yogurting ヨーグルティング

IPO

2021年11月10日

マネックスG、米ネット証券子会社を上場へ

マネックスG、米ネット証券子会社を上場へ SPACで
2021年11月4日 19:01 日本経済新聞
マネックスグループは4日、ネット証券子会社の米トレードステーショングループをニューヨーク証券取引所に上場させると発表した。特別買収目的会社(SPAC)との合併を活用し、2022年上半期をめどに上場する。調達資金は販促活動やサービス開発に充て、一般投資家層の顧客基盤を広げる。
マネックスは11年に、トレード社を約4億1100万ドル(約468億円)で買収した。プロ投資家を中心に株式やオプション取引のほか、暗号資産(仮想通貨)取引などを手がける。約16万口座、預かり資産113億ドルを抱える。上場後もマネックスの連結子会社とする。

マネックス、第三者割当で55億円調達 米子会社がSPAC上場へ
2021年11月4日6:56 ロイター 
マネックスグループは4日、米完全子会社のSPAC(特別目的買収会社)上場に関連し、暗号資産関連企業ギャラクシー・デジタルに対する第三者割当で約55億円を調達すると発表した。米子会社トレード・ステーション・グループ(TSG)がSPACとの統合によりニューヨーク証券取引所上場を計画しており、調達資金はSPACへの出資資金に充当する予定。
TSGはオンライン取引のプラットフォームを投資家に提供しており、今回の取引前の株式評価額は約1450億円。2022年上半期までの上場を目指す。
第三者割当増資の発行価格は1株651円で、払い込み期日は12月7日。割当株は発行済み株式総数(9月末)の3.26%に相当する。
2222


さてここに来てマネックスが最近は活発に行動していますφ(.. )

近年のマネックスの特徴はSBI証券に対抗して積極的に手数料値下げには応じずに
(もちろん顧客流出のために最低限の手数料値下げには応じると発表してる)
日本株以外の分野に積極的に投資してその部門を伸ばしていく戦略です(´∀`*)

今回は業績の回復が著しいアメリカの子会社の米トレードステーション社を
特別買収目的会社(SPAC)と合併させてNYで上場させると発表しました
米トレードステーションは2011年にマネックスが約468億円で購入しましたが
今回の上場で3億ドル(約360億円)を調達できる見込みのようですφ(.. )
これで投資費用をほぼほぼ回収できたってことになるんでしょうかね。

これとは別に、仮想通貨関連企業のギャラクシー・デジタルに対して株を発行し
発行済みの株式数の3.26%に相当する第三者割当増資で55億円を調達するようです
この株式は発行は第三者割当増資なのでマネックスは返済する必要はありません。
つまり米トレードステーション社の上場と増資とで415億円を入手するわけです

まあ実際には第三者割当増資で得る55億円は特別買収目的会社(SPAC)への
出資資金に充当する予定のようなので415億円が手元に残るわけでもありません。
しかし、大赤字で一時は業績が危ぶまれた米トレードステーション社を上場させることで
一気に360億円を回収してフリーな資金を手に入れたのは非常に大きいでしょう
この資金をさらに投資して業績を伸ばしてくことができますからね。

この360億円で米トレードステーション社の強化を図るってものあるでしょうけど
実際には他の事業に投資して買収などをするんじゃないかなと予想してますφ(.. )
々馥盂阿硫樵枋眠濕莪所への出資や買収
国内のFX会社の買収や、国内のネット銀行への出資など
ウェルスナビのような全自動ロボアドバイザーの資産運用会社への出資など


この先さらに手数料の値下げや無料化がすすむネット証券に出資したり買収というのはやるだけ無駄なんで、というかドブにお金を捨てるようなものなのでやらないでしょうけど、
この先まだ伸びそうな証券事業以外の分野への投資は必ずやると思います
でいえばヒロセ通商とか外為どっとコムを買収のターゲットにするかもしれませんし
仲の良いソニー銀行への出資などをやる可能性は十分に考えられると思います

ネット銀行を1から設立するには莫大な資金と時間がかかるのでおそらく無理ですが
すでに存在してるソニー銀行みたいなとこに出資することに成功すれば
ハイブリッド預金口座みたいな仕組みを構築できるのでかなりメリットがあります。
その見返りとして、ソニー銀行にマネックスの商品を卸せばいいだけですから

最近のマネックスが好調なのは戦略を大きく見直したことがキーになってると思います。
ー最圓垢/しないにかかわらずリスクを負って先行投資を積極的に行った
大手のSBI証券や楽天証券とバッティングしないビジネスに徹底的に注力した
(真正面からの直接対決を避ける、いわゆる弱者の戦略を徹底した)
証券事業は事実上切り捨てにして、あえて値下げ競争は応じず縮小を容認した


株式手数料の無料化がこれからさらに進めば国内証券事業は儲からなくなります
ゆえに、どこかで割り切って他の事業で稼ぐビジネスモデルに変わるしかありません。
現在のマネックスは手元資金を手数料値下げの原資にするようなバカなことはせず
ありったけの手元資金を他の事業の拡大につぎ込んで勝機を探っています。
一方で、あえてSBI証券の手数料値下げ競争にはあまり応じず縮小均衡を容認してます。
そういうメリハリというか、割り切りが結果的に功を奏してると言えるでそう
実質的には起業して以来の祖業を捨てる覚悟ってことですからね

