yogurting ヨーグルティング

米国株

2022年04月18日

株式市況 〜アメリカ株の投資先読み〜

米国株、ダウ反落し113ドル安
金利上昇でハイテク株に売り ナスダックは1カ月ぶり安値
2022年4月15日 5:35 日本経済新聞
14日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前日比113ドル36セント(0.3%)安の3万4451ドル23セントで終えた。取引開始前に四半期決算を発表した金融株などに買いが先行し、ダウ平均は上昇して始まった。買い一巡後は米長期金利の上昇を受けて高PER(株価収益率)のハイテク株に売りが強まると、ダウ平均も下げに転じた。米株市場は15日からイースター(復活祭)で3連休となるため、取引終了にかけては持ち高調整の売りも膨らんだ。
午後に米債券市場で長期金利が一時、前日比0.13%高い(価格は安い)2.83%に上昇し、12日に付けた2018年12月以来の高水準に並んだ。米連邦準備理事会(FRB)によるインフレ抑制を目的とした金融引き締めペースの加速による米金利の先高観が改めて意識された。金利上昇時に相対的な割高感が強まりやすいハイテク株が売られた。顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムとスマートフォンのアップル、ソフトウエアのマイクロソフトはそれぞれ3%下落した。
ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は反落し、前日比292.508ポイント(2.1%)安の1万3351.079と、1カ月ぶりの安値で終えた。電気自動車のテスラが4%下げた。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が14日に短文投稿サイトのツイッターに買収提案した。マスク氏が保有するテスラ株を売却して買収資金を確保するとの観測が重荷となった。

ツイッター、マスク氏買収案で防衛策 「毒薬条項」を導入
2022年4月16日 4:43 AFP
米ツイッター(Twitter)は15日、電気自動車(EV)大手テスラ(Tesla)のイーロン・マスク(Elon Musk)最高経営責任者(CEO)による敵対的買収の試みに対抗し、「ポイズンピル(毒薬条項)」と呼ばれる防衛策を取ることを明らかにした。
世界一の富豪であるマスク氏によるツイッター買収案は、14日に公開された米証券取引委員会(SEC)への提出資料で発覚。IT業界に衝撃を与えた。提案された買収額は1株54.20ドルで、発行済み株式の総額は約430億ドル(約5兆4000億円)となる。
キャプチャ




 ※動画あり





3月に日本郵船や商船三井を全部売ってからは買いポジを一気に圧縮しましたφ(.. )
最近は半分運試し的なポジを少し持つだけで、かなり暇な投資をしています。
2022年は1〜3月で十分稼げたので正直なところこのまま勝ち逃げしたいのが本音。
このままそこそこ勝ったり負けたりで過ごして年末まで逃げ伸びればいいかなと。
米国の利上げで業績が回復しそうな銀行や保険、株価が好調な商社セクターとか
あるいは新型コロナが本格的に鎮静化してきアフターコロナ銘柄を狙うか

選択肢はそれなりになくはないけど、あえて今ここで大きく張る気にもなれません。
まあしいて言えば5〜6月米国金利の動向や株価の動きを見てから判断かなと

NYダウ
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800

NASDAQ
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0802

言うまでもないですけどダウとNASDAQとでは動きに大きな差が出てきています
年初から下げたらS&P500の投信を買い下がっていたらけっこう含み益が出てました。
でもどちらかというと円安で利益が増えたように見えてる気がするのも事実です。
アメリカでは5〜6月だけでなく7月も利上げやるとかぬかしてたんで
初夏はずっとアメリカのハイテク株とNASDAQは厳しいのではと考えてます(´・ω・`)

金利が上がるとハイテク株が売られやすくなるんでけっこう厳しい傾向ですよね
実は海運売った資金でAmazonマイクロソフトAlphabet買おうと思ってたけど
あまりに値動きとチャートが右肩下がりでカスなんでしばらく様子見してます。
Appleはまだ株価の動きはマシだけど、その他の大型銘柄は魅力に欠けます
ただ決算は悪くないと思うので、決算前に買って決算後にすぐ売るのはありかなと
逆にいえば、それ以外では投資するのはやや厳しいと感じてますΣ(・ω・ノ)ノ

