yogurting ヨーグルティング

競争激化

2018年12月30日

マネックス、USD/JPY 0.3銭等 スプレッド大幅縮小

main








2018年11月1日(木)9:00より、マネックス証券のFX(外国為替証拠金取引)サービス『FX PLUS』において、取扱い全通貨ペアのスプレッドを縮小いたしました。これにより、お客様はさらにコストを抑えてお取引いただけるようになりました。
img01










マネックスが11月1日からFXのスプレッドを大きく縮小したようですφ(.. )
ただ一つ思うのは、なんでいまさらやるのかなってことでそ

スプレッドを狭くすれば確かに投資家のコストが安くなるのはいいことです。
ただしこの程度のスプレッドならSBIや楽天と大差ないし競争力もありません(´・ω・`)
むしろそれを何年も前に実施して、FX事業を大きく拡大することに成功した
SBI証券や楽天証券がやってる時に何でなにもしなかったのかという疑問が強いおね
はっきり言えることはあまりにもタイミングが遅すぎたということです。

たしかにスプレッドを狭くすると取引する側のコストは大きく減りますが
一方でマネックスの1万通貨あたりの収益はそれこそ1/5〜1/50激減します
米ドル円なんてそれこそ1万通貨あたりの収益が170円近くあったものが
おそらく3〜5円までに一気に減少してしまうってことでそΣ(・ω・ノ)ノ
ユーロ円でも1万通貨あたりの収益が350円から10〜20円激減するでそう
ポンド円も同じく1万通貨あたりの収益が530〜500円だったのが50〜60円激減
豪ドル円でも1万通貨あたりの収益が350円から20〜30円激減するってことですね

もし目論見通りに取引高が5倍〜50倍に増えてくれなかったら
マネックスのFX部門の収益はとんでもなく減少してしまうことを意味しています
SBIでも楽天でもスプレッドの縮小はかなり慎重にやることが多く
取引高の増加と1万通貨あたりの収益の減少をきちんと確認しながら慎重にやってます。
ところがマネックスはそういう慎重さがまったく欠けていて
収益性の悪化と取引高の増加のバランスをほとんど無視して強行しています

もしこれで想定してたほど取引が増えなかったらFX部門は壊滅的でそう
なによりマネックスのFXはWEB画面がおそろしく時代遅れで使いにくいし
パソコン用ツールもスマホアプリの性能も他社に大きく劣っています
単純にスプレッドだけ狭くしても取引ツールが三流ならお客は増えにくいでそ。

しかも地合いが悪いので証券部門の業績悪化という大きな問題もあります。
同時にこれをやらかしてしまうと会社の業績はダブルパンチでそ
コインチェックの収益が大きく回復して稼げてるなら問題ないんだろうけど
慎重さに欠けるというかあまり計算してビジネスやってる気がしないんだおね。
せめて取引画面や取引ツールの改善を先にやってからこういうのはやるべきでそ
まずは受け入れ態勢を整えてからコスト競争を仕掛けていくべきであって
準備もできてない状況でただスプレッド縮小しても収益失うだけの可能性が高いおね
なんていうかやることがおそろしく雑で適当だなという印象を受けました。

ちなみに日本で一番最初にFXサービスを開始したのは松井証券やマネックスです。
ところがこの20年近くまともにサービス強化することをサボってきたので
後発のSBIや楽天にボロ負けして、今では圧倒的にシェアでも収益でも負けてます(´・ω・`)
それどころかGMOクリック証券たDMMFXの足元にも及ばないくらい差がついてます。
一言でいうとやる気がなくて商売がものすごくヘタクソなんだおねΣ(゚д゚;)


ss2286234570 at 07:12|PermalinkComments(0)

2018年09月15日

GMOコイン、「板」取引所方式の仮想通貨売買サービスを開始

GMOコイン、「板」取引所方式の仮想通貨売買サービスを開始
現物取引とレバレッジ取引が可能
2018年9月6日 09:08 仮想通貨Watch
仮想通貨交換所「GMOコイン」を運営するGMOコイン株式会社は9月5日、同仮想通貨交換所で「板」取引所方式の仮想通貨売買サービスを開始した。これまでの販売所方式による仮想通貨の売買に加えて、ユーザー同士による仮想通貨の売買注文を価格順に並べた「板」を利用する取引所方式での売買が可能となった。GMOコインの販売所と取引所でサービス名称は若干異なるが、いずれも仮想通貨の現物取引とレバレッジ取引を行える。
GMOコインの取引所では、ユーザー同士の仮想通貨の売買注文を価格順に並べた情報が「板」として表示される。売り注文と買い注文を突き合わせ、注文が合致するごとに売買が成立する方式で、株取引と同じように売買の気配値を見ながら仮想通貨の売買取引を行える。現物取引のほか、最大10倍のレバレッジ取引も可能で、1回あたりの注文が最大2BTCとなるが、1日最大1000BTCまで売買できる。
0916











GMOコインが取引所の「板」方式で仮想通貨取引を開始したようです
今までは仮想通貨の相対取引しかやってなかったのでかなりの改善でしょう。
これまでだと急騰急落した時は約定しにくくなったりスプレッドが広がってたんで
「板」方式がはじまったことでかなり改善するかもしれませんφ(.. )
といってもようやく当たり前のサービスがそろったってくらいの話ですが

直近の決算資料を見るとGMOコインは広告宣伝費にお金を費やしてるようです
2018年1〜6月の売上高が大きく改善してるのに最終利益は微増だったんで
どうしてかなと思って調べたら仮想通貨におかなりお金を投下してる様子φ(.. )
足元の業績が大きく改善してるんで先行投資を急いでるってことでそう。
https://www.gmofh.com/ir/library/presentation.html
(それが読み取れるのは決算資料の5ページ目と25ページ目あたりかな)

