yogurting ヨーグルティング

新サービス

2020年04月24日

GMOコイン、アルト3銘柄を仮想通貨FXに追加

GMOコイン、アルト3銘柄を仮想通貨FXに追加
2020/04/22 17:57
GMOコインは22日、仮想通貨(暗号資産)FXサービスで新たにアルトコイン3銘柄の取扱い開始を発表した。新たに追加した銘柄は、ネム(XEM)、ステラルーメン(XLM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)で、日本円建ての取引を本日22日から開始する。
これまで、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)が取扱い銘柄になっていたが、新たに3銘柄を追加することで、計8銘柄の取引を提供する。
今回FXサービスで追加した3銘柄も新たに採用したアルトコインだ。販売所形式では、昨年12月にNEM(ネム)とXLM(ステラルーメン)を。BAT(ベーシックアテンショントークン)は、今年3月に取扱いを開始したばかりだ。
8銘柄










コインチェック、Qtumの取扱いを3月12日に開始
2020.03.06
コインチェック株式会社は、2020年3月12日にQtum(QTUM)の取扱いを開始いたしますことをお知らせいたします。Qtumは現在、国内の仮想通貨交換業者において取扱いがなく、当社が国内初の取扱いとなる予定です。



最初タイトル読んでどういう意味なのかな〜って思ったら
ネム(XEM)、ステラルーメン(XLM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)
の3通貨でFX取引(証拠金取引)を開始したって意味っぽいですねφ(.. )
最近はビットコインより値幅が大きいアルトコインの人気が高いようで
仮想通貨業者もアルトコインの新規追加やサービス強化を争っているようです。

ものすごく分かりやすく言うと、個人投資家が値動きの小さい大型銘柄より
値動きが大きくてボラティリティが高い新興株の取引を好むようになったので
ネット証券各社が新興市場銘柄の信用取引を強化してるようなもの
マネックス子会社のコインチェックのニュースを読んでると、
ここ数年はアルトコインの銘柄の追加に血道をあげてるのがよくわかりますφ(.. )
ビットコインよりボラが高くて利幅が大きいってことなんでしょう。たぶん

今年に入ってからは株はかなり積極的に売買することが多いですけど
仮想通貨は1回も売買してないし、ログインしてすらないですおね
3/12〜3/13にビットコインが80万➡40万円暴落したってニュースは知ってるけど
さすがにあんなのみたらちょっとさわる気になれないというか(´・ω・`)
そもそも妥当な価格ってのがわからないからただの博打トレードになってしまう。
それなら業績いいのに売られた株を買う方が正しい判断になってしまうもんね

GMOフィナンシャルFD(7177) 528円 −1円 (−0.19%)

マネックス(8698) 200円 −10円 (−4.76%)
あらためて株価見てるとマネックスってものすごい株価下げてますねΣ(・ω・ノ)ノ
リーマンショックとか東北大震災の時の最安値が105円あたりだったので
3月の最安値147円はけっこうな下げといえるでしょう
2月に売りで持ってたけどもっと早めに買い戻したから下げっぷりに驚いたお
1月から3月まででいきなり時価総額が半額になるとか思ってなかったし。
リーマンショックの最盛期と同じかそれより早く下げてたしね(´・ω・`)


ss2286234570 at 07:09|PermalinkComments(0)

2020年02月11日

コメダ珈琲店、GODIVA監修ショコラノワールがほとんど放送事故!

コメダがGODIVAとコラボした「ショコラノワール」がヤバい 
2020年2月7日から全国のコメダ珈琲店にて販売が開始された、ゴディバとのコラボメニュー。通常のシロノワールに代わって登場した「ショコラノワール」をはじめ、どれもゴディバのシェフ監修によるチョコレートソフトクリームをたっぷり使用しているのが特徴だ。バニラソフトの提供を休止してのチョコ責めである。コメダも自信があるのだろう。気になるではないか。ということで、さっそく店舗におもむいて食べてきたぞ!