今のところAlphabetを買うのは年後半〜来年にしようかと延期を考えています。

最近はレバナスを買って億資産を目指そうという投資家の方が多いようです。
まあ他人がどうなろうが知ったこっちゃないので個人の好きにすればいいし、
損して痛い目にあうのは結局自分なんで「失敗を糧にしてね」って話でしかないけど
かなりまじめに評価すると、年内は止めとけば?と言う他ないでしょう。
ぶっちゃけどう見ても年内のアメリカは激しい利上げでハイテク株は厳しいですし、
ましてその指数であるNASDAQ指数のレバレッジ投信を買うのは自殺行為でそ

これは煽りではなく正直な意見としてここに書かせていただきますφ(.. )
どうしてもレバナス買い下がりたいならも少し利上げが落ち着いてからでいいし
せめて年内は様子見で、年末〜来年以降から買っても遅くはないと思うんですよね
年内アメリカで利上げしまくりって確定してるのにレバナス買うってのは
基本的な投資法として外れくじ外れ馬券を買ってるようなもんでしょう
レバナス投資法以前にそもそもの投資タイミングを誤ってることにまず気がつくべき。





ss2286234570 at 07:21|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年06月08日

マネックス 米国株信用取引サービス開始が大幅遅延か?

米国株信用取引サービスのご提供について
2022年6月7日
米国株信用取引サービスにつきまして、品質向上の取組みのため、サービス開始時期を調整しております。2022年中の提供開始を予定しており、詳細は改めてご案内いたします。
マネックス証券では、米国株信用取引サービスの提供を2022年7月に開始する旨を発表しておりましたが、現在サービスの品質向上の取組みのため、サービス開始時期を調整しております。サービス開始は2022年中を予定しており、詳細は改めてご案内いたします。

米国株信用取引口座申込受付開始!6月26日13時頃(予定)
2022年6月7日
マネックス証券では、米国株信用取引口座開設の申込受付を開始いたします。
申込受付開始は2022年6月26日(日)13時頃(※)を予定しております。また、申込受付開始に合わせてお得なキャンペーンを実施する予定です。
main







1月頃は、7月の規制緩和に合わせて米国株信用取引を開始するといってたわけですが
あっさり前言撤回してサービス開始が遅延するとマネックスが発表しましたφ(.. )

2022年7月からの規制緩和で信用取引が開始されるなんてだいぶ前から分かってたのに
しかもマネックス自身がわざわざスケジュールを事前に発表していたにもかかわらず
サービスの完成度が低くて品質が良くないという身もふたもない理由です

しかもサービス開始は2022年中とかいうかなり大雑把な説明しか書いてありません
ってことは、最悪の場合は2022年11月〜12月もありえるってことでしょ(´・ω・`)
さんざん準備期間があったのに直前になってなに寝ぼけたこと言ってんのかと・・・。
まして他社と参入競争始まる直前で落馬とかどうしようもないですね

しかもなにが酷いって、米国信用取引口座の申込みは6月26日13時に開始とか
デカデカとやたら目立つように書いてあるくせに、リリースの予定は未定ってとこ。
なんで口座申込だけできて取引開始の見込みはないとかふざけたことやってるのか
なんでこんなバカみたいなことやってるのかさっぱり理解ができません(゚д゚)、ペッ

本当に8〜9月にリリースできそうな予定があるなら多少はその雰囲気を出すはず
ところが米国信用取引サービス開始は2022年内とかなり胡麻化してるんで
どんなに早くても9月の連休あたりが限度じゃないでしょうか
っていうか、実はもう11〜12月に延期ってうすうす気がついてんじゃねえのか
C--iVs2UwAEOsSg













米国信用取引サービスは出す・・・。出すが・・・今回まだその時と場所の指定まではしていない。
そのことを・・・どうか諸君らも思い出していただきたい。
我々マネックスがその気になれば・・・ クリスマスあるいは大晦日に
リリースすることも可能だろう・・・ ということ・・・!


