yogurting ヨーグルティング

コロナバブル

2021年05月24日

5/24 株式市況

日経平均終値、46円高の2万8364円 自動車・鉄鋼に買い
2021年5月24日 9:16  日本経済新聞
24日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前週末比46円78銭(0.17%)高の2万8364円61銭で終えた。欧米の企業景況感の改善を手掛かりに海運や自動車、鉄鋼といった景気敏感株の一角に買いが入った。新型コロナウイルスワクチンの大規模接種が東京と大阪で始まり、経済活動の正常化に向かって進展するとの期待も日本株を支える材料となった。

米国株、ダウ続伸し123ドル高 景気敏感株に買いも午後に掛け伸び悩む
2021年5月22日 5:30 日本経済新聞
21日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比123ドル69セント(0.4%)高の3万4207ドル84セントで終えた。欧米の企業景況感が改善し、景気敏感株を中心に買いが優勢だった。上げ幅は一時300ドルを超えた。ただ、暗号資産(仮想通貨)のビットコインの価格が下落するとハイテク株は売り優勢となり、ダウ平均も午後に掛けて伸び悩んだ。
IHSマークイットが21日に発表した5月の購買担当者景気指数(PMI)速報値は欧米とも前月から上昇した。英国は過去最高、ユーロ圏は3年3カ月ぶりの高水準だった。米国は68.1と好不況の境目である50を大幅に上回り、過去最高を記録した。欧米では新型コロナウイルスのワクチン普及で行動規制の緩和が進んでおり、景気回復が順調との見方を後押しした。
個別銘柄では景気敏感株への買いが目立った。航空機のボーイングや金融のゴールドマン・サックスとJPモルガン・チェース、建機のキャタピラー、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスが高い。米原油先物相場が上昇し、石油のシェブロンも買われた。
0524




先週末のアメリカで景気敏感株や景気回復期待の銘柄が上げて終わりましたφ(.. )
なつさんの保有株はアフターコロナ銘柄ばっかりなのでこのところ非常に順調です
明らかに上がり始めたのが東京・大阪での大規模新型コロナワクチン接種のニュース。
アメリカでの新型コロナワクチン接種後の人手の回復や景気回復のニュースなども
アフターコロナ銘柄の強烈な後押しになっているのがはっきりと感じられます

ANAホールディングス(9202) 2,513円 +61.5円 (+2.51%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9202
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9202.T/chart
再増資の可能性とかで売られたけど思ったより下げずにまた上げてきています
個人的には必要ならさっさと増資すりゃいいんじゃないのかなと考えてます。
増資した方が財務安定するならあまり悩まず事項した方がいいと思うんだおね。
目標株価は中期で3,000〜3,500円を期待しています(´∀`*)
ただし2021年10月の四半期決算以降はいろんな意味でよく分からないんで
(年後半のアメリカの利上げとか、金融緩和縮小の可能性とかもろもろ)
9月か10月の上旬までには売っぱらっておきたいと考えているところです

近畿日本ツーリストなんて債務超過に転落して増資しますって具体的に発表したら
瞬間的になぜか下げたけど財務安定性に寄与するってすごい上げまくっています

エイチ・アイ・エス(9603) 2,433円 +48円 (+2.01%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9603
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9603.T/chart
正直なところHISじゃなくてもエアトリでもオープンドアでもよかったんですけど
なんだかんだでオーナー企業は危機時の対応が早くて危機に強いことに期待してたのと
売買の相性が良いのでとりあえず選んでみたってところですφ(.. )
目標株価は3,000円2,800〜3,100円あたりの価格帯までの上昇をきたいしていまつ

ディップ(2379) 3,165円 +65円 (+2.10%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=2379
https://finance.yahoo.co.jp/quote/2379.T/chart
四半期決算がめちゃ良くて急騰したのに、その後で謎の叩き売りにあっていました。
2,900〜3,000円台で購入した後にさらに下げて日足が底抜けみたいになったものの
週足と月足がきちんとサポートして株価が急激に上げ始めたところですね
ぶっちゃけ日足は最悪みたいな動きだったけどアフターコロナの影響を受けやすくて
業績面では今後のプラス効果が期待できるなと思って購入しました
むしろ日足の値動きは無視して材料と週足・月足で判断しましたφ(.. )
中長期ではもっと上がるかなと思うんですけど目先の株価は3,300円が目標です。