0915












GMOコインへの先行投資の理由はなんとなくわかります。
現在の国内仮想通貨では大手がほとんど新規口座開設を停止しているからでそ
コインチェックは年初から相変わらずずっと口座開設も取引も停止してます。
金融庁からの許可が下りないのでいまだにサービスの開始ができていませんΣ(・ω・ノ)ノ
最大手のbitFlyerも取引はできるけど新規の口座開設は停止してるようです。
もう2か月以上ずっと新規口座開設ていしってことはかなり厳しい内容だおね(((( ;゚д゚)))
かなり金融庁から厳しい内容を指摘されたってことなんでしょう
zaifも一時は新規口座開設を停止していたようですが、現在は再開したようです。

冷静に考えたら国内最大手2社(bitFlyerとコインチェック)が同時に
新規口座開設を長期間停止してるというのはかなりの異例事態だおね
株で例えたらSBI証券と楽天証券が同時に新規口座開設停止してるようなもんです
最大手の2社が新規口座開設を停止してるってことは下位の業者にとってはチャンス
確かに最近やたらGMOコインやDMM Bitcoinの広告をやたらネット上で見かけます。
(ブラウザのキャッシュを全てクリアしていても見かける頻度が高い)
後発の業者がチャンスと見て広告費を大きく投下してるってことなんでそね


bitFlyer 重要なお知らせ
当社は 2018 年 6 月 22 日、金融庁より業務改善命令を受けました。
経営陣以下社員一同は、いただいたご指摘を厳粛に受け止め、真摯に対応をしていく所存でございます。
適正なサービス運営態勢の構築およびご指摘事項の改善に全力を尽くすため、
現在新規のお客様によるアカウント作成を自主的に一時停止しております。

仮想通貨取引のGMOコイン
https://news.coin.z.com/2018/06/906/
プロ野球・千葉ロッテマリーンズのオフィシャルスポンサーに就任!
 〜2018年7月20日よりマリーンズ選手直筆サイン入りユニフォームが当たる!?
「GMOコイン口座開設キャンペーン」を実施〜 


ss2286234570 at 05:24|PermalinkComments(4)

2018年08月23日

メルカリ、東京都国立市で「メルチャリ」の実証実験を開始

メルカリ、東京都国立市で「メルチャリ」の実証実験
2018年08月22日 CNET Japan
メルカリは8月22日、同社が展開するシェアサイクルサービス「メルチャリ」において、東京都国立市で実証実験を開始すると発表した。メルチャリは、ユーザーと地域が参加型で運営するシェアサイクルサービス。リアルの場でのシェアリングエコノミー促進を目指し、2018年2月27日に福岡でサービスを開始した。専用のスマートフォンアプリ(iOS版のみ、Android版は近日公開予定)で自転車を解錠でき、乗りたいときにすぐ利用できる体験の提供を目指している。
同社によると、全国で4番目にコンパクトな自治体である東京都国立市は、緑の中に自転車道が整備され、多摩川沿いには川崎まで続くサイクリングロードを有する「自転車の似合うまち」だという。
0826










メルカリがシェアサイクルサービスの実証実験を開始するようです
最近この手のサービスはすごく増えてるので、ミクシィとかグリーとかLINE・DMMとか
そっち系のネット企業がやたら実証実験とかやってるとかいうニュースを目にします

ただしそもそも本業とは何の関係もないしあくまで単体事業でしかないので
他のサービスや本業とはまったく関係性がないってのが欠点だと思うんだおね(´・ω・`)
(DeNAが横浜限定でサービスをやるというならまだわかる)
たとえ小規模な成功を達成できたとしても他の事業と関係性がないので
総合的な会社としての強みに育成しにくいという大きな欠点がありますΣ(゚д゚;)
なによりこんなのを全国規模でやったらとんでもなく先行投資も費用もかさみます
今までネット企業としてやってきた企業がこの手のサービスに参入するのは
ハードルも高いし、しかもいろんな意味で不慣れで会社としての相性も悪いでそ
あえてシェアサイクル事業に参入するメリットなんて皆無な気がするんだおね(゚д゚)、ペッ

そんなことよりメルカリは本業のフリマ事業にこそ集中すべき時期でそ
ただでさえこれから市場や新しい株主から厳しい評価を受けてる最中なのに
成功してもメリットのない事業にあえて参入する意味がどこにあるのかわかりません
フリマ事業と相性の良いオンライン決済事業とか銀行業にもっと本気で参入して
そっちに資金を投下したほうが100倍メリットがあると思うんですけどね(´・ω・`)

ファンドや市場から大量の資金をゲットできたんで
あんまり何も考えずにニュース映えしそうな事業に適当に参入を繰り返しちゃう
それってベンチャー企業として完全にあかんやつなんじゃないでそか
そこに投じた莫大な資金と人件費を誰が負担してるのかわかってるんでそか(゚д゚)、ペッ




ss2286234570 at 05:49|PermalinkComments(0)