コメダ珈琲店にゴディバ監修「ショコラノワール」
“濃厚かつ高貴なカカオの風味”のチョコソフト使用シロノワール
2020年2月6日 食品産業新聞
喫茶店チェーン「コメダ珈琲店」は2月7日、高級チョコレート専門店「GODIVA(ゴディバ)」とのコラボレーション企画として、「ショコラノワール」などチョコレートソフトクリームを使用したメニュー計8品を全国の店舗で発売する。数量限定で、なくなり次第終了。
0211o1080108014709580970

















個人的にもコメダ喫茶の株券買ったきかっけでお店にはよく行くんですよ(´∀`*)
コーヒーと軽く食べる気分で行くには本当に良い店だと思います
友達との待ち合わせ場所にするなら絶対にスタバよりコメダがおすすめ

よくスタバにいそうなMacのパソコン持ち込んでパチパチうるさいリーマンもいないし
ゆっくり新聞読みながらコーヒー飲んで食事もできちゃうし
ソファーも大きくて座りやすいし、スタバみたいな固いイスじゃないし最高
バニラのシロノワールも美味しいのでたまに食べています。

しかしそのバニラをチョコにしただけでかなり放送事故なフェイスに早変わり
まあたしかに左の写真はかなり意図的にやってるっぽいのだけど
右の写真くらいに溶けてきたらどっちみちかなりヤバめのフェイスになってしまう
バニラの時はそう違和感のある色ではなかったんだけど
GODIVAのチョコの黒が茶色になっただけでかなり危険なビジュアルになってしまいます。
なんていうか、まさに野〇ソな感じがプンプン香ってくるおね(((( ;゚д゚)))

そもそもの色がアレなだけに、溶けだしてしまうと手におえない感じ
デート中にこんなの頼んだら机の上があっというまに地獄絵図に早変わりです。
このビジュアルをテーブルの上に置く行為はもはや反社会的とすらいえるでしょう
みなさんもぜひ売り切れる前に反社会的デザートを楽しんでいただきたいですね。

コメダホールディングス(3543) 2,208円 −5円 (−0.23%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3543
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3543.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

ss2286234570 at 06:25|PermalinkComments(0)

2019年07月05日

GMOクリック証券、株価指数バイナリーオプション(株BO)始める

GMOクリック証券 新商品「株価指数バイナリーオプション」取り扱い開始のお知らせ
GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社で、金融商品取引業を営むGMOクリック証券株式会社は、4月15日(月)より、当社の株価指数CFDを原資産とする「株価指数バイナリーオプション」の取り扱いを開始いたします。 
「株価指数バイナリーオプション」の取引開始に先駆け、本日、4月1日(月)から『デモ取引』の提供を開始いたしました。『デモ取引』では、「株価指数バイナリーオプション」の取引システムを無料でお試しいただけます。登録やログインを行うことなく、操作方法をはじめ、本物に近いレート・環境でのお取引を体験することができますので、是非ご利用ください。
0504










GMOクリック証券が株価指数バイナリーオプション(通称:株BO)を開発したようです。
実はこのニュースを読んでけっこう驚いたんですよねΣ(゚д゚;)
理由は二つあって、基本的に金融機関って自社で金融商品を組成ってしないんですよね。
国内の銀行だって証券だって実際は他社が開発・運用してる商品を販売してるだけだお
株だって先物だって投資信託だって社債だって各種ETFだって全部そうですよね。
(FXだけは銀行や証券もほとんど自社システムで自社運用で商品を販売してる)
GMOクリック証券みたいに自社で商品開発してるのってものすごく珍しいわけですφ(.. )
FX、CFD、バイナリーオプション、仮想通貨このあたりすべて自社開発の商品だおね

もう一つ驚いたのは、ここにきてさらに独自路線を進めることをやったからです
てっきり他のネット証券のマネをしてiDeCoとか夜間PTSやると予想してたら
それとはまったく逆の自社商品開発という独自路線強化をやったからですΣ(・ω・ノ)ノ
前にもGMOクリック証券は自動車業界におけるスズキと同じ戦略だと書きましたが
まさにそのスズキと同じ独自路線を強化する方針のようです。
大手ネット証券と重複するビジネスに参入していくレッドオーシャン狙いではなく
大手との対立を避けるブルーオーシャン戦略を徹底してんだおねφ(.. )

例えばにたような中小ネット証券の岡三オンラインとはまったく別の路線ですよね。
岡三オンラインは『ReBorn』計画ってのを約2年前にたてました。
その内容はとにかく他のネット証券のマネをしてサービスをコピペしていく内容でした。
IPO投資信託を強化するとか、システムトレードiDeCoNISAを強化しますとか
外国株や外国債券や国内債券の取り扱いを検討していくとか
計画の内容ってようはSBI証券や楽天証券の後追いをやっていくっていう戦略です。

