yogurting ヨーグルティング

オフィス縮小

2020年08月22日

東急、渋谷依存に試練 テレワークでオフィス離れ加速

東急、渋谷依存に試練 テレワークでオフィス離れ加速
2020/8/12 2:00 日本経済新聞
東急の成長が鈍る懸念が強まっている。鉄道から不動産に主力の軸足を移し、東京・渋谷を中心に集中投資を進めてきた。新型コロナウイルスの流行でテレワークが普及。スタートアップを中心にオフィス離れが広がり、渋谷に依存する成長戦略は見直しを迫られる。在宅勤務を見据え、郊外を中心に新たな開発を急ぐ。渋谷は重厚長大型に代わり成長のリード役と期待される、インターネット関連のスタートアップなどの集積が進む。東京・丸の内など既存のエリアと並ぶビジネス街に育ってきたが、新型コロナの影響が直撃した。テレワークの導入で出社が前提だったオフィスの需要は落ち込み、入居企業が賃貸面積を減らす動きが目立つ。
もう一つは「郊外型ビジネスに目を向ける」(藤原裕久取締役)戦略だ。足元で渋谷よりも都内や郊外の商業施設に客足は戻っているという。東急百貨店は6月、たまプラーザ店(横浜市)の家庭用品コーナーを改装した。16年に始めた法人向けシェアオフィス事業も、全国の180店(提携店含む)を29年3月までに1000店まで拡大する戦略を掲げる。7月は企業からの問い合わせがコロナ前の3倍に急増。「都心より郊外店舗の利用者が増えている」(東急関係者)

渋谷のオフィスバブル崩壊か 市況変調、都心5区で先行
2020/7/29 14:40 日本経済新聞
コロナ禍でオフィス市況の変調が目立ってきた。東京都心で空室率の上昇が急になり、賃料も天井を打つ気配が強まる。これまで相場をけん引してきた渋谷区の変化が際立つ。集積するIT(情報技術)企業を中心に在宅勤務など働き方の見直しに加え、景気や業績の悪化懸念でスペース縮小の動きが渋谷で先行する。渋谷区では他の区に比べて実際の空室が増えるペースが速い。不動産サービス大手のシービーアールイー(CBRE、東京・千代田)の調べでは、延べ床面積3300平方メートル以上のオフィスビルの空室率(即入居できるスペースの割合)が6月末時点で「渋谷・恵比寿」は1.4%。調査対象の都内エリアで最も高く、3月末時点から0.7ポイント上昇している
キャプチャ



.
渋谷・青山・恵比寿界隈でビジネスオフィスの解約が先行して進んでるようですね(´・ω・`)
もともと渋谷近辺はベンチャー企業とかネット企業が多く集まってる地域なので
(Googleジャパン、DeNA、LINE、サイバーエージェント、GMO、ミクシィとか)
そもそも広いオフィスなんて必要じゃない企業が飛び抜けて多いんですよね
最近だと青山に楽天本社が移転してきてるけどあそこも渋谷のすぐそばですし
2019年12月に渋谷に巨大なオフィス作ったミクシィはどすうるんだろうか・・・。

Googleの持ち株会社であるAlphabet年内にオフィス70%削減とかいってるから
渋谷駅前のGoogle日本本社のオフィスもバッサリ解約もありえるよねΣ(゚д゚;)
さすがに年内はないと思うけど1〜2年したらガラ空きってのはあり得る話。
ビジネスのほぼすべてがオンライン完結なのに都内に広いオフィス持つなんて
あの手の企業にとって意味がないというか、まったく無意味に近いですもんね
都内のあまり混まない住宅街を中心としたサテライトオフィスに入居して
広い地域に分散したオフィスに変わると思うんですよね。たぶん

スタートアップ企業のほとんどはネットビジネスに精通した人材が渋谷に多いとか
あるいは渋谷で起業するのがただの「流行り」だったから集まってただけなんで
そもそも10〜40人程度しか従業員がいないスタートアップ企業からしたら
渋谷に固執する意味ってそもそもないし、賃貸料が無駄でしかないんですおね
最近は本社をもっと安いマンションの1室に移したり完全にテレワークに切り替えて
浮いたオフィスの賃料を従業員の給料に充てるなんて会社も増えてきています
不動産会社以外のみんなが得するのである意味最も自然な流れでそうφ(.. )

いずれ都心の広大なオフィスビルなんてまったく不要な時代になっていって
都心に乱立したマンションもぶっちゃけいらないんじゃねってなって
多くの人が郊外の広い土地付きの自宅に住む時代になってくと思うんですよね
そして自宅から駅前にあるサテライトオフィスやシェアオフィスに通うみたいな。
それこそ自宅は千葉・埼玉・群馬や神奈川の自然豊かな場所でもいいじゃんって。

きっかけは確かに新型コロナではあるけど正確にはコロナの影響じゃないんですよね
あくまできっかけであって、殺人的な満員電車通勤とかむだに綺麗な新オフィスとか
今まで必要と思われていたものが実際には無駄ただのコストだと気がついただけで。
あれだけどんなに取り組んでも解消できなかった都心部の満員に通勤電車ですら
通勤する意味がないと理解された瞬間にいきなり解消しちゃってますから(´∀`*)
やたら新型コロナの危険性や害悪のみを叫ぶニュースやマスコミが多いですけど
むしろ世の中が良い方向に変化できてよかったとなつさんは考えています

