yogurting ヨーグルティング

みずほFG

2017年11月14日

みずほ 人員・店舗数の削減を柱とする「構造改革」を発表

みずほ、敵は異業種にあり フィンテック台頭に危機感
2017/11/13 20:30
みずほフィナンシャルグループ(FG)は13日、メガバンクとしては異例の人員・店舗数の削減を柱とする「構造改革」を発表した。日銀のマイナス金利政策や人口減少で収益環境が悪化する一方、金融とIT(情報技術)が融合したフィンテックが普及し、異業種の新規参入者との競争にも備えなければならない。自らの高コスト体質にメスを入れなければ生き残れないとの危機感がみずほFGを突き動かした。
「(従業員)1.9万人を2026年度までに実数として減らす」。みずほFGの佐藤康博社長はこの日、会見でこう明言した。配布した「抜本的構造改革への取り組み」と題した資料には、17年3月末時点で7.9万人いる従業員を26年度までに6万人に、拠点数も24年度までに約500から約400に減らすと太字で書き込んだ。
根底には業績低迷がある。17年4〜9月期の本業のもうけを示す実質業務純益(みずほ銀行とみずほ信託銀行の合算)は1807億円と41%も減った。メガバンクで最初に委員会設置会社に移行し、16年にはカンパニー制を導入するなど組織改革で銀行界の先頭を走ってきたみずほFGだが、「稼ぐ力」にはつながっていない。
1114











日経の記事って基本的にバカが書いてるなってのはよくわかるおね
そもそもメガバンのビシネスが斜陽になったのはフィンテック台頭なんて関係ないでそ
銀行が企業に資金を貸し付ける間接金融から直接金融に世の中が変化したことと
マイナス金利の導入で今までのように稼げなくなったというただこの2点だおね

最近になってフィンテックなんて言葉ができてからやたらバカなマスコミがよく使うけど
そもそもフィンテックなんて10〜20年前からずっと存在し続けてるし
ネット銀行やネット証券なんてまさにフィンテックの固まりですからねφ(.. )
マスコミは面白がってリストラリストラって騒いで記事にしたがるけど
よくよく読んだら10年かけて1.9万人減らしていくだけのことだし
削減方法も退職した人員を補充しないとか、新規採用を抑制しますってだけで
いわゆる首切りとかレイオフみたいなのとはまったく関係ない内容ですよね
そもそも業界の斜陽度でいったら銀行よりもマスコミの方が深刻でそ(゚д゚)、ペッ

ただし銀行の事業において膨大な人員が必要なくなったのは事実でそう(´・ω・`)
口座開設なんて90%以上の部分は自動化できるだろうし人手なんて必要ないし
融資するための稟議作成や書類作成だってほぼすべて自動化できる話です
カードローン住宅ローンもネットからの申し込みと融資だけで足りるから
あんなことに何万人もの人員が必要なわけがないでそねφ(.. )
最終的にな「ATMさえあればいいんじゃねってなるから支店もいらないでそ
いずれ現金から自動決済にすべて切り替わってくからATMさえ必要なくなるでそ。
メガバンクの人員なんてせいぜい1〜2万人もいれば十分すぎると思うだお

みずほFG(8411)196円 −1.4円 (−0.7%)


ss2286234570 at 22:45|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月28日

みずほ、従業員数の約3分の1にあたる1.9万人分の業務削減検討

みずほ、低収益にメス 1.9万人分の業務削減検討 20〜30店舗の統廃合も検討
2017/10/28 11:00 日本経済新聞 電子版 
みずほフィナンシャルグループ(FG)が大規模な構造改革の検討に入った。2021年度までに8千人分、26年度までに1万9千人分の業務量削減を目指す。17年4〜9月期の純利益は前年同期比2割の減益になったもよう。今後数年で20〜30店舗の統廃合なども検討する。大胆な事業再構築抜きに低収益構造からの脱却が難しいと判断した。
みずほFGは企画部門が中心になって原案を策定し、週明けから全体で議論する。今後10年程度でバブル世代の引退など世代間のいびつな人員構成が改善されるため、抜けた分を補充せず、業務を大胆に見直すことにした。ただ、メガバンクの業務の大半は支店の事務作業で、大規模な店舗統廃合が伴う公算が大きい。現場から反発が出る恐れもある。
原案の柱の一つは経費の見直しだ。グループ全体の事務を集約し、重複する業務を担う人員を減らす。定型作業を自動化する「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」と呼ぶシステムを使い、100業務を人からロボットに移す。すでにインターネットを通じた投資信託の口座開設のデータ入力でRPAを採用した。
店舗はまず3年かけて20〜30カ所を統廃合する。みずほの店舗は800弱に上り、さらに大胆な再編を検討する可能性もある。みずほの全従業員は約6万人。大半は支店に配置している。

みずほFG、10年間で1万9千人分の業務量を削減へ

http://www.asahi.com/articles/ASKBX41DZKBXULFA003.html
2017年10月28日12時56分
みずほフィナンシャルグループ(FG)が、大規模な事業見直しを検討していることが、28日わかった。ITによる業務効率化などで事務作業を減らし、店舗の統廃合を進めて、2021年度までに約8千人分、26年度までの10年間で約1万9千人分の業務量を減らす方針だ。国内に約800ある店舗は機能を見直し、今後数年で20〜30店を減らすことを検討する。近く構造改革案として発表する。
金融とITを組み合わせた「フィンテック」やAI(人工知能)の業務への活用を加速させる。支店の窓口で担当者が行う業務の一部をロボットに代替させたり、ネット対応に置き換えたりして業務量を大幅に減らす。みずほFGの従業員数はグループで約6万人。例年2千人規模を採用している。今後は大量採用期の退職者増加や新規採用数の調整で、業務削減に合わせて人員をスリム化していく。希望退職などは現時点で検討していないという。
1026












みずほFGは従業員の1/3にあたる1.9万人を削減することを発表したようです
今後5年間で8000人削減して、残りの5年間で11000人削減していく予定みたい。
人を増やしても売上げが増えるような時代じゃなくなったので
退職者の補充をせず新規採用を抑制して人員削減をやってくみたいだおφ(.. )
つい最近も三菱UFJが万単位の人員削減を発表していました。
メガバンだけでなく銀行業全体が大きな曲がり角にさしかかったってことでそう

ただフィンテックやAIだのを駆使してもコスト削減はできそうだけど
具体的に売上げが増えるわけじゃないのでそこが一番の問題でそう(´・ω・`)
直接金融から間接金融に移ったことで従来の融資事業で儲けるのはまず無理だし
かといって地域限定社員を各地に張りつけて投信や保険を売りつけるビジネスも
いずれ時間の問題ですべてネット販売に移行しちゃうからあまり先がない

今後仮にベンチャーキャピタルファンドビジネスに力を入れたとしても
従業員が何千人と必要な商売じゃないのでせいぜい数百人で足りてしまいます
フィンテックで伸ばすだなんていっても必要なのはSEや理系学生であって
今まで採用してきた文系学生やいわゆる銀行員なんて1人も必要ではありません
最終的にはメガバンに必要な従業員なんてせいぜい1〜2万人じゃないでそか
今のままじゃ完全に斜陽産業なので完全に商売を替えるくらいの変化が必要でしょう。

みずほFG(8411)208円 +3.9円 (+1.9%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8411
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8411.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss


ss2286234570 at 13:54|PermalinkComments(7)このエントリーをはてなブックマークに追加