2018年06月26日

GMOコイン、相場悪化で1〜3月の仮想通貨事業が苦戦、今後は取引所サービスも

GMOコイン、相場悪化で1〜3月の仮想通貨事業が苦戦、今後は取引所サービスも
2018年04月25日
仮想通貨事業は、年明け以降の相場の悪化により自社で保有する持ち高の評価損が拡大し、「どんどん収益は悪くなっていった」(GMOフィナンシャルHDの鬼頭弘泰社長)。1〜3月期の収益は前四半期期比78%減の1億9300万円となった。また広告宣伝費などの仮想通貨事業のコストも増加し、仮想通貨セグメントの営業損益はマイナスとなった。
GMOコインを巡る課題について、業界内ではビットフライヤーが「ほぼ一人勝ちの状態」と分析する。だが後発だったFXでもシェアを伸ばした経験を上げ、「マーケットがまだ伸びており…シェアを伸ばしていけば、収益を伸ばしていける」と語った。シェア拡大に向け、サービス向上を進める考えだ。「貸仮想通貨」のサービスを開始したほか、板で注文が処理される「取引所サービス」を提供する予定としている。


GMOフィナンシャルホールディングス鬼頭社長に聞く、
フィンテックがもたらす未来の生活とは?
2018.05.11  FINANCIAL FIELD
今、我々が最も注力しているのは、FX・証券・仮想通貨の3つです。FXについては、機械学習の活用によってさらに収益性を高め、引き続きシェアアップを図っていきます。また、昨今、海外の法人企業からFX取引で世界シェアNo.1の流動性を持つ我々と取引をしたいとのご要望を多くいただくようになり、今年からは、新たに海外向けBtoB取引を始める予定です。
証券は、株式売買代金は一定の規模にまで成長したものの、商品ラインアップでは他社様に及ばないところがあるので、貸株サービスや一般信用の売り、スマホアプリの改善など、サービスを強化したいと思っています。仮想通貨交換事業は発展途上ですが、成長が見込める分野だと思っています。

ビットフライヤー、新規口座開設を一時停止
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32121660S8A620C1EA4000/
2018/6/22 20:25 日経電子版
金融庁の業務改善命令を受け、仮想通貨交換各社は内部管理体制の再構築に乗り出す。ビットフライヤー(東京・港)は新規の顧客による口座開設を一時停止するほか、QUOINE(東京・中央)は内部管理部門を中心に人材採用を増やす。顧客数や預かり資産の拡大に追いついていない経営体制の整備を急ぐ。ビットフライヤーは22日、実施が義務付けられている本人確認プロセスが一部の顧客に対して不備だったとのコメントを発表した。反社会勢力が紛れ込んだとみられる。改善命令を受け、一部顧客には本人確認書類の再提示を求めるほか、内部管理体制が整うまで新規の顧客による口座開設を自主的に一時停止する。
0621












クリック証券というより正確にいえばGMOフィナンシャルHDの話ですが
今後もFX(海外法人向けBtoB)と仮想通貨をメインにして投資していくようだおね
これまでは仮想通貨は全部相対取引しかやっていなかったようだけど
これからは「取引所サービス」の開始準備をすすめていると書いてありますφ(.. )

仮想通貨はボラティリティが激しすぎるんで相対取引は明らかに向いてません。
お客同士の注文をぶつけて約定させる板取引の方が向いてる商品だと思います。
実際に取引してるお客にしたらその方が取引コストが安くなるから嬉しいですからね
FXのような巨大な為替市場がないので当然といえば当然のことでそう

コインチェック亡き今、国内の仮想通貨業界は完全にbitFlyerの独占状態です
そのbitFlyerがかなり厳しく行政処分されて金融庁の監視下におかれます。
さすがに暴力団半グレにまで好き放題に口座開設させてたのはシャレになりません
むしろよくこの程度の甘い処分で済んでよかったなってところでそう(((( ;゚д゚)))
ただしかなり長い期間に渡って新規口座開設を停止に追い込まれたのも事実だおね。
その間、新規のお客はすべて他社に流れるわけなのでかなりの痛手でそう
後発のGMO、DMM、SBIにとってはまさに千載一遇大チャンスでそう(*´∀`*)ムフー

今回のbitFlyerに対する金融庁の処分内容やコメントを読んでみると
要は、仮想通貨業界の全体において管理部門の圧倒的な人材不足ってことだおね
内部管理体制がまったく整ってないしコンプライアンス部門が機能してないってこと。
むろんこれから新規参入してくる業者にも同程度の規制とルールが課せられますが、
ここまで人材不足ってことは新規参入業者はほぼ100%落第するんじゃないでそか

そりゃね、GMO・SBI・DMM・マネックスあたりは金融業のノウハウが十分あるし
過去に金融庁の検査を何度も受けてるんでノウハウも人材もそれなりにあるでそう。
GMO・DMM・マネックスあたりは金融部門だけで数百人の従業員がいるし
SBIにいたっては金融部門だけで数千人も従業員をかかえてるので非常に有利です

しかし新規参入予定を発表してるメルカリ・LINE・サイバーエージェント
ユナイテッド、OKウェイブ、マネーフォワードあたりは金融部門も人材もありません。
(サイバーエージェントは金融部門を丸ごとやフーに転売してしまいました)
ただでさえ仮想通貨の規制とルールが厳格化されて超厳しくなってしまうのに
そもそも金融事業での業務経験がある従業員が0人のこれらの会社が
最低100人以上の人材を確保して仮想通貨業界に参入することはまずムリでしょうφ(.. )

100社の新規参入業者がいたらつまり最低でも100人×100社で10,000人が必要です。
でも現状では最大手のbitFlyerですら人材不足で内部管理が機能してないんですよね
こんな状況でどうやって10,000人の人材を確保できるんでそうか
金融庁だって「金融事業での業務経験がある従業員が0人」の会社に対して
仮想通貨の登録を容認するわけにはいかないし、むしろ登録できる可能性0%でそ
そんな怪しい業者を新規参入させたなんてなると金融庁も叩かれます(´・ω・`)