前にも同じようなこと書いたけどφ(.. )
でもこれって企業の戦略的には絶対にやっちゃいけないことなんだおね(´・ω・`)
後発の弱小企業が大手のビジネスをそのまままねて後追いをやったとしても
規模のメリットがないから強みを生かせないし、なにより大手と正面衝突するからです。
弱小企業がさらなるレッドオーシャンに飛び込むのは勇気じゃなくて自殺だおね
この2社の違いってやっぱり戦略が上手いと稚拙の差だと思うんですよねφ(.. )
岡三オンライン証券って戦略性が皆無っていうか、基本をすべて無視してんだおね

もし本気で会社を立て直したいなら大手ネット証券との真っ向勝負は避けるべきでそ
さらに言えば証券事業にあまり拘りすぎるのも今すぐ辞めた方がいい。
できるだけSBI証券や楽天証券と重複しないビジネスに特化していく戦略にして
さらにヒロセ通商あたりを買収してまずは黒字転換を確保すべきじゃないでそか
PayPayみたいに何百億でもソフトバンク経由で資本支援してもらえるならともかく
財務が弱くて資金力が劣るのにレッドオーシャンに飛び込むのはリスク高すぎだおね

GMOフィナンシャルFD(7177) 619円 −3円 (−0.48%)

2019年06月28日
岡三オンライン証券 赤字縮小でも開業して黒字は1回、赤字は12回

2018年06月29日
岡三オンライン証券が赤字拡大!開業して黒字は1回、赤字は11回
2017年04月30日
岡三オンライン証券、『ReBorn』計画で復活を計る
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2017-04-30.html


ss2286234570 at 06:28|PermalinkComments(1)

2019年02月25日

SBI証券ついに3月23日からOCO注文、IFD注文、IFDOCO注文に対応

国内株式取引の注文方法 大幅拡充のお知らせ
〜特殊注文として「OCO注文」、「IFD注文」、「IFDOCO注文」をリリース〜
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control
株式会社SBI証券は、2019年3月23日(土)[予定]より、国内株式取引における注文方法を大幅に拡充し、特殊注文として「OCO注文」、「IFD注文」、「IFDOCO注文」を追加することとなりましたので、お知らせいたします。また、期間指定注文において「今週中」の項目を追加し、週末を指定した注文が可能となります。
  特殊注文として「OCO注文」、「IFD注文」、「IFDOCO注文」を追加
「OCO注文」・・・指値と逆指値を同時に設定して注文
「IFD注文」・・・買い注文と売り注文を同時に発注
(信用取引の場合、新規建注文と同時に同じ銘柄の返済注文の発注)
「IFDOCO注文」・・・買い注文の発注とともに、売り注文を指値と逆指値の2つの指値で同時に注文
(信用取引の場合、新規建注文を発注後、同時に同じ銘柄の2つの返済注文の発注)
期間指定注文において「今週中」の項目を追加し、週末を指定した注文が可能に 

やっとというかようやくSBI証券が国内株式取引の特殊注文に対応するようですΣ(゚д゚;)
っていうか今気が付いたんだけど、SBI証券て週中注文もなかったんですね
むしろ今までよくそんな不便な状態で客が文句言わなかったなと感心しました。
個人的には株式では、特殊注文よりは注文期間が長い方が便利な気がするんですよね
取引時間が株の3〜4倍ある先物取引だったらOCO注文とかIFD注文とか使うけど
取引時間が6時間しかない株ではそんな使うシーンは多くない気がするので

SBI証券がこれまで特殊注文に対応してこなかった理由はおそらく
お客数が多いんであまりに注文数が多すぎることが一因だと思うんだおねφ(.. )
売買代金だって松井証券の3.5倍あるし、カブドットコムの4.1倍あるしね。
SBI証券はぶっちぎりで預かり資産も多いし顧客数も桁違いに多いんで
約定しない注文の数でいえば3〜4倍っていうよりさらにその倍くらいあるだろうし。
おそらく今まではシステムの安定性を優先して特殊注文の提供をあえてしなくて
ようやくシステムが安定してきて余裕ができたんでサーバ強化したんじゃないでそか
もし特殊注文を開始したらお客がさらに増えて注文が増えるだろうし
しっかり準備してサーバ強化しとかないとシステムダウンのリスクも高いでしょうし
まあ逆にいうと、ようやく準備がすべて整ったんで戦闘開始ってことでそう