マネックス(8698) 890円 −38円(−3.08%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8698
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8698.T/chart
時価総額:2305億円
子会社が上場できたので資金調達ができた、たしかにそれは良いニュースですけど
あくまでそれは今後の投資のための手元資金を確保できたというお話です。
具体的な投資計画がまだないわけで、ちょっと高く評価されすぎじゃねと思いますね

ss2286234570 at 06:51|PermalinkComments(2)

2021年10月08日

住信SBIネット銀行、東証に上場申請

住信SBIネット銀行、東証に上場申請
2021年10月8日 16:58 日本経済新聞
SBIホールディングスは8日、傘下のインターネット専業銀行、住信SBIネット銀行が東京証券取引所に上場申請したと発表した。市場区分や具体的な時期は未定。50%ずつ出資するSBIと三井住友信託銀行は上場後も一定の株式を持ち続ける意向だ。
住信SBIは2007年に営業を始めた。SBIグループのネット証券との口座連携サービスや低金利の住宅ローンで、若年層を中心に顧客を増やしている。直近の預金残高は6兆4千億円超と、中堅地銀並みに拡大した。21年3月期の住宅ローンの取扱額は約8500億円と、ネット銀行では最大手とみられる。
足元では主力の住宅ローンから収益構造の多角化を図っている。注力するのが銀行機能を外部の事業会社に提供する「BaaS(バンキング・アズ・ア・サービス)」事業だ。すでに提携先の日本航空(JAL)やヤマダホールディングスなどが同行のシステムを使い、自社ブランドの銀行サービスを始めている。

JALや地銀などと組む住信SBIネット銀行が「NEOBANK」で目指す
新しいバンキングのあり方
2020年 8月 20日 07:03 CoinDesk Japan
金融業界の将来に対する不安の声は小さくない。銀行や証券など金融機関はいずれも生き残りをかけて新しいあり方を模索している。海外では、銀行業免許を持たずに金融サービスを提供するなどといった、新しいバンキングのあり方を体現したネオバンク・チャレンジャーバンクという存在が生まれ、支持されている。
こうした中で、住信SBIネット銀行が「NEOBANK」という構想を掲げ、推進している(NEOBANKは住信SBIネット銀行の登録商標)。これは銀行としてのインフラを銀行以外の事業者に提供するBanking as a Service(BaaS)事業だ。既にJALと協業しているほか、CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)グループとは協業に向けた協議をしているという。
たとえば同社が既に組んでいる日本航空(JAL)がその一例だ。JAL NEOBANKは、JALのグループ会社JALペイメント・ポートと住信SBIネット銀行との共同事業で、「JALマイレージバンク会員専用のネット銀行サービス」。アプリで預金や決済などの銀行機能を利用でき、銀行取引でマイルも貯められる。仕組みとしては、住信SBIネット銀行のJAL支店をつくったかっこうで、外貨預金や両替の際の為替レートは住信SBIネット銀行とまったく同じだという。
1009






前回ニュースになってた楽天銀行は「上場の準備を始めた」という内容でしたが
今回の住信SBIネット銀行の場合は上場の申請をすでに行ったという内容です。
つまり東証の審査がこのまま終わるともうすぐ実際に上場するということ
早ければ年末か、遅くとも来年の前半にも実際にIPOしそうですねφ(.. )

住信SBIネット銀行と楽天銀行はSBIと楽天というグループ傘下の銀行なので
これまでどっちが業績がよいかとか口座数はどっちが多いかで張りあってきましたが
上場した後は「どっちが時価総額が上か」みたいな競争をしそうですよねΣ(・ω・ノ)ノ

楽天銀行が楽天カードの決済業務を一括で請け負い始めたことで決済が活発になり
一時期は楽天銀行が一気に突き放して伸びてましたけど、最近は伸びが停滞してます
もちろん現在においても経常利益で比較すると楽天銀行の方が1.25倍多いので
2社の業績にはまだけっこうな差があるのも事実ですけどおそらく今だけでしょう

楽天銀行は楽天銀行の口座と楽天グループの決済(楽天カードとか)を集約して
ようは「楽天経済圏」の決済を丸ごと請け負うことで最近業績を伸ばしました
ただ一方で、この戦略は自分自身で経済圏の限界を作ってしまったともいえます。

一時期住信SBIネット銀行は楽天銀行に大きな差をつけられて逆転されてたので
逆転の秘策としてBaaS(Banking as a Service)に舵を切ったのが成功の秘訣でしょう

BaaSがなにかというと、要は銀行システムを他業種企業に開放したってことです。
これまでずっと銀行事業をやりたかったけどハードルが高くてできなくてできなかった
JAL、ヤマダ電機、CCCとかに銀行機能を提供するサービスを開始したわけです。
実質的には住信SBIネット銀行の中にJAL支店とかヤマダ電機支店ができる感じで
これから提携先を増やしていけば無限に支店数を増やしていけるわけですφ(.. )

これなにが優れてるかというと、従来は住信SBIネット銀行が自前で広告を出して
自社のお客を一から集めてこないと口座数が増やせないという限界があるのですが、
JALやヤマダ電機に銀行機能を提供すると自分で客を集める手間が省けるんで
結果的に住信SBIネット銀行のJAL支店やヤマダ電機支店にいおいて
いきなり数百万とか数千万人の新規顧客を獲得できるチャンスが広がるんですね(´∀`*)
.
キャプチャ








