yogurting ヨーグルティング

赤字

2023年09月13日

楽天モバイル、自社回線の利用者数500万人を回復

楽天モバイル、自社回線の利用者数500万人を回復…「月額ゼロ円」廃止前の22年4月以来
2023/08/28 19:15 読売新聞
楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は28日、傘下の楽天モバイルについて「契約者数が500万回線に到達した」とX(旧ツイッター)で明らかにした。自社回線サービスの利用者数が500万人を超えたのは、昨年4月以来。今年6月からKDDIの回線を活用する新プランを導入し、通信環境を改善したのが奏功したとみられる。楽天は昨年5月に「月額ゼロ円」の料金プラン終了を発表し、22年末の利用者数は448万人に落ち込んだ。その後、新プラン導入で、今年7月末の利用者数(速報値)は491万人にまで回復していた。

楽天カード、直近12カ月における年間カードショッピング取扱高が20兆円に
2023/09/01 楽天カード
楽天カード株式会社は、直近12カ月(2022年8月〜2023年7月)の年間カードショッピング取扱高が20兆円を突破しました。
「楽天カード」のショッピング取扱高は、2枚目を含めた発行枚数が順調に増加し、「楽天市場」や「楽天ペイ(アプリ決済)」をはじめとする楽天グループサービスでの利用やグループ外での利用も増加しました。さらに、ポストコロナにおける旅行関連サービスや飲食店での消費回復、コロナ禍での行動様式の変化をきっかけとした非接触需要の高まりによるキャッシュレス化の流れが継続し、日常のお買い物にも多くご利用いただいています。その結果、直近12カ月(2022年8月〜2023年7月)の年間カードショッピング取扱高が20兆円を超え、前年同期比(2021年8月〜2022年7月比)で20%を超える成長を果たしました。
0811


















楽天グループ(4755) 609.1円 +13.5円 (+2.27%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart
さてここでも何度か取り上げている楽天が週足のテクニカルで上昇に好転しそうです
前からずっと監視銘柄に入れてたのでとりあえずお試しで仕込んでみました(´・ω・`)
ただ月足チャートでは615円あたりで上値抵抗線があるのでそこがやや気になりますよね。
週足チャートのテクニカルでいえば目先の上値余地は650円あたりになるでしょうか

【楽天のリスクとは?】
ヽ敕轡皀丱ぅ襪寮峪が何千億円と拡大しててグループの足を引っ張ってる。
➡  すでに投資費用の山を越えて足元では赤字減少傾向。今後は赤字が減少の見込み。
楽天グループの自己資本比率が低下してるので危険じゃないのか。
➡ 増資すればすぐ回復するし、なんならまた3,000億円増資すりゃいいんじゃね?
子会社をドンドン切り売りして資金に困ってる。会社ヤバいんじゃないのか!
➡ まだまだいくらでも換金できる優良子会社あるのにそのどこがリスクなの?
い泙世泙世海寮茲房匣弔僚還がやってきて資金繰りに苦しむじゃないか!
➡ 全額一括返済する必要ないし、子会社売った金で一部返還して残りは借り換えでよくね?


前にも何度か同じことをこのブログで書いてますけど、楽天はリスクが高いって騒いでる人って本当の意味でのリスクって何なのか理解できてない気がするんだおね(´・ω・`)

例えば、ビッグモーターは手元に数百億の資金あるらしいけど、銀行から借り換え拒否されてるから今後は苦しくなっても銀行から資金を借りることができません
しかも換金価値のある優良資産が大量にあるわけでもないのでとにかく店舗の中古車を売り捌いて凌ぐしかないし、さらに言えばその先で資金の入る見込みがありません。
売り上げ低迷してるし手元キャッシュは入ってこないし、おまけに保険代理店資格の停止取消リスクがかなり高いと予想されます
その上、上場してないので増資したり株券印刷で乗り切ることもできそうにありません
とてもじゃないけどビッグモーターに金貸したり出資しようとは思わないでしょう・・・。

ネクステージも第三者委員会の報告次第で詐欺・違法行為が暴露される可能性があります
(むしろ内部調査結果が全部虚偽で、ヤバい調査結果が出るリスクは非常に高めです)
もしそうなればビッグモーターのように銀行が借り換え拒否に出る可能性もあります
換金できそうな資産もあまりないのでとてもじゃないけど社債買いたいとは思わないし、最後の手段でMSCB連発という奥の手しそうなんで株価買うのもです
超短期ならともかく長期的に見てとてもじゃないけど投資対象にはならないでしょ・・・。

楽天グループのリスクって、もし再度増資したら株価が下がるリスクは確かにあるけど
それ以外の具体的なリスクが本当にあるのかって言われたら非常に低いと思うんだおね

負債が多くて売れるような優良子会社がもしなかったらリスクが高いってのはわかるけど、
上場無しでも高値で売り飛ばせそうな楽天トラベルもあるし、楽天銀行なんかよりはるかに時価総額が大きい値が付きそうな楽天カードもまだ手元に持ってます
換金できる資産や子会社持ってる楽天のリスクが高いってどういう意味?って思うのよ。

例えば、今の楽天を個人投資家に例えて考えてみた場合の話ですけど、
年収500万しかないけど、トヨタの株式10億円分持ってる人が4億円借金かかえてる投資家がいたとして、その投資家は本当にリスクの高い人なんでしょうか
トヨタ株を担保にして金借りれるし、なんなら株売って借金返済して終わりの話でしょ。
ネットの記事をそのまま鵜呑みにするのはすごいアホで、じゃあなんで楽天グループの株価が上がって評価が見直されてるのかを考えるべきじゃないでしょうか

2023年08月10日
楽天グループ1,399億円の赤字 社債返還のために楽天カード上場も?

2023年07月05日
三木谷「楽天証券はオレの財布!せや上場もして集金したろ」

2023年05月18日
6/18株式市況 〜楽天とサイバーエージェントの関係〜
https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2023-05-18.html

2023年05月16日
5/16株式市況 楽天グループ、最大3,000億円の増資発表

2023年02月16日
楽天G、モバイル不振で営業赤字が前期比9割増の3639億円に




ss2286234570 at 22:19|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年08月10日

楽天グループ1,399億円の赤字 社債返還のために楽天カード上場も?