すでにFXや証券事業をやってる大手ならなんとか内部で人材確保できるでしょう。
マネーパートナーズヒロセ通商は自前でなんとか出来るかもしれません。
証券部門をかかえてるMUFGみずほグループならそりゃなんとかできるでしょう。
でもそれ以外の金融部門と業務経験者を自前でもってない会社はまず100%ムリでそ
ここまで厳しく検査して処分しまくっている金融庁がそんなの許すわけないおね
そもそも新規参入予定の100〜150社のうち本当に人材を確保できそうなとこなんて
すでに金融部門を自前でもっていそうな10〜15社しかないと思うんだおねΣ(・ω・ノ)ノ

現状では外部から人材を確保するのは難しいってbitFlyerですら認めてるわけだし
内部から人材を確保できない会社はどう考えても新規参入の検査で100%落第でそ

大混戦模様の仮想通貨業界全覧——新規参入は「100社待ち」とも
0618


ss2286234570 at 00:07|PermalinkComments(2)

2018年06月01日

ネット証券、次の柱探る 手数料頼みに危機感

ネット証券、次の柱探る 手数料頼みに危機感
楽天系、IPO引き受け再開 SBIは対面で資産作り助言
2018/5/31付  日本経済新聞
インターネット証券が新たな収益の柱を育てようとしている。IPO(新規株式公開)の引き受けや仮想通貨の交換事業など成長分野に経営資源を投じる。株式売買の委託手数料の自由化から今年で20年目。競争激化で手数料率の低下が続くなか、個人の株式売買に依存した収益構造からの脱却を急ぐ。楽天証券はIPOの引受業務を10年ぶりに再開することを決めた。国内の新規上場数は年間80社前後に達し、個人マネーの流入が活発だ。楽天証券は再開にあたって、上場を目指す企業への営業や審査の部門を整備した。個人向け営業は対面営業が野村や大和証券、短期売買の個人はネット証券という従来のすみ分けが崩れ始めている。SBIや楽天では、対面で個人の資産形成を支援する独立系アドバイザー(IFA)事業が軌道に乗り始めた。SBIは傘下のSBIマネープラザが外部のIFAを雇い、IFA経由の資金が預かり資産全体に占める比率は18年3月期に初めて1割を超えた。楽天証券も前期の預かり資産の伸び率でIFA経由が33%に達した。
ネット証券が収益源を多様化するのは、個人の株売買による収入が先細る懸念があるためだ。米国では個人の株売買の手数料がすでに一部無料化されている。株取引の委託収入は株式相場の動向の影響を受けやすく、安定収益が期待しにくい。
こうした中で、ネット証券各社が新たに開拓するのが仮想通貨ビジネスだ。マネックスグループは4月に交換業者のコインチェックの買収を完了した。金融庁の正式な登録を経て、交換業を本格展開する。
GMOフィナンシャルホールディングスは傘下に登録業者のGMOコインを持つ。鬼頭弘泰社長は「2、3年以内にグループ全体の収益の半分をGMOコインで稼げるよう育てたい」とする。横並びが続いてきたネット証券だが、「各社のビジネスモデルに差がでてきた」(楽天証券の楠雄治社長)。今後は事業の多角化で成長の果実を手にできるかが勝者の条件となる。
0506













楽天トレード、開業1年で口座開設1.2万件
マレーシアでネット証券を手掛けるラクテン・トレード(楽天トレード)は21日、開業から1年を迎え、同日時点で口座開設数が1万2,500件に達したと発表した。楽天証券(東京都世田谷区)の楠雄治社長はNNAの単独インタビューに応じ、「40歳未満の若年層がけん引し、想定以上の結果となった」と語った。マレーシアでは身近な商慣行で、現金の受け渡しなしに株式を短期間で売買できる「コントラ取引」を近く導入する計画を明らかにし、成長の起爆剤になるとの見方を示した。

相場を見てるとアベノミクスもそろそろ終了して冬がきそうな感じだおね
今年に入ってからは株価が上ってもあまり大きく個人が買ってる様子はないし
なにより資金も短期だし、足が速い資金に限られてる感じがしますφ(.. )
SBI証券なんかは明らかに株よりも投信事業に本気で取り組んでるようですね

SBIグループは国内で稼ぎつつも最近はアジア各国で証券や銀行の設立を進めています
日本国内は長期的にみて人口減少と経済衰退することがハッキリしてるので
アジアへの投資を増やして海外で稼ぐビジネスモデルに脱却してる最中ですΣ(・ω・ノ)ノ

楽天証券も証券事業の拡大という雰囲気はなく、IFA経由の預かり資産増大を図ったり
FXのサービス強化を図ったり、海外(マレーシア)での展開を急いでいます

マネックスは株はもう置いといて、これからは仮想通貨に全力投資していくでしょう
国内仮想通貨交換業も6月中には再開のめどもついたと書いてあったし
さらに来年以降はアメリカでの仮想通貨事業展開を予定してるようですにょ(σ´∀`)σ
もともとアメリカ証券子会社を持ってるので、アメリカ国内での事業展開は有利です。
なによりアメリカ国内に英語をしゃべれるエンジニアを多く抱えてる点が特に有利でそ

GMOFG(フィナンシャルグループ)はなんといってもFXのレバレッジ規制中止が大きな材料でそ
GMOあおぞらネット銀行を2018年7月に開業予定と書いてありました
もともと株には興味が薄い会社だしこちらも仮想通貨に全力投資のようだおね。
SBIの成功のマネをしてるのかフィンテック分野へのファンドへの出資も始めたようです

