yogurting ヨーグルティング

クレディ・スイス

2023年12月05日

SBI証など3社提訴、クレディSのAT1債巡り−個人投資家ら

SBI証など3社提訴、クレディSのAT1債巡り−個人投資家ら
2023年12月4日 16:58 ブルームバーグ
無価値となったクレディ・スイス・グループの永久劣後債(AT1債)を巡り、同債券を購入した複数の個人投資家がSBIホールディングス傘下のSBI証券などネット証券大手3社に対して損害賠償を求め、それぞれ提訴したことが4日、分かった。
原告側の代理人を務める山崎・丸の内法律事務所が同日、東京地裁に提訴した。原告代理人の山崎大樹弁護士によると、訴えを起こした投資家は個人投資家の計5人。同債に関する重要な事前説明が欠けていたなどとして、楽天証券やマネックス証券も含めた3社に対して、総額で約1億5000万円の損害賠償を求めた。
クレディSのAT1債を巡っては、3月にスイス政府が仲介したUBSグループによる買収によって、約160億スイス・フラン(約2兆6000億円)相当が無価値となった。この決定を不服とし、海外の投資家はスイス当局やクレディSの元幹部らに対して全額弁済を求める集団訴訟を起こしている。
日本ではクレディSのAT1債を販売していたマネックス証や三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資家から提訴されたことがすでに明らかになっている。政府が資産運用立国の方針を掲げ、投資家保護の徹底も課題となる中、販売を担った証券会社に対する責任を追及する動きが広がってきた。

青学・原晋監督も大損失 社債が紙くずになった顚末 破綻したクレディ・スイス「AT1債」 日本でも販売
2023年5月11日 12時00分 東京新聞
「(損失は)日本のサラリーマンの平均年収のウン倍。つらいね」。箱根駅伝の名将として知られる青山学院大陸上競技部の原晋監督が4月に出演したネット番組で、日本の証券会社から購入したクレディのAT1債がすべて「紙くず」になったと明かした。ほかの人が同じような失敗をしないよう、あえて自分の損失を公表したという。
企業でも、ゲーム開発を手がけるコーエーテクモホールディングスが2023年3月期決算で41億円の損失を計上した。米ブルームバーグ通信によると、4月下旬の決算会見で、同社の資産運用を主導する襟川恵子会長は自身の投資歴の中で「最大の汚点」と総括した。 
発端は、クレディの経営不安だ。同業のUBSによる救済買収を主導したスイス政府が3月19日、クレディの発行していたAT1債約160億スイスフラン(約2兆3000億円)の価値をゼロにすると発表した。原監督らが保有していたこの債券は、一気に無価値となったのだ。
AT1債は永久劣後債とも呼ばれる。発行する金融機関が破綻した際に弁済される優先順位が預金や普通の社債などに比べて劣るが、その分、金利が高く、投資家の人気を集めた。クレディの場合は22年10%近い年利で発行していた。
クレディのAT1債には、政府から経営支援を受けた場合には価値をゼロにするという独自の条項があり、今回はこれが適用された。一方でクレディの既存株主にはUBS株が割り当てられ、全損は免れた。

クレディ・スイスはどこで道を誤ったのか
2023/03/29 10:18  swissinfo.ch
スイス金融大手クレディ・スイスの経営危機を巡り繰り広げられる幾多の分析には、決まって行き着く1つのポイントがある。それは、グローバルバンクとして慎重であることよりも利益を優先する経営陣に率いられ、スイスというルーツを見失っていたという点だ。
その結果が、巨額の赤字と9千人の人員を削減他のサイトへするリストラだ。
元役員への秘密内偵行為の発覚、マネーロンダリング(資金洗浄)対策の不備による刑事罰、モザンビーク汚職事件への関与、会長による新型コロナウイルス感染予防の隔離義務違反、メディアへの顧客データの大量流出――これらはクレディ・スイスでここ数年、立て続けに起こった一連の不祥事だ。
さらに2021年には、取引相手だった英金融サービス会社グリーンシル・キャピタルと米投資ファンド、アルケゴス・キャピタル・マネジメントが共に破綻したことから損失を計上し、同行の信用をさらに傷つけた。
クレディ・スイスがグリーンシルに投資した顧客資金100億ドル(約1兆2500億円)が全額回収される見込みは薄い。アルケゴスの破綻に巻き込まれた金融機関は同行だけではないが、損失額は55億ドルと群を抜く。