楽天グループ最終赤字1399億円 1〜6月、携帯事業重荷
2023年8月10日 15:06 日本経済新聞
楽天グループが10日発表した2023年1〜6月期連結決算(国際会計基準)は、最終損益が1399億円の赤字(前年同期は1778億円の赤字)だった。赤字幅は縮小したが、携帯電話事業の設備建設費用などが重荷となり、同期間として4年連続の赤字となった。
携帯電話事業の営業赤字は1850億円(前年同期は2538億円の赤字)だった。売上高にあたる売上収益は前年同期比10%増の9728億円となった。旅行予約やネット通販「楽天市場」などの電子商取引(EC)サービスが好調だった。
同日、開かれた決算会見で三木谷浩史会長兼社長は「(携帯事業の契約数に占める)解約率は劇的に改善している。今後1〜2週間のうちに契約数500万回線を実現できる」と強調した。楽天モバイルは、22年5月に1ギガバイト(ギガは10億、GB)まで無料で使える目玉施策「0円プラン」の廃止を発表して以降、解約率は一時、高水準にあったが、23年4〜6月は2.4%まで下がった。契約数も481万件で前四半期に比べ24万件増えた。

楽天グループ、新プランも黒字遠く 最終赤字1399億円1〜6月
2023年8月10日 19:33 日本経済新聞
楽天は基地局などに充てるため発行した社債で、24年以降に大量の償還を控える。償還予定額は23年の780億円から24年に3000億円規模、25年に4000億円規模と苦しくなる。24年以降の償還に向けて、楽天証券HDの上場など資金の確保に追われる。
同日にはポイント事業と決済事業の再編を発表し、楽天カード(東京・港)傘下に同じく子会社の楽天ペイメント(同・同)を置き、一体運営をする方針を発表した。楽天カード上場の可能性を問われた三木谷氏は「現時点で予定はないが、今後の状況をみて柔軟に考えていく」と述べた。
楽天は今後の社債償還について「十分に対応できる」と説明。資金調達の見通しについては楽天証券HDの上場のほか、投資資産の資金化など「非負債性の調達をおこなっていく」という。楽天Gの社債の格付けは引き下げが続き、社債の借り換えコストが高まる中、携帯事業の止血をしなければ、資産の売却がさらに続くことになる。

楽天G、カード子会社で独自の資本調達も−株式上場検討の報道
2023年8月10日 12:18 ブルームバーグ
楽天グループは10日、オンライン決済の「楽天ペイ」事業とポイント事業をグループ中核のクレジットカード子会社「楽天カード」に集約させることを明らかにした。決済ビジネスの主体となる楽天カードを通じた他社との協業や必要に応じた独自の資本調達についても検討するとしている。
発表資料によると、楽天Gは同日の取締役会で同社が手掛けているオンライン決済とポイント事業を会社分割を通じて連結子会社の楽天ペイメントに承継させることを決議。その上で、楽天Gが保有する楽天ペイメント株すべてを連結子会社の楽天カードに移管することも決めた。
0811


楽天グループの第四半期決算が1,399億円赤字に着地したようですぬ(´・ω・`)
楽天モバイルの赤字額は前年の2,538億円の赤字から1,850億円の赤字に縮小してるんで、業績的には前年比で大きく改善してると言えますφ(.. )
ただ今後は社債の償還の山がやってくるのでこれを凌いで行くのかって話でしょう

楽天については正直なところ関係ない外野が騒ぎすぎだろって思うんですおね(´・ω・`)
社債なんてそもそも期限が来たからって全額返済しなきゃいけないなんてことはないんで、
それこそ償還期限がくる社債が3,000億円あっても実際に返済するのは1,500億円にしといて
残りは借り換えして少しずつ減らしていきゃいいだけなんじゃねっておもうし

そもそも負債なんてどこの企業でも大量に抱えてる訳で、楽天だけ全額返還しないといけないみたいな論調でやたら騒ぐのはさすがにおかしいだろって思うわけです
増えすぎた負債の一部を増資や保有有価証券売却や子会社上場・売却で返済してって
最終的には負債額を減らしていけば良い。ただそれだけのことだと思うんですおね

売却可能な資産がないビッグモーターみたいなのは銀行の判断一つであぼーんだけど
子会社以外で売却可能な保有有価証券が1,672億円すでに手元にある状態で、しかも上場ないし売却可能な子会社がこれだけあるのに騒ぐ意味がそもそも分からない・・・。
個人なら借金全額返済して身ぎれいにしなきゃとかいう論調はわからんでもないけど
企業なんて負債追ってるのが普通なんで、半分に減らせばそれで済む話でしょうφ(.. )

今回あらためて脚光を浴びはじめたのが楽天カードの上場に関する話です
今思えば1年ほど前に楽天はグループ内の構造改革をしてたんであれがヒントでしたね。
2022年10月以前は組織上、楽天カードの下に楽天証券がいたので、これだと楽天証券を上場した後で楽天カードを上場というのはさすがに筋が通らないので許されません
と言うことで、組織をフラットにして楽天カード・楽天銀行・楽天証券を楽天グループ直下に並列に並べていつでも上場に向かえるよう組織改編を済ませていたってこと
つまり、1年くらい前からこの3社は上場させる目論見がそもそもあったって事でそう

0811






















楽天グループ(4755) 561.3円 −4.2円 (−0.74%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart

2023年07月05日
三木谷「楽天証券はオレの財布!せや上場もして集金したろ」

2023年04月20日
楽天銀行、1株1400円でプライム市場上場へ…717億円の資金調達見込む

2023年02月16日
楽天G、モバイル不振で営業赤字が前期比9割増の3639億円に

2022年10月15日
楽天モバイル社員松崎竣太郎(27)さん「ストレスで放火しました」




ss2286234570 at 15:58|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年02月16日

楽天G、モバイル不振で営業赤字が前期比9割増の3639億円に

楽天G、モバイル不振で営業赤字が前期比9割増の3639億円に
2023/02/14 17:05 会社四季報
楽天グループの三木谷浩史社長は14日、有利子負債残高を削減するために傘下の楽天銀行や楽天証券ホールディングスの新規株式公開(IPO)を確実に実行するとした上で、親会社や子会社での外部資本の活用も検討していくことを明らかにした。
三木谷社長は同日午後に行った決算説明会で、「楽天銀行のIPOはオンプロセスで進めていきたい」とし、楽天証HDの上場は「今年度中」に実施すると述べた。また、戦略的業務提携や外部資本の活用を柔軟に検討するとしたが、詳細については言及しなかった。
同日発表された楽天Gの前期(2022年12月期)決算は、営業損失が3639億円と前の期の1947億円から87%拡大、過去最大の赤字となった。自社基地局の設置など先行投資負担が継続したモバイル事業で5000億円近い損失を計上したことが響いた。

楽天G三木谷社長、負債削減へ外部資本の活用検討−過去最大赤字
2023年2月14日 15:35 ブルームバーグ
楽天グループの三木谷浩史社長は14日、有利子負債残高を削減するために傘下の楽天銀行や楽天証券ホールディングスの新規株式公開(IPO)を確実に実行するとした上で、親会社や子会社での外部資本の活用も検討していくことを明らかにした。
三木谷社長は同日午後に行った決算説明会で、「楽天銀行のIPOはオンプロセスで進めていきたい」とし、楽天証HDの上場は「今年度中」に実施すると述べた。また、戦略的業務提携や外部資本の活用を柔軟に検討するとしたが、詳細については言及しなかった
同日発表された楽天Gの前期(2022年12月期)決算は、営業損失が3639億円と前の期の1947億円から87%拡大、過去最大の赤字となった。自社基地局の設置など先行投資負担が継続したモバイル事業で5000億円近い損失を計上したことが響いた。