アウトソーシング(2427) 1,960円 +116円 (+6.29%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=2427
https://finance.yahoo.co.jp/quote/2427.T/chart
決算がメチャクチャよくて一時急騰したのにその後売られる動きをしました。
これから新型コロナ解消していけば人材系の銘柄は恩恵を受けやすいので
支持線の直上の1,800円前後というかちょい下あたりで買い集めてアホールド
なおアウトソーシングは乖離率が一定まで開くとその後売られて縮小する傾向があり
2,050〜2,100円になったら一旦売ってまた買い場待ちでいいかなって考えてます

ちなみに最近のニュースにもありますが、アメリカではテレワークが縮小傾向です
完全にゼロにするとは言ってませんが、AmazonもAppleもGoogleもMicrosoftでも
週の半分は出勤するという方向に軌道修正してきていますφ(.. )
アメリカで起きてることは半年後に日本でも起きる可能性が極めて高いので
アフターコロナ銘柄は買われやすいけど、コロナ銘柄は売られやすくなるでしょう





ss2286234570 at 20:39|PermalinkComments(3)

2021年04月26日

4/26 米で経済再開の動き広がる ワクチン接種加速で

米で経済再開の動き広がる ワクチン接種加速で
2021年3月17日 2:23 日本経済新聞
米国で経済再開の動きが広がっている。外食のほか、娯楽施設も営業規制の緩和が相次ぐ。新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、新規感染者数は減少傾向だ。変異ウイルスを巡る不透明感が残るものの、米国民の生活は徐々に正常化へ向かっている。
米レストラン予約オープンテーブルの15日現在の集計では、3月の予約件数は新型コロナの感染が拡大する前の2019年の同時期と比べ37%減だった。1月の同57%減から改善した。感染拡大後の減少率では最も低い。ニューヨーク市は2月に店内飲食を再開した。客数の上限も段階的に緩和し、19日には平時定員の35%から50%に引き上げる予定だ。
背景にはワクチン接種の加速と新規感染の減少がある。アワー・ワールド・イン・データによれば、米国のワクチン接種は15日、のべ1億900万回を超えた。診療所や配送の態勢が整い、最近の1日あたりの接種は200万回強に加速した。バイデン米大統領は15日「(接種が)想定よりも早く進展している」と述べた。

アメリカFRB「景気回復のペースが加速している」上向き判断
2021年4月15日 7時 NHKニュース
アメリカのFRB=連邦準備制度理事会は最新の経済報告を公表し、新型コロナウイルスのワクチン接種の広がりや国の現金給付を背景に「景気回復のペースが加速している」として、前回よりも上向きの判断を示しました。アメリカの中央銀行にあたるFRBは14日、全米の12の地区連銀がまとめた「ベージュブック」と呼ばれる最新の経済報告を公表しました。この中で、景気の現状について「回復のペースが加速している」と表現し、前回、3月上旬の報告よりも上向きの判断を示しました。
K10012975311_2104142230_2104150751_01_02









東京と大阪に大規模ワクチン接種会場 来月中にも運営開始方針
2021年4月25日 11時35分 NHKニュース
新型コロナウイルスのワクチン接種を加速させるため、政府は、東京と大阪に、大規模な接種会場を国が開設し、医師などの資格を持つ自衛隊の協力も得ながら、5月中にも運営を始める方針を固めました。新型コロナウイルスのワクチン接種について、政府は、およそ3600万人の高齢者が2回接種するのに必要な量のワクチンを、6月中に確保できるという見通しを示していて、菅総理大臣は、高齢者向けの接種を7月末までを念頭に終えられるように取り組む考えを示しています。
政府は、接種を加速させるため、東京と大阪に大規模な接種会場を国が開設し、5月中にも運営を始める方針を固めました。




