yogurting ヨーグルティング

上場廃止

2014年07月16日

山水電気 〜ついに永眠へ〜

2010年12月期より、音響、映像機器事業を休止するなど事業規模を縮小し、再建を目指していたものの、グループ中枢の親会社であるザ・グランデ・ホールディングズ・リミテッド(香港)が2011年5月11日付で香港高等裁判所により、暫定清算人が任命されて、事実上の倒産状態となった。このため資金支援を受けることが困難となったほか、グランデ・グループに対する債権の取立不能又は取立遅延の恐れが生じたことで貸倒引当金繰入額54億8624万円を特損計上し、債務超過に転落していた。
その後も、別途、ザ・グランデ・ホールディングズ・リミテッドの親会社グループからの融資や別の手段による外部機関からの資金調達を模索したものの、契約に至らず、2011年12月期の計算書類に対する監査法人からの意見表明も受領できないほか、定時株主総会も延期されるなど動向が注目されていた。
001






伝説の東証1部上場会社だった山水電気がついに破産したようです(`・ω・´)
株をやってる人なら誰でも知ってる山水電気。
しかし本業がなんなのかはほとんど誰にも知られてないし、誰も知ろうとしません。
最後は株主総会をやるお金もないという面白いIRが出てたのを覚えています
その後どうなったのかさっぱり忘れていましたがいつの間にか上場廃止になってたんですね。
興味はないけど記憶にある会社がこうして消えていくことはなんだか悲しい気分です
「ある一つの時代が終わった」そんな気分ですφ(.. )


ss2286234570 at 20:18|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年07月10日

プリヴェ(4233)とホッコク(2906)が逝く

プリヴェ、8月11日に上場廃止=実質的存続性喪失、審査申請せず
大阪証券取引所は10日、プリヴェ企業再生グループ株を8月11日付で上場廃止にすると発表した。同株は実質的存続性の喪失の可能性があるとして監理銘柄(確認中)に指定されていた。上場維持に必要な審査の申請が行われないことが確認されたため、上場廃止が決まった。

ホッコクの虚偽記載に2681万円の課徴金命令を勧告=監視委
証券取引等監視委員会は10日、ホッコク(290)が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)をしたとして、2681万円の課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告した。監視委によると、ホッコクは米西海岸でのフランチャイズ権付与などで2010年3月期の有価証券報告書などに架空売り上げを計上したほか、虚偽の有価証券報告書に基づいて新株を発行するなどした。

プリヴェ企業再生(4233) +19 (+86.36%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=4233
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4233.Q&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130,s,b&a=v,vm

ホッコク(2906) +4 (+16.67%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=2906
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2906.Q&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130,s,b&a=v,vm

市場の癌が本日二つも消滅しましたにょ(σ´∀`)σ
しかし、終了前に爆上げして引け後に終わるってそーとー悪質ですね
出来高みたらわかりますが、特にプリヴェは典型的な解体相場ですね。
悪質な値動きでかなり多くの被害者を巻き込んでしまったのではないでしょうか(´・ω・`)
プリヴェってむかーしよく売買してた記憶がありますが、銘柄コードって6720だったのでは
社名が変わるのならわかるけど銘柄コードが変わるってちょっとありえないはず。
似たような企業再生系の詐欺会社を乗っ取って、社名を「プリヴェ」に変えたんですかね??


ss2286234570 at 23:16|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年04月01日

山水電気(6793)がついに倒産

山水電気株式会社 民事再生手続開始の申立てに関するお知らせ
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120120402004539.pdf
当社は、平成24年4月2日開催の取締役会において、以下のとおり、民事再生手続開始の申立てを行うことについて決議し、直ちに東京地方裁判所に申立てを行い、同日受理されましたので、お知らせいたします。このような事態になりましたことについて、株主、投資家及びお取引先の皆様並びに市場関係者の皆様に対して、深くお詫び申し上げます。