特にこれから一番重要なのはネット銀行との連携でそう。
株価が下落して厳寒期が来ても、銀行と連携してれば新しい資金が入ってくるからです
いわば篭城戦の補給路みたいなもんだからこれがないと補給を絶たれて衰退するだけ
マネックスもコインチェックを上場させた資金でネット銀行を作るなり
ソニー銀行あたりに出資してシステム連携するなりした方が絶対にいいでそうφ(.. )

カブドットコムは三菱UFJ銀行とシステム連携強化をしっかりしてるので
メガバンクやじぶん銀行からのお客資金の流入が可能な仕組みになっています
とくにメガバンクがバックにいるので資金量としては申し分ないでそう(´∀`*)

これから一番厳しいのはダントツで松井証券ではないでしょうか(´・ω・`)
証券事業以外に投資もしてないので、そこがダウンすると業績を直撃するからです
これから日本が2050年まで人口減少と経済停滞にまき込まれると考えると
これに対して何の手も打たずに先行投資してこなかったのは決定的な戦略ミスでそ
判断するのも行動するのも常に他社より遅いのでそこが非常によくないおね。

創業100周年記念で100億円の配当をするようだけどあれも資金のムダですよね
2013年から5年連続で莫大な利益を稼いで多額の税金を払ってるけどあれもムダ。
毎年100億円ずつ新しい事業に投資しておくとか、海外投資に回しておくべきでした。
300〜500億円あれば容易にネット銀行を設立できたのにあまりに大きな判断ミス

かつて証券業界の革新の旗手として期待されていたのは今はもう昔の話
輝きを完全に失ってもはや変化を最も嫌うネット証券になってしまいました
LINE証券などこれからさらに新規参入が激しくなり競争激化が起こりやすい中で
先行投資を極力をせず変化を嫌う経営をしてきたことが致命的ミスになりそう(´・ω・`)
なんていうか変化を嫌って昼寝してるだけの古老って印象しかないおね。。


2018年03月29日
LINE、野村HDと「LINE証券」設立へ

2018年03月18日
DMM.com証券が4/4から証券サービスを開始

2018年02月12日
LINEが金融子会社を設立。仮想通貨にも参入へ

2018年01月18日
LINE、アプリで資産運用 ネット証券「フォリオ」に出資


ss2286234570 at 10:47|PermalinkComments(0)

2018年05月01日

SBI、タイのネット証券を完全子会社化

SBI、タイのネット証券を完全子会社化
2018/04/30(月)
SBIホールディングスは27日、タイ企業と合弁で展開していたインターネット専業証券会社のSBIタイオンライン証券を完全子会社化したと発表した。これを機に、より革新的で顧客便益の高い商品・サービスの提供を目指す。合弁パートナーだったフィナンシア・サイラス証券から20.51%の全保有株を譲り受け、SBIグループによる出資比率を99.99%に引き上げた。
フィナンシア・サイラス証券によると、譲渡額は1億1,764万バーツ(約4億1,000万円)。同社は今回の売却代金を運転資金に充てる。SBIタイオンライン証券は2014年10月設立。タイ初のネット専業証券会社として、株取引やデリバティブ取引などのサービスを提供している。資本金は8億220万バーツ。

かなり前からSBIはタイのネット証券子会社の持ち株比率を上げてたけど
ついにSBIがタイの証券子会社を完全子会社にしたようです
SBIはかなり前からタイに折半で出資してネット証券を設立して運営してますが
2017年末からGMO(GMOフィナンシャルHD)もタイに子会社ネット証券を作って
その両社の競争がこれからさらに激しさを増すだろうっていう時点だお。

SBIとしては経営判断のスピード化と子会社のハンドリングを上げるためにも
完全子会社にしてタイでの競争力を上げて行こうってことなんでそねφ(.. )
GMOの開示資料を読むとタイのネット証券子会社は信用取引を強化した
なんてことが書いてあったので、タイの株式市場の現物取引ではなく
タイの株式市場にあわせた信用取引システムを構築したみたいな感じでそね
(海外で信用取引システム作るとかほとんど聞いたことはないですが)
おそらくSBIも現地で同じように信用取引を強化したいのかもしれませんΣ(・ω・ノ)ノ
そのためにも完全子会社化してサービスの一点集中強化をしたいんでそ
おそらくお互いにサービスや商品のパクリ合いみたいになるんで
最終的には日本国内のネット証券みたいになるんじゃないでしょうか(`・ω・´)

国内のネット証券に飽き足らず、わざわざ子会社作ってまでFXでも対立してる両社。
香港でもFX子会社を作って対立試合ってる間柄だおねφ(.. )
すでに海外のタイも同じように正面からぶつかり合って競合し合いう間柄。
おそらく2018年からはネット銀行(GMOがネット銀行に参入)でも
仮想通貨(2018年夏にもSBIが仮想通貨に参入)の分野でも対立しあうでしょう
さらにいうと楽天証券もすでにマレーシアや香港に進出して争ってる間柄です。
SBI、楽天、GMOはすでにアジア数カ国でぶつかり合ってる競合関係だけど、
おそらく今後10〜20年間でアジア各国のほぼ全域でネット証券を設立しあって
全面戦争を長いことやって行くことにになると予想されますΣ(・ω・ノ)ノ

これはなにもネット証券に限った話ではありません
大手証券大手銀行大手生保もまったく同じようなことをしています
自動車会社なんかはすでにアジアに限らず世界各国で全面戦争やっていますが、
これからは少子高齢化でいよいよ国内で稼げなくなってきた金融機関が
国内で稼いだ資本をアジア全域に投下するのはほぼ間違いないので
アジアの全域で全面戦争を繰り広げることになるでそね。
その中でも一番メインの戦場になる可能性があるとしたらおそらく中国になるでそ