楽天Gが続落後切り返す、インフラ投資のピークアウト感を好感
2023年2月15日10:13 ロイター
楽天グループが続落スタートした後に切り返し、2.8%高となっている。同社が14日に発表した2022年12月期連結決算(国際会計基準)は、携帯電話事業の基地局整備の負担をインターネットサービス事業や金融事業では補いきれず、純損失は4年連続で過去最大となった。ただ「インフラ投資がある程度進み、最悪期は過ぎつつある」(国内運用会社)として、インフラ投資のピークアウト感は好感されているという。
同社株は低調な推移が続いている一方、「純損失が黒字転換すれば、長期的にみて株価の上昇余地はありそうだ」(同)とみられている。純損失は前年比2.7倍の3728億円だった。


さて、3,639億円の大赤字を計上した楽天グループですが、悪材料出尽くし感のようなものもあり、朝の寄り付きは下げたものの、一気に切り返して大陽線で引けました

株ってのは基本的に先行き不透明であればあるほど強く売られやすいですが
先行きの不透明感が解消すると株価が反転して上げ始めるというがありますφ(.. )
結局のとこ好材料も悪材料もまだ織り込まれてなければ強く株価に影響してきますが
どんな好材料も悪材料も織り込んでさえしてしまえばなんの意味もないということ(´∀`*)

今回については楽天は大赤字を計上すると誰もが予想してたし共通された認識だったので
今さら赤字が膨らんだところで驚きでもないし、織り込み済みだったのでしょう
なにより投資家が懸念してた不透明部分を決算時に説明したので不透明感が晴れたこと

決算発表時の説明
ヽ敕轡皀丱ぅ觧業への投資は3年間集中的に投資したので今後は費用が落ち着く。
楽天モバイル議場については早急に単月黒字化をすすめていく。
3敕珪攘瑤箜敕袈箙圓IPOを確実にすすめて有利子負債を減らしていく。
こ杏瑤らの出資を受け入れて、有利子負債の削減や自己資本の改善を進めていく


ざっくりだとこのくらいですが、先行投資が底を打ったと説明したことでφ(.. )
結果的に機関投資家には悪材料が織り込まれて回復に向かうと好印象を受けたんでそ
こんなクソみたいな大赤字決算で上げたってことはかなり強いとも言えますね。
株価的には目先で乱高下しても、基本的には上昇基調に入ると思われます(*´∀`*)ムフー
大赤字決算で上げたってことはこれ以上の悪材料出ても「織り込み済み」で終わりそう。

楽天グループ(4755) 713円 +51円 (+7.7%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart
時価総額1兆0,799億円

昨年12月からナンピン買い下がりをしていた楽天ですが大陽線で引けました
ほとんどの期間ずっと含み損でしたが最終的はすべて利食い確定という素晴らしい結果
狙って売却したというより705円前後に指値決済注文入れてたので売れてただけですが、
何はともあれ年初から素晴らしい利食いをかましたのはいいことです(*´∀`*)ムフー

最近は楽天が危ないだの倒産するだのとSNSで書き散らすアホが多く見受けられますが
機関投資家はそんな判断はしてないし、自分でも全くそういう風には思いません。
楽天証券だけでも4,000〜4,500億円、楽天銀行は6,000〜7,000億円の価値があるんで
(さらに言えば楽天トラベルも1,500〜1,800億円くらいの価値はあるでしょう)
いざとなればこの2社を売るだけで1兆〜1兆2,000億円を調達できてしまいます。
そもそも楽天としては高く売りたいからIPOを狙ってますが、どうしても資金が調達したければ、メガバンにバルクで纏め売りすれば即金で1兆円以上が入ってきます
しかも売却した後も楽天経済圏から外さないと約束するだけでさらに+1,000億で上乗せ

メガバンは対面営業を徐々にやめて支店の縮小と統廃合をずっとすすめていくので
ネットに注力していく中でネット証券とネット銀行は垂涎の的なので高く売れます
大手メガバンを入札で競わせて1兆3,000億円で売れてもおかしくないわけですΣ(・ω・ノ)ノ
メガバンは楽天経済圏に楽天証券と楽天銀行を残したまま買い取りたいのが本音なので、当然のことながら楽天にも出資することは厭わないでしょう
1兆円は売却資金で受け取って、残りは出資してくれと頼めばすぐに飲むでしょう。

今の楽天は借金が1億円あって自宅金庫にの時価1.2億円の金塊を持ってるようなもの
借金が多いだとかふくらんでると騒いでも、金塊売ったらそれだけで解決します
破綻だの破産だのになる可能性はまったくないというか99.8%ねーだろと(*´ -`)(´- `*)

即座に換金できる子会社と望めばすぐにメガバンから出資を受けれる状況において
なにをどうやったら破綻できるのかと小一時間問い詰めたいですねφ(.. )
今の状況で楽天がヤバいと本気で思ってるならむしろそいつの頭がヤバいでしょう。
今すぐ脳外科で自分の脳をすべて摘出してチンパンジーの脳みそに載せ替えるべき
きっとCPUがアップしてもう少しまともな頭になれること間違いありません

2023年01月28日
楽天グループ、個人向け債利率3.3%に決定

2023年01月14日
楽天G、社債2500億円発行へ(利回り2~4%) 携帯電話事業に充当

 

ss2286234570 at 07:28|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年11月21日

イーロン・マスクさんの解雇政策、正しかったと証明されてしまう📜

Twitter大量解雇直後にマスク氏が通達した「真っ当な経営方針」の中身
2022.11.18 4:12 ダイヤモンドオンライン
Twitterの財務リポートによれば、2022年Q2時点で世界の収益可能な日間アクティブユーザー数は2億3780万人(増加傾向にあるが、新興のTikTokより少ないことも事実)。知名度の高さやユーザー数に対して収益性が低く、マスク氏のツイートによれば1日あたり400万ドル(約5億6000万円)の赤字を出しているとのことだ。
赤字の最大の要因は人件費である。たとえば2021年12月期の売上高は50億7748万ドル(約7000億円)もあったが、純損失は2億2141万ドル(約310億円)の赤字だった。人件費の内訳は、運営チームへの報酬を含む「売上原価」=17億9751万ドル(約2517億円)、エンジニアへの報酬を意味する「研究開発費」=12億4670万ドル(約1745億円)、セールスやマーケティング部門の報酬である「販売費」=11億7597万ドル(約1646億円)、役員や管理部門の報酬が大半を占める「一般管理費」=5億8434万ドル(約818億円)であり、これが収益性の足かせとなっていた。
マスク氏が社員の約半分をいきなり解雇したことが議論を呼んでいるものの、即効性のある経営改善策としては致し方なかったともいえる。今回の一件で、ファイザー、アウディ、フォルクスワーゲン、ゼネラルミルズなど一部の大手企業が広告出稿を見合わせる決定を行った。これはTwitterにとっては無視できない不安材料だが、もし従来の半数の社員で今後同等または多少の減少で売上高を確保できれば、短期間で黒字経営を実現できる可能性は十分にあるからだ。