もし75〜80歳すぎの認知症寸前みたいな高齢者が仕組債かわされて損したんであれば
そりゃー販売する側に明らかに問題があったと自分でも思いますけどもφ(.. )
(仕組債は中身が見えないし、まして高齢者ならなおさらでしょうけど)

クレイジースイスの永久劣後債を利回り10%で購入した40〜60代の正常な判断能力がある
働き盛りの40〜60代の個人投資家が購入して損してもちょっと同情はできないでそ
「運が悪かったね」とは思うけど、自分でリスク覚悟して買っただけでしょうと・・・

そもそもクレディスイスなんて10年くらい前から不祥事連発しまくってるカス会社だし
それらのニュースなんて検索すればすぐに自分で発見できますよね(´・ω・`)
今回の記事を書くにあたって掲載したニュースなんてものの数分で見つかりますおね。

損した人のコメントでST1債が複雑で特約まで読まないと理解できないとかありますが
「ST1債」もヨーロッパで盛んに発行され始めた頃からすでに金融用語が定着してて
検索したら国内の金融機関のサイトで金融用語の説明ですぐ出てきますからね

「永久劣後債」とか「劣後株」も通常の債券や株式よりも購入者の保護が劣る代わりに
かなり高い金利が設定されてる金融商品ってごく当たり前にかいてありますよね
自分が買う商品のことを少しも調べもせずに、理解しようともしなかったのなら、それは明らかに購入する側に注意深さや思慮が欠けてたように思います(´・ω・`)

説明自体はものすごく簡単だしすぐ理解できる商品説明だと思うんですよねφ(.. )
むしろ自分で事前に検索して理解できないと判断したら買うの止めろよって話でしょ
今回の件については、個人投資家側が騙されたとかではなく、客観的に見ても自分で事前に調べることさえしなかっただけだと思うんですよね(購入者側に瑕疵があった)

クレディ・スイスはどこで道を誤ったのか
1205



















<少なくとも購入前に自分で事前確認できる情報>
.レディスイスは日本だけでなく欧米でも違法行為繰り返して処分されまくりだった。
∨稾組織の資金洗浄に多数の社員がかかわっていて大量の逮捕者と罰金刑を受けてた。
マグロ債の詐欺事件にもかかわって巨額の罰金刑も受けていた
ぅレディスイスのST1債(永久劣後債)の利回りは10%近くあった。


社名でちょろっと調べただけで過去の悪事が出るわ出るわですごい状況です(((( ;゚д゚)))
そもそも金融機関なのに麻薬組織のマネーロンダリング(資金洗浄)に関わってるとか、もはや金融機関といえるかどうかすら怪しいレベルのカス会社です👹
しかも一人や二人ではなく世界各国の子会社でマネーロンダリングを広範囲に行っていたのでほとんど犯罪組織だったといわれてもおかしくないくらいのブラックな会社です

クレディスイスはとんでもないクソカス会社ですが、大きすぎて潰せない規模の金融機関なのでスイスも扱いに困ったということなんでしょうね(´・ω・`)
そもそもスイスは永世中立国で世界中で誰でも知ってる銀行立国という存在なんで
半グレ集団みたいな存在のクレイジースイスを厳しく処分できなかったんでしょう💣

