yogurting ヨーグルティング

FX業者

2021年05月25日

GMOフィナンシャルHD、ヤフー傘下のFX事業を買収へ 300億円で

GMO、ヤフー傘下のFX事業を買収へ 300億円で
2021年5月24日 20:40 日本経済新聞
GMOインターネットグループがZホールディングス(HD)の外国為替証拠金(FX)取引事業を買収することが24日、分かった。ZHD子会社のヤフー傘下のワイジェイFX(東京・千代田)の全株式を300億円程度で取得し、国内FX首位の座を固める。ZHDはスマートフォン決済「PayPay(ペイペイ)」などに経営資源を集中する。
GMOインターネットの金融持ち株会社、GMOフィナンシャルHDがワイジェイFXの全株を取得する。GMOフィナンシャルHDはFX大手のGMOクリック証券を抱え、2020年の取引高は約1300兆円と国内首位。シェアは2割程度とみられる。ワイジェイの取引高はGMO、DMM.com証券、SBIグループに次いで4位とみられる。GMOは今回の買収でFX取引高のシェアが3割近くに上がる見通し。シェア拡大で取引コストを下げ、アプリの改善などで顧客の利便性向上にもつなげる。
ZHDはスマホ決済のペイペイを軸に金融サービス事業を強化し、顧客獲得を優先して先行投資が膨らんでいる。FX取引は市場の拡大が続いているが、手数料の引き下げ競争が激化。ZHDは利益の拡大が難しいと判断し、売却を決めたもようだ。
0525

















.
かなり唐突にFX業者の買収話がニュースに載ってました
GMOクリック証券の親会社のGMOフィナンシャルHDがZHDの子会社である
YJFXを300億円買収して傘下におくことになるようですφ(.. )

GMOフィナンシャルHDといえばGMOコインやGMOクリック証券を子会社にもっていて
仮想通貨事業のGMOコインの直近四半期(2021年1月−3月)の業績が
前年同期比で売上高が4.2倍50.1億円、営業利益が5.4倍の30.7億円に増えたことで
GMOフィナンシャルHD全体の業績も過去最高益を更新してる好調の会社です

ちなみに子会社でしかないGMOコインが直近3か月間で稼ぎ出した営業利益が30.7億円
カブコム証券が2020年4月〜2021年3月までの1年間に稼いだ営業利益が26.6億円なので
カブコム証券はGMOフィナンシャルHDの子会社1社の3ヶ月分しか稼いでないってこと
KDDIがTOBした直前の時価総額が1,800億円程度と記憶しているので
カブドットコム証券がこの数年間でいかに落ちぶれたかがよくわかります(´・ω・`)
そりゃカブコムの社長の首が飛ばされるのも無理からぬことかもしれません

カブドットコム証券(auカブコム証券)開示情報
https://kabu.com/company/default.html

YJFXを買収したGMOフィナンシャルHDの国内のFX取引全体に占める割合は29%です。
FX取引シェアの約30を占めることになれば一気に競争から抜け出しそうです。
ちなみにSBIもネット証券やFX会社の買収を複数検討してると決算資料にあるので
引き離されたシェアを回復させるためにSBIも買収を仕掛ける可能性もあるし、
あるいは楽天グループの資金力で楽天証券も買収を仕掛けるかもしれません

最近は4/1に上田ハーローFXが外為どっとコムに買収されたばかりですφ(.. )
そして今回は大手の一角のYJFXが買収されることになったわけで、
これからもネット証券の買収身売りはさらに増えていく可能性が高そうですね

さて今回驚いたのはGMOフィナンシャルHDが買収した会社のYJFXです。
YJFX(旧サイバーエージェントFX)といえばZHDが金融事業を強化するために
かなりの買収費用を支払ってしかもわりと最近買収してから日の浅い会社ですおね
あれだけ金融部門を強化すると謳ってたのにいきなりYJFXを丸ごと売るってことは
逆に言うと、ZHD傘下の赤字の金融子会社も売却される可能性もありえそうです

例えば大赤字のPayPay証券を本当にこのまま維持し続ける気があるのか怪しい
合併先のLINEが保有しているLINE証券の立場なんてさらに危うくなりそうです
それこそLINEが所有してるLINE証券の持ち株50%をどこかに売却するとか
あるいは合弁出資先の野村證券に買い取らせるっていう可能性もありえるでそ
そしてLINEが準備してきたLINE銀行の行く末もいよいよ暗雲が漂ってきました

ZHD傘下の金融子会社が色んな意味で仕分け、清算される可能性がありえるでそ


※ちなみに今回の日経の記事を書いた記者はGMOインターネット(9449)と
GMOフィナンシャルHD(7177)の区別が非常に曖昧な表現になっていたり、
FXのスプレッド引き下げ競争のことを手数料引き下げ競争と書いていたりするので
金融知識がまったくないズブのド素人の記者が記事書いてるのが丸わかりですね(´・ω・`)


ss2286234570 at 04:14|PermalinkComments(3)