激務か退職か、マスク氏がツイッター社員に決断迫る 17日までに
2022年11月17日12:21 ロイター
実業家のイーロン・マスク氏は買収した米ツイッターの従業員に対し、「高強度で長時間」働くために同社に残ることを望むか、3カ月分の給与を解雇手当として受け取り退職するかをニューヨーク時間17日夜までに決めるよう伝えた。
従業員宛てのメッセージで、17日夜までに「新たなツイッターの一員になりたい」と確認するリンクをクリックしなかった従業員は退職したとみなされるとした。

リモートワーク希望の社員をかばうと解雇…イーロン・マスク、ツイッターの管理職に警告
2022,11.18 10:45 BUSINESSINSIDER
Insiderが確認した一連の電子メールでマスクは、リモートワークに関する自身の姿勢をさらに明確にした。ツイッター社員はこれまで約2年間、希望すればいかなる場合でもフルタイムで在宅勤務できる「work from anywhere」という会社の方針のもとで働いてきた。マスクはそれを変えようとしており、スタッフへの最初のメールで、マスクが認めた「例外的な」社員だけが在宅勤務を続けることを許可されると述べている。
「承認に必要なのは、あなたが優れた貢献をしていることを上司が責任を持って確認することだ」と、マスクは今回の一連のメールの最初の一通に書いている。

米ツイッター、2年連続赤字 世界利用者は13%増の2.2億人
2022年2月11日 12時30分 朝日新聞
米ツイッターが10日発表した2021年通年決算は、売上高は前年より4割近く増えたものの、株主集団訴訟の和解金が重しとなり、2年連続で純損益が赤字となった。
21年通年の売上高は、前年比37%増の51億ドル(約5900億円)、純損失は2・2億ドル(前年は11億ドルの赤字)。昨年10〜12月期は売り上げが前年同期比で2割増えたものの、人件費や研究開発費などがかさみ、純利益は2割近く減った。
Twitterを買収したイーロン・マスクが大量解雇をいきなり実施したことで
アメリカのリベラル・メディア(民主党系)はこぞって従業員の応援をする記事を書き
マスク氏が批判される傾向にありますが、まあどう考えてもマスク氏が正しいですね

売上高が7,000億円もあるのに人件費が収益を圧迫して赤字たれ流しとかダメでしょ(´・ω・`)
どう考えても赤字の原因は旧経営陣にあるので従業員の解雇やリストラは当然のこと。
むしろ従業員に甘く利益を出せる体質に修正できなかった旧経営陣がすべて悪い(゚д゚)、ペッ
上場してか頃からこの赤字体質は続いてたわけで、マスク氏の判断が100%正しいでそね。

実際のとこ旧経営陣下のTwitterは思想的にリベラル寄りすぎたのもよくなかったφ(.. )
少なくともメディアであるならもっと中立の立場で運営されるべきでした。
米民主党系寄りで従業員に甘く、赤字たれ流してましたでは株主は到底我慢できません
なんの価値もない働かない高給取りのキラキラ女子なんてさっさと解雇すればいいだけ。

さて、イーロン・マスク氏は毎日残業して死ぬほど働けと命令をしてますが
現状のTwitterはただの赤字会社なのでそれもまた当然のこととしか言いようがないですね
死ぬ気で働かないなら赤字が増えて会社が倒産して従業員は全員解雇になるだけでそ。

またマスク氏はリモートワークに反対の姿勢で、上司が部下の高い功績を認める以外では
全社員が出社してハードワークしろというリモートワーク否定派でもありますφ(.. )
ちなみにGoogleのCEOもリモートワーク否定派で出社しろと強く命令しています
少なくともGoogleですらリモートワークは週1〜2日にしろという主張ですおね。

なつさん自身も原則的にはリモートワークは否定派で制限すべきと思います(´・ω・`)
もちろん育児をしている若い母親の社員やコードを書くだけのエンジニア職や
業務のほとんどがルーチンワークしかない社員ならリモートワークでもいいでしょう。
でも実際のとこ最近はコードを書くのですら最近はAI化されて自動化されてきてるし
ましてやルーチンワークなんて人がやらずに自動化すればいいんじゃねと感じます。

アメリカでは基本的にテック企業ほどリモートワーク否定派の立場ですおね
決まり切った業務やルーチン業務をするだけならもちろん自宅でできますけど
新しいサービスや商品を開発するとなると明らかに自宅では無理があるからでしょう
あるいは開発の遅延や要件漏れ、業務連絡ミスが頻発して進捗が遅延するから。
新商品や新サービスを提供してなんぼのテック企業にとっては致命的になりかねません

会社によってリモートワークへの判断は日本国内でも二分化されていますΣ(・ω・ノ)ノ

日本でもいわゆる新興企業系で新しい商品やサービスを開発して伸びてきた企業ほど
リモートワーク否定派で従業員は全出社か週3〜4出社の方向にあります
本社が入ってるビルを見ればわかりますが、サイバーエージェントや楽天なんかは
深夜でもオフィスにライトがつきまくってるし、週末ですら明らかに働いてますφ(.. )





ちなみにヤフーはネット企業でも珍しくテレワーク制度拡大政策を採用しており
テレワーク制度が高評価でどんどん外部からエンジニアが殺到して中途入社しています
しかし、ヤフーの社員に聞いてみると中途の社員が増えすぎてむしろ困惑が広がっていて
増えすぎた社員間でテレワーク業務をすすめると意思疎通が困難になってしまったり、
相互のチェック漏れや要件漏れ、部内での決め事や方針がうまく共有できておらず
特に新商品や新サービスの開発に遅延出戻りが大量に発生してしまっていると聞きます。

数字的なものは聞いてませんが明らかにヤフーは失敗してる印象を強く受けました
Zホールディングスは傘下のLINEが赤字会社を抱えて業績が低迷してるという要因と
ヤフー自身も業務全般で遅延が生じてもろに進捗遅延で業績も苦しんでいるようです
わりとTwitterと同じ路線に向かっているなという印象を強く持っています(´・ω・`)

国内では大手の富士通やNECや日立などが積極的にリモートワークをすすめていますが
あれもエンジニアや開発部門・インフラ部門だけでもフル出勤にしておかないと
2〜3年後に手ひどいしっぺ返しを食らうのではないかと感じていますφ(.. )

海外の競業他社が次々とリモートワークの廃止縮小に踏み切っている一方で
国内の大手企業ではリモートワークを週5実施しているところが多いようですね(´・ω・`)
このまま数年たつとおそらく新商品や新サービスの開発に遅れが生じやすくなり
結果的に国内外のライバル企業に置いて行かれて苦しむだろうと予想しています

コロナ過でインフラ事業が伸びて業績が復活してきた富士通やNECも逆風下に置かれ
さらに海外との競争にも後手を取って再び大リストラを迫られるんじゃないでしょうか
リモートワークがすべて悪いとは言いませんが、世の中の変化に柔軟に対応できておらず
他国のライバル企業がコロナ終了に応じた対応してるのに置いてかれてる印象が強いです

Zホールディングス(4689) 359.5円 −5.4円 (−1.4%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4689
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4689.T/chart




ss2286234570 at 21:47|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年08月20日

