yogurting ヨーグルティング

TOB

2014年08月25日

すかいらーく再上場、週内にも承認 時価総額3000億円か

東京証券取引所は週内にも、すかいらーくの上場申請を承認する。市場区分は東証1部になる見通しで、早ければ9月下旬に上場する。上場時の時価総額は3000億円程度との見方が市場には多く、外食首位の日本マクドナルドホールディングス(約3500億円)に迫る規模となりそう。また、国際会計基準(IFRS)を採用する企業の初の新規上場になる。
すかいらーくはファミリーレストランを全国で展開している。2006年にMBO(経営陣が参加する買収)で上場を廃止し、11年から米投資会社ベインキャピタルの傘下で改革を進めてきた。景況感の改善のほか、シニア客の取り込みなどが奏功し、収益力が回復している。日本株の復調も追い風とみて、8年ぶりの再上場を決めた。上場に伴い、数百億円の公募増資を行う。調達した資金は今期に30店舗を予定する新規出店の資金に充てる計画だ。同時に店舗の改装や工場・物流網の整備も進める。
0822








過去にTOBをして上場廃止になった「すかいらーく」が再上場というニュースです
散々業績を悪化させて、既存株主からはクソ安値で株を買い取っておきながら
また再上場して株を高値で売りつけて大儲けするという詐欺スキームですおね(゚д゚)、ペッ
個人的には「企業の再上場を許す」ということ自体に大問題があると思ってます。
こんなことを許容してたら株主が財布にされてカモにされる回数が増えるだけのことでそう

通常のIPOならどうってことないIPO案件ですが、
ファンドの絡んだ再上場となるとちょっと話は違ってきますφ(.. )
一般的な話として考えるなら(絶対とはいえませんが)出資していたファンドにとって
今回の再上場はただの投資回収であり、資金回収のためだけにIPOをさせたともいえます
(絶対とはいいませんが)まずかなり高い確率で株を売って換金して逃げるでそう・・・
ベインキャピタルにとっては笑いの止まらない収穫時期にあたるってことです。
じゃあその他人が高値で売り抜けた株を高値で買い取る意味があるのかってことになるおね。

一般的にいって投資ファンドというのは経営の継続性に対して無責任な立場です。
保有株を高値で売りぬけることだけが目的なので、それ以外には興味をもってません。
過去の上場廃止の経緯やファンド絡みの再上場という点を踏まえるなら、
まず投資対象からはずしておくというのが投資家としてのあるべき判断かもしれません
もちろん、投資直後の出来高に目をつけて「短期のサヤ取り」ならどうこう言うつもりはありません。
中長期のスタンスで投資する対象としてはリスクに見合ってないってことです


ss2286234570 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月27日

ソニーによるソニーFHD(8729)のTOBはありえるか? その1

ソニー が26年ぶりの公募増資を含む4400億円規模の資金調達を発表後、金融子会社の株価が3日連騰となった。背景にあるのは、稼ぎ頭の金融事業が完全子会社化されるとの思惑だ。
ソニーは公募増資と新株予約権付社債(転換社債、CB)で集めた資金を画像センサー向け投資などに充てると発表した。それにもかかわらず市場では、財務基盤が強化されることで自動車保険などを扱うソニーフィナンシャルホールディングス を100%子会社化するのではとの見方が広まった。資金調達が報じられて以降、金融子会社の株価は2日までに11%上昇、7年ぶりの高値を付けた。
ソニーフィナンシャルはソニーが60%の株式を保有する連結子会社で、前期はソニーの事業部門の中で最も営業利益を稼いだ。完全子会社化で利益を100%親会社に取り込めば、同社が目標に掲げる株主資本利益率(ROE)10%達成に貢献できる上、苦戦するエレクトロニクス事業と一体化すれば税制上のメリットも期待できる、との指摘もある。 
0728









この画像はソニーの昨年度(2014/4/1〜2015/3/31)決算資料の1ページです
.押璽燹ネットワークサービス事業ってのはプレイステーションに関する事業のこと
▲ぅ瓠璽献鵐哀廛蹈瀬ツ&ソリューション事業はデジカメとビデオカメラ事業のこと
ホームエンタテイメント&サウンド事業はテレビ・オーディオ・ビデオ事業のこと
ぅ妊丱ぅ校業ってのが半導体やイメージセンサー事業のこと

たかが事業内容をここまでわかりにくいカタカナで書くって真性のアホですにょ(σ´∀`)σ
読み手にまったく説明しようという誠意の欠片も感じないゴミみたいな決算資料だおね。

まずソニーの事業部門別(セグメント別)の営業利益を見ていくと
安定的に営業利益を稼げてるのは映画音楽金融だけなんだおね
他の事業は良いときと悪いときの差が激しすぎて、安定感もないし足引っぱるケースも目立つ。
今は為替が円安にあるから円安効果で+2900億円もの増益効果があるみたいですが、
逆にいえば円高になるととんでもない額の損失が決算を襲うわけでそ(((( ;゚д゚)))
為替の寄与度を見ただけでもいかにメチャクチャな事業バランスかがよくわかります

ちなみに今回ソニーはい離札鵐機嫉業でかなり荒稼ぎしてるとかなんとか。
そこで調達した何千億円の資金をこのセンサー事業にぶち込むらしいです
とはいえ、いまから資金調達してから工場とライン増やすとけっこう時間喰うおねΣ(゚д゚;)
もちろん大当たりしたらいいですが・・・
今みたいに流行り廃りが早いこの世の中で今から増資して
2年後に生産ラインが本格的に立ち上がってきて大増産されるって
本当にそれで問題ないんだろうかってかなり不安を感じるところ
増資やって海外IRツアーに旅立って時間浪費しちゃってるのもかなり痛いと思う。
それなら銀行から即座に金借りて、即ライン増設&稼動を急ぐべきだったんじゃないでそか?