2022年03月14日
楽天証券 米国株式信用取引のサービス開始予定!(2022年7月〜)

2022年01月25日
マネックス証券、7月に米国株信用取引開始(予定)

2022年01月08日
楽天証券、7月に米国株信用取引を開始

2021年12月31日
SBI証券、「米国株強化元年」を宣言 信用取引を7月に開始


ss2286234570 at 09:51|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年06月22日

楽天証券、7月から米国株式信用取引を開始! 6/19から口座申込

米国株式信用取引いよいよスタート!(口座申込6/19〜)
2022年6月17日
6月19日(日)より外国株式信用取引口座の申込受付を開始します!
2022年7月より日本国内での米国株式信用取引が開始となります!
※米国株式信用取引を始めるには、外国株式信用取引口座を開設する必要があります。当社では、6月19日(日)より外国株式信用取引口座の事前申込の受付を開始いたします!信用取引口座の申込・開設は無料です。
main







米国株式信用取引のサービス提供時期に関するお知らせ
〜2022年7月よりサービス開始予定〜
多くのお客さまよりサービス開始のご要望をいただいておりました米国株式信用取引サービス!日本国内での米国株式信用取引が2022年7月から提供可能となります。SBI証券は同月よりお客さまに米国株式信用取引を提供できるよう、鋭意準備を進めております!



さて、2022年7月から米国株が信用取引できるよう規制緩和がされますφ(.. )
そして早くも楽天証券が6/19(日)から米国株信用取引の口座申込を開始しました
スケジュール的にいえば非常にスムーズに進んでいる印象です(*´∀`*)ムフー

7/1(金)から即日で米国株の信用取引がスタートするのかはやや不透明ですが
2週目の7/4(金)または7/11(金)くらいには取引開始するんじゃないでしょうか
平日いきなり開始ってのはあまりないので7/4くらいかな?と思っています
いずれにせよ楽天証券は準備が順調にすすんであともう少しってとこでしょう。

一方、6/23(木)になってもSBI証券はスケジュールを明らかにしていません(´・ω・`)
サイトの説明を読んでも「鋭意準備中です」という適当な説明があるだけ
ぶっちゃけていえばほぼ遅延確定でスケジュールも不明ってところでしょう(゚д゚)、ペッ

そもそも米国株信用取引を行うには口座申込と口座開設が大前提になります。
ってことは米国株の信用口座申込すら開始できそうにないってのはけっこう厳しい
まずは口座申し込み開始のスケジュール確定と告知が絶対先になるので
まずそのスケジュールすら不明だと鋭意もクソもへったくれもありません(´・ω・`)
どんなに早くても7月の下旬か、というかさらに遅れる予感が感じられます
夏休みの最終週になって泣きながら宿題やってる小学生みたいなもんでしょう。

前回もblogで書きましたがマネックスもスケジュールのめどが全く立ってません
サイトを見るとどうやら6/16に内容が更新されてますがスケジュールは完全に不明。
「2022年内に頑張ります」みたなクソみたいなコメントがあるだけです。
てめー2月頃には散々7月から開始するとか抜かしててこれかと。アホかと。
何年も前から2022年7月から規制緩和されて米国株の信用取引ができるようになるとわかっていたはずなのに、ここまで救いようもなく遅延ってのはただのアホでしょ

たしかに米国株の信用取引となると日本の法律や規制に対応するだけでなく
アメリカの細かな規制やルール・法律にすべて対応しなきゃいけなくなるわけで
さらに言えばリスク確認などの同意など細かな仕様が複雑に絡んできます(´・ω・`)
例え、そうだとしてもアメリカの子会社ではすでに信用取引を扱ってるわけですから
マネックスがスケジュール遅延ってのは恥ずかしいというかクソマヌケの事態でそ

本来アドバンテージがあるのに制作が遅れてサービスリリースができないどころか
スケジュールが全くの白紙で不明ってのはそーとー恥ずかしい行為だと思います。
こんなことやってたらいつまでたってもSBI証券に追いつくとかまず無理っぽいおね

楽天(4755) 616円 +5円 (+0.82%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart


2022年06月08日
マネックス 米国株信用取引サービス開始が大幅遅延か?