ハウステンボス売却1000億円規模 HIS、PAGと最終調整

ハウステンボス売却1000億円規模 HIS、PAGと最終調整
2022年8月20日 20:00  日本経済新聞
エイチ・アイ・エス(HIS)は傘下のテーマパーク「ハウステンボス」(長崎県佐世保市)について、香港拠点のアジア系ファンド、PAGへの売却で最終調整に入った。HISや九州電力など九州の地元株主は保有株を売却する方向で、取引額は1000億円規模になる。月内にまとめたい考え。HISはハウステンボス売却で資金を確保し新型コロナウイルス下で打撃を受けた財務基盤の安定を目指す。複数の交渉関係者が明らかにした。HISはハウステンボス株の66・7%を保有する。残る株式は九州電力、西部ガスホールディングス、JR九州、西日本鉄道、九電工という九州の地元企業が保有する。PAGとの売却交渉はHISが主導して進めており、地元企業も応じる方向だ。株式の9割以上を売却する方針で、株式すべてを売る可能性もある。
HISはコロナ禍の旅行需要の低迷を受け、21年10月期の連結最終損益が約500億円の赤字となった。21年11月〜22年4月期も最終損益が269億円の赤字(前年同期は235億円の赤字)となり、22年4月末の自己資本比率は6%と、21年10月末に比べて4ポイント低下していた。主力の海外旅行の回復ペースも鈍いなか、財務基盤の安定のため、電力小売事業の売却などを進めてきた。

ハウステンボス売却へ、HIS 財務改善急ぐ…コロナで打撃「優等生」手放す 
2022/08/05 05:00 読売オンライン
HISは21年10月期連結決算で、最終利益が過去最大の500億円の赤字となった。コロナ禍で海外旅行客はいなくなり、売上高は2年間で7分の1に減った。22年4月中間連結決算も269億円の赤字で、回復の兆しは見えない。さらに、政府の観光支援策「Go To トラベル」で昨年12月に子会社の補助金不正受給が発覚し、国内旅行でも逆風が吹く。
財務改善のため不動産売却や増資を行ったが、自己資本比率は5・8%に低下した。銀行からの融資を受けるためにも早期の立て直しが急務だったとみられ、「ハウステンボスを売却しなければ、危機的な状況になる」(証券アナリスト)と厳しい見方が出ていた。ハウステンボスは、HIS会長グループ最高経営責任者(CEO)の沢田秀雄氏が自ら経営に乗り出すほど肝いりの事業で、コロナ禍前は、HISグループの営業利益の半分近くを稼ぐほど屋台骨を支えてきた。
キャプチャ



HIS傘下のハウステンボス売却が本格化して実現するようですね(σ´∀`)σ
今までずっとハウステンボスは長崎オランダ村を買い取って作り直した施設とばかり思ってたんですが、実際にはまったくの別物で同時に存在した時期があったようです
まったく同じコンセプトなんで経営主体も同じなのかとばかり思ってましたΣ(゚д゚;)
(設計した人は長崎オランダ村と同じだけど経営主体も場所もまったく別のようです)

売却額が900億円って最初聞いた時は「高いな!」って思ったんですが
よくよく考えたら買収先は海外ファンドで米ドルで購入して支払うだろうから
高い値段で売れらというより単純に円安で高額に見えてるだけなんでしょうね
米ドル円105円の時代から考えたら30%近く為替が変動してしまってるんで
ファンドからしたら支払額が増えたわけじゃなく日本円に換算したら増えただけで
むしろ円安で値下がりしてたから購入したみたいなところもあるんでしょう(´・ω・`)

売却する側のHISにしたらハウステンボスの売却は苦渋の選択なんでしょうΣ(・ω・ノ)ノ
HISグループの利益の半分近くをハウステンボスが稼いでた時期もあったようだし
コロナ以降でようやく黒字化した矢先だし、世の中がもう少し落ち着いてきさえすれば
HISグループの傘下で再度利益を稼ぎ出せる可能性もあったわけですし(´・ω・`)
あるいはハウステンボスの業績がもっと回復してから売却するのであれば
もっと高値で売却できるチャンスもおそらくあるわけで、HISグループとしては自己資本比率改善のために苦し紛れに安値で売却したって認識なんでしょうφ(.. )

エイチ・アイ・エス(9603) 2,048円 +11円 (+0.54%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9603
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9603.T/chart
株価的にはあまりにも白身のある値動きじゃないし、セクター的にもいまいちです。
百貨店なんかは今になって業績が大きく回復してるんで株価もガンガン上がってるし
アフコロ銘柄の中には狙ってよさそうなのもあるけど旅行セクターは厳しめ
もう少しコロナ感染者が落ち着いてGoto再開になったら動くかもしれませんが(´・ω・`)


ss2286234570 at 21:19|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年05月26日

西武鉄道、固定費削減のために中古車両の

西武が中古車両の導入を視野に…鉄道事業の固定費削減などを推進
2022年5月16日(月)17時45分
西武ホールディングス(西武HD)は5月12日に発表した「2022年3月期 決算実績概況 および『西武グループ中期経営計画(2021〜2023年度)』の進捗」において、他社の車両を譲受する方針を明らかにした。グループ傘下の西武鉄道(西武)では、メンテナンス性や省エネ性に優れた無塗装車体のVVVFインバーター制御車の導入を進めており、2022年度末までにはその保有比率をコロナ禍前の47.4%から56.2%に引き上げる構えだが、西武HDではコロナ禍で需要減が続く鉄道事業の収益構造を見直すべく、2022年度は「都市交通・沿線事業の経営改革」の推進を掲げており、固定費の低減などを図る一環として同仕様の車両を他社から譲り受ける方針を示している。
1754799












西武鉄道が中古車両の導入を決断 コロナ後の固定費削減に苦慮
2022.5.26 日経ビジネス
「黒字必達ということで全社挙げて取り組んだが、残念ながら2期連続の最終赤字となった」。JR東日本の喜㔟陽一副社長は、949億円の最終赤字となった22年3月期決算について、こう無念そうに話した。JRグループで最終黒字に転換したのはJR九州(純利益は132億円)だけ。一方、大手民鉄16社は、東京メトロと京成電鉄を除いて黒字転換した。
分かれ目は、新型コロナウイルス禍による鉄道事業の赤字を流通や不動産など別の事業で埋められたかどうかだった。大手民鉄16社の営業利益は合計で1221億円だったが、鉄道事業に限ると306億円の営業赤字。鉄道事業が黒字転換したのは、東武鉄道小田急電鉄近畿日本鉄道京阪電気鉄道阪急電鉄阪神電気鉄道の6社にとどまる。




西武鉄道がついにコストダウンのために中古車両の導入を検討するそうですφ(.. )

でもまあ、JRも地方の田舎の路線乗ったら車両なんてほぼすべて中古車両でしょ。
都内の私鉄だからってなにも新車両じゃなきゃダメってこともない。
電車乗ってるときはチャートと株価見るくらいしかしてないんで
時刻表通りに電車が動いて、空調さえ快適だったらなんも文句ないですからね
車じゃないから「新型車両じゃなきゃ乗りたくない!」なんていう乗客はいないわけで
中古車両でも内装を綺麗に改装しておきゃ誰も文句はないんじゃないでそか