ソニーは今回、公募増資で4400億円の資金調達をしたようです
ものすごく客観的に考えてこの資金を製造業の部門に注ぎ込むのは猛烈なリスクだおね。
まず作った製品がしっかり売れて利益が出るという条件を達成しないといけないし
しかも為替が円高に動いて為替差損を出さないという前提条件もクリアしないといけません。
まして今から3000〜4000億円も投じて工場や生産設備に投資を開始したところで
実際に生産がはじまって市場に商品を卸すまでにものすごいタイムラグがあるでそ
商品が大量生産された頃には市場が壊滅してたとかいうオチがまってる余寒だおね。

もちろん成功する可能性がないわけじゃないけど
せっかく増資で調達した4400億円を丸ごと製造部門に投資したところで
これから先ずっと安定的に数百億円の営業利益をもたらすかって考えたらかなり怪しいおね
むしろ台湾あたりのオーナー系半導体会社が猛烈に技術力で追いついてきて
ソニーが大量生産はじめる前に市場を奪って独占してしまう。
そんな予感がしますにょ(σ´∀`)σ

なぜそう思うか?ソニーを見てると判断してから動くのが「遅い」と感じるからです


ss2286234570 at 05:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月29日

ソニーによるソニーFHD(8729)のTOBはありえるか? その2

無事に4000億円を超える資金調達にこぎ着けたが、復活への道は半ばだ。調達資金の大半は強みである画像センサーの増産投資に充てる。同センサーはスマートフォン(スマホ)や自動車向けの需要が拡大しており、作れば作るほど売れる状況だ。ただ裏を返せばセンサー以外の分野については投資を積極的に拡大する、つまり成長軌道に乗る兆しがまだ見えないとも言える。
最大の課題はスマホやカメラ、テレビといった従来型エレキ事業だ。前期までの大型リストラで固定費が減ったとは言え、需要や価格の変動も大きく収益環境が好転しているとは言いがたい。画像センサーやかつての「ウォークマン」のようなソニーならではの製品も育っていない現状では、期待よりも利益悪化のリスクが大きい。前期の無配転落の主要因となったスマホは投資拡大どころか、まだ人員やモデル削減などリストラの真っ最中という段階だ。
ソニーは18年3月期の連結営業利益目標で5000億円以上を掲げる。今期の3200億円という予想が実現したとしても残り2年で1800億円以上を積み増す必要がある。頼みの綱である画像センサーなどのデバイス事業の利益は18年3月期に最大で1800億円を見込む。今期見通しから約600億円の積み増しだ。デバイスの目標達成の確度が比較的高いとみても、残りの1200億円の増益分は従来型エレキ事業などの他事業で稼ぎ出す必要がある。
※メールアドレスを登録しておけば全文読めるようです
0729










「いくら何でも1300億円の研究開発費は多すぎる。2000億円近い設備投資額にも過大感がある。ましてや4400億円となると、ソニーの真意が読めない」
会社側は、その大半をイメージセンサーなど、デバイス分野につぎ込むと説明。1000億円超の最終赤字を計上し、構造改革に追われた前期から一転、成長事業で一気にアクセルを踏む方針だ。実際にイメージセンサーの需給は逼迫している。特にソニー製のセンサーは小型・高感度など技術面で評価が高く、ハイエンドのスマートフォン向けで独り勝ちの状態。「液晶パネルと比べ、技術進化の余地も大きい。現状3割のスマホ向けシェアは、増強後には約5割に伸びそうだ」と、バークレイズ証券の伊藤和典アナリストは見る。

そう考えると、ソニーFHD(8729)にTOBするってのも、ある意味ではまっとうな案だおね
ソニーの製造業部門が悪いって話をいうわけじゃないのだけど
製造ラインが立ち上がるまでの無駄な時間、海外のライバル企業の動向、商品の需要の先行き
そして業績を決定的に左右してしまう為替動向など不透明なことがやたら多いおね
今回は失敗が許されないぶんだけ、どうしても確実性が必要ってこと(´・ω・`)

それならより確実性の高い金融事業に投資するというのも悪くはないでそ
ソニーは現在、ソニーFHD(8729)の株を60%持っています。
上場させちゃったからある程度手放したという背景もあるんだろうけど
そもそも確実に売上げと利益を伸ばしてる会社の株を手放すのはソニーにとってでそ
「そろそろ成長性が低くなってる会社」を上場させて売り抜けるのは正しい判断ですが
むしろ今もどんどん伸びてる子会社なら内部に抱えておく方がお得だおね。

〇匆饉劼伸びれば伸びるだけその業績をフルで親会社の業績に反映できる
▲汽藏睚造澆稜枦金を子会社に課して好きなだけ現金を吸い上げれる


についてだと、時価総額1兆円でその内の60%をソニーがもってるので
ソニーFHDの経常利益900億円のうち残りの40%分の360億円
ソニー本体の業績に上乗せできるってことですにょ(σ´∀`)σ
工場建てる必要もないし、TOBして即日から業績に寄与するんで効果はテキメン

についてはソニーにとってかなり美味しいと思います(´∀`*)
100%子会社にして上場廃止にしてしまえば他の株主の干渉を一切受けません。
子会社が上場してる状況で、子会社から高額配当を巻き上げすぎると
他の株主から批判を浴びやすいし世間からも非難されるので難しいおね
でもTOBして非上場にしてしまえばカツアゲなんてし放題になりますにょ(σ´∀`)σ
TOBに5000億円つぎ込んでもすぐに配当で1000〜1500億円回収すればいいだけでそ
仮に子会社の役員が反対しても、役員報酬を増やせば文句いはいいません。
ついでにソニーFHDの幹部らをソニー本体の取締役に取り立てれば必ず服従するでそう。