ちなみに日本の銀行がクレディスイスと同じように、多数の社員が麻薬組織のマネーロンダリングに関与してましたなんて事件がもしあったとしたら、
何の躊躇もなく金融庁が無期限営業停止処分にして預かり資産を他行に移して銀行潰すか
銀行の営業免許を即取り消して戦後で一番重いくらいの処分を躊躇なく下すと思います
クレディスイスがやった行為はそれくらい極悪で許されない行為だってことです(´・ω・`)

今年は日本でもビッグモーターという問題児が暴れてニュースで話題になりましたが、
麻薬組織のマネーロンダリング(資金洗浄)に積極的にかかわったクレディスイスの方が圧倒的に悪質で違法性が高くて凶悪な行為ですからねΣ(゚д゚;)
欧米だけでなく世界中のあちこちでクレディスイスの社員が逮捕されてるわけですから・・・


多くの人はクレディスイスよりビッグモーターの方が問題起こしたと思いがちですが、
違法性の高さや犯罪としての重さでいえば、クレディスイスの方が圧倒的に深刻でそ
クレディスイスのなんぞ銀行立国のスイスだからこそ斬首の刑にできないだけであって、
本来ならとっくの昔に跡形もなく消滅させられてておかしくない金融機関ですおねφ(.. )
ビッグモーターの何倍も問題抱えた会社の金利10%の社債を買う行為がどのくらいリスクをとる行為なのかもう少し真剣に考えるのが常識だと思います
(買う前に数分ぐぐっただけでマネロンで逮捕者多数と出てくる時点でお察しでしょう)

クレディ・スイス、マネロン違反で有罪判決
2022/06/28 14:47  swissinfo.ch
スイスの連邦刑事裁判所は27日、ブルガリアの麻薬組織がコカイン密輸で得た収益のマネーロンダリング(資金洗浄)を容認したとして、スイスの銀行クレディ・スイス(CS)に200万フラン(約2億8千万円)の罰金を支払うよう命じた。自国の大手銀行が同種の刑事事件で有罪判決を受けたのは初めて。
裁判所はCSに対し、2007年7月から08年12月にかけて、行員の管理とマネロン防止措置の実施において刑事上の不備があったとした。
同裁判所はまた、ブルガリアの麻薬組織による犯罪収益の資金洗浄を可能にしたとして、顧客担当の元行員1人を有罪とした。麻薬組織がスイスから1900万フラン超を引き出すことができたのは、元行員の行動が寄与していると結論付けた。
検察側は、麻薬組織が04年から08年にかけてコカインの密輸で得た1億4600万フラン(約182億4千万円)相当を、クレディ・スイスを通じて資金洗浄したと主張。CSに対し罰金500万フランの支払いを命じるよう求めていた。





ちなみに直近で個人向けに発行されてる社債の強さを比較してみますφ(.. )
利回り1.25〜1.85%のGMOインターネットの社債の強さをステカセキングとするなら
利回り2.5%のソフトバンクの社債の手強さがスプリングマンといったところでしょう。
利回り10%のクレディスイスの強さは卑劣で無慈悲で凶悪な悪魔将軍と時間無制限でセメントデスマッチを申し込むくらいの超難易度になるでしょう
バッファローマンみたいに顔までメチャクチャに潰されて地獄を見るのは間違いないでそ
1105








ss2286234570 at 06:55|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年03月20日