2020年12月25日

SBIはブランド増やしすぎだろ… むしろ狂気というかただのキチガ〇

ライブスター証券がSBIネオトレード証券に社名変更へ
2020年11月20日15時37分 ITmedia
ライブスター証券は2021年1月1日に、SBIネオトレード証券に社名を変更すると発表した。同社は、SBIホールディングスが10月1日に買収。金融中間持株会社のSBIファイナンシャルサービシーズの完全子会社となっていた。SBIグループは、オンラインでの国内株式取引の手数料や、投資家が負担している費用の無料化を図っていくことを「ネオ証券化」と称している。SBIネオトレード証券も、一層のコスト低減につながる手数料体系や、新たなサービスを検討していく。このことで、SBI証券、SBIネオモバイル証券とともにオンライン証券事業の一翼を担うとしている。
1114








SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)NEW!!
SBIネオモバイル証券(LINE証券に対抗して作ったスマホ証券)
ジャパンネクスト証券(PTSやってる会社)
SBIプライム証券(存在すら知らなかった)
SBIFXトレード(FX子会社)
住信SBIネット銀行(ネット銀行)

以下国外
SBIタイオンライン証券(タイにある子会社)
SBIロイヤル証券 (カンボジアにある子会社)

2020年1月1日からライブスター証券がSBIネオトレード証券に社名変更するようです
社名変更するのが悪いとは言わないけど、ここまでくるとただのキチガイでそね。
タイやカンボジアの子会社なら別にどってこともないけどさあ
なんで「SBI」だけじゃなく「ネオ」「トレード」まで混ぜて被らせるのよwww
SBIがつくのはまだいいとして、なんでネオが2回、トレードが2回もあるんだよw
これ社名を一覧にして並べて読んだら精神異常者アスペが名付けたとしか思えねえ

ここまでやると頭おかしいというか複雑にして訳が分からなくするために
悪意を持って社名つけたようにしか思えないんですよねφ(.. )
おそらく北尾が自分で決めたんだろうけどさすがに狂気を感じるレベルですね
「アホっぽいから止めとけ」と周囲のやつ誰か止めてやれと小一時間説教したいレベル。

本来なら社名ってのはお客目線で分かりやすくつけるのが当然でそ(´・ω・`)
ここまでキーワードを被らせると何言ってるのかさっぱりわかりません。
確かに外食産業では顧客層に合わせて同じ飲み屋でも複数ブランド展開してますが
食べ物や価格帯によってはっきり店名を分けて消費者が混乱しないようにしています。

SBIはそれとまったく真逆のことやってて悪意のある嫌がらせにしか思えません
ここまでやるとわかりにくいどころか客が識別することすら困難になるおね。
「SBIネオトレード証券」「SBIネオモバイル証券」なんて
スマホ証券と普通のネット証券という程度の差はあるけど業態は同じですからね。
この2社並べると社名だけでは何が違うのかすら識別できないレベル。
初心者や高齢者ならまったく差異を識別できなくなって混乱するだけでしょ。

せめて一方はSBIライブスター証券か、ライブスター証券くらいで止めとけよ
っていうかものすごく悪意のある早口言葉にしか見えないんですが(´・ω・`)

電話で「住信SBIネット銀行からSBIネオモバイル証券またはSBIネオトレード証券
の口座に入金ください」
って言われたら聞き手は発狂するレベルだぞこれ・・・

2020年07月30日
SBIがライブスター証券を数十億円で買収

2019年12月25日
ネット証券、手数料無料化で「体力勝負」突入へ 業界再編の可能性も


ss2286234570 at 08:57|PermalinkComments(0)

2020年08月26日

入出金サーバに不正アクセス、顧客情報流出か - サクソバンク証券

入出金サーバに不正アクセス、顧客情報流出か - サクソバンク証券
2020/07/17
サクソバンク証券は、入出金ツールのサーバが不正アクセスを受け、サーバ内に保管された顧客の個人情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。
同社によれば、7月14日6時ごろ、同ツールを格納するサーバが不正アクセスを受け、サーバ内の顧客情報が流出した可能性があることが判明したもの。原因は調査中としている。
流出した可能性があるのは、一部顧客の氏名、住所、生年月日、連絡先情報、銀行口座情報、本人確認書類など。同社取引システムへのログインパスワードや取引口座情報などは、親会社が管理するサーバで保管されており、今回判明した不正アクセスの影響は受けないとしている。

個人情報流出についての重要なお知らせ
2020年07月16日 (木曜日) 18:45
このたび、外部ベンターが当社向けに開発した入出金ツール(以下、「当該ツール」)におきまして、第三者による不正アクセスを受け、当該ツールを格納するサーバー内に保管された一部お客様の個人情報が流出した可能性のあることが判明しました。
■流出した可能性のある情報の内容
氏名、住所、生年月日、ご連絡先情報、銀行口座情報、本人確認書類
saxobank_interview_header