変な話ですがソニーというのはすでに持ち株会社の集合体みたいな会社になってます
過去のようないわゆる製造業やエレクトロニクス事業って考え自体が古いのかもしれません。
変に「ソニーのDNA」とかって拘ることが正しいのかも怪しいなって思うおね
どうせ回収できるかわからない投資をくり返して手元資金を減らすくらいなら
確実に回収できそうな投資だけやる方が株主だって喜びますにょ(σ´∀`)σ


ss2286234570 at 00:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月31日

スシロー、東証に再上場申請 17年3月の上場目指す

スシロー、東証に再上場申請 17年3月の上場目指す
2016/12/31 2:00 日経電子版
回転ずし最大手のあきんどスシロー(大阪府吹田市)が、株式の再上場を東京証券取引所に申請したことが30日分かった。早ければ2017年3月の上場を目指す。09年に上場を廃止しており、株式市場への復帰は約8年ぶりとなる。時価総額は1000億円を超えるとの見方が多く、17年の新規株式公開の大型案件の一つとなりそうだ。
持ち株会社のスシローグローバルホールディングスが、12月に上場に向けて予備申請した。予備申請は本申請後の審査を簡素化できる制度で、本申請は年明けになる見込み。上場時期は早ければ3月ごろになりそう。株式相場の動向を見極めながら上場時期を最終決定することになりそうだ。
スシローは現在、英投資ファンドのペルミラ傘下。ペルミラは保有株式を市場に売り出して、投資を回収する。あきんどスシローは09年に投資ファンド、ユニゾン・キャピタルの傘下に入り非上場となった後、ペルミラが12年に買収していた。
1231








2009年にTOBされて上場廃止になった回転ずし最大手の「あきんどスシロー」
早ければ2017年3月にも再上場されるようですにょ(σ´∀`)σ
時価総額1000億円を予測されるって書いてあるのでけっこう大型IPO案件といえるでそう
1000億円というとあのgumi(3903)と同じ時価総額だおね。
でも上場して半年もせず下方修正や赤字連発したgumiの時価総額はたった246億円です
「将来はディズニーを抜くと大ぼら吹いて投資家を騙して一気に信用を失った
gumiみたいなみっともない経営に走らず、しっかりと伸びていってほしいものですφ(.. )

あきんどスシローは業績が傾いたときにペルミラにTOBされて上場廃止
その後でユニゾン・キャピタルというファンドに転売されて今回の上場に至ったようです。
ただこういう「TOB⇒再上場」っていう流れが今のところ規制がゆるゆるなんだおね。
そりゃあリスクを負って高値でTOBして買い集めて再上場させたのは事実だけど
結果的に安値で全部株を譲渡させられた一般株主が犠牲にされすぎだよねってこと
再上場に成功すると高値の一本値で膨大な株数売りさばけるんで美味しすぎなのに
犠牲にされた一般投資家は安値で株を譲っただけなので不平等すぎるってことだお

いろんな考え方がありますが
例えばのこんな感じで一定のルールを敷いておくことが大切じゃないでそうか(`・ω・´)
〜芦鵑両緇貉の最低でも30%以上でのTOB価格設定を義務化
TOB実施時の時価の3倍以上をTOB価格とすることを義務化
TOBしても売りたくない一般株主にたいしては継続保有できる権利を付与


あまりルールを厳しくすると今度はTOB自体がやりにくくなってしまう懸念もあるし
ルールがゆるすぎるとファンドのやりたい放題になってしまいかねません
まずはちゃんと話し合って、入り口(IPO)と出口(TOB)のあり方について
関係する権利者(株主)の利益衡量を図ってしっかり制度化すべきだおね
最近は買収系ファンドがやりたい放題になってるのがすごく気になります(((( ;゚д゚)))


 


ss2286234570 at 04:34|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2017年01月18日

ライザップ、ジーンズメイトを子会社化

ライザップ、ジーンズメイトを子会社化
RIZAP(ライザップ)グループは1月16日、衣料小売りのジーンズメイトを連結子会社化すると発表した。ジーンズメイトは経営の低迷が続いており、RIZAPの企業再建ノウハウを活用して立て直しを図る。
RIZAPグループは1月17日〜2月13日に株式公開買い付け(TOB)を行い、ジーンズメイト創業家らが発行済み株式の52.62%を応募する見通し。ジーンズメイトが実施する第三者割当増資も引き受け、3月末までに約64%を保有する親会社になる。取得総額は約24億円。
ジーンズメイトは主力の「JEANS MATE」など全国で約90店舗を展開しているが、アパレル不況やユニクロ(ファーストリテイリング)などとの競合も激化し、営業赤字が続くなど経営は厳しい。株式時価総額は26億4400万円(16日終値ベース)に低迷している。
RIZAPグループはフィットネスクラブ運営のほか、アパレル・美容関連企業や出版社などを傘下にするM&Aを積極的に展開しており、ノウハウを活用する。ジーンズメイトの子会社化後、ブランドの刷新や商品力強化、グループ企業との連携などで再建を進める方針だ。
0118