2021年12月31日
SBI証券、「米国株強化元年」を宣言 信用取引を7月に開始


ss2286234570 at 09:19|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年07月02日

SBI証券、7/8から米国株信用取引を開始! ただし新規買建のみw

7月1日から米国株の信用取引スタート 楽天証券、SBI証券などが開始
2022年06月30日 17時41分 ITmedia
7月1日から米国株の信用取引サービスが各社でスタートする。楽天証券やマネックス証券は口座開設の申込みを6月中旬から開始している。SBI証券も6月30日に受付を開始した。auカブコム証券も、この冬には対応する予定だ。
国内株式の信用取引では、3割の証拠金を差し入れることで株式の買いと売りの取引が可能(レバレッジ3.3倍)。一方米国株では、証拠金の2倍の売買を可能としている(レバレッジ2倍)。制度信用にあたるものはなく、一般信用取引のみで期限は無期限となっている。
楽天証券とSBI証券が公開したサービス概要によると、手数料は取引代金の0.33%となっており、0.495%の現物株式よりも安価だ。また上限価格も現物の22ドルに対し16.5ドルとなっている。また米国株市場にはストップ高、ストップ安がないため、保証金率が10%となった場合の自動ロスカットにも対応している。買方金利は楽天証券、SBIともに当初4.5%。ただし楽天証券の場合、これは0.75%金利を引き下げたキャンペーン金利となっており、通常ならば5.25%だ。通常金利はいずれも証券会社が定めるとしている。

「米国株式信用取引口座」の開設手続きの受付開始のお知らせ
https://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/home/irpress/prestory220630_021700.pdf
2022年6月30日 17時00分
SBI証券は、2022年6月30日(木)18:00から、米国株式信用取引口座の開設手続きの受付を開始することとなりましたので、お知らせします。当社では、現地への接続確認を行い、最短で2022年7月8日(金)を目途にお客さまの取引を開始する予定です。お申し込みいただいた口座開設の審査・開設手続は取引開始に向けて順次実施します。
米国株式信用取引は、差し入れた委託保証金の約2倍の取引が可能で、1日の中で同一銘柄を同一資金で取引する、いわゆるループトレードが可能です。当初は「買建」のみでサービスを開始し、その後「売建」「成行・逆指値注文」「保証金の代用有価証券充当」などの機能は、2022年8月以降、順次、拡充していく予定です。
g_foreign_us_margin_01_title








楽天証券は米国株信用取引サービスの開始予定はまだ未定のままですが
ついにSBI証券が先行を切って7/8(金)から信用取引の開始を発表したようですΣ(・ω・ノ)ノ

てっきり7月下旬以降に遅れてリリースするのかなーとは思ってたんで少しびっくり
ただ今回のSBI証券の米国株信用取引サービス内容を読んで理由がわかった気がします
思いっきりサービスの半分ほどをカットしてリリースしたっぽいですね、これ。

「成行逆指値注文」がないとか、そんなのはどうでもいいんですけど
「現物を保証金の代用有価証券に充当できない」とか「売り建て」が不可とか
これってちょっと作りかけのシステムを無理やりリリースしただけなんじゃないのけ

日本とアメリカとではもちろん信用取引の法律も制度も全然違ってるんで
(日本の信用取引は独自の文化でできた部分があって欧米とは異なる点がある)
アメリカの信用取引をやるには、日本版をそのまま応用できないんで法令読みながら一から作る必要があるのはわかるけど、それ知っててサービス開発に着手したんでそ
保証金は現金のみで「現物は保証金に代用不可」だの「売り建て」が不可とか・・・。
スケジュールなんて最初から把握してたわけでどうにかならなかったんだろうか

生焼けのホットケーキをお店で出されてお金とられるみたいな気分になりますね。
あと、信用金利が4.5%と予想して異常に高いのもちょっとなーという気分になります。
たしかにアメリカは日本よりも金利が高いのは事実なんで仕方ない面もあるけど
信用金利がなんとか4%以下くらいになるかなと思ってただけに残念ですね(´・ω・`)