最近見たニュースの中で一番酷いなと思ったのはこれかな
入金ツールに不正アクセスされて名前が生年月日が流出するだけならわかるけど
なんで入金ツール経由で本人確認書類まで全部流出してんのって言うね
言ってる意味がまったく分からないし、すごい闇が深そうな印象しかありません。

しかも当初はマイナンバーも流出したみたいなことも書いてあったけど
そのあたりはなぜか削除されててよくわからないみたいな曖昧なままになってます
提出した本人確認書類が住民票なら、住民票に個人番号が記載されてることもあるんで
ぶっちゃけやっぱり漏れてる人も多数いるんじゃないかなって思うんですけどね
まあ住所や銀行口座情報までダダ洩れってのもけっこう酷いですけどねΣ(゚д゚;)

一番よくないのは「一部お客様」とだけあって人数規模が書かれてないこと
1,000人なのか10万人なのまったく分からないので影響範囲がなにもわからない。
こういうお知らせはせめて、1万人程度なのかそれとも全顧客の情報が流出したのか
もう少し具体的な内容を記載しないとまったく意味がないんじゃないでしょか(´・ω・`)

すでに事件発生から1カ月以上たったのになんの経過もアップされてないのもヤバい。
しかもサクソバンク証券のHPみたらこんな重要なお知らせが埋もれて隠されてます
都合が悪いんで意図的に見えないように隠してあるとしか思えないんですよね(´・ω・`)
会社としてもかなりヤバいんじゃないかとしか思えないとこが一番よくない
月曜の早朝3時〜4時から為替レートが見えるんで役に立つといわれてたんですけどね。
CFDの品数あるからけっこういいのかなって調べてみたことあったけど
サクソはすでに絶対近寄ってはいけないFX会社ナンバー1になってしまった


ss2286234570 at 07:03|PermalinkComments(5)

2020年04月17日

3月のFX取引、前月比2・6倍 7年ぶり高水準

3月のFX取引、前月比2・6倍 7年ぶり高水準
2020/4/10 20:30 日本経済新聞
外国為替市場で個人投資家の取引が急増している。東京金融取引所によると、3月の外国為替証拠金(FX)の取引数量は前月の2.6倍強に増え、月間の取引量としては約7年ぶりの高水準となった。新型コロナウイルスの感染拡大で金融市場が混乱し、為替相場の値動きも大きくなるなか、収益機会とみた個人の売買が活発になった。
3月のFX取引は644万枚(枚は1万通貨単位)だった。例えば3月の円の対ドル取引では、1枚は約108万円になる。2月の245万枚から大きく増え、2013年4月の696万枚以来の規模となった。特に多かった円とドルの取引量は219万枚で、2月の3.7倍になった。

FX取引、3月は異例の1000兆円超 逆張りチャンスが頻発
2020/4/16 15:23 日本経済新聞
外国為替証拠金取引(FX)を手掛ける個人投資家「ミセス・ワタナベ」の売買高が3月、異例の規模に膨らんだ。金融先物取引業協会によると、店頭FX53社の取引金額は前月の2.5倍である1015兆円となり、これまで最大だった2015年1月(660兆円)を大幅に上回った。
円相場は4月に入り1ドル=108円ちょうどを中心に落ち着きつつあり、相場水準は新型コロナで市場が混乱する前の1〜2月に逆戻りした。値幅は広がりにくく「個人投資家は次の動きへ待ちの姿勢になり、FX取引のボリュームは減ってきた」(外為ドットコムの神田氏)という。
0417










 
.
前回ブログでも取り上げた通り3月のFX取引高は2.6倍増で過去最高を更新したようです
まあなつさんはくりっく365の毎日の取引高の数字をいつも見てるんで
3月の取引高がものすごく増えてることはかなり前から知っていましたφ(.. )
けど、取引所FXよりも店頭FXの方がはるかに取引高が急激に増えてたみたいですね
くりっく365はどちらかというと新興国通貨(トルコリラやメキシコペソ)の
取引や建玉が占める割合が非常に多い一方、ドル円の取引は多くないのですが
店頭FXはドル円の圧倒的に一番多いのでそのへんの差が出たんでしょう

GMOクリックFHは3月のFX取引高が前月比で約2.6倍に増えています
https://contents.xj-storage.jp/xcontents//140120200403489751.pdf
そして営業収益(売上高)全体では前月比で1.67倍に増えたようです。
内訳的にみていくとトレーディング収益が1.8倍に増えたようです。
一般的に会計上のトレーディング収益はFX・CFD・外債の収益が入るので
その内訳はよくわかりませんが、業績的に大きく貢献したのは間違いないでそう
昨年2019年8月が月間過去最高益だと決算に書いてありましたが
その過去最高益をさらに1.38倍上回って
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/140120200413492974.pdf