RIZAP、ジーンズメイトを子会社に
2017/1/16 17:58 日経電子版
フィットネスクラブ「RIZAP(ライザップ)」を運営するRIZAPグループは16日、カジュアル衣料専門店のジーンズメイトを子会社化すると発表した。ジーンズメイトの発行済み株式をTOB(株式公開買い付け)で取得するほか、第三者割当増資を引き受ける。取得額や出資比率はTOBに応募する株式の数によって変わるが、最低でも15億円強を投じて63.99%を取得する。
RIZAPは2015年に衣料品のインターネット通販などを手掛ける夢展望を買収するなどアパレル関連事業にも進出している。ジーンズメイトを子会社化することで、アパレル事業の拡大を目指す。一方、ジーンズメイトは「ユニクロ」などの大手チェーンに押され、業績低迷が長期化。2017年2月期の単独税引き損益は9期連続で赤字となる見通し。増資で調達する資金を事業再建のための投資に振り向ける。

ライザップがここにきて異様なまでの買収攻勢をかけてるようですにょ(σ´∀`)σ
フィットネス事業で一山当てたんでイケイケドンドンで強気の買収をやってるみたい
もしライザップがもっと規模が大きくて、数千人の社員を抱えるくらいの
余裕のある会社ならいいんだけど、今のライザップにしたら明らかにやりすぎでそ
この手のニュースは過去に同じような例を何度も見てきたのですごく残念な感じ(´Д⊂)

買収先のビジネスがどうとか、事業提携がどうのこうのってレベルの話じゃなく
会社の規模として明らかに対応可能な範囲を超えてしまってると思うんだおね
上場してる新興企業にはライザップみたいなことはよくある話だけど
なにか一つの事業で万馬券当てた会社が、ある日突然おかしくなって
わけのわからないむちゃくちゃな買収攻勢に走ることはよくある話ですにょ(σ´∀`)σ
まだスマートフォンが流行る前に携帯事業で一山当てて気が狂ってしまった
かつてのフォーサイドとかインデックスとかそういう会社とまったく同じ匂いがするおね

最終的にはものすごい巨額の特損を連発するようになって株価が死ぬほど下がります
フィーサイドはそれでも社名変更して今でも生き残ってるみたいだけど
インデックスもむちゃくちゃな買収と海外展開で身を滅ぼしました(((( ;゚д゚)))
もちろん100%そうなるとは言わないけど99%同じコースじゃないでそうか
2年後のライザップの株価見るのが楽しみですにょ(σ´∀`)σ

ライザップ(2928) 802円 −3円 (−0.37%)
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2928.S&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss



ss2286234570 at 04:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月19日

ライザップさん、激太りでダイエット不可避な状況に

「ライザップ」がまたアパレルを買収 補整下着のマルコを子会社化
2016/5/2 (MON) 14:50
パーソナルトレーニングジム「ライザップ」を運営する健康コーポレーションは4月28日、補整下着のマルコ(大阪)を子会社化すると発表した。資本業務提携を結ぶとともに、マルコが実施する第三者割当増資を引き受ける。引受株式数は5500万株で、振込金額の総額は27億5000万円。同社の主力である美容・健康事業分野と、マルコの補整下着の商品開発力や約49万人の顧客基盤との相乗効果を期待する。
マルコの筆頭株主である伊藤忠商事からの仲介で実現した。近年、マルコは業績不振に陥っており、15年3月期は4億7000万円の営業赤字、16年3月期もさらに赤字幅が悪化する見通しで、新規顧客獲得のための効果的なマーケティング活動や宣伝広告による立て直しが急務になっていた。ライザップで減量に成功したユーザーが、マルコの補整下着によって引き締まった体形を維持できるようなビジネスモデルを構築する。
健康コーポレーションはアパレルや雑貨事業のM&Aに力を入れており、アンティローザ、馬里邑、イデアインターナショナルなどを傘下に持つ。昨年3月には、アパレルECの夢展望も買収した。さらに今年3月雑誌「漫画ゴラク」や実用書を出版する日本文芸社をアサツーディ・ケイから20億円で買収すると発表したのに続き、4月にはヨンドシーホールディングスの婦人服SPAである三鈴を子会社化している。

ライザップが「漫画ゴラク」版元を買収
2016年04月06日
派手CMの大量投入で一時話題になったフィットネスクラブ「ライザップ」を展開する健康コーポレーションが、日本文芸社を買収した。日本文芸社は、ざっくり言えば「漫画ゴラク」などコミック系に強い版元だ。関連してコミックや実用書などを中心に書籍を販売。これまではアサツーDK傘下だった。ちなみに健康コーポレーションは従業員約700名で、年間売上250億円弱(いずれも連結)。今回の買収額は約20億円と、連結営業利益2年分ほどを投下する。ここ数年、盛んに企業買収している。しかし単体80名ほどの健康コーポレーションが矢継ぎ早に買収に邁進するのは、リスクが高いのではないかと感じる。社内できちんと関連会社を把握・コントロールできるのか、やや疑問だ。
0119















ライザップ急膨張…赤字企業を次々買収で一大「体型補整」グループ形成
2016.07.22
ライザップで一山当てた利益でM&A(合併・買収)攻勢に拍車がかかる。通販事業は、はやりすたりが激しい。常に新しい商品を用意しておかねばならないからだ。若い女性を取り込むためにアパレルやデザイン雑貨の会社のM&Aに力を入れる。婦人服メーカーのアンティローザ、馬里邑、夢展望、三鈴を傘下に組み入れた。
デザイン雑貨事業では、ジャスダック上場でインテリア雑貨専門店のパスポートを5月27日付けで子会社にした。パスポートが実施する第三者割当増資を11億円で引き受け、発行済み株式の64.87%を保有する筆頭株主になった。パスポートの16年2月期の売上高は前期比3%減の109億円。最終損益は1億4200万円の赤字。3期連続の赤字となり債務超過に転落寸前に追い込まれていた。
RIZAPグループはM&Aの過程で伊藤忠商事とのつながりを深めた。東証2部上場の女性用体型補整下着のマルコと4月28日、資本業務提携を締結。マルコが発行する第三者割当増資を27億5000万円で引き受けた。7月5日に買収手続きを完了した。マルコの筆頭株主の伊藤忠が提携を仲介した。第三者割当増資を引き受けたRIZAPグルーブは63.18%の筆頭株主となり、それまで25.13%を持つ筆頭株主だった伊藤忠は、9.25%へと持ち株割合を減らし2位の株主になった。伊藤忠は逃げ切りを図ったわけだ。