松井証券、マネックス、カブドットコムあたりのネット証券はこれまで
SBI証券より数料が高いけど特殊注文の品ぞろえがいいというアドバンテージがあったけど
SBI証券が一気に徳注文の品ぞろえを強化してしまうと一気に劣勢に立たされます。
なぜならサービスは同レベルなのに手数料だけ数倍高コスト証券になるからです
ユーザーからしたら株式取引サービスの水準がほぼ同等レベルなのに
なんでいまさら何倍も高い手数料払わなきゃいけないのって感じるのは当然のことでそ。

もちろん3月23日からいきなり松井・マネックス・カブコムのお客が全員引っ越して
SBI証券に資金をすべて移してしまうなんてことはさすがにないでしょうけど、
何年かするといずれ多くのお客がSBI証券に移ってくんじゃないかと思うんだおね
(だってそれくらいこの3社の株式手数料すごく高いんだもん)
特に松井証券とマネックスは売買代金が多いととにかく手数料が高いですから

SBI証券の攻勢でこれから苦しむのは特に手数料が高めの松井証券・マネックスあたりでそ。
いくらこれまで特殊注文が多かったとはいえ手数料が何倍も高いのはさすがにやり過ぎ
かといって松井・マネックス・カブコムは手数料や金利収入に依存度が高いので
安易にSBI証券に対抗して値下げで対抗してしまうと一気に業績が落ちこみます
例え、お客がどんどん流出して逃げて行っても値下げで対抗できないってことですΣ(゚д゚;)
SBI証券の反撃でこれから何年も非常に苦しい立場に追いやられるの間違いないでそ
3〜4年したらSBI証券のシェアは50%まで伸びるんじゃないのかと予想しています。

0226





ss2286234570 at 07:27|PermalinkComments(0)

2018年10月13日

DMM.com証券 米国株式サービスを11月中旬から開始

DMM.com証券 米国株式取扱い開始のお知らせ
【DMM株】にて米国株式の取扱いを開始することをお知らせいたします。
■受注開始予定
2018年11月中旬
※受注開始に先行して、10月15日(月)より取引ツールにて、米国株式情報の閲覧が可能となります。
■米国株の魅力
日本国内の上場銘柄と比較し、高配当な銘柄や50年以上増配している銘柄が多く存在しています。また、NYダウ平均株価※は下落局面があるものの、長期的に見ると右肩上がりで成長し続けています。
※NYダウ平均株価は、アメリカ経済の動きを表す代表的な株価指数です。
[ポイント1] シームレスな取引ツール
日本株と全く同じ取引ツールにより、日本株と米国株の垣根をなくした投資環境をご利用できます。
[ポイント4] 特定口座に対応
日本株と同様に米国株でも特定口座にて取引できます。
「源泉徴収あり」口座を選択した場合、米国株と日本株の売買損益を自動的に通算することができます。
また、NISA口座・ジュニアNISA口座での取引にも対応いたします。
1014






DMM.com証券が米国株式取引を11月上旬から開始するようです
ポイント1とポイント4はけっこうよくできてる気がするんで悪くないおね。
日本株と同じツールで取引できるのはものすごく便利いいお
たぶんだけどDMM.com証券はカブドットコムのkabuステをそのまま導入してるんで
そもそもの株式システムの裏側がすべてカブドットコムからの提供受けてるのかもね

理由はよくわからないけどカブドットコムがDMM.com証券に一切触れないのは
自社システムや自社ツールをアダルト業者(DMM.com証券)に提供したと
ばれたくないから一貫して隠してるってことなんでそうか
今回のDMM.com証券の米国株式ツールも明らかにカブドットコム提供だおねφ(.. )

前から思ってたけどカブドットコムとDMM.com証券ってサイトがそっくりなんだおねw
普通こんなそっくりなドメインにされたらカブドットコムが激怒しそうなもんだけど
抗議も訴訟も一切しないってことはDMM.com証券とかなり仲が良いってことなんでそ
カブドットコム https://kabu.com/
DMM.com証券 https://kabu.dmm.com/

ちなみに現在のところ米国株式を扱ってる主要ネット証券はこのあたり
マネックスSBI証券楽天証券です。松井証券とカブドットコムは扱っていません。

まず大前提の話として外国株を扱うには地元の証券とシステム的な繋ぎ込みが必要です。
お客が国内のネット証券で外国株を発注するとその発注先の外国の地元にある
外国証券に注文を流してそこから外国の証券市場に発注されているということ
つまりできだばかりのDMM.com証券がこれを1から作りこむのは非常に難易度が高い

