yogurting ヨーグルティング

決算

2016年08月20日

DeNA(2432) スポーツ事業で18億円利益稼ぐ

DeNA、第1四半期は営業利益が83.5%増の73億円に大幅増益…
前期計上された欧米のゲーム事業のリストラ費用が計上されなかったため
ディー・エヌ・エー(DeNA)は、8月10日、第1四半期(16年4〜6月)の連結決算(IFRS)を発表し、売上収益382億円(前年同期比1.5%増)、営業利益73億円(同83.5%増)、最終利益51億円(同152.2%増)だった。同社では、ゲーム事業は前年同期比で減収となったが、新規事業・その他及びスポーツ事業が増収となった。営業利益が大きく伸びたが、前年同期に計上した、欧米における体制及びゲームポートフォリオ見直しに関する一時費用が今期は発生しなかったため。円高の進行により、為替差損を含む金融費用も増加した。
セグメント別の状況は以下のとおり。
.押璽犹業
売上収益261億円(前年同期比7.7%減)、セグメント利益66億円(同2.3%減)だった。主力の国内のゲーム内仮想通貨(コイン)消費は前年同期比7.0%増の370億円となった。利益率の高いブラウザのコイン消費は減少したが、アプリのコイン消費が引き続き堅調に推移した。アプリのコイン消費は、国内では162億円(同71.9%増)、海外では46億円(同21.8%減)だった。
スポーツ事業
売上収益54億円(同46.1%増)、セグメント利益17億円(同109.1%増)だった。横浜DeNAベイスターズが主催試合の入場者数が増加し、好調に推移した。横浜スタジアムは、2017年3月期より通期で業績貢献するという。

0822
 


















ディーエヌエの4〜6月、純利益2.5倍 スポーツ事業伸びる
2016/8/10 23:26 日経電子版
1月に横浜スタジアムを連結子会社化。横浜DeNAベイスターズ主催の試合の入場者数が増え、スポーツ事業の部門売上高が54億円と46%増加した。部門営業利益は18億円弱とほぼ倍増。ゲーム事業の同利益は2%減の66億円にとどまったが、スポーツ事業の伸びで補った。全体の営業利益は73億円と83%増えた。

DeNAの決算説明会の動画はこっちですにょ(σ´∀`)σ

DeNA(2432) 2,890円 −23円 (−0.79%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=2432
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2432.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額 4358億円

もうご存知の人も多いですがDeNAの1Q(2016年4−6月)決算が発表されました
ゲーム事業単体では今回も減収減益というあまりよくない決算でしたが(´・ω・`)
野球を中心としたスポーツ事業の業績が改善して売上高55億円経常利益18億円という
途方もないすごい数字を叩きだしたことで全体の数字をいっきに押し上げたようです
野球で儲かったというより横浜スタジアムを今年の年初に買収してるので
ここの売上げを合算できるようになったことでDeNAの業績が大きく底上げされた様子
その昔、横浜ベイスターズの株をもっていたのはTBSですが
こういう地道な努力や集客を疎かにしてたからずっと赤字だったんでそうφ(.. )

DeNAの本業であるゲーム事業は減収減益だったとはいえ
足元では任天堂と組んでリリースした「ポケモンGO」が世界中で大ヒットしてるお
実際に開発したのは任天堂の出資先で版権なんかもその会社がもってるっぽいので
直接的にDeNAの業績を押し上げてくれるのかどうかはまだわかりませんが
ゲームの運用周りはDeNAが担ってるのでまったく儲かってないとは思いません

春先4月ごろは横浜ベイスターズは強くなくて負けまくってた時期なので
その環境下でもここまでの数字を積み上げたってのはかなり評価されるべきでそ
2Q(2016年7−9月)はフルに横浜ベイスターズの数字が乗ってくるので
スポーツ事業の数字やポケモンの数字でかなり期待されそうな予想ですにょ(σ´∀`)σ
ただしプロ野球というのは毎年10月〜3月というのは数字を生まない季節です
野球の試合がないので球場からの収益はほとんど期待できません(´;ω;`)
ドーム球場じゃないのでコンサートなどでの利用もあまり期待できないでそ
(真冬に屋外でコンサートなんてやってもなかなか厳しいでそ・・・)
さらに選手が活躍して年俸交渉で契約金が積みあがればDeNAのコストは右肩上がりだお
そう考えると2Qは期待できても3Qと4Qはかなり厳しく予想すべきだおね(´・ω・`)

その他ではチームがAクラス入りできるかも業績にかなり影響しそうだお
うまくCSで勝ち上がって優勝でもしたら株価が反応して爆上げする可能性はありそう
Bクラス陥落なんてなればおもいっきり業績に響いてくるのは不可避でそφ(.. )
今のDeNAの業績はスポーツ事業への依存度がちょっと高すぎるようなので
良くも悪くもその部分にスポットが当てられて株化が乱高下しそうな印象だおね


球場も戦う時代に DeNAが横浜スタジアム買収
プロ野球横浜DeNAベイスターズが、本拠地「横浜スタジアム」の運営会社を74億円で買収する。球団と球場運営の連携を進め、収支の改善をめざす。
0823


ss2286234570 at 05:38|PermalinkComments(0)

2011年05月02日

大手ネット証券の決算が出そろったようです

ネット証券大手、11年3月期は相場急落で4社大幅減益
インターネット証券大手5社の2011年3月期決算が27日、出そろった。東日本大震災後の株価急落で先物やオプション取引で損失を被った個人投資家が続出し、各社は損失を立て替える措置で対応。5社合わせて約100億円の貸し倒れ引当金を特別損失などに計上し、最大手のSBI証券を除く4社が大幅な最終減益を余儀なくされた。