ここ最近のライザップは本業ではものすごく調子よさそうだけど
管理能力を考慮するとどう考えても無謀としかおもえないんだおね(´・ω・`)
ライザップグループの全体の従業員が700人。でもホールディングス単体では80人だけ。
たったこの人数しかいないのにこの1年くらいで8〜10社くらい買収してる計算だおね
そう考えるともムチャクチャだし、おおよそ管理が間にあうとは思えないレベルでそ
おそらくこの1年間で従業員が2〜2.5倍くらいに増加した計算になりそうですφ(.. )

例えば、ライザップがどこかのコンビニと商品タイアップして
「ライザップ監修のダイエット弁当を販売」みたいな規模ならいいと思うんですよ
あくまで監修でしかないんでお金は入ってくるけど製造コストや販売リスクもないから。
自社ブランドという価値を売るだけならリスクないし追加損失もないし
でもこんなに沢山の実業やってる企業を同時に買収ってのは相当なリスクでそΣ(゚д゚;)
そりゃーすべて上手く行って買収した全社が黒字化して業績が伸びる
ならいいけど、明らかにフィットネスクラブ運営事業とはほとんど無関係の会社ばかり。
速攻で黒字化できなかったらけっこうな額の赤字が嵩んでくると思うんだおね。

それでも本業がしっかりしてて全体を支えきれるのならそれでもいいけど、
ホールディングス単体でたった80人しかいない人員でいきなり10社近く買収して
それを切り盛りしながら管理して黒字転換させて、本業も伸ばすってムチャもいいとこ
従業員数が5,000人とか10,000人いて人手が余ってるような商社ならいいけど
今回のライザップの買収は、ゴミ箱扱いされて不要な赤字会社を押し付けられただけでそ
明らかに「必要のない赤字会社を売りつけられた」としか思えません(((( ;゚д゚)))
そもそも漫画ゴラクとフィットネス事業のどこに親和性があるのかさっぱりわかりません


ss2286234570 at 11:21|PermalinkComments(0)

2019年01月24日

cisさん、カブドットコムのTOBでボロ儲けしちゃう

0124












KDDIがカブドットコム証券に出資検討 最大1千億円
https://www.iza.ne.jp/kiji/economy/news/190124/ecn19012417300022-n1.html
2019.1.24 17:30
KDDI(au)がインターネット証券大手のカブドットコム証券への出資を検討していることが24日、分かった。最大1千億円規模を出資し、5割弱の出資比率とする方向で調整している。携帯電話を中心とした通信事業の成長が減速傾向となる中、スマートフォンを使った手軽で便利な金融サービスを新たな収益の柱に育てたい考えだ。
関係者によると、カブドットコムを傘下に置く三菱UFJフィナンシャル・グループと出資比率などについて交渉中で、KDDIは株式公開買い付け(TOB)を通じ、株式を市場から取得するもようだ。
カブドットコムは東京証券取引所第1部上場で、ネット証券として国内5位。KDDIはすでにネット銀行やネット保険会社にも出資しており、銀行、保険、証券という主要金融サービスがそろう。銀行や保険と同様、携帯電話利用者限定のお得な金融商品などを展開して新たな需要を開拓する。


実質的に三菱UFJの子会社だったカブドットコムをKDDIが一緒にTOBするようです。
実は前回の記事を書いてる途中でカブコムの株主比率調べてたから
cisさんこと森貴義さんがカブドットコムの大株主であることは前から気が付いてたけど
まさかこのタイミングで既存株主じゃなかったKDDIがいきなりTOBとはね
「マジかよってびっくりしたにょ(σ´∀`)σ

まあcisさんの狙いは確かに上手いですよね
三菱UFJはこれまでずっとジワジワと買い増してきてたんでTOBの可能性は高かった
ただそれが何年先かわからないからなかなか手を出しにくかったのと
とはいえかなりゆっくりとした買い増しだったんでタイミングが読めない(´・ω・`)
まさかこのタイミングでかよと、非常に悔しい気分です

ご存知の通りKDDIは金融事業にやたら力を入れるようになってきてます
おそらくSBIみたいなビジネスが羨ましくてまねてるんじゃないのかな。
ただSBIの北尾さんは金融出身でおそらく国内でも一番に金融に詳しい人物だけど
KDDIには金融事業を手掛けて成功した人材なんてまったくいません
まーはっきりといってしまえはズブのど素人ってことです(´・ω・`)
手がけた金融事業ほぼすべて失敗して累損凄いことになってますもんね

いままではじぶん銀行、au損保と会社設立から運用まで係わってやったものの
じぶん銀行は400〜500億円累積損失かかえていまだに累損解消できず
au損保なんて開業してからもう8年目なのにむしろ赤字額が拡大しまくりだお(´・ω・`)
むしろ業績が大いに悪化してどんどん悪くなってきています。

おそらく自前でビジネス手がけて育てるのはほとんど失敗してるんで
すでに成功してる事業会社を買収・出資する方向に切り替えたんじゃないでそか
KDDIはここにきていきなりビジネスモデルの方向性の大きく転換をしてるようだおね。
ネット生命事業も成功してるライフネット生命に出資するにとどめてますし。
自前でネット生保を設立してということはしなかったのは賢かったかもしれません