鉄道以外で稼げた私鉄は黒字化できたようですが、西武HDはそうもいきません。
そもそも、西武HDは鉄道以外にはホテル事業とかレジャー事業を手がけてるので
今回のように新型コロナ過のような事態になると全事業壊滅的ダメージを受けます

西武HDはホテル事業を自前で持ちつづけるのはリスクが高すぎるという判断で
たしか主要なホテルもあらかた海外ファンドか外資系企業に売却してた気がします
まあ売却といっても保有はせずに事業そのものは運営を担当するスキームですが、
手元資金に困ってなんとか現金を入手するために打ったような感じでした(´・ω・`)

JRでも鉄道以外で稼げてるJR九州はすでに黒字化してましたφ(.. )
一方では、新幹線で稼ぐスタイルのJR東海とJR東日本は赤字に沈みました
新型コロナ過の影響で新幹線の乗車率の回復が遅れているからでしょう(´・ω・`)

ただ直近では大学生も普通に大学に通ってるし、サラリーマンも普通に通勤してます
都内の朝の電車はどこも混んでるし、定期券がたっぷり売れて収益は回復傾向でそう。
今後は少しずつでも旅行やレジャーも上向きなので、コロナ前と同じ水準までではないにしても新幹線の乗車率は回復していくだろうし、利益額も大きく伸びてくると思います

西武ホールディングス(9024) 1,379円 +11円 (+0.80%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9024
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9024.T/chart
今日は鉄道、百貨店、外食、空運、飲み屋、レジャー、旅行株が上がってました。
6月から外国人の入国規制を緩和して旅行者が増える可能性が高いため
消費セクターの銘柄は業績が回復しやすいという流れで買われたんでしょう
西武HDの株価は月足チャートで見ると1,500円のとこから上にぶ厚い雲があってそれより上値を追うのはなかなか厳しそうですが、1,500円までなら上がりそうな感じです
何かのひょうしに下げて1,300円台の前半で買うってのは戦略としてはありでしょう。




2022年02月06日
西武HD、ホテルなど30施設売却 外資系に1500億円規模

2021年07月23日
西武HD、ホテルなど40施設売却へ 全国で1000億円超


ss2286234570 at 16:41|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年05月07日

PayPay証券 今期業績は2022年3月末で推定赤字31億円

PayPay証券 誕生1周年記念キャンペーン!
2022.02.01 
PayPay証券株式会社は、2021年2月1日に商号を変更し、本日で1周年を迎えました。
PayPay証券誕生1周年を記念して、2022年2月1日(火)から3月31日(木)までの期間中に新規口座を申し込みの上、4月30日(土)までに口座開設されたお客さまの中から抽選で111人に10,000円、1,111人に5,000円の投資資金をプレゼントするキャンペーンを実施します。
0508










【2021年3月期】通期決算資料
https://www.paypay-sec.co.jp/corporate/discloser/discloser.html
営業収益  7億2,159万円(+252.7%)
営業利益−16億8,592万円
経常利益−16億8,597万円
当期利益−16億7,736万円

キャプチャ











PayPay証券は2020/4〜2021/3の期間に85億円増資を受けています
ちなみに今年度は期初の2021年3月末に74億7,300万円ほどあったようですが
これが2022年3月末には43億5,500万円に減ってるように見えますφ(.. )

74億7,300万円−43億5,500万円=31億1,800万円

あくまで推定ですけど、今期の決算は31億円以上の赤字じゃないのかってことです
実際にはシステム除去損とか特損があったらもっと赤字が膨らむ可能性もあります
金だけもらった小学生が無計画に金使って遊んでるだけにしか見えないんですよね。

最近は1年に30億とか2年に85億とかバカみたいに増資しまくってますけど
親会社のソフトバンクとみずほ銀行から金もらってドブに捨ててるだけでしょう。
増資で85億円もらってたった2年で使いしつくすペースとかアホなのかと

LINE証券と同じく、増資を受けてどんどん商品数ばかり増えてきていますけど
なんていうかただ無計画に商品ラインナップ増やしてるだけなんですよね・・・。
02.11




商品を増やして従業員を増やしまくるとか戦略性の欠片もないし、知性も感じません。
派遣社員も含めて従業員がたった57名しかいない会社が31億円も赤字出すとか
常識的に考えたらちょっと頭おかしいんじゃないのってレベルの話でしょ。
事業やるより31億円を山分けして持ち逃げした方がよっぽど人生の成功率高いですね

そもそも2005年以降に参入して成功したネット証券なんて1社も存在してないので
(GMOクリック証券やDMMはFXに特化して成功できたおかげで生き残った)
残念なことにPayPay証券もLINE証券も成功率が0%の事業をやってるんですおね
やってることが大失敗したジョインベスト証券の作戦とまったく同じですからね
過去の失敗から何一つ学ばずに同じ作戦を繰り返すから失敗してるんだおね(´・ω・`)

基本的に中小企業が大手に勝とうと思ったらもっと戦略を練った上で
たった1つ、ないし多くても2つの商品に特化して勝負をかけるべきなんですよね

戦争でもビジネスでも一番大切なのはすべての資源を一点に集中させて突破することです
一番やってはいけないのは、経営資源を分散させる多方面作戦です。これはもう必敗
SBIや楽天といった強敵と戦うなら絶対に一点突破作戦でやらないと100%失敗するでそ
弱者のベンチャー企業が手を広げてた方面作戦やるなんて戦略として最悪です。
全ての戦線で人員不足、資金不足、補給不足になるのは誰の目から見ても明らかです。
0000




※動画にリンクあり








さらに言うと、PayPay証券って実際には株式取引ができないんですよね。
あれ実際には株じゃなくてただの株式CFDで160銘柄しか売買できないんですよね
https://www.paypay-sec.co.jp/base/brand/brands_jpn.html
しかもスプレッド0.5%取られるんで100万円の売買で5,000円コストがかかります。
1,000万円分購入したら5万円手数料盗るとか客のことバカにしてるとしか思えない

最近は大手ネット証券で100万円以下の売買はかなり手数料下げてきてるんで
それと比べたらPayPay証券は取引コストが何倍も高いことに気がつかされます。
売買できる銘柄が160しかないのに売買コストが何倍も高いとかバカにしすぎでしょ
SBI証券が手数料無料化したらPayPay証券利用するメリットは完全にゼロですよね。

2022年02月11日
PayPay証券さん、資本溶けまくり2021年12月で推定赤字22億円

2021年07月30日
PayPay証券の決算は16億円の赤字で着地 赤字はやや減少

2020年04月19日
ベンチャーキャピタルの死体置き場、スマホ証券の未来


ss2286234570 at 06:58|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年04月28日