ただでさえ今のアメリカ市場は軟調でダウもNASDAQも下げ傾向の地合いなのに
米国株の信用買いしかできませんというのはあまりといえばあまりなサービスでそ
正直いってものすごくガッカリしたとしか言いようがないですね(´・ω・`)

SBIホールディングス(8473) 2,576円 −79円 (−2.98%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8473
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8473.T/chart

2022年06月22日
楽天証券、7月から米国株式信用取引を開始! 6/19から口座申込

2022年06月08日
マネックス 米国株信用取引サービス開始が大幅遅延か?

2021年12月31日
SBI証券、「米国株強化元年」を宣言 信用取引を7月に開始


ss2286234570 at 09:21|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年07月09日

楽天証券7/11から米国株信用取引を開始! SBI証券は7月下旬に延期

楽天証券 米国株式信用取引いよいよスタート!(注文受付開始7/9〜)
2022年7月8日
2022年7月9日(土)8時より当社での米国株式信用取引の注文受付を開始します!(初回取引は日本時間7月11日(月)22時30分〜)
米国株式信用取引を始めるには、外国株式信用取引口座を開設する必要があります。信用取引口座の申込・開設は無料です。(6月19日(日)より申込受付しています)

SBI証券 米国株式信用取引お取引開始時期の延期について
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control
米国株式信用取引のお取引開始時期につきまして、最短で7月8日(金)を目途にとご案内しておりましたが、サービス品質向上を目的とした更なる内部テストを継続実施するため、取引開始時期を延期することといたしました。お客さまにはご迷惑をお掛けいたしますが、7月中の取引開始を予定しておりますので、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。
main



 




ついに7/11(月)から楽天証券は米国株の信用取引を開始するようです!
スケジュール通りにきっちり準備して調整できてるようですね(*´∀`*)ムフー
しかもサービスも最初からしっかりそろっててそこも高く評価できます(´∀`*)

<楽天証券の米国株信用取引>
/卦買い、新規売りどちらも可能
現引き、現渡しもある
自動ロスカットルールあり
(まあ当然か)
な胴餝式を掛目70%で評価して代用有価証券として利用可能
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/us/margin/
333333

















もちろん日本と米国とでは信用取引のルールや仕様が大きく異なっていますし
もしかしたら使い勝手や利便性になにかしらのマイナスポイントがあるかもしれませんが
すくなくとも表示スペックとしては過不足なく満点と言える内容ではないでしょうか

一方のSBI証券はいきなり内部テストを継続して実施するためリリース延期になりました
最初に出したリリース内容見て「かなり変だなあ」と強く感じてたんですが
やっぱりSBI証券はシステムがそもそもできかけで完成してすらなかったみたいですね
おそらく上層部や北尾が無理やりリリースしろと開発に圧力をかけまくって
一時的には7月上旬にリリース予定と発表したもののやっぱ無理だったんでしょう(゚д゚)、ペッ
まあ大トラブル起こしてお客に迷惑かけまくるよりはマシだったとは思いますけど
完成してもないものをリリースすると発表しちゃう体質はかなり問題ありそうです

そもそもSBI証券の米国株信用取引は「現物株式を代用有価証券として利用できない」
しかも「新規売りができない」というとんでもない出来損ないの作りかけでしたし
こんなバカみたいな完成度でお客向けにリリースするとかおかしい思ってました
まるで船場吉兆が食べかけの材料使い回してましたみたいなレベルでしたからね。
せめてまともなレベルまで作りこんでからお客に提供するのが常識でしょう(゚皿゚メ)

ちなみにマネックス証券では2022年内に米国株信用取引をリリース予定とあるだけで
具体的なスペック内容やリリース時期はまったく不明なままですねφ(.. )
そもそも2022年内に間に合うのかすら不明ので何もわからないのでコメントも不可です。
マネックスは米国子会社はすでに米国株信用取引のサービスを提供してるんだし
もう少しまともに作ってリリースするもんだとばかり思ってたんで残念です
というより本当に救いようねえなあーってだけですけど(´・ω・`)


SBIホールディングス(8473) 2,693円 +28円 (+1.05%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8473
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8473.T/chart

2022年07月02日
SBI証券、7/8から米国株信用取引を開始! ただし新規買建のみw

2022年06月22日
楽天証券、7月から米国株式信用取引を開始! 6/19から口座申込

2022年06月08日
マネックス 米国株信用取引サービス開始が大幅遅延か?

