365も仮想通貨を上場検討か?

2017年10月11日
サイバーエージェントが仮想通貨取引事業に参入を発表

2017年10月30日
2018年春にも、DMMグループも仮想通貨取引事業に参入


ss2286234570 at 05:51|PermalinkComments(3)

2017年12月03日

サイバー、セレスに7億円出資 仮想通貨事業を拡大

サイバー、セレスに7億円出資 仮想通貨事業を拡大
2017/11/30 18:39 日経新聞電子版
サイバーエージェントは30日、ポイントサイト運営のセレスに約7億円を出資すると発表した。子会社がすでに保有している株式を含めると、出資比率は議決権ベースで12.9%に高まり、筆頭株主となる見通し。セレスは仮想通貨事業を強化している。サイバーもセレスのノウハウを活用して同事業を拡大する。
セレスが実施する第三者割当増資をサイバーが引き受け、12月18日付で50万株を取得する。セレスは仮想通貨のマイニング(採掘)事業に参入するほか、仮想通貨取引所を運営するビットバンク(東京・品川)に約3割出資した。サイバーは10月、仮想通貨取引所の運営会社、サイバーエージェントビットコイン(CAビットコイン)を設立した。同社はセレスのノウハウを活用し、仮想通貨事業の成長を目指す。まずは2018年春に予定している取引所の開設に向け、ビットバンクが提供する支援サービスなどを活用するという。

サイバーエージェント、仮想通貨関連企業セレスに資本参加
仮想通貨領域における早期の事業立ち上げと拡大を目指す
2017年12月01日 09時48分
サイバーエージェント<4751>は、セレス<3696>の第三者割当増資の引き受け資本参加すると発表した。1株1470円で、普通株式50万株を7億3500万円で引き受ける。子会社シーエー・モバイルを通じて2005年にセレスへ出資を行っており、今回の第三者割当増資の引受によって、同社の12.9%の株式を保有することになる。今後、セレスの持分法関連会社であるビットバンクとの協業で、仮想通貨領域における早期の事業立ち上げと拡大を目指す。
サイバーエージェントは、2017年10月に仮想通貨取引事業を行う新子会社としてサイバーエージェントビットコインを設立しており、ビットバンクが提供する仮想通貨取引所の新規参入事業者向けホワイトラベル提供サービス「bitbank for broker」を採用することを決定。これにより、CAビットコインではビットバンクが保有する仮想通貨のトレーディングシステムと仮想通貨取引所の運営ノウハウの提供を受け、仮想通貨交換業者への登録を進めるとともに、来春の仮想通貨取引所の新規運営開始を目指している。
1201








サイバーエージェントがママンに上場してるセレスの株式を12.9%所有したようです
セレスは資金力もない中小業者なんで誰かが買収すると思ってたんで
早く買っとけばよかったなと今さらながら後悔しきりだお(´;ω;`)ブワッ
こんなことなら四半期決算よかったあとでいっぱい購入して置けばよかった。大失敗

サイバーエージェントはビットコイン関連企業と色々提携したり出資してるけど
本社が直接参入してる実績はまだ多くないって印象だおねφ(.. )
bitbankに出資して関連会社にしたり、coincheckに出資いたりもしてるんだけど
いずれもかなり少額というか腹を据えて大きく貼って投資してるようには思えません
セレスの件では50万株を7億3500万円と少し金額多めに張って出資してるけど
それでもビットコイン関連への出資額なんて、総額でもまだ30〜40億程度ってとこかな
はっきりいってしまうと投資額が一桁間違ってるなって思うんです(´・ω・`)
将来への投資と割りきってSBIやGMOみたいに数百億投資しないといかんでそ

あと一番よくないのがサイバーは来年に仮想通貨取引事業に参入するって発表してるけど
ビットバンク(bitbank)のシステムをホワイトラベル(いわばOEM)で提供を受けて
自社でシステムを開発するとかそういう手間をすべて省いて参入するようですね
参入スピードを上げるために自社システム開発ではなく他社に依存を決めたようだけど
逆にいうと将来的に競争力が低下して厳しくなるんじゃないかなと思うわけです(´・ω・`)
ホワイトラベルってのは本気でそこに参入して戦いたい企業がやる戦略ではなく
あまり本気でないないけど投資を抑制してとりあえず参入したい企業のとる戦略です
はっきりいってしまえば「サイバーエージェントは仮想通貨に本気じゃない」ってこと
てっきり自社システムを開発すると思ってたんでゲロショボイなという印象です
あと投資額額が少なすぎるのも本気じゃないことの裏返しでそう(゚д゚)、ペッ

セレス(3696) 1590円 +125円 (+8.53%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3696
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3696.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
セレスは今期の業績やたら良いし、足元の四半期の業績も好調だおね(*´∀`*)ムフー
12%っていう微妙な持ち株比率だとサイバー的にもあんまり意味がないんで
この先さらにサイバーが買い増してくる可能性も十分にありえると思うし
なにより業績もいいからもっと上っておかしくない銘柄だと思うにょ(σ´∀`)σ
10〜12月もビットコインが動きまくってるんで業績もっとよくなってそうだおね

セレス、今期経常を50%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も無配→12円実施へ
セレス <3696> が11月10日大引け後(15:30)に決算を発表。17年12月期第3四半期累計(1-9月)の経常利益(非連結)は前年同期比2.2倍の9.8億円に急拡大した。
併せて、通期の同利益を従来予想の5.9億円→8.9億円(前期は4.9億円)に50.2%上方修正し、増益率が19.9%増→80.1%増に拡大し、従来の5期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。
会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の経常利益も従来予想の4億円→7億円(前年同期は2.1億円)に73.3%増額し、増益率が94.3%増→3.4倍に拡大する計算になる。業績好調に伴い、従来無配としていた期末一括配当は12円(前期は8円)実施する方針とした。

2017年10月30日
2018年春にも、DMMグループも仮想通貨取引事業に参入

2017年10月18日
GMOのビットコイン採掘 独自半導体に100億円投資

2017年10月11日
サイバーエージェントが仮想通貨取引事業に参入を発表

2017年05月10日
「仮想通貨FX」GMO子会社が参入 レバレッジ最大5倍


ss2286234570 at 05:09|PermalinkComments(0)