ヒロセ通商の3月の月次開示情報を見ると
取引高は前月比で2.27倍、営業収益(売上高)は2.37倍に増えたようです
営業収益の増加率でいえばGMOクリックFHをかなり上回っていますねφ(.. )
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS97365//140120200416494723.pdf
ヒロセ通商の時価総額は金曜日の引けで115億円ですが
3/13時点では時価総額84億円という相当な安値圏まで下げてたということになります

ちなみにヒロセ通商は時価総額が小さくて元から割安感が強いせいもあるのか
為替が動いて月次の業績が伸びると株価がすぐに跳ね上がるという傾向があります
急激な円高で日経が下がってヒロセ通商の株価も一気に下落して
でも取引高は増えてるので実は業績はよくて、翌月の月次開示情報が出ると
業績を好感して株価が急騰するというパターンが非常に多いということですφ(.. )

なつさんはこのパターンを知ってたので今回もヒロセ通商を購入しました
ただ、くりっく365の開示情報を見ると4月に入ると為替のボラティリティが低下して
おそらくヒロセ通商も4月御業績はそんなよくないだろうと予測してます
ということで来週の前半にもさっさと株を手放そうと考えています(´・ω・`)

2月あたりから国内では外出自粛要請が強まったことで外食産業や観光業は壊滅
JALANAといった空運業、JR東日本といった陸運業も業績はボロボロ
格安航空チケット販売やハウステンボスの経営をしてるエイチアイエスもボロボロ

しかしそもそも人と接触しないオンラインでのみ商売をしてる会社は
全国で外出自粛要請が出ても営業には影響しないし、むしろ自宅待機者が増えると
利用者が増えて儲かるビジネスもあると当然いうことですφ(.. )
スマホゲームで稼いでるサイバーエージェントメルカリヒロセ通商
なつさんが購入したのもそういったり湯を考慮しての判断ということです
(サイバーエージェントの広告事業はダメージを受けてる可能性があるけど)
楽天も儲かってると思うけど時価総額が大きめだったんでパスしました

メルカリ(4385) 2,557円 +127円 (+5.23%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4385
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4385.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
なつさんが3月〜4月に購入したメルカリも神戸物産も株価は絶好調だおね
どちらも年初来高値を更新してものすごい勢いで上げまくっています
ただ残念なことにメルカリは1,900〜2,000円あたりで、
神戸物産は4,600〜4,700円あたりで全部売っちゃってるのが痛恨の失敗ですが
買いなおそうと思って指値は毎日出してたけど約定しなかったんだおね(´・ω・`)
ぶっちゃけかなり儲かってはるんだけど売値より30%も上がってると複雑な気分だお

2020年04月09日
3月は株式1.5倍、先物1.5倍、FXは2.5倍に増加


ss2286234570 at 15:59|PermalinkComments(0)

2020年02月19日

客の注文丸呑み!DMMFXがかなりヤベー件について

国内取引高1位 GMOクリック証券の未カバー率
https://www.click-sec.com/corp/company/kaiji/tentoufxtorihiki.html
https://www.click-sec.com/corp/company/kaiji/
2019年10月 1.7%
2019年11月 2.5%
2019年12月 2.2%
2020年01月 1.3%


国内取引高2位 DMMFXの未カバー率
https://securities.dmm.com/fx_risk_disclosure/
2019年10月 77%
2019年11月 70%
2019年12月 79%
2020年01月 68%


YJFXの未カバー率
https://www.yjfx.jp/profile/cover/
2019年10月 2.2%
2019年11月 3.8%
2019年12月 1.9%
2020年01月 1.2%


外為どっとコム
https://www.gaitame.com/company/fx_risk.html
2019年10月 1.0%
2019年11月 1.0%
2019年12月 1.0%
2020年01月 1.0%


2019年9月から金融庁の指示でFX会社が未カバー率の情報開示を始めました
当初なんでこんなことを開示義務にしたのかすごく不思議だったんだおね。
でも今はなんとなくこんな開示を義務化した理由がわかってきました。

おそらくDMMFXみたいな客の注文を呑みまくってる業者を丸裸にして
そういう行為(客に向かい玉を建ててる)事実をバラしたかったんでしょうΣ(゚д゚;)
DMMFXだけ未カバー率がおかしいというか完全に異常だおね
他社の2倍とか3倍とかそんな生やさしいレベルじゃなくて
DMMFX以外はせいぜい1〜3%しかないのにDMFXだけ未カバー率68〜77%
取引高が一番多いGMOクリック証券より常時30〜50倍も高いっておかしいでそ

これさ未カバー率が70%こえるとか実質的にはほとんどの注文呑んでるでしょ。
もはやこれFXというよりDMMFXに向かい玉建てられてDMMFXと戦ってるだけ。
客の利益はDMMの損失、客の損失はDMMの利益になってますよね。
これってどう考えても利益相反なんじゃないですかね、完全にΣ(゚д゚;)

前にも書いたけどけっこうそういう噂は昔からあったんだおね。
「アダルト系FX会社が本来あるべきカバー取引を99%やってない(ようだ)
という噂を何年も前からずっと耳にすることがありましたφ(.. )
もちろんアダルト系ってだけで社名は特定されてなかったから噂だったし
さらに言えば具体的な証拠もないのでここで書くことは今までありませんでしたが、
さすがに常時未カバー率(=呑み率)が70%越えとか頭おかしいでそ
この利益相反行為はものすごい悪質なことをやってるように思うんですけどね(´・ω・`)



2019年11月21日
DMMFXは客の注文丸呑みしてた?


ss2286234570 at 06:45|PermalinkComments(5)

2019年11月21日

DMMFXは客の注文丸呑みしてた?