2021年12月31日
SBI証券、「米国株強化元年」を宣言 信用取引を7月に開始


ss2286234570 at 06:41|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年07月17日

SBI証券の米国信用取引 逆指値もロスカットもないクソ仕様と判明・・・

米国株式 信用取引サービス概要
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control
米国株式信用取引は、現金を担保として証券会社に預けることにより、その担保合計金額の約2倍の購入資金を借りてお取引いただけます。
お申し込みいただいた米国株式信用取引口座の開設審査・開設手続きは取引開始に向けて順次実施いたします。お取引開始時期は決定次第、WEBサイトにてご案内いたします。
P50ZfLr













2ちゃんのSBI証券スレで「SBI証券ヤバすぎワロタ」と書いてあったんで読んでみたら
楽天証券とSBI証券の米国株信用取引のサービス比較がありましたφ(.. )

これマジかよって思って検索したらSBI証券の米国株信用取引の概要ページが出てきて
その内容を読んでいくとやっぱり事実であることが判明しました。これはヤバい

信用取引なのに「新規売りができない」とか「現物が代用有価証券としてりようできない」
くらいならただのクソサービスですねで終わった話かもしれませんが(´・ω・`)
なんと注文種類は指値のみで成行注文もロスカットの仕組みもないようです

本来ならロスカットってのは指定した値段に達した時点で成行注文で決済されるので
もし成行き注文がなければ自動的にロスカット注文も存在しなくなります(((( ;゚д゚)))
現状においてもしこのままのスペックと仕様で強行リリースするなら
世界で一番最悪の笑いものになるゴミ以下の信用取引となるでしょう

米国株には日本のように値幅制限がないのでストップ高もストップ安もありません。
したがって、日本株よりもはるかに値動きが激しくてボラティリティが高くなります。
まあどちらがいいとか悪いとかではないのでそれは国によっての違いですけど、
値幅制限のない米国株で逆指値もロスカットもないというのは悲惨すぎでそ
いや悲惨というより地獄絵図になるのは疑いようがありません(゚д゚)、ペッ

なんたってどんなに含み損が増えても自分で手動で指値で決済しない限り、損切りされないから口座の損失の拡大を防ぐことができないわけですからねΣ(・ω・ノ)ノ
よくこんあキチガイみたいな仕様で開発完成とかいうよなと呆れるしかありません。
こんな欠陥だらけの危険なサービスをリリースすること自体が大問題ですよね・・・。

実際にはリリースを延期してるので今のところリリースはされないままですが、
もし問題点を改修して作り直さないままリリースしたら処分されてもおかしくないでそ
それこそ何百〜何千万円という不足金が出て個人投資家が破産しかねないし、
回収不能になった債権を抱えるSBI証券にとっても損失が出るだけの結果になります。
(このままならおそらく裁判沙汰になってニュースの話題にもなるでしょう)

素直に「出来損ないのポンコツなので一から作り直します」といえば済む話ですが
楽天証券にライバル意識を燃やすあまりSBI証券は無理やり強行リリースしてしまう、という可能性を否定できないという面もあります。非常に危険ですね(((( ;゚д゚)))
少なくとも現在の仕様では絶対にSBI証券で米国株信用取引はやるべきではないです
どうしても破産したいという強い要望がある人なら止めはしませんけど(´・ω・`)

SBIホールディングス(8473) 2,655円 −8円 (−0.30%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8473
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8473.T/chart

2022年07月02日
SBI証券、7/8から米国株信用取引を開始! ただし新規買建のみw

2022年07月09日
楽天証券7/11から米国株信用取引を開始! SBI証券は7月下旬に延期

2022年06月08日
マネックス 米国株信用取引サービス開始が大幅遅延か?