名門・山水電気が経営破たん…支援会社の倒産で
名門音響機器メーカーとして知られた山水電気は2日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は2億4765万円。「SANSUI」ブランドのステレオアンプなどを展開していたが、バブル崩壊による販売不振やデジタル化の波に乗り遅れ、音響機器製造は1999年頃に事実上、撤退していた。01年から香港の投資会社の支援を受け、音響機器修理などを手掛けていたが、投資会社が昨年5月に倒産し、資金調達のめどが立たなくなったという。東証1部上場だが、従業員は現在5人だった。東京商工リサーチによると、上場企業の倒産は半導体大手エルピーダメモリに次いで今年2社目。

山水電気の前代未聞のIR−お金が無くて株主総会ができない!
「現時点に至るまで資金調達の目処が立っておらず、定時株主総会の招集及び開催に要する費用が工面できない状況であり、また、株主総会付議議案に関する取締役会を開催しておらず、付議議案の検討及び決定がなされていない状況です。」つまり、株主総会を開催するための資金が捻出できないことに加えそもそも議案も決めていないから株主総会が開催できない。そして開催の目処も立てられないということです。東証一部の上場企業としては驚きの発表でありました。少なくともお金が無くて株主総会開催できないっていうのは前例はありません。

株主4万人従業員5人の山水電気が定時株主総会を開くお金がないことを発表
http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65653593.html

投資家なら一度や二度はお世話になったであろう伝説の銘柄に幕が下りました(´Д⊂)
てっきりとっくの昔に亡くなってると思ってたんですが、まだ残ってたんですね
むしろこんな長生きしてたこと自体が奇跡みたいなものでしょう。
お金がない程度で株主総会をやらないなんてちょっと甘えすぎですにょ(σ´∀`)σ
多摩川の河川敷に株主集めてブルーシート敷いてやればいいだけです(`・ω・´)
この程度で諦めるなんて、安西先生が聞いたら竹刀でしばくレベルでしょう
山水電気は気合が足りないと思います(`・ω・´)

ss2286234570 at 03:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月10日

ケムンパス(7733)は絶対買うな

オリンパス、問題指摘の監査法人を変更 警視庁捜査へ
オリンパスが証券投資の損失を隠していた問題で、同社が2009年3月期まで監査を担当していたあずさ監査法人(旧朝日監査法人)から、過去のM&A(合併・買収)の問題点を指摘されながら対応せず、監査法人を変更していたことが、10日までの関係者の話で分かった。同社側が粉飾決算の疑いがあることを認識しながら買収を進めた可能性もあるとみて、同社が設置した第三者委員会が調査を進めている。
一連の問題を巡り、警視庁はオリンパスに経理資料の提出を求めるなど、捜査に向けた情報収集を開始した。今後、関係者から事情を聴くなど、他機関と連携しながら実態解明を進める方針。損失隠しは金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)に当たる可能性があり、証券取引等監視委員会もすでに調査を始めている。同社の監査を巡っては、金融庁や東京証券取引所も損失隠しの実態について、両監査法人や第三者委から報告を求めるなど事実関係の確認を急ぐ方針。

オリンパス社外取締役「飛ばし」助言か 損失隠し1000億円超
大手光学機器メーカー「オリンパス」(東京)の損失隠し問題で、損失隠しの手法は大手証券会社OBでオリンパスの社外取締役が助言していた疑いがあることが9日、関係者への取材で分かった。一方、英領ケイマン諸島のファンドを利用したリサイクル会社「アルティス」など国内3社の買収には、複数の金融ブローカーが介在していたことも判明。損失額は最終的に1000億円超に拡大し、買収資金の大半は損失の穴埋めに充てられたとみられるが、一部はこうしたブローカー側に流れた可能性がある。

オリンパス、12月14日までに決算未提出なら上場廃止=東証
東京証券取引所は10日、オリンパスを監理銘柄(確認中)に指定すると発表した。11月10日から東証が上場廃止基準に該当するかどうかを認定した日まで。同社が法定提出期限までに四半期報告書を提出できる見込みのない旨の開示を行ったため。提出期限の経過後1カ月以内(12月14日まで)に四半期報告書を提出しなかった場合、同社株式は上場廃止になる。