DMMFX リスク情報に関する開示
https://securities.dmm.com/fx_risk_disclosure/
2019年10月31日 未カバー率77%

店頭FX会社が未カバー率の情報までもを開示しはじめました。
言うまでもなく未カバー率が52%という逝かれた会社があります。DMMFXですね
たしかに未カバー率=客の注文呑み行為というわけではありませんが、
いくらお客の買い注文と売り注文をぶつけて店内マリーしたとしても無理ありすぎ 
かといってこんな異常値が出るまでカバーせずに持ちっぱなしというのも異常すぎ。
どう考えてもまともとは言えないと言わざるをえません。
しかも10月の開示データでは未カバー率が77%とさらにアップしてキチガイ沙汰

ちなみになつさんは毎年1月に新年会でいろんなベンチャーキャピタル関係者
の知り合いと会うので色々と見識が広がるタイミングがあります。
社名は伏せてますが最近やたら焦げ臭いフィンテック関係のベンチャー企業だとか
審査ユルユルでカスベンチャーに出資が相次いだ2018年のフィンテックバブルだとか
あきらかにピークアウトしてあまりまともな出資先がいない現状だとか
そんなことを見聞きする機会があります(´・ω・`)

その場には外資系金融で働いてた人材も少なからずいて話を聞く機会があり
「アダルト系FX会社が本来あるべきカバー取引を99%やってない(ようだ)
という噂を何年も前からずっと耳にすることがありましたφ(.. )
もちろん具体的な証拠もないのでここで書くことは今までありませんでしたが、
今回のFX会社各社の開示データを見るにおいては「さもありなん」と感じるわけです

現在のところDMMFXの未カバー率は77%だけど、おそらく以前はずっと高い数字で
それこそ90%だとか98〜99%だったとしてもまったく不思議はないでしょう

そもそも外国為替取引市場においては為替ディーラーの裁量余地がそれなりあり
世界的にもカバー取引を法律では規制しないという慣行が昔から存在しています
つまりDMMFXがやってることは違法でもなければ、法令違反でもないわけです。
ただし客向かいのポジションを膨大に有せばもろに利益相反になりかねないので
業界の慣行を尊重しつつも、かつこれを法律ではない方法で規制するために
情報開示という手法を金融庁が持ち出したのかなと思うわけです。
(未カバー率99%なんて数字を開示したらDMMFXの客がびびって逃げてしまう)

金融庁はあくまでFX会社に情報開示のみを義務化することで
自主的に未カバー率の改善を目論んでこんな手の込んだことをしたんじゃないでそか
とはいえ、DMMFXも開き直ってるのか改善しようとする意欲に欠けています
もし今後もこんな状態だとなにか狙い撃ちした改善命令くらいでるかもですね。
.



ss2286234570 at 05:37|PermalinkComments(0)

2019年10月24日

楽天証券を皮切りに 大手FX業者のドル円スプレッドが0.3銭→0.2銭へ

main









2019年10月15日(火)9時00分〜11月23日(土)6時55分までの期間、米ドル/円のスプレッドを期間限定で0.2銭に縮小いたします。
スプレッドの縮小により、お客様はより一層コストを抑えてお取引いただけます。
キャンペーン期間 : 2019年10月15日(火)9:00〜11月23日(土)6:55まで





楽天証券が10月15日にドル円スプレッド0.2銭キャンペーンを開始しました
とはいえ1ヶ月ちょっとの期間限定のキャンペーンなんですけどね。
これを見てすぐにマネしてスプレッドを0.2銭に下げたのがGMOクリック証券です。
それを知ったライバルの大手FX各社も同日に即座に0.2銭に下げてきましたφ(.. )

楽天証券はFXの国内シェアが3位の会社、DMMFXは2位、YJFXは4位5位くらい。
FXの大手は競争が激しいので基本的にはスプレッドは横並びに近いです
どこか大手が先に下げて他が下げないと、あっという間にお客がよそに移動して
お客を奪われてシェアも利益も失うのでスプレッド競争に極めて敏感ですΣ(・ω・ノ)ノ
今回も過去と同じように大手FX会社は即座に反応したってことでそう
(同日に大手FX会社が即座にスプレッド0.2銭に下げるってのはかなり異例でそ)

