yogurting ヨーグルティング

インバウンド

2021年07月23日

西武HD、ホテルなど40施設売却へ 全国で1000億円超

西武HD、ホテルなど40施設売却へ 全国で1000億円超
2021年7月16日 18:00 日本経済新聞
西武ホールディングス(HD)は「ザ・プリンスパークタワー東京」などプリンスホテルやレジャー施設などを売却する方針を固めた。対象は国内40施設程度で、売却額は1000億円を超える見通し。投資ファンドから提案を募っており、今後交渉を本格化する。運営に特化しつつ、資産を持たずに効率化を進めるアセットライト経営への転換を進める。
西武HDが売却するのはホテルやゴルフ場、スキー場など。ホテルでは「札幌プリンスホテル」や「びわ湖大津プリンスホテル」など全国で10弱が対象となる見通し。「品川プリンスホテル」や「軽井沢プリンスホテル」などは対象としない方針だ。
現時点で対象としている施設の簿価は1000億円超になるとみられる。今後、交渉で対象施設が減る可能性はあるが、西武HDのホテル・レジャー事業の有形固定資産の簿価(5703億円)の2割弱を売却することになる。
西武HDは鉄道各社の中でもホテル・レジャー事業の比率が大きい。稼働率の低下でホテルなどで202億円の減損損失が発生するなど、21年3月期は過去最大となる723億円の連結最終赤字を計上した。
鉄道会社が財務改善やコロナ後に向けた投資資金を確保するため、保有資産の売却に乗り出す一方で、超低金利下で資金が豊富なファンドが買い手となっている。訪日観光客(インバウンド)の回復を見据え、中長期的な収益確保が期待できる不動産投資に乗り出す投資家も多い。
キャプチャ




近鉄グループに続いて西武ホールディングスも不動産売却に動くようです(´・ω・`)
傘下の会社が大赤字で多額のリストラ費用再建費用が必要になった近鉄グループは
その費用を捻出するためにもホテルなどをバンバン売りに出していました
近鉄Gの場合は、債務超過の近畿日本ツーリストへの資金投入が不可避だったので
売るつもりはなかった虎の子の不動産を売却したという経緯があります

西武HDの場合は、鉄道会社の中でもホテル・レジャー事業の比率がかなり高いので
今回のような事態になると他の部門でどんなに一生懸命稼いでも
ホテル・レジャー事業の赤字で全部吹っ飛んで大赤字になってしまうリスクがあるので
その対処法としてホテル・レジャー事業の持ち分を減らす意味のようですねφ(.. )
正確にいうと、直接保有から間接保有に変えたって感じですけど

リスクがある程度低減されたという意味では西武HDにとって好材料でそね
チャート的には目先ではやや値の重い感じなので面白みはないですが
動き始めるとかなり足が速く上げていく銘柄なのでそのあたりに期待でしょう。

西武ホールディングス(9024) 1,246円 +15円(1.22%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9024
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9024.T/chart
日足だといまいちなチャートだけど週足や月足ならまあまあといったところ
目先では株価重めだけど、週足で判断すると1,200円に近いところで買っておいて
1,500円くらいで売却していくようなイメージになるでしょう(´∀`*)

近畿日本ツーリスト(9726) 1,291円 +41円(+3.27%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9726
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9726.T/
日足ではそれほどいいチャートではないけど週足や月足ではトレンドを維持してます。
1,000円あたりで購入してた株は1,500円まで上がったんで高値で全部売り捌きました
1,250円以下なら再度仕込んでいいかなって値動きになっていますφ(.. )
目標株価は1,450〜1,500円あたり。
月足の上の雲がぶ厚いのでそれ以上の上値は厳しそうなのでそのあたりが売り場でそ


ss2286234570 at 07:09|PermalinkComments(1)

2016年03月27日

AMBITIONの株券返して(´;ω;`)!!!!!!

不動産の管理や賃貸仲介などを手掛けるAMBITION(3300)が連日の上場来高値を更新となっている。買い気配でスタートし、午前9時12分に3500円で取引が成立。その後も買いの勢いが続き、10時9分には前日比700円ストップ高となる3905円まで上昇した。最近の上昇基調の流れを引き継いだことに加え、15日にネット決済サービスなどを展開しているクラウド ペイメント社に出資すると発表したことが材料視されたようだ。

2月4日に民泊事業への新規参入およびアドベンチャー<6030>との業務提携に向けた検討開始を発表し、大きな注目を集めました。民泊の特区となっている大田区で管理物件の9%を保有しており、すでに民泊の申請済みと、着実に準備を進めているようです。
2016年6月期上期業績は上方修正を発表し、中間決算は売上高が前年同期比44.2%増の45.3億円、営業利益が同18倍の0.75億円と大幅な増収増益で着地しました。プロパティマネジメント事業はサブリース管理戸数が当初予想より多く取得でき、インベスト事業においても販売用不動産の売却が当初予想よりも進んだことなどが要因です。

2月に株価暴落したときに購入しといた小型株、新興株の一つがここアンビション
理由はかなり単純、マイナス金利で不動産セクターへの恩恵が大きいと考えたから。
三菱地所と三井不動産みたいな大型株は地合いに釣られやすいけど
この手の新興株なら材料化されやすいφ(.. )
そう考えて新興の不動産セクターからえらんだのがイチゴHDアンビション
両方ともチャートが非常に良くて、業績も良くて、しかも材料が豊富(*´∀`*)ムフー
なによりインバウンド景気の流れにのって「民泊銘柄」筆頭だったからです 

さらにこのアンビションのいいところは時価総額が小さいくせに流動性が高かったこと。
今でこそ時価総額が50億円超えてるけど当時は30億円もありませんでした(´;ω;`)
にもかかわらずなぜか妙に流動性が高くて売買代金が相対的に高かったんだおね
(ちなみに最近人気のバイオ銘柄もなぜか流動性が常に高いという特徴があるお)

比較してみるとこの流動性の高さがわかります
時価総額6兆5,000億円のソフトバンクの平均的出来高が600万株くらいなので
売買代金になおすとせいぜい300〜400億円程度だおね
でも時価総額と比較してみると流動性は1%にも満たないってことですφ(.. )
アンビションは時価総額30億円だった頃から出来高が60,000株くらい普通にあって
売買代金が安定して1億円超えてたので流動性は3%以上
小型株だからといえばそれまでだけど非常に買いやすい銘柄だってことだおね

アンビション(3300) 3,295円 +20円 (+0.6%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=3300
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3300.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
でもアンビションには決定的に大きな大問題があります
それは何かというとぼくちんが売った後に死ぬほど爆上げしてしまったこと(´;ω;`)
1,820〜1,900円で買い増ししてって当初の予定通り2500円で売り切って
もうウハウハ気分で株価を眺めていたらMAX3900円まで上がってしまいました
最初から狙ったとおりの指値で売れたので完全に予定通りの成功なんだけど
売った値段から1.5倍も高い値段まで上がってんじゃねえぞ糞が、と(゚д゚)、ペッ
今の株価をみるだけで胸が絞めつけられるように辛いお(´;ω;`)
夜中に株券返してくれと何度泣きながら叫んだことか


0329




   アンビションの株券返して!!!
 




0329 




   アンビションの株券返して!!!





0329 




   アンビションの株券返して!!!





0329 




 いちごHDの株券返して!!! 


ss2286234570 at 04:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)