オリンパス融資、条件変更検討=3600億円超、早期回収も−取引銀行
オリンパスによる巨額の損失隠し発覚を受け、大手銀行など取引金融機関が同社向け融資について、貸し出し条件変更の検討に入ったことが9日、明らかになった。金融機関側は「借入金の使途が虚偽だった場合、前倒し回収する可能性もある」として、同社に状況説明と経営の早期正常化を促す意向だ。
オリンパスの連結有利子負債は3月末時点で約6500億円。このうち約3660億円がオリンパス本体向けで、三井住友銀行など国内の大手行中心に融資している。仮に一部融資の条件変更や早期回収に発展した場合、同社は資金繰りに大きな影響を受ける見通しだ。
オリンパスでは2000年以降、損失を簿外の投資会社に移す「飛ばし」が行われたとされ、この間に有利子負債は約3倍に拡大。オリンパスは社債発行や借り入れの使途を企業の合併・買収(M&A)や事業資金などと説明してきた。しかし、仮に飛ばしに充てられていた場合、「資金使途の虚偽説明」に該当し、期限まで返済せずに済む借り手側の「融資の期限の利益」が喪失したと判断。取引行が期限前の完済を求める可能性が高い


ついに警察とFBIと金融庁と東証と証券取引等監視委員会の包囲網ができました
ここまで敵軍に包囲されておまけに銀行から融資打ち切られるなんて死刑宣告です
「上場廃止されるだけだから大丈夫」、とか「再上場されれば長期的に儲かる!」
なんて勘違いしてる人は現実を直視するべきですにょ(σ´∀`)σ

どうやら大手金融機関がオリンパスから融資を引き上げようとしてるようです(((( ;゚д゚)))
そりゃそうでしょ。オリンパスは過去10年近くにわたって不正な財務情報を銀行に見せて、
偽りの信用情報で金を引き出して多額の融資を受けていたわけです
残念ながらオリンパスの行為は銀行側から見れば純粋な詐欺行為です
不正な信用情報で騙して安い金利で融資を受けてたんだからあたり前でそ。
詐欺を働いた会社に銀行が新規融資してくれるなんて常識的にありえんでそ
ぼくちんの予想では、オリンパスが資金用途を偽って融資を受けてた事実が判明すれば、
おそらく問答無用で融資を引き上げて縊り殺されるでそう(´Д⊂)

オリンパスが潰れるかもしれないから銀行が借り換え融資をしてくれるだろう、とか
勘違いして考えてる人は自分の考えが根本的におかしいことに気が付くべきです
むしろこの場合、「銀行が絶対にオリンパスを救済しない」可能性を考えるべきでそ
今回のケースで、オリンパスはかなり明白に銀行を詐欺的に騙してるわけです。
それなのに、今さら銀行が詐欺師に新規融資してくれるなんてありえるでしょうか
もし銀行がオリンパスを許して新規融資を許してしまったらその方が大問題です。
ちょっとくらい貸し倒れて損失が出たってそんなのは大したことはありません

銀行というのは文字通り「融資先の会社を信用して」お金を貸してるんです
銀行を騙した会社に罰則ペナルティーもなく新規融資をしてしまえば、
「ああ、あそこの銀行は虚偽の信用情報を出しても許してくれるんだなとか
「デタラメの信用情報を出しても借り換えに応じてくれるんなら、嘘をつきまくって
とにかくデタラメの信用情報でありったけの金を引き出しても問題ない」
という
極めて危険で恐ろしく、かつ、誤った情報を取引融資先に与えてしまうからです。
そんなことになったら銀行なんてもうお仕舞いです
数百億程度の貸倒なんて目じゃない程度のとんでもないリスクを負ってしまいます。
現状では、銀行がオリンパスを信じて再融資に応じるなんてありえるとは思えないのです
むしろ銀行を騙したらどうなるのかと、見せしめに処刑した方がまだ意味があるでそ

オリンパスは過去10〜20年にわたって財務情報をいじってた可能性があります
おまけに決算書などの財務情報のどこに誤りがあるのか、書き換えられたのか、
何の実証もされてないし精査もされないままの状態が今もなお続いています(´Д⊂)
今期の決算ですら、どこかが粉飾されてるのではないかと疑われてる始末です
当然こんな決算書に「適正意見」を押せる監査会社がいるとも思えません(´・ω・`)
もし、また後で粉飾が明らかになれば監査会社も責任を問われるからです。
あまりに悪質な飛ばし粉飾決算なので、もはや誰からも信用されてない訳です。