リンク先 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/82061?page=3

楽天経済圏というのはまさに楽天グループによる「囲い込み戦略」の一環ですが
良くも悪くも囲い込みなので外部と接続がないので限界があるわけです(´・ω・`)
楽天経済圏を拡大するには自腹で広告出して新規会員を増やすしかありません
住信SBIネット銀行は囲い込みではなく、開放によって経済圏を外に拡大して
結果的に提携してる他社のお客を自社のお客に取り込むことができるわけです
そして決済取引が増えれば増えるほど自社の利益も増えていくという仕組みですね

住信SBIネット銀行は非常に戦略とスキームがよくできてるので評価が高いです

逆に楽天経済圏は閉じてるがゆえに外部に拡大していく仕組みになってないので
ここから加速的に業績が伸びるかっていわれたら非常に伸びにくいと思います
もし仮に、2社が同時タイミングでにIPOしたら業績の伸びと拡張性においては
圧倒的に住信SBIネット銀行の方が上回るのでこちらを買うべきだと思います(´・ω・`)
もう2〜3年もしないうちに2社の業績は再度逆転されてひっくり返るでしょう

住信SBIネット銀行 2022年3月期第1四半期決算(2021/4/1〜2021/6/30)
経常収益 193億2,100万円(+  3.5%)
経常利益   56億4,500万円(+15.0%)
最終利益   51億8,100万円(+51.4%)

楽天銀行 2022年3月期第1四半期決算(2021/4/1〜2021/6/30)
経常収益 265億0,500万円(+  6.5%)
経常利益   70億1,700万円(−  3.7%)
最終利益   49億9,600万円(−  1.2%)


2021年09月30日
楽天グループ、楽天銀行の上場準備開始へ


ss2286234570 at 18:05|PermalinkComments(1)

2021年09月30日

楽天グループ、楽天銀行の上場準備開始へ

楽天グループ、楽天銀行の上場準備開始へ
2021年9月30日 18:20 日本経済新聞
楽天グループは30日、傘下のインターネット専業銀行、楽天銀行の上場準備を始めると発表した。具体的な時期は未定だが、上場後も楽天の連結子会社とする。楽天銀は実店舗を持たず、低コストを武器に顧客基盤を広げている。新規株式公開(IPO)を通じた資金調達で、グループ全体の競争力を高める狙いがある。IPOが実現すれば、楽天グループとして初の子会社上場となる。東京証券取引所の最上位の市場区分「プライム」を想定しているものとみられる。
楽天銀は2001年に開業したイーバンク銀行が源流で、09年に楽天の連結子会社となった。グループの電子商取引(EC)の支払いや、ネット証券での金融商品の決済用といった利用目的で顧客基盤を急速に伸ばしている。直近の口座数はネット銀行として最多の1123万口座を誇る。総資産は6兆円を超える。
新規参入した携帯通信事業の先行投資で財務基盤が悪化するなか、楽天銀のIPOで資金調達手段を確保する狙いもある。
キャプチャ


2年ほど前に住信SBIネット銀行が上場を検討をしてるというニュースが出て
結局そのままどうなったのかわからないまま続報が絶えてしまいましたがφ(.. )
今度は楽天銀行が上場準備を開始したというニュースが出ていました

楽天グループは傘下にものすごくたくさんの子会社がぶら下がってますが
てっきり一番稼いでる楽天カードの部門が上場するのかなって思っていたら
カードではなく楽天銀行が上場を準備とあったので少し意外な気がしました(´・ω・`)

SBIは子会社をバンバン上場させてその株をSBIグループの投資部門に持たせて
これでもかってくらいに上場直後からありったけ売りまくりやって
個人投資家を嵌めこんで財布代わりに個人投資家を喰いまくる会社で有名です
そして最後は、死ぬほど安い株価でTOBして買い戻すのがSBIの手口ですよね。

一方で、楽天グループってそもそも子会社を上場させたことは一度もなくて
SBIみたいな市場から金を奪い取る簒奪者みたいなIPOはやったことはありません。
ただし今回の楽天銀行のIPOは「なに目的なのか」がなんか曖昧ですよね
これまでず〜〜〜っと子会社をIPOしてこなかった楽天グループが
なぜ今になって唐突に子会社IPOに踏み切ったのかという疑問点ですφ(.. )

まあおそらくは携帯事業に想定以上の投資資金が必要だとわかってきたので
投資資金や借金返済のために子会社をIPOさせて資金調達したいのはわかるけど
楽天銀行を子会社にしつつIPOするなら50%しか株は手放せませんよね
となるとたかが500億円の金欲しさに子会社の株売ろうとしてるって考えると
楽天本体もけっこう資金繰りに苦労してんるだろうなって思っちゃいますよね

正直あまり前向きでポジティブな意味でのIPOではないんだろうなって思いますよね

楽天(4755) 1,081円 −15円 (−1.36%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart

住信SBI、上場を検討 ネット専業銀行で初
2020年1月29日 18:00 日本経済新聞
インターネット専業の住信SBIネット銀行が株式を上場する検討に入ったことがわかった。株式を50%ずつ持つSBIホールディングスと三井住友信託銀行がすでに協議を始めており、ネット専業の銀行としては初の上場になる見通しだ。


ss2286234570 at 19:47|PermalinkComments(0)

2021年01月24日

鬼舞辻無惨さまと大手証券営業統括本部長



個人的には鬼滅の刃ってまだ読んだことなかったんだけど
「ああ〜なるほどこういうマンガだったのかってすごく参考になったにょ(σ´∀`)σ
ちなみになつさんは大手証券に対面口座持ってないから電話はかかってこないけど
知人は対面口座に口座持ってるからちょくちょく電話がかかってくるそうです