おそらくですがDMM.com証券はカブドットコムの証券システムを導入していて
そのカブドットコム経由で三菱UFJモルガンスタンレー証券経由で
アメリカの市場にアメリカ株の注文を取り次いでもらって発注してるんでそねφ(.. )
そうでないとこんなに短期間に外国株を扱えるわけがないし
(カブドットコムは三菱UFJグループの傘下なんで密接な関係があるので)

そして一つだけ言えることはカブドットコムも三菱UFJモルガンスタンレー証券も
DMM.com証券との密接な関係には公式サイトなどで一切触れてないってこと。
金払いはいいけど関わりがあることを触れられたくないってことなんでそうww

ss2286234570 at 13:56|PermalinkComments(3)

2018年10月10日

銀行送金が24時間化 全国504機関が参加(みずほ銀行除く)

銀行送金、夜・休日もすぐに システム9日から24時間対応
2018/10/9 20:00 日経電子版
全銀システムを運営する全国銀行協会は9日、午後3時半以降に稼働する「モアタイム」と呼ぶシステムを追加。給与や賞与の振り込みをのぞく1億円未満の送金を、24時間365日できるようにした。全銀協によると、これに伴い振込手数料を引き上げた金融機関はないという。大手行の場合、3万円未満の他行への振込にかかる手数料は200円程度のままだ。
実際に夜間、休日に振り込むには送金元と振込先の双方の銀行が新システムに対応していることが条件となる。全銀協の調査ではシステム接続機関の9割超が平日・土日の少なくとも午後9時まで接続、約6割は24時間対応すると答えている。
一方、みずほ銀行は2019年度上期までかけて次期システムの移行作業を進めており、当面は参加しない見通し。農林中央金庫も当初は参加せず、全国のJAバンクも対象外となる。


銀行送金 夜・休日もすぐに 新システム稼働、24時間化 全国504機関が参加
 2018/10/10付 日経電子版
銀行送金のシステムが9日、大きく変わった。これまでは平日午後3時以降や休日に振り込むと、翌営業日にならないと相手に届かなかったが、メンテナンスに要する時間などを除けば原則、いつ振り込んでもすぐに着金する。LINEなどフィンテック勢の24時間送金サービスに対する危機感などが背景にある。便利になる半面、振り込め詐欺などの不正を助長するリスクもある。
※メールアドレスを登録すると月10本まで記事が読めるらしいです。
1010

















9日から24時間365日「即時振込」のサービスが開始
10/8(月) 10:23

一番最初のニュースが出てからなんと四年もの月日がすでに経ちました
たかがこの程度のことで4年かかるとかふざけんなという気持ちで一杯ですが
とりあえず予定通りに開始されたことだけは素直に喜ぶべきでそう
てっきりさらに1年くらい遅延するんじゃないかなって思ってたので
予定の期日を守ってリリースできた点だけは評価すべきかもしれませんね(´∀`*)

4年もかかりましたが銀行間の送金が24時間化になったのはよかった。
(ただし、みずほ銀行と農林中央金庫とJAは除く)
これまでセブン銀行などの一部のネット銀行では同じ銀行間の中では
手数料安めで送金がOKでしたが、これからは銀行間をまたいだ送金も
土日祝日を問わずほぼ24時間いつでもリアルタイムで振り込みができるにょ(σ´∀`)σ

ただしかなり注意が必要なのが各行によって非常にばらつきが多いこと
そもそも土日祝日含めてほぼ24時間化を達成できてるのはネット銀行の数行だけ
その他は休止時間やメンテナンス時間がかなりあるので24時間化でもなんでもないお。
中には24時間でもなんでもねえだろふざけんなっていう舐めた銀行も多くあります

りそな銀行やネット銀行はどこもかなり便利になります
日曜深夜とか不定期メンテナンス以外はもぼいつでも便利に送金できます。
メガバンの三菱UFJ銀行や三井住友銀行やゆうちょ銀行も非常に好印象だおね
ネット銀行ほどではないにしろ劇的にサービス改善だと感じられます(´∀`*)

一方でとんでもないクズ銀行がオリックス銀行と大和ネクスト銀行だお(゚д゚)、ペッ
今までは9:00〜15:00だったのが9:00〜18:00になっただけ
24時間化に対応した銀行の中に入ってるように見えてほぼ今までと変化なし。
平日の夕方の3時間延長しただけ土日も祝日も夜中も対応してません
仮にもネット銀行を名乗ってるのにこの対応時間の短さはほぼ詐欺レベルでそ
この程度しか改善しないならわざわざ参加すんなよと罵りたくなるレベルだおね。