オリンパスは少なくとも過去10年間程度は財務情報を偽ったと疑われています
おまけに11年目のわずか10日前にも「過去の決算は適正に処理されている」
虚偽の上塗りの詐欺を働いて銀行を騙したわけです。
今さら12年目から心を入れ替えて『真面目になります』と説明してみたところで、
果たして銀行がそんな馬鹿げた言葉に耳を貸すなんてことがあるでしょうか
わずか10日前に出鱈目の虚偽の説明をした高山社長率いる現経営陣を信じて、
銀行が融資の延長に応じるなんてとてもありえる話とは思えません(ノ`Д´)ノ
現在の経営陣がすでに詐欺を働いてるわけですから早急に変更するしかありません。
現経営陣を全員更迭した上で、新経営陣が過去の取締役や監査役どもを捕まえて、
徹底的に責任を問い詰めて豚箱にぶち込んで責任の所在を示さない限り、
銀行がこのまま融資の延長や借り換えに応じるなんてありえんでそ(゚Д゚)ゴルァ!!

過去の犯罪者を自分たちで白州に引き出して全員打ち首の刑に処して
自分たちも指を詰めて、責任を明確にしてようやくなんとか信用を回復できる程度です
しかし、それをやるにはとにかく早急に自主的に経営陣が総退任を表明するか、
あるいは、臨時株主総会が開かれてしかるべき決断がされねばなりません。
それらを銀行が待ってくれるかどうかもかなり怪しいもんでそ(`・ω・´)
とにかくここから先は時間との勝負です
融資を再開できるような信用に値する経営陣をオリンパスがいかに早く用意できるか。
そのあたりが今後の運命を大きく分けるだろうと思いますφ(.. )

これから新しい「飛ばし」「簿外債務」がもっと予想より膨らむ可能性もありえます。
FBIの調査により違法なマネーロンダリングと認定されて処分されるに至れば
とんでもなく巨額の罰金を課される可能性だって十分考えられます
これからまだまだ不正な迂回資金の流れが明らかになってもおかしくありません(゚д゚)、ペッ
よからぬブローカーに資金が流出した可能性も十分ありえる話でしょう
こんな不透明感の強い状況で買い向うなんて、とても正気とは思えません(((( ;゚д゚)))
デイトレのリバウンド以外で投資に値するような株ではないと思います

現在のオリンパスの信用度は山水電気春日電機と大差ないと思いますにょ(σ´∀`)σ


西武鉄道 上場廃止 来月17日付
東京証券取引所は16日、西武鉄道の株式を12月17日付で上場廃止にすると発表した。コクドなど大株主の持ち株比率を有価証券報告書に47年間にわたって虚偽記載し、「投資家の市場に対する信頼を損ねた」(鶴島琢夫・東証社長)と判断した。東証では、上場廃止基準のうち、〈1〉虚偽記載を行い影響が重大〈2〉公益・投資者保護のために廃止が必要――の2点に該当すると説明している。不適切な情報開示を理由とする上場廃止は極めて異例だ。

西武鉄道は確かに虚偽記載の理由で上場廃止になりました
ただしこちらは、あくまで持ち株比率の話であって財務情報などではありません(`・ω・´)
銀行側だってうすうす知ってた程度の話なので融資を止めるレベルではありません

銀行が今にも融資を打ち切って回収に入るかどうかという危機的な状況の会社と
西武鉄道を並べて比較して購入を検討するなんて狂ってますΣ(´д`;)
まずはとにかく正確な情報と信用に足る態度をオリンパスが示すことが出来るか
それが実現されるかどうかによって大きく運命が左右されるだろうと考えてます。
少なくとも高山社長や現経営陣はちょっと危機感が足りなさすぎです(゚Д゚)ゴルァ!!
自分たちが銀行を欺いて騙したことのリスクを理解できてないんじゃないでしょうか

ss2286234570 at 23:34|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加