2021年12月31日
SBI証券、「米国株強化元年」を宣言 信用取引を7月に開始


ss2286234570 at 08:12|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年07月28日

7/29 SBI証券、逆指値もロスカットもない米国信用取引はじまる!

「米国株式信用取引」取引開始のお知らせ
〜7/29より米国株式信用取引の注文受付を開始〜
2022年7月28日
SBI証券は、2022年7月29日(金)午前10時頃(日本時間・予定)より、米国株式信用取引の注文受付を開始することとなりましたので、お知らせします。「SBI証券 米国株アプリ」でのお取引も可能となります。
なお、6月30日(木)から受付を開始しておりました米国株式信用取引口座の開設・審査手続きにつきましては7月29日(金)から順次実施し、口座開設が完了された方にその旨をお知らせします。
米国株式信用取引では、差し入れた委託保証金の約2倍の取引ができ、1日の中で同一銘柄を同一資金で取引する、いわゆるループトレードが可能です。当初は「買建」のみでサービスを開始し、その後「売建」「成行・逆指値注文」「保証金の代用有価証券充当」などの機能は、順次、拡充していく予定です。
P50ZfLr












もうダメかと思いきやSBI証券が7月末に米国株の信用取引始めるようですねφ(.. )
ただ、前回までに問題点と指摘されてた部分は改善されていないようです
なにが悲しくてこんなカス条件で取引せにゃいかんのかと説教したいレベルです。

はっきりいってこれユーザー集めて実弾テストに利用されるだけじゃないのかと
正直この条件で取引するのはけっこう危険なんで勘弁願いたいところ。
まずは突撃隊が被害にあって散々トラブって問題解決してからで十分ではないでしょか

新規売り注文ができないとか、現物株を代用有価証券として利用できないとか
この時点で十分すぎるほど信用取引としてはあり得ないレベルの低さですけど
まあ百歩譲ってその点は容認したとしてもそれ以外の点がちょっと酷すぎ(´・ω・`)

|輅玄鑪爐六愧佑里漾成行注文すら存在しないという酷さ。
逆指値もロスカットもないんで急落したら損失がひたすら増えるだけ


米国株は日本みたいにストップ高もストップ安もないので外すと被害がでかい
特に決算直後にいきなり20〜25%近く急落するとか悲惨な値動きが起こりうるんで
注文が指値しかなかったら成行注文で即損切りできないんで危険すぎでしょう。
いちいち手動で指値訂正しながら損切りするしかないとかふざけすぎた仕様です。

しかも逆指値注文も強制ロスカットもないんで自分で損切りするしかありません。
もし相場の変動に気がつかずに損切りできてなかったら含み損増えまくるわけで
下手したら決算一発で米国株の信用口座が壊滅しかねない事態もありえます。
むろん、顧客側の口座で莫大な不足金が発生してしまう事態になれば回収不能になり
SBI証券自身も回収できない債権を抱えて特損計上するしかなくなる訳ですΣ(・ω・ノ)ノ
よくこんなバカみたいな仕様と条件でリリースする気になったなと驚くばかりです

てっきり作り直して数か月後に修正してリリースるるものとばかり思ってたので
システムを改修もせずクソ仕様で本番リリースとかトチ狂ってますよね
この内容でリリース決定したやつは頭おかしいんじゃないでしょうか(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
もうね、正気を疑うとしか言いようのない内容ですおねΣ(゚д゚;)
ガソリンかぶって焚火に飛び込むのと同じくらい危険な仕様だと思いますけど

2022年07月17日
SBI証券の米国信用取引 逆指値もロスカットもないクソ仕様と判明・・・

2022年07月02日
SBI証券、7/8から米国株信用取引を開始! ただし新規買建のみw

2022年07月09日
楽天証券7/11から米国株信用取引を開始! SBI証券は7月下旬に延期


ss2286234570 at 20:28|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加