ちなみにほっといても売れそうな商品(IPOや投信)の営業電話はこないそうだが
まったく人気がなくて死ぬほど売れ残ってるIPOの時は電話がかかってくるらしい
締め切り前になると泣きそうな声で何度も何度も掛かってくるとか(´・ω・`)
客に損させるの判ってても売れって命令されてるからそうなるんでしょうね。

そういう売れない銘柄ほど貸借銘柄じゃないから意味がないことが多いんだけど
ごく稀にもの貸借銘柄で不人気で全く売れなくて公募価格割れするやつがあるから
そういう銘柄をこまめにチェックしてウォッチしておくと売りで儲かるんですよね

ちなみに大手証券が出資して作ったネット証券にはけっこう狙い目があって
ネット証券側で客を集めるためにあえて親会社が主幹事の時に玉を渡してるんだおね。
だから客数が多い大手証券の口座では人気のIPOがまったく当選しないのに
その子会社のネット証券ではものすごく当たりやすいことがあるのですφ(.. )
LINE証券とか大和証券子会社のCONNECT(コネクト)とか

あとGMOクリック証券はネット証券で普段はまったくIPOを取り扱っていないのに
ごく稀に同じGMOグループ会社の子会社がIPOするときだけIPO申し込みをやってます
人気が高くて当たりにくい銘柄が当たりやすかったりするので知ってて損はないでそう。
ちなみにGMOインターネットはネット決済系の子会社をまだかなり保有してるので
ネット決済系の銘柄を上場するときは絶対この手法を活用することおすすめします
上場直後に高い値が付きやすいし、基本的にネット決済は儲かるセクターなので
GMOフィナンシャルゲートなんて公募価格2,540円なのに初値が6,550円つけて
上場後の3か月後の2020年10月には3万0,050円をつけてますからねΣ(・ω・ノ)ノ
(25万円で100株当たってたら300万円になってたということ)

普通だとコロナショックだと上場を延期することが多いはずの時期なのに
2020年7月に上場したってことはかなり自信のある銘柄だったってことでしょう
ネット決済ならコロナ関係なく、むしろコロナ下の方が伸びやすい銘柄ですしφ(.. )
コロナショック直後だったんで初値が安めについてたってのもあるんでしょうけど

もしGMOクリック証券でまたネット決済銘柄のIPOを扱うようなことがあったら
家族名義でいっぱい証券口座申し込んでIPO狙うといいでそね

IPO(新規公開株)
https://www.click-sec.com/corp/guide/kabu/ipo/backnumber/
公募売出価格:2,540円 上場日:2020/7/15(水)
0124








GMOフィナンシャルゲート(4051) 20,740円 −750円 (−3.49%)


ss2286234570 at 06:21|PermalinkComments(0)

2020年02月06日

住信SBI、上場を検討 ネット専業銀行で初

住信SBI、上場を検討 ネット専業銀行で初
2020/1/29 18:00 日本経済新聞 電子版 
インターネット専業の住信SBIネット銀行が株式を上場する検討に入ったことがわかった。株式を50%ずつ持つSBIホールディングスと三井住友信託銀行がすでに協議を始めており、ネット専業の銀行としては初の上場になる見通しだ。住信SBIは上場で経営の自由度や知名度を高めるとともに、フィンテック分野を強化し、住宅ローンに偏る収益構造の多角化を図る。
住信SBIは2007年に業務を始めた。ネット専業の銀行には00年以降に異業種から参入したジャパンネット銀行や楽天銀行(旧イーバンク銀行)などがあるが、住信SBIは住宅ローンに強みを持つ。19年3月期の経常利益は前の期比15%増の178億円。ネット上で手続きが完結する利便性や大手行より低い住宅ローン金利で若年層を中心に支持を集めている。
昨年9月末時点で住宅ローンの取扱額は約5兆4千億円とネット専業の銀行では最大手だ。時価総額は中央値で4千億円程度との試算がある。
上場に向けた具体的な計画は今後詰めるが、三井住友信託とSBIは一定の株式を持ち続ける意向で、企業統治の観点から風当たりが強まる親子上場問題にどう対応するかも論点となる。
かねてSBIと三井住友信託は、住信SBIの利益が一定の水準に達すれば上場を検討する意向だった。住信SBIが3期連続で増益を確保するなど業績が堅調に推移し、今後も利益成長が見込めることから協議を始めることにした。



少し前にもSBIホールディングスが保険会社を上場させたので
そろそろ住信SBIネット銀行も上場かなと思ってたらやっぱり上場するみたいですね
ただ以前までのようにSBIグループのファンドに持ち株大量に持たせておいて
上場と同時にファンドの持ち分を売りまくる手法は禁止になったみたいですねφ(.. )
たぶんその手法は絶対やるなって東証に禁止されたんでしょうね
おそらく上場直後に売り抜けしないという条件付きで上場許可が出たんじゃないかな。

ただ住信SBIネット銀行はSBIホールディングスと住友信託銀行が50%持ち合ってるんで
上場してすぐに親会社が大量に入り込んでくる可能性はかなり低いでそ
なぜならもし一方がそれをやったら、ここぞとばかりにもう一方に乗っ取られるから
上場してから両社とも思い切って売り暴くということはまずありえないでそ。
というわけで比較的需給が引き締まって良い値が付くんじゃないかと期待しています