ネット証券大手5社 震災による顧客の巨額損失で大幅減益
インターネット証券大手5社の2011年3月期決算が27日出そろった。長引く株式市場低迷に加え、東日本大震災後の株式相場急落で、先物やオプション取引の顧客が巨額損失を出し、その立て替え金を特別損失や販管費などとして計上したため、最終利益や経常利益の減少要因となった。顧客離れを防ごうと、手数料引き下げを余儀なくされるなど、ネット証券の競争は厳しさを増しているが、顧客の巨額損失が追い打ちをかけた形だ。


SBI証券(8473) 平成23年3月期 決算短信
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_home&cat1=home&cat2=corporate&dir=corporate&file=home_kessan.html
http://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/home/irpress/tanshin_110427.pdf
営業収益 440億77万円(− 4.4%)
営業利益  98億96百万円(−20.5%)
当期利益  86億31百万円(+18.0%)
※東日本大震災後の相場変動によるオプション取引にかかわる損失額11億9700万円


楽天証券(4755) 平成23年3月期 決算短信
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/company/disclosure/financial.html
https://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/disc_PDF/kessann_20110425.pdf
営業収益 229億57百万円(− 0.2%)
営業利益  61億89百万円(+ 1.0%)
当期利益  21億22百万円(−67.6%)
※東日本大震災後の相場変動によるオプション取引にかかわる損失額22億万円


松井証券(8628) 平成23年3月期 決算短信
http://www.matsui.co.jp/ir/ja/finance/set.html
http://www.matsui.co.jp/ir/pdf/2011_4.pdf
営業収益 220億91百万円(− 9.3%)
営業利益  84億50百万円(−25.8%)
当期利益  54億10百万円(−29.4%)
※東日本大震災後の相場変動によるオプション取引にかかわる損失額23億7800万円


マネックスグループ(8698) 平成23年3月期 決算短信
http://www.monexgroup.jp/jp/ir_library/summary/archive
http://www.monexgroup.jp/jp/ir_library/summary/pdf/kessan_h23_3_110427_j.pdf
営業収益 252億27百万円(+12.1%)
営業利益  47億47百万円(+ 6.3%)
当期利益  19億92百万円(−47.2%)
※東日本大震災後の相場変動によるオプション取引にかかわる損失額10億500万円


カブドットコム証券(8703) 平成23年3月期 決算短信
http://www.kabu.com/company/disclosure/accounting_line.asp
http://www.kabu.com/pdf/Gykpdf/accountingline/shihanki2011_03.pdf
営業収益 140億52百万円(− 6.8%)
営業利益  44億10百万円(−10.6%)
当期利益   5億97百万円(−80.7%)
※東日本大震災後の相場変動によるオプション取引にかかわる損失額31億7200万円



大手ネット証券の決算が出そろったので一覧にしてみましたφ(.. )
今回は先物オプションに絡む損失がかなり各社の利益を圧迫しているようです
不足金(=立替金)が39億円発生したカブドットコムの損失額が多いのは当然としても
不足金を明らかにしなかった楽天証券もかなり損失が発生してることが明らかになりました
今回の決算に計上された損失額は必ずしも損失の全額であるのかどうかは不明です
数字がちょっと少なく見える松井証券やSBI証券は現在判明してる数字のみ計上してるだけで
もしかしたら今期(2011年4月〜2012年3月)にも追加で計上するのかもしれません
まあ、今回は地震が起きたタイミングが3月中盤だったこともあって
損失として計上できるの金額が必ずしも3月末で確定できなかった可能性もあります。
一部を次期決算に持ち越して計上するのもやむを得ない面も当然あったのでしょう

松井証券は特損ではなく販菅費として損失を計上してるので営業利益が減って見えますが
実際には他社と同じように営業外の特別損失として計上すれば営業利益はもっと多いはずです
他社と同じ基準で計算してみると、営業利益は108億2800万円(−4.9%)くらいでそ(´∀`*)

楽天証券は特損や税金で当期純利益がけっこう減ってるように見えますが
純粋な単体での営業利益は一番減少していなかったようです
特殊要因をのぞいて比較すると、純粋な意味での業績は楽天証券が一番良かったんでそ
マネックスは海外企業の買収を進めたことで売上・利益ともに増えて増収増益のようです
ただ営業利益の規模では明らかに上位の3社との格差が開いてきてるので
ここで踏ん張って買収するなりしてでも他社を追いかけないと格差は広がるばかりです
企業買収を繰り返して数字を嵩上げすればよいというものではありませんが
少なくとも手元資金を有効活用してしっかりと結果に繋がればそれはそれで評価されるべきでそ

一番決算が悪かったといえるのはカブドットコム証券ですにょ(σ´∀`)σ
特別損失を除外して比較してもおもいっきり減収減益を繰り返す悪いパターンに入ってます
売上高(=営業収益)ベースで比較してみるとかなり明確に格差が開いてきてるので
カブドットコム証券を大手ネット証券と呼ぶのは少し厳しくなってきてる気がします(´Д⊂)
今回の決算では、利益が一番少なかったのに特別損失の金額は一番大きかったので
実質的なダメージも一番大きく、今後への禍根を残しそうです
カブコムは2005年度の決算以降からず〜〜〜っと減収減益を繰り返してるので
2003年以降の株ブームのバブルに乗って瞬間的に膨らんでいただけで
結局のところは元の木阿弥に戻りつつあるような印象です(´;ω;`)
5期連続すべての数字が悪化して減収減益なのでけっこうボロボロでしょう
もしこのまま後2〜3年間ほど減収減益繰り返したら確実に大手ネット証券からは転落でそ


ss2286234570 at 06:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)