3/20株式市況 〜クレディ・スイスのAT1債〜

金融安全網にきしみ クレディ・スイスのAT1債、全損に
2023年3月20日 14:46 日本経済新聞
「値段の確認だけでなく実際に売る動きがある」――。20日の東京市場では社債トレーダーに緊張が走った。国内の金融機関が、早くも国内外のAT1債の売却に動いた。商品性への不安が強まっているという。
AT1債は銀行財務が悪化した際に保有者が損失を引き受ける債券だ。自己資本として算入できるため、多くの銀行が発行し、高い利回りを得られるため資産運用会社などの投資家がこぞって購入してきた。
米金融大手ラザードによると20年9月末時点で世界で100程度の金融機関が発行し、全体の8割を欧州勢が占める。日本のメガバンクもAT1債を発行しており、3グループで3.6兆円弱の残高がある。ディールロジックによると12年以降の発行額は累計9000億ドル(約120兆円)、残高は市場推計で30兆円程度とみられている。
ところが、クレディ・スイスが19日、同社の160億スイスフラン(約2.2兆円)分のAT1債の価値がゼロになると発表したことで、市場の空気は変わった。他の金融機関が発行するAT1債にも厳しい目を向けつつある。
クレディ・スイスの救済では株式は一定の価値を保つのにAT1債が全損となった。通常、銀行が破綻した場合、まず株主責任が問われ、次にAT1債、劣後債、普通債と損失が発生する順序がある。だが、今回は違う形になった。
なぜか。クレディ・スイスは破綻ではなく買収されたため、株主には一定の対価は支払われる。一方で「AT1債には『国からの支援策があった場合、元本割れとなる』という趣旨の契約条項が入っている」(日本の金融庁)ため、株式より先に債券であるAT1債の保有者が損失を受けることになった。
資本や流動性の比率がいくら高くても、銀行が信用を失えば、預金流出が止まらなくなり、経営はすぐに危機的な状況になる。クレディ・スイスが示すのは、財務指標などの数値だけで銀行を規制することの難しさだ。
流動性不安を生み出したのは、厳格な金融規制の対象外だった中堅銀行、シリコンバレーバンクの破綻だった。規制の穴を突くかたちで金融の安全網にほころびが生まれ、それが安全であるはずの大手銀行に波及したかたちともいえる。
キャプチャ




先週末にクレイジースイスはUSB銀行に31億5000万ドル(約4200億円)で買収されることが決定し、週末から月曜朝のダウ先物や日経225先物が急騰しました
取引開始直後は勢いのあった日本市場でしたが、金融不安が払しょくできていないんじゃないかという流れが立てず、引けに向かってズルズルの下げで終了(´・ω・`)
最弱ジャップ相場は−388円というカスみたいな値動きで終了してしまいました。
クレディ・スイスとは明らかにまったく関係ないマザーズ市場だけが地獄を見ました👹
本来なら何の関係もないのによくわからないけど売られてしまうのが新興市場の常ですね。
その晩のアメリカのダウが+309ドル、NASDAQが+117ドル上げたのとはえらい違い

日経平均 26,945円 −388円 (−1.42%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

東証マザーズ 567 −22.1 (−3.75%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=2516

ダウ 32,539 +294 (+0.91%)
https://us.kabutan.jp/indexes/%5EDJI/chart

NASDAQ 11,804 +129 (+1.11%)
https://us.kabutan.jp/indexes/%5EIXIC/chart



海外市場でなにか変異が起きると一番最初に日経225が売り込まれるわけですが
(世界で一番最初に取引が開始するのでヘッジ市場として機能してるとかなんとか)
そもそも全く関係ないマザーズ市場が一番売られる仕組みは未だに解明されていません

各市場のチャートを見ていくと一番よさそうなチャートはNASDAQのように見えます
NASDAQだけはこの2週間でまったく下げてないしむしろ上げて終わっています
月足チャートでは上な抵抗線を抜けてここからトレンド転換起こしそうな形もGood
恐らくですが、今回の金融不安でFRBがこの先積極的に利上げをしにくくなるので
これが結果的にNASDAQの強さや仮想通貨の上昇につながってるのは間違いないでしょう。
あれだけ弱かったビットコインなんて毎週高値を更新していますもんね(*´∀`*)ムフー