今回出資したカブドットコムにもあまりあれこれ手を出さすにいるならいいけど
下手に人間を送り込んであーだこーだと指示したり企画を押し付けたらダメでそね
カブドットコムはどちらかっていえば自由にやらせる方が面白い事やる会社だし。
人事権握って大量に人送りこんでKDDIのくだらないビジネス押し付けたり
三菱UFJと支配権(社内の勢力争い)やりだしたらむしろただのマイナスでしょう。
ただでさえ三菱UFJが大量に人送り込んで生え抜き役員・取締役全員降格させてるし

2018年11月30日
赤字のau損保がその後どうなったか調べてみた

カブドットコム(8703) 541円 +79円 (+17.1%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8703
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8703.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額1832億円
KDDIがTOBして三菱UFJ証券あたりが51%は保有し続けるだろうから
その他の株をすべてKDDIが買い取って引き受けるみたいなことになるんでしょうか
っていうか業績比で考えたらものすごい高値で買い集めたことになるんですね('A`)


ss2286234570 at 22:20|PermalinkComments(0)

2020年11月20日

ケネディクスのTOBでガチのインサーダー取引が発生!

三井住友F&リース、ケネディクスにTOB−1320億円で子会社化
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-11-20/QK349GDWLU6A01
2020年11月20日 16:59 ブルームバーグ
三井住友ファイナンス&リースは、不動産投資ファンドのケネディクスに対し1株当たり750円で株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。最大で約1320億円を投じて子会社化する。中核事業の一つに位置付けている不動産事業の強化を図る。TOB価格はケネディクスの20日の終値655円に対して15%のプレミアムを乗せた。TOB期間は24日から2021年1月8日までの予定。
三井住友F&リースはケネディクスの筆頭株主で約2割を保有するARAアセットマネジメント以外の全株主からの買い付けを目指す。ケネディクスはTOBに賛同の意見を表明し、株主に対し応募を推奨した。ケネディクス株は上場廃止となる。ファイナンシャル・アドバイザーはSMBC日興証券が務めた。


独立系不動産ファンドのケネディクス、三井住友ファイナス&リースのTOBで上場廃止へ
(なお、株価は公表前から不自然な値動き)

市況1にいる個人投資家がケネディクス暴威を名乗って全力投資してたんで
自分もけっこう前からケネディクスの株価は毎日監視はしてたんですよねφ(.. )
そして決算前の11/6〜11/9にいきなりわけのわからない値動きが発生しました

一般的には「決算を期待されて上がった」と適当に言い流してるけどそれ100%嘘でそ。
決算期待で株価がじわじわ上げていくという現象はたしかに市場に存在してますが、
決算の直前の2日前から株価がストップ高直前まで上がるのは絶対ありえないと思います。
(それがあるとしたら決算情報が先に漏れているインサイダーの場合だけ)
つまりそれは、今回のTOBの情報がかなり前から大きく漏洩していて
「決算と同時にTOB情報も発表されるんじゃないか」と考えたやつが買ったんでしょ
誰がどう考えても11/6〜11/9の値動きはインサイダーだと思います(´・ω・`)

さらに実際にTOBが発表された11/20は材料もないのに窓を開けていきなり買い上げられて
そのまま場が引けた直後にTOB情報が正式に発表されました。
11/20の根動きは見まごとなき100%ガチのインサイダー取引ですよね。これ
こんな露骨なインサイダーの値動きにも対応しなかったら東証糞すぎだろと

東証って個人投資家が優待取り目的でクロス取引しただけなのに
「出来高を増やすための仮装取引の疑いが強い」とか意味不明な論理を主張して
クロス取引で処分しろとか禁止にしろとかバカみたいなこと言ってるくせに、
本物のインサイダー取引の疑いが強い時は適当に調べてスルーすることありますからね
ほんとクソみたいなやつらだなと心底思います(゚д゚)、ペッ

ちなみに今回のインサイダー取引はケネディクスの社員が絡んでそうな印象持ってます。
ベンチャーキャピタルとか銀行とか金融機関って社内体制が結構しっかりしてるんで
今どきそこからインサイダー情報の漏洩ってちょっと考えにくいんですよねφ(.. )
(犯罪者集団の大和証券とか野村證券はやっても不思議じゃないけど)
大手以外の不動産会社ってけっこういい加減で社員教育も適当なふいいき強いんで
TOBされるって情報知ったケネディクスの社員から情報漏れまくったんじゃないかな
ぶっちゃけ新興不動産系の従業員のモラルとか大阪の公務員並みに低いですし

ケネディクス(4321) 655円 +62円 (+10.46%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4321
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4321.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v




ss2286234570 at 18:45|PermalinkComments(0)

2020年11月27日

【朗報】三井不動産が東京ドームにTOBを実施!