特に最大手のDMMFXとGMOクリック証券はシェアが他社より飛び抜けてるので
この2社がスプレッドを下げると即座に他社が追随する傾向は非常に強いですね
今回はGMOクリック証券が0.2銭に下げたことが大きな引き金になったんでしょう。
一方で、マネパヒロセ通商といった中堅どころは追随しませんでしたΣ(・ω・ノ)ノ
シェアが少ないということは取引数量が少ないので収益も小さいってことです
同じようなスプレッドならシェアが少ないFX会社ほど厳しくなるからです。

特にマネパヒロセ通商は上場企業なので、安易にスプレッドを0.2銭にしてしまうと
次期の四半期決算からいきなり業績が悪化して株主からの反発も招きやすいでそ
FX以外の商品も少ないし、他の収益源があまりないって点も厳しいですね(´・ω・`)
これからは大手FX業者が焼け太りして、中堅FX業者が淘汰される時代になりそうです

ライブドアが上場廃止になって新興バブルが崩壊したことをきっかけに
SBI証券や楽天証券の株式手数料引き下げ競争が発生した結果どうなったか
次々と中堅ネット証券が赤字に転落して身売り&統廃合がすすんでいきました。
それと同じことがこれからFX業者でも起きるだろうと強く予測できますφ(.. )
時価総額も低いのでこれから買収が増えていくんではないでしょうか

ヒロセ通商(7185) 1816円 −4円 (−0.22%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7185
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=7185.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額117億円

マネパ(8732) 253円 ±円 (±0.00%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8732
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8732.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額85億円


ss2286234570 at 06:38|PermalinkComments(2)

2019年04月18日

ヒロセ通商の株価が爆上げ!

ヒロセ通商がカイ気配スタート、3月の営業収益が15%増と2ケタ伸長
https://kabutan.jp/stock/news?code=7185&b=n201904180154
2019年04月18日09時10分
ヒロセ通商<7185>がカイ気配スタートで大幅高、1700円近辺で底ばいを続けていたが、一気に上放れる動きをみせている。同社は外国為替証拠金取引の専業大手で小口の個人投資を主要顧客としている。17日取引終了後に発表した3月の営業収益は前年同月比14.8%増の10億2900万円と2ケタ伸長をみせた。これを材料視する買いを呼び込んだ。


2019年3月度月次概況(速報)に関するお知らせ

前回なつさんがあまりに割安すぎる銘柄だと書いたヒロセ通商ですが
2019年3月の営業収益が2月の倍の10億円越えをしたことで株価が急騰しました
まあ4/11に3月の業績を発表してたGMOクリック証券も大きく回復してた
くりっく365が開示してるデータでも3月は為替が動いて取引急増していたので
割安圏で放置されてたヒロセ通商の株価が上がるのは極めてあたりまえのことでそ

たしかに今年に入って為替のボラティリティが低下して業績悪化してるのは事実だけど
2018年4月−12月までの四半期累計業績では最終利益は過去最高の16億ですからね。
通期では最終利益が18億円は達成できそうな銘柄ですにょ(σ´∀‘)σ
ヒロセ通商は2/14に発表した1月の営業収益(=売上高)が悪くて株価が暴落して
3/14に発表した2月の営業収益も悪くて株価が安いままでずっと放置されてたけど
最終利益が18億円の銘柄が時価総額106億円とか頭がおかしいでそ

ちなみにKDDIがTOBしたカブドットコムは2019年3月の最終利益42億円でした。
しかしKDDIが買収した時点でのカブドットコムの時価総額1800億円です
KDDIの持ち分は約50%なので最終利益がたった21億円しかないカブドットコムを
900億円というバカげた高値で掴みしたアホと言えるでしょう(((( ;゚д゚)))
最近は株価が上がっても東証の出来高は増えてないのが実情なので
カブドットコムもこの先業績が伸びるかはかなり怪しいというのが現実です

もしカブドットコムの業績がこのまま横ばいで年間42億円の最終利益なら
総額900億円50%の株を買い取ったKDDIは投資額の回収までに
900億円 ÷ 21億円 = 約43年間というとんでもないアホみたいな投資になります
むしろカブドットコムの業績はこのところずっと下げ基調なので
回収期間が50年以上に伸びる可能性の方がはるかに高いと思いますにょ(σ´∀‘)σ

ヒロセ通商は昨年は業績絶好調で最終利益が18億円くらいに着地しそうなので
時価総額106億円で最終利益が18億円で投資回収期間を計算すると
106億円 ÷ 18億円 = 5.8年というとんでもない割安株なんだおね
ただこの計算は非常に甘いので実際には最終利益10〜12億円で計算すべきなので
やや厳しめの最終利益10億円で再計算してみるとこんな感じφ(.. )
106億円 ÷ 10億円 = 10.6年
かなり厳しい計算で10年なら実際には8〜9年で投資額が回収できそうな銘柄です