3/23(木)の深夜3時にFRBが金利政策を発表する予定になっていますφ(.. )
本来なら0.5%の利上げが織り込まれていましたが、今回の金融不安と足元の経済指標もややインフレ低下を示してることから利上げ幅はおそらく0.25%に縮小されるでしょう
その後の深夜3時半からパウエルFRB議長の会見が開始される予定になっています。
ここで金利の先行きに対してどのようなことが話されるかが非常に重要になってきます
「利上げを停止する」だとか言質を取られるようなことはおそらく話さないと思いますが
今後の利上げについてのトーンが落ち着いてくれば株価的にはプラス作用でしょう

一部では夏にも利上げが停止され年内にも利下げ開始の報道が増えてきましたφ(.. )
そううまく行くとは楽観してませんが、流れに変化があったのは好感できますね

ビットコイン
https://cc.minkabu.jp/pair/BTC_JPY

2023年03月18日
株式市況 〜謎の相場タイムラグ?〜

2023年03月15日
8/14株式市況 〜FRBの利上げ幅低下と仮想通貨暴騰!〜





ss2286234570 at 19:51|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年03月18日

株式市況 〜謎の相場タイムラグ?〜

クレディ・スイス、UBSが買収交渉 FT報道
2023年3月18日 6:29 日本経済新聞
スイスの金融大手UBSが、経営不振が続く同業のクレディ・スイス・グループに対する買収交渉を進めていることがわかった。17日に英フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じた。クレディ・スイスの事業全体あるいは一部を対象として交渉しているという。
FTは関係者の話として、UBSとクレディ・スイスの取締役会が今週末にそれぞれ、買収について検討する予定だと報じた。スイス国立銀行(中央銀行)とスイス金融市場監督機構(FINMA)が買収交渉を後押ししており、米英の当局にも2行の統合がクレディの信用力の崩壊を防ぐための「最善策」であると伝えたという。スイス中銀は2行に対し、週明けに金融市場の取引が始まる前に明快でわかりやすい合意に至るよう求めているもようだ。

クレディS救済の買収案取りまとめ急ぐ−UBSとスイス当局
2023年3月19日 9:40 ブルームバーグ
スイスの銀行UBSグループと同国の銀行規制監督当局は、苦境に陥ったクレディ・スイス・グループ買収案を早急に取りまとめるため週末も作業を進めている。政府による一部負担の肩代わりやクレディ・スイスの投資銀行部門の扱いといった難題をクリアする必要がある。
UBSはクレディ・スイス救済のための買収の可能性に当初難色を示していたものの、当局の催促を受けてクレディ・スイスの深刻な信用喪失の危機に歯止めをかけるため、迅速に執行可能な仕組みを模索している。協議について説明を受けた複数の関係者が明らかにした。
関係者によれば、UBSはスイス政府に対し、何らかの買収で合意した場合、法的費用の一部や将来的に発生するかもしれない損失の肩代わりを求めており、ロイター通信はその金額を約60億ドル(約7900億円)と報じた。
キャプチャ














クレイジースイスグループはもう何年も前から不祥事続きでとっくに終わってた銀行
とっくの昔に信用失ってたんで「個人的にはまだ潰れてなかった?」のかという程度です。
言っちゃ悪いけど、こんなカスみたいな金融機関に未だに金ア付けてる方が悪いでそ
こんなキチガイ金融機関に未だに資産預けてる方がむしろおかしいってだけφ(.. )
本来なら「自己責任ですね」の一言で終わる話ですが、スイスも悩んでるんでそね

クレイジースイスってかなり前から不祥事だらけで顧客から訴えられたりしてたし
なにやってもダメで経営陣がコロコロ短期で入れ替わりしてました。
例えていうなら、飛ばしや簿外債務をやってた山一証券とか北海道拓殖銀行みたいなもん。
あの当時はそれで済んでた話かもしれないけど、現代でまだやってるような銀行です

数年前とかそんな話じゃなく、6〜8年前から脱税補助違法な取引繰り返しては
欧米の金融庁や監視機関から目をつけられて処分と罰金喰らってたクソ会社ですよね
野グソ以下💩のもはや金融機関と呼ぶ方がおかしいレベルになり下がってたんで
そんな事態になっても金預けてたバカを救済するのもちょっとどうかと思います(´・ω・`)
そもそもまともじゃないってことで国内外で取引先から切られまくってましたよね