ちなみにテレワークが増えると自宅近辺での行動時間が増えやすいし
運動不足解消とか、満員電車を避けるために自転車通勤の需要も増えてるんで
安い自転車ではなく長時間乗りやすい高単価の自転車が飛ぶように売れるらしい。
吉祥寺の自転車屋巡りしたときに高い自転車が軒並み在庫がなくなってるとか
予約待ちになってたんでそーと儲かってるんだなと気がつきました.。゚+.(・∀・)゚+.゚
利益率の高い高級自転車がどんどん売れたらそりゃ儲かるでしょう。
ということでなつさんが試しに買ったあさひの株価も上がりまくっています

あさひ(3333) 1,968円 +31円 (+1.60%)



2020年07月19日
渋谷からオフィスバブル崩壊始まる、コロナで「縮小移転」ラッシュ その2

2020年07月18日
渋谷からオフィスバブル崩壊始まる、コロナで「縮小移転」ラッシュ その1


ss2286234570 at 08:55|PermalinkComments(4)

2020年07月18日

渋谷からオフィスバブル崩壊始まる、コロナで「縮小移転」ラッシュ その1

渋谷からオフィスバブル崩壊始まる、コロナで「縮小移転」ラッシュ!
2020.6.8 5:15 ダイヤモンドオンライン
首都圏でも緊急事態宣言が解除された5月25日の翌日、AI開発スタートアップ企業のゼノデータ・ラボは東京・渋谷にある本社オフィスを縮小移転する契約にサインした。
現在のオフィスは45.9坪。そこから徒歩1分ほどの所にあるマンションの一室に移るもので、新オフィスは13.35坪の1LDK。家賃は20万円台で、今の7分の1にまで減る。
同社の関洋二郎社長は、コロナ危機を受けて3月上旬にオフィスを大幅縮小することを決断した。3月中旬に緊急全社会議を開き、全社員に全員原則フルリモート勤務にすることと、オフィスを移転することを伝えた。
0718


かなり以前から言われてたことですけど今年の後半から本当に起きそうなこと
それは間違いなく企業のオフィス縮小と撤退でしょう(´・ω・`)
東京ってね今夏のオリンピックに向けて在宅勤務の強化ってのをしてたんですよね。
中小企業は遅れてるけど、大手の会社はすでにどこも1〜2年前から着手してたはず
それらの準備がたまたま運よく新型コロナ抑制のための外出自粛が起きたんで
4カ月前倒しで都内で大々的に実施されたみたいなとこが多いと思います

Googleの持ち株会社のピチャイCEOもかなり大胆な発言をしてて
年内にオフィスを70%削減して30%に落とすってゆってるんですよねΣ(・ω・ノ)ノ
GoogleとかAmazonが先導してやってることって必ず世界中に波及していくよね。
今年中に国内の企業がオフィス面積を30%削減とか半減はしないだろうけど
3〜4年先を考えるとまず間違いなく30〜50%は減ると思うんだおね

大手企業もこれからずっと出社人数を30〜50%までに制限するだろうから
大きなオフィス面積なんて必要ないし、ましてオフィスの増床なんてありえんでそ
大手町、新橋、品川、渋谷、新宿、池袋すべてでオフィス需要減るよね
オフィスビルってなんだかんだで一部の財閥系不動産が仕切ってる面あるから
そのあたりの不動産会社は中長期的に見ても衰退していきそうです(((( ;゚д゚)))

とはいえ自宅環境って必ずしも通信状況はあんまり良好とはいえないし
なによりセキュリティー的にはマズイ面が明らかにあるのも事実なんで、
たぶんこれから新事業として駅前オフィスみたいなのが増えると思うんだおね
23区内の住民やオフィス需要はこれから圧倒的に減っていくだろうけど
23区外の駅前にセキュリティーがしっかりした個室オフィス増えてくみたいなね
従来のシェアオフィスとかコワーキングスペースだと感染懸念みたいなのがあるんで
例えるなら、漫画喫茶の個室のより快適でセキュリティ対策がしっかりあるような
そんなオフィスビルが郊外のあちこちに増えてくるんじゃないかと思います

電車に乗らなくても駅前とか自宅近所の繁華街に歩くか自転車で済むから
今までのような満員電車だとかそういうマイナス面も一気に解消していくでそ
スーツなんて着なくてもいいし、ネクタイも革靴もいらなくなるだろし
働くサラリーマンにとっては良いことづくめなんじゃないでしょうか

一方で、現時点においては満員電車でスーツ着て毎朝オフィスビルに通うという
前提条件がすでに崩れちゃってるから努力だけじゃ救えない業界も多いでしょう
明らかにビジネスモデルの転換に差しかかってる企業は多いでしょう
オフィスビル系の不増産会社にしても、スーツ店も革靴メーカーも
ワイシャツメーカーもクリーニング屋も、オフィス街の飲食店も同じ(´・ω・`)

三菱地所(8802) 1,623円 −22円 (−1.34%)
いわゆる在宅勤務需要やネットワーク構築の需要なので大繁盛してます
家電店のパソコンコーナーに行けばバッファローの製品も非常に売れています。
一方で株価がまったく冴えないのはビジネスオフィス需要減退にさらされてる企業
かなり露骨に株価が弱いし、下手したら年内にも最安値更新もありえそうだお
むしろ今は序の口で、これから数年かけて事態悪化を株価が織り込んでいくわけで
時価総額が現在の1/2、あるいは1/3まで沈んでも全くおかしくないと思うんですよね

ss2286234570 at 06:41|PermalinkComments(0)