まあ何が言いたいかというとヒロセ通商は買収されやすい銘柄ってことです
FX事業を強化してる楽天証券、資金はあるけど証券事業が不調な松井やカブコム
シェア争いをしてるGMOクリック証券やDMM.com証券あたり
さらには累損大赤字で先の見えない岡三オンライン証券あたりも買収狙ってそう
特にSBI証券を業績でもキャッチアップしたい楽天証券あたりなら資金も豊富です
それこそ資金力はあっても業績が悪くて先の見えないスマホ証券あたりも
(特にLINE証券あたり)がヒロセ通商の買収狙ってもおかしくはないでしょう
なつさんの個人的な予想ではそのうちどこかでTOBされると思うんだおねφ(.. )

ヒロセ通商(7185) 1780円 +72円 (+4.21%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7185
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=7185.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
案の定というか予想通りにヒロセ通商の株価が急騰しました。
しかしくりっく365の開示してる日時データを見ると4月は取引高が激減してます
今週とか先週なんてドル円が1日に20銭くらいしか動かない日が多いですΣ(゚д゚;)
しかも4/19〜4/22は海外がイースター休暇なのでさらに市場が動きません。
どう控えめに見てもヒロセ通商の3月の月次業績は大幅悪化が確実でしょう
5/14以降も持ち越すのはかなりリスクが高いといえるでしょう。
あまり長く持たず、適当なとこで売却しておくのが正しいと思いますφ(.. )
なつさんはもう売却し終わりました(*´∀`*)ムフー 


ss2286234570 at 17:09|PermalinkComments(0)

2019年04月09日

ライブスター証券と外為オンライン



最近では国内の大手FX会社といえばGMOクリック証券やDMMFXが有名ですが
10年以上前までは外為オンラインが圧倒的な取引シェアを独占していました
当時は外為オンラインのCMがあふれていたので誰でもまだ覚えているでしょうφ(.. )
0407







しかし昨年度(2017年4月〜2018年3月)の決算を見てみると
なんとすでに大幅な赤字に転落していました。これはちょっと驚きましたΣ(゚д゚;)
たしかに外為オンラインのCMなんてこの2年くらいまったく見てないですもんね。
かつて外為オンラインは毎年50〜100億円近くの営業利益を稼いでましたが
スプレッド縮小競争に加わらなかったことで年々シェアを失い続けていました
すでにマネーパートナーズより取引高が少ないし、ヒロセ通商の半分以下しかないんで
おそらく国内のFX業者の中ではとっくに10位以下に転落してるんじゃないでそか
(まるでAKBの人気が転がり落ちたのと同じような軌跡で転がり落ちました

外為オンラインの昨年度(2017年4月〜2018年3月)の決算の中身はかなり驚愕です
黒字が赤字に転落したことは大した問題じゃないんです('A`)
なんと前年度の売上高76.2億円36.9億円半分に減ってるからです(((( ;゚д゚)))
売上高が横ばいでコストが増えて赤字化しただけならコスト削減すればすぐ改善しますが
企業の決算において売上高が半分に減るってのはかなりヤバい内容でそ

何かの事業に失敗したか先行投資が嵩んで赤字化するってことはありえる話です。
しかし売上高がたった1年で半分の2兆円に減ったら連日ストップ安になるのは確実です
コスト増加とか損失ってのは努力すれば意外と早く改善できるんですが
半分に減った売上高をまた2兆円増やすというのはおそろしく困難だからですΣ(・ω・ノ)ノ

家庭の家計で考えたらもっと身近でわかりやすいでしょう。
年収500万円の家庭で旅行費とか子供の学費が嵩んで年間100万円赤字はよくある話です。
過去の蓄えがあれば切り崩せま済むし、年収が同じなら翌年すぐに黒字転換は可能です
でも父親が失業して家計の年収がいきなり250万円に減ったらメチャ悲惨だおね
どんなに生活を切りつめても、子供が大学を辞めても家計の赤字は改善しないでしょう。
まあ家庭なら大学生の子供が大学辞めて働けば250万円の減収を補填は可能ですが、
これと同じ状況の外為オンラインが1年で収入半減を回復させるのはまず無理な話
リーマンショック級の不況が来て為替が30円ほど動かない限り可能性は1%もありません。

0412





















ちなみに外為オンラインを設立したのがISホールディングスという持ち株会社です
この会社は外為オンラインで稼いだ資金であちこちの会社を買収しまくってます。
東北大震災前後におきた先物暴落とオプション事件で倒産しそうになった
ひまわり証券も買収してるし、赤字であえいでた元IDO証券を2009年に買収して
現在のライブスター証券に社名変更させたのもこのISホールディングスという会社です

ISホールディングス
 
問題はこのISホールディングスの中核会社が外為オンラインということです(´・ω・`)
ひまわり証券を買収した資金もライブスター証券を買収した資金もすべて
元はといえばすべて外為オンラインが1社で稼いだ利益ってこと
じゃあその外為オンラインが赤字に転落したら何が起きるかはもう言うまでもないでそ