三井不動産が東京ドームにTOB実施で最終調整、1000億円規模−関係者
2020年11月26日 20:13 ブルームバーグ
三井不動産は26日までに、東京ドームに対し、株式公開買い付け(TOB)を実施する方向で最終調整に入った。取締役会の賛同を前提とした友好的な買収となる。読売新聞グループ本社が一部出資する可能性もある。今日にも発表する。複数の関係者が匿名を条件に明らかにした。東京ドームの時価総額は約860億円で、プレミアム(上乗せ幅)を加味すると1000億円規模の買収になる見通し。三井不は単独買収ではなく、読売新聞グループ本社との連携も検討している。三井不が単独でTOBを実施して全株を取得後、一部を同グループに売却する案が出ている。同グループはプロ野球球団の読売巨人軍を保有しており、本拠地である東京ドームと球団経営を一体化させる狙いがある。
東京ドームを巡っては、筆頭株主のヘッジファンドが長岡勤社長の解任を要求するなど対立が先鋭化していた。社長解任を要求しているのは、香港のヘッジファンド、オアシス・マネジメント。10月に長岡社長ら取締役3人の解任を議題とする臨時株主総会の開催を求める書簡を送付、対立が表面化した。ブルームバーグのデータによると、オアシスは同社株式の9.61%を保有する筆頭株主。
東京ドームがオアシスへの対抗策を模索するなかで、三井不が友好的買収者(ホワイトナイト)として名乗りを上げた格好だ。27日の東京ドームの株価は取引開始から買い気配のまま値がついていない。前日比17%高の1047円とストップ高まで気配値を切り上げた。三井不も一時、3.2%高の2332.5円まで上昇した。






よみうりランドに続いて短期間に東京ドームもTOBされたようです(*´∀`*)ムフー
最近は上場企業でも子会社をTOBして株価が跳ね上がるケースが多かったんでね。
株主構成を丹念に調べてあちこちの銘柄を狙って仕込んでいました
思いっきりTOBされそうな銘柄って株主構成にはっきり表れてるのでφ(.. )

実はなつさんは前哨戦としてよみうりランドをTOB狙いで仕込んでたんだおね
これはもうあまりにも露骨な株主構成だったんで絶対TOBやるだろなと。
しかもタイミング的にレジャー銘柄の買戻しで上昇期待があったので。
8月ぐらいに購入してずっと順調に上がってなかなか良い銘柄だったんですが、
10月末にアメリカ大統領選挙まえで地合いが弱かったんで少し売って
11月頭に日経爆上げして株価全体が急騰したんで全部売ったんですよね(´・ω・`)
(TOB狙いだけどまた下がったら買い直せばいいや的な考えで)
そしたらその数日後にTOBされるというハプニングが起きてしまいました
.
1129











ちなみになつさんはTOB狙いで他にもイオンフィナンシャルも買ってたんですよ。
ただ残念なことにこちらも11月の頭に日経急騰した時に全部売却したんで、
もし今すぐにTOBされたらもう泣くしかないわけですけど(´;ω;`)

その流れの中で東京ドームも仕込んでたんですけどここは売らなかったんですよ。
なぜならもともと値動きがなくて大して上げも下げもしない銘柄だったんで
中長期的に持って寝とけばいいかなっていう考えがあって。
さらに言えば、大株主によみうりランドがTOBされた直後でもあったし
そんなに早く東京ドームまでTOBされることはないだろから気長に待とうと思って

横浜DeNAみたいに球団が球場も持って収益力を上げていくのが今の世の流れなんで
読売グループが東京ドームを買収する可能性は極めて高いと読んでたんですよ
ただほんの少し前によみうりランドを買収したばっかで資金的にどうなんだってのと
読売グループは現時点で東京ドームの株をほとんど持ってなかったんで
少しずつ買いまして関与を強めてから1〜2年後にTOBするかもって考えてたんで
まさかこんなに早く東京ドームがTOBされるとは正直予想していませんでした。

ただ現場的にはファンドから経営陣の退陣を突きつけられてかなり苦戦していたし
どうしてもいますぐTOBしてほしいっていう要求が強かったみたいですね
球場運営に精通してる三井不動産をホワイトナイトに立ててとりあえずTOBだけして
資金繰りにめどがついたら順次株券を読売グループが買い取っていくみたいです
(よみうりランドでTOBやったばっかなんで人手的にも資金的にも厳しいので)

東京ドーム(9681) 1,047円 +150円(+16.72%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9681
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9681.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v


ss2286234570 at 18:45|PermalinkComments(0)

2021年09月09日

SBI北尾「新生銀行あいさつに来んな、せや!TOBしたろ」

SBIが新生銀TOB発表 会長に五味元金融庁長官を推薦へ
2021/9/9 15:47  日本経済新聞
SBIホールディングスは9日、新生銀行に対してTOB(株式公開買い付け)をかけると発表した。すでに新生銀株の19%超(議決権ベース)を保有しており、約1100億円を投じて最大48%まで出資比率を引き上げることをめざす。新生銀の対応次第では、敵対的TOBにもつれ込む可能性がある。買い付け期間は9月10日から10月25日まで。TOB価格は1株2000円で、新生銀の9日終値1440円を39%上回る。
新生銀は9日、「(TOBの公表について)SBI ホールディングスより事前の連絡を受けておらず、公開買い付けは当行取締役会の賛同を得て実施されるものではない。当行の意見は、決定次第改めてお知らせする」とのコメントを発表した。
SBIは今後、臨時株主総会の招集を新生銀に要請し、相乗効果を高めるための経営陣刷新を求める。元金融庁長官の五味広文氏を会長候補に、SBIインベストメントの川島克哉社長(SBIHDの最高執行責任者=COO)を社長候補とする方針だ。
SBIは全国各地の地銀との資本提携を拡大しており、福島銀行など複数行の主要株主となっている。新生銀もSBIと地方創生分野で協業関係にある。TOBが成立すれば新生銀を「地銀連合」の中核に位置付ける。20年8月にSBIが主導して地域支援会社「地方創生パートナーズ」を設立すると、新生銀は日本政策投資銀行(DBJ)などと資本参加した。事業会社が銀行の株式の20%以上を取得するなどして主要株主になる場合は金融庁の認可が必要で、金融庁は9日、SBIに主要株主認可を出した。