ちなみにわれ等がみずほ銀行さんは今回の24時間化には不参加ですにょ(σ´∀`)σ
対応予定とも書いてないし、対応時期についても一切書かれていません。
銀行システム統合に忙しくて今回の24時間化には参加どころではなかったようです

もしみずほ銀行を持ってる人がいたら今すぐに口座解約するか全額出金すべきでそ
手数料や金利には大差ないので純粋に使いやすさでは最下位ですお(´・ω・`)
なにが悲しくてみずほ銀行をこれから3年間使ってガマンしなくちゃいかんのかと。
もはや利用価値なんて1円もないんじゃないでしょうかφ(.. )
みずほ銀行を使い続けるのって純粋にただの罰ゲームだおね
 

2018年05月25日
24時間365日決済に105行 全銀協加盟75%が新システム参加

2016年12月16日
2017年2月から、三菱UFJ・三井住友、24時間振り込み決済OKに

2014年12月06日
銀行振り込み午後6時までが確定! 大手は夜間・土日も


ss2286234570 at 04:52|PermalinkComments(0)

2018年06月08日

楽天証券、株や投信を担保に信用・先物・FXができるサービスを開始

楽天証券、「らくらく担保」サービス開始のお知らせ
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20180605-01.html
「らくらく担保」サービスとは、現金、国内株式又は投資信託など、お客様が様々な形で保有されている資産を、信用、FX及び先物・オプション取引の担保として効率的な活用が可能となる仕組みです。2018年7月23日(予定)から、信用取引の代用有価証券に投資信託を追加し、2018年末を目途に、FXや先物・オプション取引においても、国内株式と投資信託を代用有価証券としてご利用いただけるようになります。これにより、現金、国内株式又は投資信託を組み合わせた、効率的なレバレッジ取引を行える環境が整います。
0608








楽天証券が 国内株式や投資信託を担保にいれて信用・先物・FX取引ができるという
代用有価証券サービスの強化をするようですにょ(σ´∀`)σ
7月23日から投資信託を信用取引の担保可能になって、2018年末頃から
先物や先物オプションでも国内株式や投資信託を担保に入れることができるようだお
たしかカブドットコムが投信や株式を担保にして先物オプションやFXをできたはずで
楽天証券もこのカブコム方式の担保サービスをまねたってことでそうφ(.. )

ただ個人的にはこの手の代用有価証券サービスは使うべきじゃないと思います。
なぜなら先物やFXにおいては相場の流れや地合いをしっかり読む事こそが重要で
リスク管理のための損切りを徹底することが最も重要だからです(´・ω・`)
いくら代用有価証券サービスを利用して建余力や建可能枚数が増えても
リスク管理がおろそかだったら先物やFXでは絶対に勝てないと思うんだおね
むしろ余力が増えたぶん油断して損切りが遅れたら大惨事になるでそ

東北大震災のときも大手ネット証券の中で飛びぬけて損失が脹らんでたのは
カブドットコムと松井証券だったことも思い出すべきでそΣ(・ω・ノ)ノ
あの2社は現物担保に先物オプションできる代用有価証券サービスやってるから
やっぱりそこが火薬庫になってたんじゃないかなって思うんだね

FXは即座にロスカットされるからまだ多少救いようはあるけど
先物オプションはロスカットがリアルタイムで即座に実行されないから
個人投資家にとっても提供してる証券会社にとっても
かなり危険でリスクが高すぎる代物だから使わないほうがいいと思います


ss2286234570 at 10:12|PermalinkComments(0)

2018年05月25日

24時間365日決済に105行 全銀協加盟75%が新システム参加

他銀行への即時振り込み、対応時間を拡大へ 10月から
2018年05月11日 ITmedia
全国銀行資金決済ネットワークは5月10日、約500の金融機関の間で即時振り込みできる時間帯が、10月9日午後から拡大すると発表した。これまで他の銀行への振り込みは、手続きが午後3時を過ぎると翌営業日に入金が行われたが、今後、銀行によっては平日夜間、土祝日でも即時入金が可能になる。
「支払い期日の夕方に入金忘れに気付いても、相手先の口座へ送金できる」「金曜夜に注文を行っても、速やかに代金振り込みができる」など、ユーザーの利便性向上につなげる。三菱UFJ銀行など、一部では24時間対応を予定している。即時入金が可能かは、各ATMやインターネットバンキングなどの画面で案内する。銀行同士をつなぎ、取引データをリアルタイム処理する「全銀システム」で新システムを構築し、24時間365日稼働させる。運用試験の結果などを踏まえ、9月ごろに正式決定する見通し。
0525