メルカリ、不正増加で16億円の追加出費 通期予測は86億の赤字

メルカリ、不正増加で16億円の追加出費 クレカ不正利用とフィッシング詐欺で成長も鈍化
2022年04月28日 19時10分 ITmedia
メルカリは4月28日に発表した2022年6月期第3四半期決算の決算資料で、アプリにおけるクレジットカードの不正利用とフィッシング詐欺の増加により、流通取引総額(GMV)の成長が鈍化した上、ユーザーへの補填金として第3四半期のみで合計16億円の出費があったと明らかにした。メルカリの22年6月期第3四半期連結決算(21年7月〜22年3月)は、売上高が1097億100万円で前年同期比42.7%の大幅成長を遂げ、営業損益も46億8600万円の赤字(前年同期は202億9200万円の赤字)と改善した。
一方、クレジットカードの不正利用は21年末から増加。不正防止のためユーザーへの利用制限を実施したところ、GMVが推定値を数%下回り、ユーザーへの補填金も10億円に上った。メルペイでもフィッシング詐欺の影響でユーザーへの補填金6億円を支払ったという。

メルカリ、不正利用の影響で成長減速。補填金10億円
2022年4月28日 17:35 Impress Watch
メルカリJPでは、2021年末から不正利用が増加し、GMVや費用に大きく影響した。主にクレジットカードの不正利用によるもので、対策のため多くのユーザーの利用制限を実施したことから、これがGMVを数%引き下げることとなったという。ユーザーへの金銭被害の補填などの補填金は10億円。メルペイにおいても、フィッシングの影響で補償金6億円を計上している。
メルカリJPの売上高は224億円、調整後営業利益は54億円で、調整後営業利益率は24%。不正利用の影響がなければ28%だった。不正利用によるGMV減少に加え、10月の緊急事態宣言解除後に在宅時間が減少したことが、出品鈍化や購入頻度の減少など、GMV成長率の鈍化要因となった。 

メルカリ、非開示だった今期最終は赤字転落へ
2022年04月28日15時00分 Kabutan
メルカリ <4385> [東証G] が4月28日大引け後(15:00)に決算を発表。22年6月期第3四半期累計(21年7月-22年3月)の連結最終損益は77億円の赤字(前年同期は35.7億円の黒字)に転落した。併せて、非開示だった通期の業績予想は連結最終損益が86億円の赤字(前期は57.2億円の黒字)に転落する見通しを示した。
0428


メルカリがカードの不正利用などの16億円もの補填金を払ったこともあって
今期の通期業績予測は86億円もの赤字に転落するようです(((( ;゚д゚)))

決算資料読んでたらカードの不正利用の補填金がなかったらもっと決算よかった的な
言い訳がやたら多い内容でしたけど、それなかったとしても普通に赤字ですよね
こんな仮定の話で変な言い訳しなかった方がよかったんじゃないでしょか

米メルカリはインフレとか郵送コストの増加などで第4四半期で45億円の赤字です。
でも記事の図を見ると売上高が全然伸びてないのがよくわかります(´・ω・`)
アメリカメルカリ事業では広告費に金かけて売り上げ伸びませんでしたってことで
冷静に考えたらただ単に業績が悪かったという、ただそれだけのことですね

そもそも不正利用防止のための追加認証を実施すると利用者が嫌がってサービスの利用率が下がるから、わざわざセキュリティを自ら甘くしたせいで不正利用が増えただけなのに
まるで偶然的に運悪く不正利用が増えて16億円損失発生したっていう説明はおかしい。
メルカリ本体で10億円の損失補填発生しただけじゃなく、最近始めたばかりのメルペイでも6億円の損失補填発生って、それはもうセキュリティ甘かっただけの話でしょ(゚д゚)、ペッ
なんで決済サービスのメルペイで10億も不正利用発生してんだって話ですよね
それ逆にいえばセキュリティがガバガバで不正利用し放題だっただけの話でしょう

16億円もの損失発生させて、慌ててセキュリティ強化のために決済時の追加認証導入するとか、今ごろになって不正検知システムを導入するとか経営陣はリアルバカなんでしょうか?
そんなもんメルペイ開始前に当たり前のように導入済ませておくものでしょφ(.. )
よくこんな甘いセキュリティ意識の会社が決済サービス手がけたなと思いますよね。

さて、業績予測が引き下げられたことでPTSでも株価が急落しています
東証で付けた年初来安値が2,146円ですが、PTSではさらに安値付けてます。
PTSの引け値では−139円(−6.29%)とかなり大きく下げてるのがわかります
0429











https://www.sbisec.co.jp/ETGate/

時価総額 3,547円
東証での引け値の時価総額は3,547億円でしたがこれをさらに大き割って下げでしょう
昨年11月は時価総額が1兆円を超えて7,390円でしたが、現在はたった2,210円です。

メルカリ(4385) 2,210円 −41円 (−1.82%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4385
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4385.T/chart
前回記事を書いた2/7はまだ株価が3,810円だったので、たった2ヶ月半で株価が42%下げた計算になります下げても下げても悪材料業績悪化とのダブルパンチが続きます
セキュリティ強化したらカードの不正利用は減る可能性が高いでしょうけど
今度は利用者が嫌がって利用そのものと売り上げが減る可能性も考えられます

2022年02月07日
メルカリが一時15%安 7四半期ぶりの営業赤字を嫌気


ss2286234570 at 00:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年08月01日

【悲報】カブドットコム証券早くも赤字転落、負け組筆頭へ!

ネット証券の“総合病院化”へ カブドットコム証券が見据える金融体験の未来
2019年10月10日 10時00分
先進的なデジタル戦略によって、多様な投資体験を提供してきたカブドットコム証券。証券業界の激しい競争の中で生き残ってきた同社が、さらなる成長を目指して取り組んでいるのが、“新たな顧客体験”による顧客層の拡大だ。約110万の証券口座にひもづくユーザーはもとより、投資になじみのなかった人たちにも、快適で活発な金融体験を提供する――。そのために同社が2019年に導入したのが、SalesforceのCRM(顧客関係管理)だ。
Salesforceを選んだ決め手は何だったのか。そして、KDDIの出資を受け、19年の冬に「auカブコム証券」として新たなスタートを切る同社は、どのように変革しようとしているのか。カブドットコム証券の齋藤正勝社長と、セールスフォース・ドットコムでエンタープライズ金融営業本部長を務める田村英則氏に聞いた。
yk_sfdc20190904












.
auカブコム証券 2021年第1四半期(2020/4〜2020/6)決算
営業収益   49億4,300万円(+  1.4%)
営業利益          5,500万円(−93.1%)
経常利益          6,100万円(−92.7%)
当期利益  −2億7,400万円

2019年第4四半期(2020/1〜2020/3)や2020年第1四半期(2020/3〜2020/6)は
コロナショックのおかげで先物や為替相場が大荒れだったおかげもあってか
どこのネット証券も売上高(営業収益)、営業利益が飛躍的に伸びています
カブドットコム証券の1社を除いては。。。