SBIが「マネックス・新生」提携にぶちまけた不満
実績と品揃えは圧倒的だが提携は実現せず
2021/02/05 6:00 東洋経済
「マネックスさんとの対比では、弊社で扱っている商品群やIFA(金融商品仲介としての提携)スキームの実績は圧倒的。どういう理由で(新生銀行の経営陣が)ああいう選択をされたのか、よくわからない」1月29日に都内で開かれたSBIホールディングス(HD)の決算説明会でSBI証券の高村正人社長は憮然とした表情でそう口にした。この2日前に競合のマネックス証券が新生銀行の包括業務提携を発表したからだ。説明会で高村氏は、SBI陣営もマネックスと同様の提案を行い、新生銀行と証券分野での提携を模索していたことを明かした。
今回の提携について、マネックスグループの松本社長は、「われわれは銀行さんの裏に入って黒子に徹し、支えていくという提案をしていた。それが評価されたのではないか」と分析する。ちなみに、松本氏は2008年から2011年まで新生銀行の社外取締役を務めた経験がある。新生銀行とはSBI以上に”旧知の仲”でもある。
キャプチャ
新生銀行
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8303
時価総額3,730億円  連結従業員数5,600人  2021年経常利益443億円
SBIホールディングス
https://kabutan.jp/stock/?code=8473
時価総額 6,866億円  連結従業員数9,400人  2021年経常利益1,403億円

新生銀行グループ
SBI ホールディングス株式会社およびSBI 地銀ホールディングスによる 
当行株式の公開買付けに関するお知らせ
SBIホールディングスが新生銀行の株を買い増してるのはかなり有名な話なので
当然なつさんも持ち株比率や買い増ししてる内容も認識してたんですが、
新生銀行は時価総額が大きいんでさすがにSBIが単体でTOBするにはデカすぎるから
資金的にかなり厳しいんでTOBはやらないんじゃないかなと考えていたんですが
以外にもあっさりとTOBして子会社化を視野に入れた動きをしたようです(´・ω・`)

最近は東京ドームとかよみうりランドとかオンリーとかTOB銘柄を物色して
もうすでに去年から3銘柄ほど当ててる実績があるんですが
新生銀行は規模的な面でTOBの可能性はあまり高くないと判断しちゃったんで
結果的に買いそびれて失敗したということになります(´;ω;`)
(銀行の買い付けは金融庁の許認可がいるんでTOBとか成立しにくいから)

こうやってあらためて時価総額や従業員数、業績を並べて比較してみると
業績面ではSBIの方が3倍以上あるのでどう見ても圧倒的にSBIが格上ですね
よくこれだけの差があったのに新生銀行は警戒してなかったなと思うばかりです。

ちなみに銀行ってのは利用者や利害関係者が多数いるんで公的面を持っています。
地銀だと分かりやすいですが、地域に密着した銀行が好き勝手に売買されると
その地域に住む住民や企業に極めて大きな影響や利害を及ぼす可能性が高いので
銀行株は一定数以上を買い増すには金融庁の許可が必要になります。

おそらく新生銀行側はSBIに買い増しされてTOB仕掛けられる可能性を知りつつも
金融庁が許認可をそう簡単には出すわけがないだろうと高をくくって
完全に油断して、経営陣が更迭されるリスクを認識してなかったんでそう
すごい鋭い点をズバリとTwitterで書いて当ててる人がいますけど
この内容がまさにその通りで、極めて重要な事実を指摘してますよねφ(.. )

SBIによるTOBの背景には金融庁の思惑そのものがはっきりと示されていて
まさに金融庁のシナリオという錦の御旗をSBIが手に入れたってことですΣ(・ω・ノ)ノ
ゞ睛残は未だに回収できない新生銀行案件を非常に苦々しく思ってる。
年々業績が悪化して、株価を下げてる新生銀行経営陣は信用を失った
いっそ新生銀行を北尾に支配させた方が株価が上がって回収しやすかろう
さ認可を出したことで新生銀行経営陣の首切りと一掃も金融庁が許可した


ものすごくはっきり言えば、業績も株価も下がりっぱなしであるにもかかわらず
高い報酬を受け取ってる無能で無責任な新生銀行の経営陣を斬り捨てて
北尾サイドが経営陣を一掃して支配権を得ることを金融庁が許可したってことです

仮に新生銀行の経営陣が「敵対的なTOBだと騒いで対抗したところで
金融庁は新生銀行側の方を持つことは一切ないでそねφ(.. )
もしSBI以外に第三者在り当て増資を持ちかけて地位の保全を図ろうとしても
それはしょせん、新生銀行を守るためではなく経営陣が自分の身分を守るためだけの
ためにやってるだけなので金融庁はをれを許すことはまずないでしょ(((( ;゚д゚)))

もはや完全に勝負はSBI側の圧勝と決まってるといえますね
新生銀行経営陣がどれだけ騒いで抵抗したとしても全員更迭は疑いないでしょう。
完全に、完璧なまでのシナリオと戦略の前に新生銀行は完敗ですおね(´・ω・`)

大株主であるSBIと真摯に話し合おうとしなかった横柄な新生銀行側の態度と
金融庁が自分たちを苦々しく思っている事実を正しく理解できていなかった
という点で、もはや新生銀行側が打てる手など一切ないと言えますねφ(.. )

政府(金融庁)の思惑を正しく理解して読み切っていた点においても、
自社の利害と金融庁の利害の一致点を正しく見出していた点においても、
政府と交渉できる政治力、あるいは交渉できる有能な人材を持っていた点においても
新生銀行の新しい会長に据える元金融庁の長官カードまで入手してた点においても
今のSBIの経営陣はおそろしく優秀であることはもはや疑いの余地がないですね

正直なところなつさんはその優秀さを正しく読めてなかったってことです 


ss2286234570 at 18:21|PermalinkComments(6)