不倶戴天
同じ天の下には一緒にはいない、同じ天の下には生かしておかない意で、それほど恨みや憎しみの深いこと。


2018年01月06日
三菱UFJ銀、インドネシア銀買収 邦銀最大7000億円で

2017年11月02日
GMO、10月からタイでネット証券開始 日系で初の全額出資

2017年08月05日
タイのインターネット専業証券、SBIが出資比率を79%に引き上げ

2017年05月29日
楽天証券 マレーシアでネット証券を開業
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2017-05-29.html

2015年06月13日
不倶戴天の関係 SBI証券 vs 楽天証券 vs GMOクリック

2014年02月08日
証券各社がアジアへ進出 SBI証券はインドネシアと中国へ


ss2286234570 at 05:51|PermalinkComments(0)

2017年10月21日

新ネット証券「FOLIO(フォリオ)」いきなりSBI証券に潰される

2017年2月初めにFinTech(フィンテック)関係者が驚愕する報道があった。ゴールドマン・サックスやバークレイズ証券で債券トレーダーだった甲斐真一郎氏がベンチャーキャピタルなどから18億円を調達し、業界としては10年ぶりにネット証券に新規参入するというのだ。
――素朴な疑問なのですが、テーマ投資に大きな需要があるのでしょうか。
甲斐:はい。相当強いと思います。たとえば、日本の大手運用会社が提供するロボティクスファンドやAIファンドには、純資産が1,000億円を超えるものがいくつもあります。中には3,000億円を超えているものもあります。以前ほどではないですが、投資信託も常に新規設定はあります。
ただ、比較的短期間に数百億円を集めるのは難しくなってきています。特に、最近の投資信託は信託報酬の安いインデックスファンドに注目が集まりやすいですからね。
とはいえ、そうしたことを考えても先にお話したテーマによる投資信託の純資産規模を見れば、投資家の熱量が高いことが分かります。それに、定性的な話ですが、株式投資に関する雑誌の特集にはテーマに関するものが非常に多いですよね。これもテーマ投資のニーズを示す一つの証左だと言えるのではないでしょうか。
当社の場合、テーマの品揃えが多いだけではなく、ポートフォリオに含まれる10銘柄も上級者向けに購入比率を変えられるようにしています。したがって、テーマだけではなく、個別の銘柄に思い入れがある場合にはその銘柄の成長も楽しんでいただくことができます。
0310












SBI証券、少額テーマ投資サービス「S株Now!」の提供開始のお知らせ
平成29年9月25日
SBI証券は、2017年9月30日(土)より、単元未満株(S株)による少額テーマ投資サービス「S株Now!」を開始することとなりましたのでお知らせいたします。
「S株Now!」は、「人工知能(AI)」、「自動運転車」、「ヘルスケア(健康)」といった旬のテーマを選ぶだけで、複数の企業に簡単に投資ができる新感覚の株式投資サービスです。流行りのテーマから、息の長いロングランテーマまで幅広い30のテーマを用意しており、テーマごとに、「みんかぶグループ(エムサーフ社)」による独自の分析に基づいて作成したポートフォリオ(有望企業10社への分散投資)を提案いたします。

最近一番驚いたのはSBI証券のこのテーマ投資サービス「S株Now!」です
サービスの内容自体はぶっちゃけどうでもいいんだけど
超露骨にテーマ投資サービスとか少額投資サービスの強化をしたからですΣ(・ω・ノ)ノ
半年ほど前に「FOLIO(フォリオ)」っていう会社がネット証券参入を発表しました
すでに半年たってるけどまだ開業や口座開設はできないようです
ちなみに今回SBI証券がサービス開始した少額からのテーマ投資サービスこそが
もうすぐ新規参入する「FOLIO(フォリオ)」のサービスそのものだったからです
いつどのタイミングでFOLIO(フォリオ)のサービスを嗅ぎつけたのかは判らないけど
少なくともFOLIO(フォリオ)よりSBI証券の方が先行サービス開始してしまいました

もしFOLIO(フォリオ)が遅れて開業した同じようなサービスを開始したとしても
今度はSBI証券が動揺のサービスで手数料を大きく下げてしまえば
資本力のないFOLIO(フォリオ)としてはまったく太刀打ちできなくなります(´・ω・`)
SBI証券の方が圧倒的に資金力があるので派手に広告宣伝して潰すことも可能でそ

ここまで露骨にライバル(になりそうな可能性のある)会社を潰しに行くのもスゴイ
相手が小さい会社であったとしても可能性を感じた瞬間に
情けも容赦もまったくなく、叩き潰しに行くのがSBIグループの特徴だおね
ついでに少額投資サービスしかやってない「One Tap BUY」までも
いっぺんにまとめて潰しにいくという恐ろしくエゲツナイ戦略やってるおね(((( ;゚д゚)))
FOLIO(フォリオ)と「One Tap BUY」の2社はすでに詰んだ感じだお
FOLIO社長の甲斐さんはSBIの北尾さんの恐ろしさを身をもって知ってるとこでそう。
ライブドアの堀江さんも情け容赦なく叩き潰した人ですからね。
あのエグイやり方をちょっと舐めてたというか脇が甘かったってことでそう
自分たちの戦略やサービスをペラペラしゃべって相手に知られるとかダメすぎだお

2017年03月09日
2月 ネット証券比較

2017年02月21日
スマホ証券「One Tap BUY」が日本株も取扱開始へ→オワコン終了

2016年07月23日
スマホ証券「One Tap BUY」は期待はずれもいいとこ


ss2286234570 at 06:09|PermalinkComments(2)