日本国内でも2〜3年前から従業員を半分首切って、その後さらに半分に首切ってたんで
とっくに日本国内から撤退したか身売りしてるという印象しかありません(´・ω・`)
ってかむしろまだ存在してたんだ!ってことに今回驚きましたΣ(゚д゚;)
超カスだったんで、てっきり消滅したか身売りしてどっかに吸収されたと思ってたので

今週末に一番驚いたのはクレディ・スイス がUSB銀行に買収されるってニュースは
3/17(金)の夜にバンバン情報が流れてたのにダウ先物はー384ドル下げて引けたのに
土曜に入って一般ニュースで同じ情報が流れるようになったとたんに急反発してます
土曜の明け方に384ドル下げてたのがその直後即リバってサンデーダウは214ドル上げ

金曜日の取引時間中に反発せず、取引直後から即リバウンドしたのか謎ですね(´・ω・`)
一方で仮想通貨はUSB銀行買収のニュースの双方でとっくにリバってたんですけどね
なんでこんなおかしなタイムラグというか時差みたいなものが生まれるのか不思議。
本来なら3/17(金)の夜中にダウも日経225先物もとっくにリバってなきゃおかしい話でそ
今回明らかにおかしかったんで225先物を金曜(というか土曜の朝)に買ってみました
https://cc.minkabu.jp/pair/BTC_JPY
0309














今回とまったく同じようなタイムラグみたいなものが先週3/11〜3/12にも起きてました
シコリンバレーバンク(SVB)が破綻したのが週末に入る直前の3/10(金)でした。
その直後からアメリカの金融当局関係者やその機関、あるいはアメリカ政府の関係者が
一斉にシコリンバレーバンクの預金の全額を保全する旨の発言をしてましたφ(.. )



てっきりダウ先物も日経225先物も仮想通貨も即リバすると思っていたんですが
ダウ先物はサンデーダウがけっこうリバってたのに仮想通貨は鈍い戻りでしたΣ(・ω・ノ)ノ
ビットコインを270万円前後で、ライトコインを9,200〜9,300円で揉み合い。
本来なら預金の全額保全ニュースで土日にリバウンドしておかしくなかったんですけどね。

なぜかあの時も、土日ではなく何のニュースも出てない3/10(月)深夜に急に動意づいて
あれよあれよという間に3/13〜3/14の2日間でビットコインは280万➡353万まで急騰
土日あれだけ安値で放置されてたのになんで月曜の早朝に動いたのか謎でした。
これってなぜか動かなかったビットコイン買うだけで28%儲かったんですよねΣ(゚д゚;)
(おかげで土日のニュースをしっかり読んだ上で安値で仕込めましたけど

先週はダウ先物が先に動いてて仮想通貨がなぜか動かないパターンでしたが
今週末はUSB銀行によるクレディ・スイス 買収ニュースを受けて、仮想通貨がとっくに動いてたのになぜかダウ先物と日経225先物が動かないパターンでしたΣ(゚д゚;)
(3/20(月)寄り付きの日経225先物は300〜350円くらいギャップアップで上げるんでは?)
情報自体がそれほど変わったわけでもないのに、なんでこうも動きに差が出ていたのか
USB銀行による買収ニュースがなぜ金曜日の取引時間中には完全に無視されていて
なぜ土曜の朝になったとたんにいきなり先物が反応し始めたのか非常に不思議でした
むしろ操作されてたんじゃないか?って疑ってしまうくらいのおかしな値動きでした。

この2〜3週間くらい異様にギャップダウンギャップアップが頻繁に発生してますよね。
もちろんそれを狙って反応してない方を買っとけば儲かるわけなんでしょうけど








ss2286234570 at 22:47|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加