マイナス金利の導入以降、国内のほとんどの銀行は資金運用で稼げなくなり
地銀とか第二地銀なんてのはもうせっぱつまってSBIや楽天に泣きつくありさま
その中でも住信SBIネット銀行と楽天銀行は四半期ベースでも非常に伸びています
銀行セクターの中ではぶっちぎりに業績がいいのがネット銀行なので
長期的にホールドしても悪くない銘柄だと思っています(´・ω・`)
ま、個人的には前にも何回か書いたけど楽天銀行の株を買いたいですけどね

2019年05月23日
ネット銀行 4Q(2018年4月〜2019年3月) 四半期業績比較
http://ss2286234570.blog.jp/archives/2019-05-23.html

2019年04月11日
ネット銀行 3Q(2018年4月〜2018年12月) 四半期業績比較
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/cat_60246297.html

SBIホールディングス(8473) 2,492円 −14円 (−0.56%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8473
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8473.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

ss2286234570 at 08:58|PermalinkComments(0)

2019年04月08日

楽天が出資先のLyftがついに上場、時価総額は2.6兆円超え

Lyftの上場初日株価は9%アップで引ける、時価総額は2.6兆円超え
2019年3月30日 Techcrunch
米国時間3月29日に有力配車サービスのLyftがNASDAQに上場した。これを祝って天井からピンクの紙吹雪が共同ファウンダー、Logan Green氏とJohn Zimmer氏の上に舞い落ちた。公募売出価格設定は上出来だったようで、Lyftが設定した1株72ドルを21%も上回る87.24ドルで初値がついた。初終値は若干下げて78.29ドルとなった。Lyftは上場の直前、木曜日に23億ドルの資金を調達していた。今回の上場でLyftの時価総額は240億ドル前後となった。公開前の会社評価額は151億ドルだったので上場で約1.6倍にアップしたことになる。株価売上高倍率は11倍だ。
0408











リフト大型IPO、筆頭株主楽天・三木谷氏に軍資金
2019.4.2 ダイヤモンドオンライン
楽天の三木谷浩史会長兼社長は米配車サービス大手リフトの上場によって、シリコンバレーのベンチャーキャピタル界の重鎮に名を連ねることになる。リフトは3月29日に上場し、初日の取引終了時点で時価総額は約265億ドル(約2兆9000億円、完全希薄化ベース)となった。三木谷氏が率いる楽天は2015年に3億ドルを出資したのを皮切りに、リフトへの出資額を着実に伸ばしてきた。楽天の持ち株比率は13%に達し、リフトの筆頭株主に浮上した。ダウ・ジョーンズ・ベンチャーソースのデータに基づく推計によると、リフトの新規株式公開(IPO)で楽天には約15億ドルの含み益が発生する。

楽天・三木谷氏は3000億円近く? リフトの大型IPOで大金を手にした人物
https://www.businessinsider.jp/post-187619

ソフトバンクはライドシェア大手の米ウーバーに出資してるのは有名ですが
楽天もその次の大手らしいリフト(Lyft)に多額の投資をしていましたφ(.. )
とはいえリフト(Lyft)って売上げは大きいけどものすごい大赤字会社ですからね
ただのタクシー配車サービス会社ごときが時価総額240億ドル(2兆6000億円)って
常識的に考えたらちょっとどうかしてるっていうか、ぶっちゃけキチガイ沙汰ですよね
バイオ銘柄と同じでPERが狂ったような値になってるんじゃないでそか(´・ω・`)

楽天はこれから携帯事業に参入していくのでかなり大きな投資資金が必要です
そういう意味でも今回ののようなIPOで資金を稼げたのは大きいでしょう。
さらに最近はスマホ決済分野でもかなり競争が激しくなってきています。
ドコモやソフトバンク(PayPay)やLINEだけでなくauも新たに参入してきたので
集客のために大手キャリアがとんでもない広告費を投下してくるでしょう
100億〜200億円なんていう金額は小銭みたいなもので、ドコモやソフトバンクになると
それこそ年間で1000億円くらいは余裕で投下してくることが予想されますφ(.. )
楽天も楽天Payがあるし決済事業の強化のためにプロモーション費用を投下するので、
今回のようなリフト(Lyft)でその費用を稼げたのはかなり大きいし有利にに働くでそう
リフト(Lyft)上場直後にいったんは下落に転じていた楽天の株価ですが
すぐに戻して直近の高値を更新してさらに年内高値を更新しました(´∀`*)
やはり政府が携帯事業への新参入企業にはかなり有利な条件を容認するって提示したので
この材料が株価を刺激して大きく上げるようになったんじゃないかなって考えています

2018年12月14日
米IPO申請のウーバーとリフト、筆頭株主は共に日本企業


ss2286234570 at 16:25|PermalinkComments(0)

2019年04月01日

改元銘柄さん、発表と同時に地獄行き

2018/12/11 7:30 日本経済新聞 電子版
――上場によって調達する資金をどう使いますか。
「印鑑を作る機械などへの投資や、広告費用、人材採用のための資金にあてる。テレビCMやウェブ広告などでプロモーションを強化して知名度を上げたい。マーケティングの担当者やシステムエンジニアを増やし、事業規模を広げる体制を整えたい」