2017年09月09日

GMOインターネットとDMMがビットコインマイニング事業に参入

GMO、34億円を投じてビットコインのマイニング事業参入、北欧に「次世代マイニングセンター」設置。2018年上期中に事業開始する予定
2017年9月8日 06:00
GMOインターネット株式会社は7日、仮想通貨のマイニング事業への参入を発表した。2018年上半期をめどに、北欧に「次世代マイニングセンター」を設置。その後、時期は未定だが、「クラウドマイニング事業」も展開する予定だ。クラウドマイニング事業では、個人・事業者が手軽にマイニングに参入できるサービスを提供。具体的には、次世代マイニングセンターの設備資金をユーザーから調達し、その収益を配分するもので、マイニングに成功して報酬のビットコインが得られた場合に参画ユーザーに分配する。また、マイニングされたビットコインをはじめとする仮想通貨を、グループ会社で仮想通貨交換業登録申請中であるGMOコイン株式会社に供給する予定だ。

GMOに続きDMMも仮想通貨マイニング事業に参入
「DMMマイニングファーム」を10月開始
2017年9月08日
昨日GMOが仮想通貨の採掘(マイニング)事業に参入すると発表し話題となったが、DMMもこのビジネスに取り組むようだ。DMMは9月7日、仮想通貨のマイニング事業「DMMマイニングファーム」の運営を10月より開始すると明らかにした。DMMは9月8日に仮想通貨事業部を発足。10月よりマイニングファームのトライアルを実施し、年内には「DMM POOL」を全世界に公開する予定だ。2018年度中にはトップ10に入る規模の、そして将来的には世界のトップ3に入る規模での運営を計画しているという。
0909







.

GMOがビットコインのマイニング事業に新規参入すると発表して話題になったのが一昨日。
そしてその翌日にはDMMも同じ事業に新規参入すると発表しました
この2社はFX事業でも世界シェア1位と2位の会社だおね
両社ともスプレッド競争でいつも火花を散らして争ってる企業グループですが
今度はビットコインのマイニング事業でも本格的に争うようですΣ(・ω・ノ)ノ
ここまで何でもかんでもぶつかり合って競合するのってかなり珍しいおね。
まるでSBIと楽天を彷彿させるような激しい戦いをいつも繰り広げています

さて、両社の発表した内容を読んでみましたがGMOのほうがかなり本格的な内容でした。
投資金額も明示してる手のもあるけど、どこの国で設立するだとかその詳細だけでなく
マイニングに関わる3つの事業を手がけるということが書いてありました

いずれは同規模の事業で争うことになるのかもしれないけど
どっちかと言えばDMMの方はお試し参入という程度にしか見えないし
GMOはガチ参入という規模感が最初からあるようなきがしますφ(.. )
(投資金額や事業内容もかなり細かく書いてあるしね)
ただ世界レベルで競争が非常に激しい事業であるだけに安易に考えるべきじゃないでそ
そもそもサーバー事業を営んでるGMOの方が有利であるのは事実だけど
投資金額が膨らめば損失金額も膨らみやすいとも言えるわけだし
電力を大量に使用する事業なんで金もかかるし、中国のライバルも強いですし。

ただ一ついえることはGMOにしろDMMにしろ投資に積極性があるのは評価できます
日本の企業って既存事業にはすごく真面目に投資するけど幅を広げる意識が弱い
アマゾンにしろGEにしろ10年経ったら10年前とは別会社に変身してるけど
激しい世の中の変化に対応するために変化を躊躇しない日本企業は非常に少ないおね
例えばトヨタだったら自動車製造と販売だけどそれ以外の可能性はほぼ0%
でももし自動車の自動運転が20年後に標準化されたらソフトを牛耳るGoogleの圧勝
世界中の自動車会社がただ箱を作るだけのGoogleの下請け会社に転落するわけです
今回のビットコインマイニング事業に関わらず
仮想通貨全般的にいえば将来の可能性はものすごく大きく期待値の多い産業です
その分野に先駆けて投資を惜しまないのは長い目で見れば間違ってはないでそ。
同様にRipple(リップル)に投資してるSBIも非常に良い判断だと考えます
どちらかというと国際送金としての価値があるRippleの方が実需がありそうですけど。

ss2286234570 at 04:25|PermalinkComments(0)

2017年09月01日

8月からFX業者のスプレッド縮小競争が再加熱

クリック証券 ユーロ/円0.5銭など、11通貨ペアの通常スプレッドを縮小
GMOインターネットグループのGMOクリック証券株式会社(は、2017年 8月 1日(火)午前 6時のお取引より、FX ネオ取引におけるユーロ/円など11通貨ペアの通常スプレッドを縮小いたしますので、お知らせいたします。
0902











DMMFX DMMバヌーシー 開始記念スプレッド縮小キャンペーン
このたび、2017年8月2日(水)午前6時より、『DMMバヌーシー 開始記念 スプレッド縮小キャンペーン』を開催することとなりましたので、ご報告申し上げます。人気通貨ペアの[ユーロ円]原則固定0.5銭をはじめ、11通貨ペアの基準スプレッドをさらに縮小して、ご提供いたします。

7月末ごろからまたまたFX業者のスプレッド競争が激しさをましてる様子
まずはGMOクリック証券7月31日にスプレッド縮小を発表して先行し
その翌日にはDMMFXがまったく同じスプレッドを提供すると発表。
絶対に差をつけられたくないという気迫を感じられるタイミングでした
両社で唯一違うのはクリック証券は通常スプレッド引き下げであることと
DMMFXは10/31までの期間限定スプレッドの引き下げであること

