yogurting ヨーグルティング

海外サッカー

2023年03月01日

三笘薫、ストーク戦の“秀逸裏抜けプレー”に海外絶賛

三笘薫、ストーク戦の“秀逸裏抜けプレー”に海外絶賛 一瞬の動きに脱帽「デンジャラス」
2023.03.01 FOOTBALLNONE
イングランド1部ブライトンの日本代表MF三笘薫は現地時間2月28日、FAカップ5回戦のストーク・シティ戦でFWイバン・ファーガソンの決勝点をアシストし、準々決勝進出に大きく貢献した。今季公式戦7得点3アシストと二桁ゴールに絡んでいるウインガーは海外メディアで「デンジャラス」と絶賛されている。敵地で2部のストークと激突したブライトンは前半30分、DFルイス・ダンクのスルーパスに抜け出した三笘のラストパスを受けたファーガソンがネットを揺らした。この1点のリードを守り抜き、ブライトンは8強入りを決めた。

ストーク戦は得点したわけじゃないんであまりニュースでは注目されてないようですが
ボールタッチとプレイ全体ではかなり活躍したいい試合をやってますねφ(.. )
2分20秒あたりの得点シーンでの切れのある動きはさすがと言ったところ。
まあそれ以上に良かったのは三苫選手にパスを出したダンク選手なんですけどね。

最近はドリブルで突っ込んでも中に入れさせてもらえない試合が2〜3試合続いてて
おそらく例のリバプール戦以降から他チームが対抗策を打ち出してきたんでしょうね
https://www.youtube.com/watch?v=9cbCbekQok0
三苫選手のとこに味方からものすごくパスが集まってきてるのはわかりますが
相手チームも余念なく対抗策をとるのでドリブルだけでは抜きにくくなってきてます
さらに対抗策としてブライトン側が考えたのが守備とキーパーを三苫選手が引き付けて
最後にフリーに入ってきたフィニッシャーが決めるという策なんでしょう。おそらく



Jリーグの試合は時々見る方ですけど三苫選手は国内の時から頭抜けてました。
国内線で見てた人なら誰でも知ってるだろうし、ドリブルの切れがすごかったです。
上の動画でいうなら3分50秒あたりでディフェンスだらけのゴール前に突っ込みながら
ドリブルしながらボールを持ち込んでいくあたりのシーンが一番熱いでしょう🔥

国内レベルでここまで好き放題ドリブルしてる選手はまず目にすることはないです。
なにより股抜きシュートと股抜きパスやりたい放題とかいうねΣ(・ω・ノ)ノ
速攻で海外から声をかけられて欧州に行くのは当然の結果といえるでしょう。
キャプチャ




 ※動画あり






おそらくスポーツ好きな日本人が三苫選手を一番認知したのは例のオーストライク戦
W杯のアジア予選で先制されて負けてる試合に途中交代で入ってきたのが三苫選手。
W杯本選の予選でも十分に実力を発揮することのできるレベルの豪州選手の密集地帯で
いとも簡単に一人でドリブルでボールを持ち込んで勝ち越し弾を決めたあのシーンです。
90分すぎたとこで豪州のディフェンス5枚引き付けて真っ向から決勝点獲ったところ。

サッカー漫画でもさすがにここまでカッコいいシーンは書けないだろうってレベル
あのシーンだけは何十回見ても痺れる。それくらいカッコいいシーンです
ドリブルでど真ん中に斬り込んで勝ち越し点決めるとかもはや鬼でしょう👹

ss2286234570 at 11:48|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年08月20日

【ブライトン】三笘薫、4人抜きスーパーゴールで今季初得点⚽

【ブライトン】三笘薫、4人抜きスーパーゴールで今季初得点
[2023年8月19日23時30分]  日刊スポーツ
ブライトンの日本代表MF三笘薫(26)がウルバーハンプトン戦に先発出場し、今季初ゴールを決めた。前半15分、左サイドでボールを持つと、ドリブルを開始。中に切り込み、次々とDFをかわして、最後は倒れ込みながらゴール右サイドネットに流し込んだ。4人抜きのスーパーゴールとなった。
ドリブル突破中には、相手DFに引っ張られても倒れず、フィジカルの強さを見せつけた。昨シーズン終了後に「もう一段階フィジカルレベルをあげないといけないと思います。やはりフィジカルコンタクトが避けられない場面で負けてしまう回数も多かった。取り組んでいきたい」と語っていたが、相手がファウルでも止められないフィジカルレベルで新シーズンに挑んでいる。


三苫選手って国内にいた頃からすでに誰一人ドリブル止められなくなっていたんで⚽
とにかくドリブルのキレのすごさはJリーグにいた頃から定評のあった選手ですねφ(.. )
これまでの日本人では見たことないくらいドリブルとフェイントの切れ味がすごくて
川崎フロンターレの頃すでに「三苫無双」なんて言葉が存在してたわけでΣ(・ω・ノ)ノ

海外でも十分活躍できるって超期待されてた若手の英俊であることは間違いないですが
まさか日本でやってたようなドリブルシュートをここまで再現できるとは、おそらく川崎フロンターレのファンですらなかなか想像してなかったんではないでしょか

これまで日本から海外に挑戦した選手は多いですが、ディフェンスを4枚引き付けて
その4枚をドリブルの切れ味でここまで鮮やかに抜き去る選手ってのは居ませんでした。
というか、このレベルのキレキレのドリブルでディフェンスを引き付けておきながら、ど真ん中から守備陣をブチ抜いて得点できる選手が世界に何人いるのかって話です
今回のプレイって全盛期のマラドーナとかロナウドレベルのスーパーゴールでしょう。

そもそも本来ならディフェンスが4枚もいるってことはファウルしてでも止めれる訳で
今回のスーパーゴールは4枚のディフェンダーがファウルすらさせてもらえなかったということ。それくらい切れ味のある異次元のスーパーシュートと言えるでそ
日本国内居た時にもすでにこういったプレイはわりとやってたドリブラーなんですが、
まさかプレミアリーグでそれを再現できるとは思ってもいませんでした(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

最後に抜かれたディフェンダーは必死になってユニフォーム引っぱって止めようとしてますが、それでも全く止められなくて完全に振り切られています。
ドリブルをファールしてでも止められない選手ってのはたまに見かけるプレイですが
残りの3枚のディフェンスはゴール前のど真ん中でファールすらさせてもらえない訳で、どれほどドリブルにキレ味があるんだっていう異次元のプレイですよね
海外サッカーやってる日本人選手でここまでレベルの高いプレイ見たのは正直初めてです。

富士通(6702) 17,555円 −185円 (−1.04%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6702
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6702.T/chart

NEC(6701) 7,295円 −102円 (−1.38%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6701
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6701.T/chart

川崎フロンターレの前身は富士通サッカー部で非常に古くからある強豪チームです
若くて才能のある選手がどんどん出てきて海外に羽ばたいてるトップチームですよね。
NECは関連銘柄としてオマケで上げただけなんで三苫選手とは関係ないですが・・・φ(.. )




ss2286234570 at 13:20|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加