改元銘柄といえば最近の筆頭はAmidAホールディングスでしょう
出来高伴って上がる日は1日で15%以上上がる日も多い銘柄でしたしね。
しかし改元を控えた前週金曜に売りを浴びて陰線つけて大きく下落
そして本日は改元発表と同時に材料出尽くしってことで午後から特売りだったようです
旬のネタで動く銘柄に一番よくありがちなパターンの値動きでした(((( ;゚д゚)))

似たような銘柄としてはメルカリの大株主のユナイテッドでしょうφ(.. )
こいつもメルカリ上場のネタで株価がずっと上がりっぱなしだったけど
上場が実際に決まったあたりで天井になり、売り出し価格が決まったところから暴落
MAXで5,000円以上あった株価は1,500円以下まであっという間に下がりました。
ユナイテッドはメルカリネタで猛烈に上がった半楽天証券があっての暴落なので
AmidAホールディングスがこれと同じパターンになるかどうかはわかりませんが
とはいえ材料出尽くしで上がる手がかりもないので先行きはなかなか厳しそうですね。

AmidAホールディングス(7671) 3,010円 −490円 (−14.0%)
改元需要があるというネタで最近買い上げられていたのがこの銘柄ですにょ(σ´∀`)σ
一番最初はcisスレのとある名無しの先輩が教えてくれたのがきっかけでした
「改元ネタでくるぞって言われたしチャートもよかったので買ってみました。
当時はまだ2200〜2300円だったんですぐにインして細かく鞘抜いてみたいな感じ。
チャートにそって素直に動いてたのでけっこう売買しやすい銘柄だったんですよね(・∀・)

ユナイテッドの時もメルカリの上場前からすでに天井付けて軟調だったんですが
AmidAホールディングスも金曜からすでに軟調に転換して天井を打っていました(´・ω・`)
材料のネタはそれぞれ違いますが、値動きはかなり似通ってるんですよね。やっぱり


ss2286234570 at 16:57|PermalinkComments(0)

2019年01月05日

【助けて!】メルカリさん42万円の売上高で14億円の損失出しちゃう

株式評価損14.4億円、メルカリがロンドン子会社を精算
2018年12月18日 TechCrunch Japan
Mercari Europeは英国ロンドンを拠点として2015年11月に設立。2016年9月期に約4900万円(34万4000ポンド)、2017年6月期には約5億(354万7000ポンド)、2018年6月期には約10億(730万8000ポンド)と経常損失額が増加していたことから、今回の決定に至ったようだ。売り上げは2016年と2017年は計上されておらず、2018年6月期で約42万円(3000ポンド)だった。売上が極端に少ないのは、ユーザーからまだ手数料を取っていなかったことが理由だ。


メルカリがシニア世代を狙う理由——「バズった」チラシ広告の戦略をCMOが語る
2018年12月27日 Business Insider Japan
「メルカリといえば、若い人が使っているイメージだと思いますが、40〜50代にもポテンシャルがあります。折込広告はいろんな世代が見る。へえ、こんなの売っているんだ、という親子や夫婦の会話が生まれるんじゃないかと」
メルカリ執行役員CMOの村田雅行さんは、「メルカリがチラシ」に乗り出した広告戦略の真意として、ユーザー層の年代を越えた拡大をまず挙げる。フリマアプリのメルカリにとって、紙のチラシ広告は初めての試み。まずはテストエリアとして2地域を選び、動向を見て今後の拡大を検討するという。
0107












さてメルカリさん(4385)が上場してから半年と少し経ちましたφ(.. )
株価的には悲惨というかもはや処置なしみたいな株価になってしまってるようです
ただだからと言ってメルカリが上場詐欺だのというつもりは一切ありません。

なぜならメルカリは上場前からすでに赤字会社だったしそう明示してあったからです。
経営者も「赤字解消は急がない、アメリカ事業の育成を優先する」って言ってたし
あくまで数年先までは投資を先行させて黒字化には目もくれないと宣言してました
そこまで丁寧に説明してたんだから詐欺上場っていうのはさすがにおかしいでそ。
それはただの高値掴みでしかないし、ヘタクソでしたねとしか言いようがない

そもそもメルカリは資金調達とベンチャーキャピタルの売却のために上場しただけで
高値で購入した投資家さんを儲けさせるためにIPOしたわけではありません
IPOの数年前からこれでもかってくらいにベンチャーキャピタルから出資を受け
株券印刷してたので、これからもさらに売り圧が増えると思うんだおね(´・ω・`)
VCの売り圧解消と黒字化を確認できないとさすがに手は出せないかなあ
(今後の株価については何度も書いてるのでこちらの通りです)

ただし最近のメルカリについて非常に気になるのが
ものすごく安直な考えで新規投資案件に10〜20億円程度投資し続けていて
しかもそのほぼすべてが失敗して全損になって損失計上になっている点です(´・ω・`)
なんていうかIPOで大金を手に入れて、会社の管理や投資判断がいい加減になっています。
なんとなく人気のある案件や流行ものにはなんでもかんでも喰いついて全失敗するだけ
色んな意味で今のメルカリは問題が多すぎる気がするんだおね(((( ;゚д゚)))

メルカリ(4385) 1,849円 +7円 (+0.38%)
時価総額:2,659億円
確か上場直後の時価総額が7000億円くらいあったと記憶しています(´・ω・`)
上場最高値は6,000円だったメルカリさんですが株価は冴えないどころか悲惨の一言
最大時価総額はなんと瞬間風速で8,600億円もあったんですね
それが今や高値から70%も暴落してしまったんですねえ(((( ;゚д゚)))
ただし上場前の2017年頃までは時価総額1,000億円といわれてた銘柄なので
2500〜3000億円でもとてつもない割高銘柄だったというのも事実でしょう。
ただの赤字会社を株価5000円で買うとか頭がおかしいとしか言えません