そしてその10日後に遅れてYJFX(旧サイバーエージェントFX)も後追いして
なんていうか話題が過ぎ去った後で後出しで対応ってのはかなりの悪手だおね。
どうせやるなら10日前に発表しておくべきだったのである意味失敗でそう(´・ω・`)
スプレッド縮小して利益率が低下したのに新規のお客や取引が増えなかったら
単純に利益額が減るだけなんで後出しでやればやるほど効果は下がるからです

その一番悪い例の最たるものがマネーパートナーズ(´・ω・`)
以前はスプレッド縮小競争に一線を画して参加しない方針だったけど
2017年5月から方針を替えてスプレッド縮小競争に参加しました
それ自体は悪いわけじゃないけど周回遅れで後から参加したのは大失敗でそ
第一4半期(2017年4〜6月)の業績値が猛烈に悪化してるようだし
しかもスプレッドを5月から大幅縮小したにもかかわらず
前年比で見ると取引の伸びもさっぱりでただの横ばいもしくは減少しています
スプレッドを大幅に縮小して利益率が悪化したのに取引が増えなかったので
めちゃくちゃ利益が悪化しています赤字転落の可能性だってありえるでそう(´・ω・`)
苦しくなって赤字転落してまた元のスプレッドに戻しちゃう可能性もありえる話だお。
たぶんこの殴られてる人がマネーパートナーズだってことなんでそ

お客様への還元効果2.5億円!? マネパ攻勢宣言!
マネーパートナーズは、5/10に行った「米ドル/円」「豪ドル/円」のスプレッド縮小を皮切りに、FX市場に対し攻めの姿勢を示しました。6/21には親会社の上場10周年に際し、「史上最大の大還元祭」と銘打った一大キャンペーンを展開。今や人気通貨ペアは業界最狭水準のスプレッドを提供するに至っています。
0905










GMOクリックホールディングス(7177) 724円 +5円 (+0.7%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7177
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=7177.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
8月は月初から新興市場の地合いが悪かったってのもあるだろうけど
スプレッド縮小したクリック証券親会社の株価は8月あたまからダラダラ下げ
スプ縮小で利益率が低下することを懸念する売り圧が多かったことを感じます


ss2286234570 at 04:51|PermalinkComments(0)

2017年08月03日

2018年はネット銀行の競争がさらに激化

ヤフー、ジャパンネット銀行を連結子会社化
2017/08/01 日経SYSTEMS
ヤフーは2017年8月1日、ジャパンネット銀行の連結子会社にすると発表した。ヤフーとともにジャパンネット銀行の大株主である三井住友銀行との2者間で決議した。今後、ほかの株主への説明や関係当局の認可を得たうえで、10月初旬に実施するジャパンネット銀行の株主総会で連結子会社化を実施する。
この変更に伴い、ジャパンネット銀行の取締役の過半数をヤフーから派遣する。現在のジャパンネット銀行の取締役はヤフーと三井住友銀行が各3人、ほかの株主が1人だった。変更後はヤフーから派遣する取締役の数を5人に増やす。持株比率はヤフー41.16%、三井住友銀行41.16%の同率で変わらない。

GMO熊谷社長「仮想通貨事業に着実な手応えを感じている」
新ネット銀行は2018年に開業予定
0047















ヤフーがついに金融業への参戦と事業拡大を本気でやりそうだお
ヤフーの社長が交代した3年くらい前から金融業の強化
はっきり宣言していたので、ようやくここにきて本腰入れるようですφ(.. )
今回の件でジャパンネット銀行の取締役会の過半数をヤフーが占めました
これはつまりほぼ全ての議決案件においてヤフーの意見が最優先されることを意味します。
もしかしたら数ヵ月後にはヤフー銀行に社名変更しててもおかしくはないでそう
はっきりいってジャパンネット銀行という行名は非常によくないと思います。
行名を見た瞬間に老若男女の誰もが「ヤフーの銀行だとわからないと
ブランディングとか信用度がいつまでたっても上らないと思うんだおね(´・ω・`)

これまでは何をするにも多数の株主への根回しに無駄な時間を削られ
何か大きなことを仕掛けようにも常に三井住友銀行との意見調整対立があり
ジャパンネット銀行はアクセルを踏み込めない経営を強いられてきました
これまでず〜〜〜〜っと刺さっていた喉の魚の骨がようやく抜けたってことでそ
本当はヤフーが100%子会社にしたいんだろうけど最低限は達成でしょう。
おそらくここから2〜3年で怒涛の変化を見せるんじゃないでしょうか
(社長や取締役の顔ぶれもほとんど変わる可能性が高いでそう)

ヤフーは金融事業強化を大きく掲げてるので銀行だけのわけがありません
すでに元サイバーエージェントFXを買収・子会社化してYJFXとしてることから
当然次は間違いなくネット証券の買収に走ると予想しています
考えられるとしたらマネックスやライブスター証券あたりでそか
岡三オンライン証券は赤字が多すぎてあまり買う価値がない気がするお

そしてこれまたあおぞら銀行とGMOインターネットが出資しあって作る
新ネット銀行が2018年の4〜6月に開業予定だと発表しましたΣ(・ω・ノ)ノ
そもそもGMOクリック証券自身が手数料値下げと低いスプレッドで伸し上った会社なので
新ネット銀行も安売り攻勢金利が高い定期預金の路線になるんでそ、どうせ。
結果的に2018年はネット銀行の競争が超激化すると思うんだおね
競争力が低いソニー銀行あたりが一番とばっちり受ける気がするお(´;ω;`)


ss2286234570 at 03:54|PermalinkComments(3)