すぐにでも外為オンラインが赤字を脱出して業績が好転できたらいいですが
もしこのまま赤字が続くようならISグループすべてが傾くってことです
このまま外為オンラインの業績が傾いたままならグループ離散の危機ですからね。
ライブスター証券も身売りされる可能性も今後出てくるだろうし、まずその前に
今の安い手数料を大きく値上げしちゃう可能性が絶対的にあるってことだおね


ss2286234570 at 05:23|PermalinkComments(0)

2018年09月18日

GMOとSBIが海外向けのFXを強化

GMOFHD 子会社の増資(特定子会社化)に関するお知らせ
2018年8月28日
当社は、金融法人向け外国為替証拠金取引に関わる事業を目的として平成30年5月にGMOクリックグローバルマーケッツ株式会社を設立いたしました。今後、同社を軸として、個人投資家のみならず金融法人向け取引のグローバル展開を進めていくことから、それらの事業準備を目的として、同社による増資を引き受けることといたしました。

SBI、海外で個人向けFX
2018/9/18 20:00 日本経済新聞 電子版
SBIホールディングスは19日から、主に海外の個人を対象とする外為証拠金(FX)取引サービスを始める。すでに展開している法人向けに、裾野の広い個人向けを加えることで、海外での為替取引サービスの収益力を高める。個人向けFXサービスを始めるのは、2017年に設立したケイマン諸島籍の子会社「BYFX Global(ビーワイエフエックス・グローバル)」。顧客は主に主要7カ国(G7)の通貨を中心に、21の通貨の組み合わせから選ぶ。通貨の販売時に上乗せするスプレッド(値ざや)など手数料は日本の水準よりも高めになるため、収益貢献が見込める。18年末をめどに貴金属の取引も可能になる見通し。


GMOフィナンシャルHD(7177)SBIHD(8473)の両社が時をほぼ同じくして
FXの海外向けサービスを強化するというニュースが出ていました
ただし両社のアプローチ方法や方向性はまったく異なった内容でしたφ(.. )
過去の決算資料を読み直したところGMOFHDは海外法人(機関投資家など)を相手
自社からFXのカバー注文を流すあるいは受け取るといったビジネスを目的として
FXに特化した金融子会社を設立してそこに増資することでこれから強化していくようです。
例えていうならSBIリクイディティ・マーケットの海外版みたいなイメージでそか
対個人向けではないので表側からは見えないとこにいる裏方の会社だおね

一方のSBIは海外の個人投資家向けのFX会社の開業を準備してる様子だお
対象者は日本人ではなくあくまで海外の個人投資家ってことなので
英語圏でFXが盛んな国を中心にサービスを提供してくってことでそうΣ(・ω・ノ)ノ
(ケイマン諸島はイギリス領土なので公用語は英語)
おそらくアメリカ、イギリス、オーストラリア、ヨーロッパ全土もおそらく
かなりワールドワイドにビジネスを展開していくつもりのようです。
海外のiForexとかそういう会社がライバルになるっていうイメージでそうか

ただし本社を置くのがケイマンってのがなかなか微妙なイメージだおね
Googleで『ケイマン諸島』で検索するとあまりイメージの良くない結果が多く出ます。
マルタやケイマンはたしかに世界のメガ金融がこぞって支店を置いてる一方で
脱税の受け皿となっているという批判のつきまとう土地だからです(´・ω・`)
例のパナマ文書はまさにここ。よくこんなとこに子会社作ったなって感じだおね
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/48640

マルタも海外の詐欺バイナリーオプション会社数百社あるって噂されてる土地だお
そこに会社を設立したからって別に悪いことは何もないんだけど
だからってあえてそんな微妙な土地を選ばない方がよかったんじゃないでそか。
世界的にビジネスをやるからこそもっと正統派の土地に会社作るべきじゃないのかな
変に勘繰られたり疑われる可能性を最初から排除しておくためにもね(´・ω・`)

SBIってさりげなくGMOFHDへの対抗意識みたいなのが明らかにあるおね
資料みてもわざわざマネックスやカブコムではなくGMOFHDが載ってるしφ(.. )
SBIと楽天とGMOは証券、銀行、FX、仮想通貨のすべての事業でバッティングしてるし
3社とも香港のFX子会社設立してるし、タイでも証券会社作って競合してるから
各社が互いに意識するのはむしろ当たり前なのかもしれませんけどΣ(・ω・ノ)ノ
http://www.sbigroup.co.jp/investors/library/earning/pdf/h31_1q_hrc_a.pdf

SBIHD決算資料
http://www.sbigroup.co.jp/investors/disclosure/sbiholdings/


2018年05月01日
SBI、タイのネット証券を完全子会社化
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2018-05-01.html

2017年11月02日
GMO、10月からタイでネット証券開始 日系で初の全額出資

2017年04月02日
SBIホールディングス、香港でFX会社子会社の営業を開始

2015年06月13日
不倶戴天の関係 SBI証券 vs 楽天証券 vs GMOクリック


ss2286234570 at 23:00|PermalinkComments(0)