メルカリは先行投資が多く足元で黒字転換しにくい銘柄ですにょ(σ´∀`)σ
しかも小型の投資案件ではことごとく失敗してるのでマイナス材料ばかり
アメリカ事業をなんとか黒字化させて業績を立ちなおすまでは厳しすぎでそ。


2018年08月24日
メルカリ(4385) 業績は絶好調でも株価は急落

http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2018-08-24.html

2018年06月14日
6/19、ついにメルカリが時価総額4000億円で上場へ

http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2018-06-14.html

2018年05月17日
メルカリ(4385)上場、時価総額は最大3600億円

http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2018-05-17.html

2018年04月23日
盗品市場ことメルカリさん、6月にもマザーズ上場へ

http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2018-04-23.html


ss2286234570 at 06:47|PermalinkComments(0)

2018年12月14日

米IPO申請のウーバーとリフト、筆頭株主は共に日本企業

米IPO申請のウーバーとリフト、筆頭株主は共に日本企業
2018年12月11日 13:54 ロイター
非公開企業の米ウーバー・テクノロジーズとリフトは、投資家が資金をつぎ込んだり巨額の持ち分を取引したりすることで会社自体が市場のようになっている。配車サービスを手掛ける両社は今月6日、米国での新規株式公開(IPO)のための書類を非公表の形でそれぞれ提出。一部の投資家は来年、現在保有する投資資産で多額の利益を上げる見込みだ。ウーバーとリフトの提出文書はまだ公開されていないが、それぞれの事業の事情に詳しい複数の関係者が大株主を明らかにした。それによれば、ほとんどはシリコンバレーのベンチャーキャピタリストではなく筆頭株主はウーバーがソフトバンクグループで、リフトが楽天だった。
ソフトバンクのウーバー株の持ち分比率は15%強で、楽天のリフト株の同比率は10%余りとなっている。これら日本企業2社の持ち分の価値は合わせて130億ドル(約1兆4700億円)以上と評価されている。


ソフトバンク、Uberの筆頭株主に--出資契約が完了
2018年01月19日 11時24分 CNET Japan
Uberは、ソフトバンクグループが率いるコンソーシアムとの間で、株式の20%を同コンソーシアムに売却する契約を米国時間1月18日に締結したことを認めた。CNBCによると、契約が正式に履行されれば、元最高経営責任者(CEO)のTravis Kalanick氏は、14億ドル(約1600億円)を手にするという。
Uberは2017年11月に、ソフトバンクの主導する契約が進んでいることを認め、100億ドル(約1兆1000億円)相当の自社株をソフトバンクに売却することに同意したと発表した。この契約に伴い、ソフトバンクが15%、他の投資家が5%の株式を取得する。
Uberは2017年11月に、ソフトバンクの主導する契約が進んでいることを認め、100億ドル(約1兆1000億円)相当の自社株をソフトバンクに売却することに同意したと発表した。この契約に伴い、ソフトバンクが15%、他の投資家が5%の株式を取得する。
出資が正式に完了すれば、ソフトバンクはUberの筆頭株主になる。Uberによると、最初の12億5000万ドル(約1400億円)の出資は18日に完了し、2回目の売却に対する支払いは「Nasdaq Private Market」を通じて処理され、その日のうちに関係者に支払われるという。

楽天、米リフトに出資 スマホ介した車相乗りサービス
2015/3/12 日経電子版
楽天は12日、スマートフォン(スマホ)を介した自動車の相乗りサービスを手がける米リフト(カリフォルニア州)に3億ドル(約364億円)を出資すると発表した。リフトはマイカーを持つ個人と乗客の仲介サービスを展開する。スマホを使う配車サービスの市場は急拡大しており、成長が見込めると判断した。
リフトは楽天などを引受先に総額5億3千万ドルの第三者割当増資を実施する。増資後に、楽天の持ち株比率は11.9%となる。リフトは昨年、中国の電子商取引最大手のアリババ集団からも出資を受け入れている。リフトは米国の約60都市でサービスを展開し、ハイヤー配車アプリ(応用ソフト)の米ウーバーテクノロジーズと競っている。調達した資金はサービス拡大や米国外への進出に充てる方針だ。

米ウーバー上場へ 19年1〜3月にも、米紙報道
2018/12/8 15:37 日経電子版
米ライドシェア最大手のウーバーテクノロジーズが新規株式公開(IPO)の手続きに入ったことが7日、明らかになった。上場時の時価総額は1200億ドル(約13兆円)になるとの試算もあり、米国のIPOとしては中国アリババ集団に次ぐ歴代2位の規模となる可能性がある。17年には社内セクハラ隠蔽などの不祥事が相次ぎ発覚し創業者が退任する騒ぎとなったが、成長力への高い期待からソフトバンクグループが18年1月にウーバーの発行済み株式の15%を77億ドルで取得したほか、トヨタ自動車も18年8月にウーバーに5億ドルを出資すると発表している。ただ、ウーバーが本業の収益指標として重視する修正EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は業績を確認できる17年1〜3月期以降、赤字が続いている。上場に向けてはライドシェアに次ぐ新たな事業の育成に加え、収益性の改善が課題となる。