先週の半ばまでクソみたいに弱い相場でしたが、いきなり方向が転換したようです。
日経が上がったってより、景気敏感株とか消費関連株が急に上がり始めた感じだおね。
買いすぎてポジションがでかくなりすぎてた鉄鋼株は4月上旬に売り切りましたが
かなりポジションが軽くなったのでそれ以降はあんまり売っていませんφ(.. )
一気に売られすぎて含み損になって損切りするのがアホ臭くなったというのも一因ですが。

さてアメリカでは新型コロナのワクチン接種が大きく進んだことを受けて
新規感染者数がMAXの頃に比べてすでに80%減少したというニュースが出てました
サンフランシスコ中心地の人でも大幅に増えてレストランの利用制限も大幅緩和
アメリカ国内の航空機の乗客数も大きく改善して予約で80%埋まってるとかなんとか。
ワクチン接種さえ進捗すれば経済は回復できるというニュースは非常に重要ですよね。

そもそも新型コロナには色んな意味での不明点が多いので何事も手探りですφ(.. )
ワクチン接種がすすんでも「本当に大丈夫なのかという疑念が残っていたので
その疑念がアメリカの実例で払拭されたというのが非常に重要な材料でしょう(´∀`*)
アメリカで起きたことは必ず日本でも同じことが再現されるのは必定なので、
半年後には日本国内でもワクチン接種がすすんで経済が大きく復活するってことでそ
そう考えたらアフターコロナ銘柄買って半年寝とけばいいじゃんってことだおね。

日経もTOPIXも日足で見るとチャートはかなり悪いという印象しかありません
しかしじゃあここから5月暴落が来るかといわれると「もう下げた後」って感じですね。
4月にガッツリ下げちゃったんでどうなんだろな〜って印象に変化しました

日経平均
TOPIX


新日鉄(5401) 1,877円 +38円 (+2.07%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=5401
https://finance.yahoo.co.jp/quote/5401.T/chart
鉄鋼だけはその他に比べてけっこう強かったんですけどもう全部売却済みなんですよね
本当は2,000円で売りたかったけど3月下旬からに予定通り売り始めたんでもっと安値で。
売値はけっこうバラバラで1,905円〜1,870円あたりなんで今の株価とあんまり大差なし。
もっと待ってたら2,000円で全部売れただけに正直後悔の気持ちはあります(´・ω・`)
ほぼ同時期に1,330〜1,350円あたりでJEFも売却済みなんで今は持っていません

エムスリー(2413) 7,579円 −469円 (−5.82%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=2413
https://finance.yahoo.co.jp/quote/2413.T/chart
決算よかったのに死ぬほど叩き売られて下げたのが昨年のエースのエムスリーです
コロナ下で業績伸ばしてきた銘柄への市場の目はおそろしく厳しいようですね。
同様に昨年のスター銘柄だったメドピアエランボコボコに売られていますφ(.. )
どの銘柄も目先はやや戻しそうでも日足や週足チャートで見ると非常に悪い値動きです。
チャームケアとかユニ・チャームあたりの銘柄も日足や週足はボロボロです(((( ;゚д゚)))
月足だとそれなりにトレンドは維持できてますが、日足や週足は最悪の値動きです。

ワークマン(7564) 7,330円 −30円 (−0.04%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7564
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7564.T/chart
過去3年くらいスター銘柄と呼ばれていたワークマンのチャートは悲惨そのもの(((( ;゚д゚)))
月足チャートですらすでに8,000円で支持線を割り込んでるのでもはや処置なし
次回の押し目となる支持線は年足の6,400〜6,500円あたりなんでさらに下げそうです。
日足とか週足では見ただけでゲロ吐きそうなくらいの鬱になりそうなチャートです
奇跡的にリバっても7,700〜7,800円あたりで上値抑え込まれてさらに下げていきそう。
新規売りするにはどれも素晴らしい銘柄ですが、さすがにこれは買えないのばかりだお。


ss2286234570 at 19:05|PermalinkComments(1)