24時間365日決済に105行 全銀協加盟75%が新システム参加
全国銀行協会(全銀協)は10日、10月9日に稼働する異なる銀行間の振り込みを24時間365日できる新たな決済システムに三菱UFJ銀行や三井住友銀行、地方銀行など加盟行の約75%に当たる105の銀行が参加する見通しと発表した。午後3時以降や休日に振り込むと翌営業日に届く仕組みが大きく変わり、インターネット通販や企業間決済の利便性が高まる。

みずほ銀行「次期勘定系システムへの移行」および
「移行にともなうオンラインサービスの臨時休止」について
10/9から銀行間の振込みがついに24時間365日振込みが可能になるようです
最初のニュースが出てからどんだけ待たせるんだよと思ってたけど
ようやく話がまとまったので実行することが決まったようですφ(.. )

ちなみにこのニュースが最初に出たのは2014年12月なので4年も前の話
たかがこの程度の話をまとめるだけで4年もかけるとかアホかといいたくなる
銀行業界ってのがいかにお役所的で世間とずれてるのがよくわかりますね。
まあそれでも実現するというのは素直に喜ぶべきことでしょう(´∀`*)

ちなみに今回参加するのはメガバンや地銀や信用組合など500行ほど
需要の見込みが薄い地方の小さい地銀や信用組合は参加しないって事のようです
システムの開発だけでもそれなりにお金がかかるのでそれを嫌がったんでしょう。
良くも悪くも銀行間のサービスの格差はこれからも広がっていくってことです。
でも信用組合なんて小回りが利いて身近に会って便利だから利用されてるんであって
24時間365日振込みに対応できない信用組合や信用金庫なんて
世の中的に必要ないって判断されて利用者に捨てられる気がするんだおね(´・ω・`)

ちなみに三菱UFJ銀行では10月から即日「24時間365日振込み」を開始するようです
メガバンの中では一番やる気があるように見えます。
ちなみにみずほ銀行は基幹システムの統合作業を2019年前半までやっているので
その影響もあって今回の10月からの参加は見送るようですにょ(σ´∀`)σ
みずほ銀行とみずほ信託銀行は2020年ころからの参加になるんじゃないでそか
まあそうはいってもみずほ銀行はシステムの統合がうまくいったらの話なので
実際いつごろになったら24時間365日リアルタイム振込みが実現できるのかは
かなり怪しいというか、永久的に実現不能になる可能性も否定できません(((( ;゚д゚)))


2016年12月16日
2017年2月から、三菱UFJ・三井住友、24時間振り込み決済OKに

2014年12月06日
銀行振り込み午後6時までが確定! 大手は夜間・土日も


ss2286234570 at 03:51|PermalinkComments(2)

2017年04月05日

2017年2月18日より、楽天証券に自動スイープ機能が登場

2017年2月18日より、楽天銀行口座連携サービス「マネーブリッジ」に新機能が登場
自動入金(スイープ)
楽天証券での買い注文時に、楽天銀行の預金残高から不足資金を「自動入金(スイープ)」することが可能となります。
自動出金(スイープ)
証券口座にある資金を、毎営業日夜間に楽天銀行へ「自動出金(スイープ)」されるので、資金をご自身で移す手間なく、優遇金利が適用されるようになります。
自動入出金(スイープ)の設定は、無料でご利用いただけます。
また、自動入出金時にかかる手数料も、すべて無料です。
0407








すでにSBI証券と住信SBIネット銀行に同じような自動スイープ機能があります
これとほぼ同じ仕組みの自動スイープ機能を楽天証券も始めたようですにょ(σ´∀`)σ

サービスとしての目新しさはないけどすごく便利なのはいいおね
MRFなくても証券口座のあまった資金にちゃんと金利がつくのはすごくいい(*´∀`*)ムフー
ヽ敕袈箙圓ら楽天証券の口座への資金移動がすべて自動でしかも手数料0円
¬覺屬望攘口座から銀行口座に自動で資金移動されるんで金利がもらえる
6箙垳座に自動出金されたお金をATMからすぐに引き出せる