楽天、米リフトに出資 スマホ介した車相乗りサービス
2015/3/12 日経電子版
楽天は12日、スマートフォン(スマホ)を介した自動車の相乗りサービスを手がける米リフト(カリフォルニア州)に3億ドル(約364億円)を出資すると発表した。
リフトは楽天などを引受先に総額5億3千万ドルの第三者割当増資を実施する。増資後に、楽天の持ち株比率は11.9%となる。

自動車の配車サービスおよび相乗りサービス(ライドシェア)の最大手ウーバーと
ウーバーのライバルでもあるまったく同業のリフトが上場するみたいですね
ソフトバンクはウーバーに約1兆1000億円出資して15%の株式を所有してるようなので
上場後のウーバーの時価総額が13兆円だと持ち分の価値は1.95兆円ってとこかな
購入したのがちょうど1年前くらいだと考えたらあまり株式評価は上がってないおね。

ソフトバンクは100億ドル出資してウーバーの15%の株式を所有してたってことは
1年前のウーバーの時価総額は約666億ドル(7.3兆円)くらいだったってこと。
それが1200億ドル(約13兆円)になったと考えると約1.8倍になったってことかな
孫さんにしてはやや控えめな投資リターンのようにも思えるけど
まだ1年しかたってないことを考えると十分に稼いだといえなくもないφ(.. )
ただウーバー自体はまだ赤字経営なんで今すぐには売らないかもしれないですね。
どうせ売るなら黒字転換させて株価が上がってから売る方がいいかもしれないので

冷静に考えると、ソフトバンクが1年前に100億ドル(約1兆1000億円)ほどの資金を
ウーバーに投資してるのに、トヨタはたった5億ドル(560億円)しか出資してないのね
豊田一族とはいえしょせんリーマン経営者が経営してるトヨタと
大株主でもある孫さんが経営してるオーナー企業の差がはっきりと出てる部分ですよね。
ソフトバンクはかなり本気で出資してるのがわかるけど、トヨタは所詮お付き合い程度
こんな中途半端でぬるい投資判断しかできない経営者ってのはちょっとダサい(´・ω・`)
まあダサいっていうか所詮はその程度の決裁権限しか持ってない経営者ってこと。

ちなみに楽天はウーバーとほぼ同業のライドシェア事業をやってるリフトに対して
複数回の増資に応じたことで合計5.3億ドル(約590億円)ほど出資してるようです。
ソフトバンクほどではないにしても11.9%の大株主ってことですねφ(.. )
当時のリフトの時価総額は推定で44.5億ドル(5000億円程度)くらいかな。
海外展開を進めているウーバーに比べて、リフトはアメリカに注力して投資してるので
アメリカ国内ではライドシェア事業の3割ほどのシェアをもってるらしいです
リフトの上場後の時価総額は約176億ドル(約2兆円)とも言われてるようなので
楽天が出資した数年前に比べたら3.95〜4倍の評価に上がったってことかな。
約590億円投資してるのでドル円113円で計算すると2366億円くらいかなΣ(・ω・ノ)ノ
楽天の規模から考えたらとんでもなく大儲けしたってことになるおね

ちなみに楽天の今の時価総額は1兆2100億円しかなくて
通期の業績予測が売上高9,444億円営業利益が1493億円ほどしかないので
リフトの売却益1770〜1780億円もあったらとんでもない規模ですよね(´∀`*)
ソフトバンクと楽天とでは規模が違うので楽天規模で考えたら大ホームランでしょう

楽天(4755) 845円 −32円 (−3.65%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4755.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss


ss2286234570 at 10:08|PermalinkComments(0)

2018年12月13日

ソフトバンク(9434)大量当選祭り始まり、投資家さんドン引き

1212









1313








1414
















SBI証券、ソフトバンクのIPO当選株数で増殖バグ(過小表示を訂正と言い訳)

まあこれは絶対にやると思ってましたm9(^Д^)プギャー!

株券ジャブジャブっぽいからけっこうキャンセルが出てる気がするんだよね
残った株券を穴埋めするのと、キャンセルの申し出をうまく丸め込んで
引き取らせるために日本中の証券会社で様々なドラマが繰り広げられてるんでしょう
証券マンも「客からキャンセルされました」なんて寝ぼけたこと絶対言えないので
他の見込み客見つけてとにかく買い煽って残った株券捌いていくしかありません。
どこもかしこも人の資産と金を狙って大人達の化かし合い合戦ですね(´∀`*)

個人的にはソフトバンク(9434)はまったく申し込んでいません。
需給が怪しいのとファーフェイ絡みの業績悪化懸念という問題もあるけど
それ以上に気になるのが、今回のIPOは孫さんの利益確定だってことですよね
すでにファンド会社と化したソフトバンク(9984)を支える孫さんの嗅覚ですが
その孫さんがこれから買い向かう銘柄を見つけて一緒に買うってのならわかるけど
今回のソフトバンク(9434)は孫さんが見切り売りした銘柄を買うってことです

もういらないから売っちゃおうって売り出ししたのが今回の9434なのに
それをわざわざ自腹で受け皿になって買い支えるってものすごいアホな気がします
なんていうかもう完全に鴨られてる感がものすごいあるんですよねΣ(・ω・ノ)ノ
投資がうまい人(孫さん)が素直に利益確定してる銘柄があるなら
それをわざわざ買う意味がないっていうか、素直に売ればいいんじゃないでしょうか


ss2286234570 at 04:51|PermalinkComments(0)