楽天証券や楽天銀行を利用してるユーザーにとってのメリットも大きいけど
実は楽天証券や楽天銀行にとってもかなり大きなメリットがあるサービスだおね
現在の楽天証券の預かり資産は3.5兆円あるけど楽天銀行は1.5兆円しかありません(´・ω・`)
楽天銀行はいまんとこグループ内の楽天カードのおかげでカード決済業務で儲けてるけど
預かり資産がまだかなり少ないので金融商品の販売で儲けるには規模が小さすぎます
だからこそ預かり資産3.5兆円もある楽天証券から入ってくる資金の価値は大きいでそ
楽天証券のユーザーが他のネット銀行ではなく楽天銀行にどんどん口座作ってくれそうだし。

SBI証券と規模を争ってる楽天証券としてもこの自動スイープ機能の価値は高いおね
いままではSBI証券の方が便利だってことで敬遠してたユーザーや資金が戻ってくるし
楽天銀行からさらに大きな資金が入ってきやすいんで業績的にプラス効果が高いお
SBI証券を追撃するためには絶対必須のサービスだったんじゃないでそか?

そしてこれから一番厳しくなってくるのは銀行との連携が弱い他のネット証券φ(.. )
カブドットコムはじぶん銀行や東京三菱UFJ銀行があるからまだいいとしても
独立系の松井証券やマネックスあたりはおもいっきり影響を受けやすいでそ
10年くらいの長いスパンで考えたらこの2社はもうダメだと思うんだおね
あまりにも独立系にこだわりすぎてサービス面での充実に完全に出遅れたでそ(´;ω;`)


ss2286234570 at 10:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月10日

クリック証券、10/17から貸株サービスを開始

2016年10月17日(月)より、「貸株サービス」の取扱いを開始いたします。
貸株サービスは、お客様が保有されている株式を当社に貸し出すことで、貸し出した株式に応じた貸株金利をお受け取りいただけるサービスです。当社の貸株サービスでは、貸株金利は最低0.1%から1.0%以上の「ボーナス銘柄」も取り揃え、株主優待自動取得サービスをご利用いただける他、信用取引との併用も可能です。この機会にぜひ、ご利用をご検討ください。
1009







■貸株サービスの特長
・貸株金利は原則毎週更新。最低金利0.1%から1.0%以上の「ボーナス銘柄」もご用意
・株主優待自動取得サービスの利用で、株主優待の受け取りが可能
・信用取引口座を開設のお客様も貸株サービスの併用が可能

クリック証券が10/17から貸株サービスを開始するようですにょ(σ´∀`)σ
かなり以前から10月から開始すると発表してたけどどうせ年末か来年に遅れるんだろ
くらいにおもってたけどいがいと真面目にスケジュールを守ってるようだおね
(どんなことがあってもスケジュールを絶対守らないマネックスよりは好印象かな

貸株サービスのページを読んでみたけどけっこうベタな内容ですた
https://www.click-sec.com/corp/guide/kabu/stock_lending/
貸株中の銘柄をすぐに売却できるとか株主優待を自動取得できるとか
このあたりはSBI証券や楽天証券にあるサービスそのまんまって印象ですφ(.. )
信用口座を開設してても貸株金利を受け取れるってのも最初から可能なようです

1008





信用口座を開設してても貸株金利を受け取れるサービスってのは
けっこう最近になって出てきたサービスで国内では(たしか)SBI証券が最初にはじめました
すごく便利なので、ネット証券なのにこのサービスがないなんてちょっとありえないおね
そりゃ株を頻繁に売買する人はみんな信用口座くらいもってるのが普通だから
そもそも信用口座もってる人だけが貸株金利受け取れないなんて酷い話なんだおね

たしか貸株サービスを国内で最初に本格的に手がけたのは松井証券かマネックスのはず。
はっきり覚えてないけどなんとなくマネックスだったような記憶があるお
でも今ではその松井とマネックスはライバルに出遅れててかなり劣ったサービスだおね

松井とマネックスは昔はけっこうがんばってた老舗なのに今じゃサービスも穴ぼこが多いおね
SBI証券、楽天証券は他社がよいサービスを出すと即座にマネして追いつこうとするけど
松井とマネックスはいまだに過去の栄光でも引きずってるのかそのへんの意識がすごく甘い。
一言でいってしまえば「競争意識がすごく低い」ってことでそかφ(.. )
老舗とかブランドとか知名度に甘えて必死になって努力することを怠ったってことでそ(´・ω・`)
なんであの2社が急激に没落したのこういう点に注目してみるとよくわかるんだおね


ss2286234570 at 04:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0)