そしてついにカブドットコム証券は赤字転落という悲惨な現実を突き付けられました
まだ手数料無料化がまともに実現してない時期にこれほど業績悪化していたら
SBI証券が本気で手数料無料化したころにはどれだけ業績が悪化するんでしょうか
他社がどこも伸びてるのに1社だけ赤字転落とかシャレになっていません(´・ω・`)
こんな赤字会社を900億円も出資してTOBしたauって本物のアホなんじゃ。。

決算資料
https://kabu.com/company/disclosure/accounting_line.html
2021年第1四半期(2020/4〜2020/6)決算資料
https://kabu.com/pdf/Gykpdf/accountingline/setsumei2020_06.pdf

今回のカブコムの赤字転落の主要因は貸倒引当金繰入が6.8億円発生したことです
カブコムって昔から怪しい信用銘柄の新規止めないとか信用規制が緩いこともあって
過去に何度も数億円単位の貸し倒れの引き当てを決算で計上しています
(要は信用で貸し付けた金が焦げ付いたってことです
さらに投信を担保に信用取引できるとか、株や投信を担保にFXできるとか
かなりレバレッジの高い取引を客にさせてるという点が目立つネット証券です。
おそらく今回のコロナショックでは与信管理が甘くて一気に損失計上したんでしょう

それ以外でも信用手数料を無料化したことが業績を直撃してますね
営業収益(売上高)の内訳を見ていくとかなり壊滅的な内容でだおね(´・ω・`)
前年同期比では、市場が荒れたおかげで現物手数料は+4.8億円増収だけど
信用手数料を無料化したことで−5.4億円減収でした
あれだけ信用金利引き上げたのに信用の金融収益は+2.2億円しか増えていません
ってことは相場があまり荒れなかったらごく当然のように赤字じゃないのけ?

一方で取引が活発化したことで取引関係費は+1.7億円とコストが大きく増加
さらに言うと、最近になってカブコムはやたらガンダムとかジオン軍とか
わりと意味不明な広告や宣伝を派手に展開してきてますけど
その費用がまったくカブドットコム証券の決算に計上されてないんですよね
ってことはおそらくあの派手な広告はauが主導してauが費用持ちなんでしょうね。
もしあの費用をそのままカブコムが被ったらさらに赤字額が5億以上増えてるでそね

じぶん銀行経由でカブコムに口座作ると5000円もらえるキャンペーンやってるせいで
直近のカブコムの口座数がものすごい増えてましたけどφ(.. )
でもその費用もカブコムの決算にまったく計上されてないように見えますね
ってことはじぶん銀行かauフィナンシャルが全額費用を被ってるってことでそかね
このままだとauフィナンシャルHD傘下の金融事業全体的に壊滅的なんじゃないでそか

率直にいうと、SBI証券が手数料無料化をさらに押し進めてきた時に
もしカブドットコムが現物手数料の無料化に踏み切ったら会社が吹っ飛びます
株式手数料への依存度が高い会社が手数料無料化したら当たり前のことですけど
そりゃ親会社の三菱UFJ証券やauフィナンシャルが出資してくれるから
大赤字に転落しても潰れはしないだろうけどかなりシャレにならない状況ですね
auはとんでもないクソ会社の株を掴まされたといっても過言ではないでそ(´・ω・`)

カブドットコムはネット証券の“総合病院”を目指すだとか記事に書いてあるけど
その前にまず自分が集中治療室に入院した方がいいんじゃないでそうか?

2020年06月06日
じぶん銀行、5,000円ばら撒きキャンペーン始める!
2020年05月23日
2020年第4Q(1月〜3月) のネット証券の決算を比較

2020年05月01日
ネット証券 3Q(2019年4月〜2019年12月) 四半期業績比較

2019年11月04日
ネット証券 2Q(2019年4月〜2019年9月) 四半期業績比較


ss2286234570 at 05:41|PermalinkComments(5)このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年06月20日

PayPayさん、2019年決算は822億円の営業赤字

統一QR、足並み乱れ PayPayが手数料で独自路線
2020/6/19 2:00 日本経済新聞
QRコード決済の統一規格「JPQR」を巡り、決済事業者の足並みが乱れている。大手のPayPay(ペイペイ)は加盟店から徴収する手数料について、ペイペイ独自のQRコードを使う加盟店を無料とする一方、JPQRを使う店舗は有料とする。ペイペイが独自に開拓した店舗網を重視することで、コードを統一したい政府の思惑は外れることになる。
小売店などが決済事業者に払う「加盟店手数料率」はサービスごとに率が異なる。ペイペイはJPQRの専用サイトから申し込んだ小売店について、来年3月末までは1.99%、同4月以降は2.59%などとする。一方で自社で開拓した加盟店は、売上高10億円未満なら来年9月末まで無料に、その後も無料とする。
ペイペイは数千人の営業マンをそろえ、地方の居酒屋などを開拓。キャッシュレス決済に不慣れな店主にはやり方まで指導してきた。だが、JPQRのサイトから加盟する店舗の場合、他社のサービスを相乗りで使う可能性を排除できない。そうなると、ペイペイの囲い込み効果は薄まる。コストをかけて開拓した加盟店までJPQRに乗り換えれば、顧客が他の決済サービスに流れる恐れもある。
一方でペイペイが加盟店や顧客を囲い込めば、決済サービスの裾野が広がらなくなる可能性もある。フィンテック関連ベンチャー、インフキュリオン・グループ(東京・千代田)の調査によると、QRコード決済のうちペイペイを利用する人は68%(複数回答)。2位の楽天ペイ(28%)を大きく引き離す。
ペイペイの利用を希望する店舗が、JPQRの利用を避ければ、幅広い店舗にキャッシュレス決済を普及させるという政策の意図が揺らぐ。逆にJPQRの利用店がペイペイを使えないようにすれば、消費者の利便性を損なう。

https://www.youtube.com/watch?v=YcdvsHIQ_8U

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60180610Q0A610C2TJ1000/

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60021330V00C20A6EA4000/

PayPayって数千人も営業員いたんですね。そんないるとは思わなかった
2018年は200〜300億円営業赤字出てたしそりゃ仕方ないかもですね(´・ω・`)
去年から今年にかけてさらに派手なキャッシュバックキャンペーンやったせいで
ついに赤字額822億円とすごい額になってしまいました。

とはいえ、ソフトバンクの決算書見てると数百億円の損失なんてザラなんで
822億円ですらほとんど誤差みたいな数字でしかないのも事実です
孫さんからしたら822億円なんてその程度の金額でしかないのかもしれません。

0620






参照元

さて一番の問題は今年の6月末にポイント還元の補助金が切れてしまうこと。
これまでは補助金あるし、決済業者も手数料請求してこなかったから
なんとなくなあなあで見て見ぬふりして済まされてきた決済手数料だけど
そもそもこんなクソ高い手数料を加盟店(小売業者)が払う余裕があるのか
消費税が上がって、しかも新型コロナの影響で消費も落ちてるこの時期に
小売業者がキャッシュレス決済のために手数料を払う余裕はまずないでそ

ペイペイは自社が開拓した加盟店は売上高が10億円未満のならば
6月以降もずっと決済手数料を請求しないという大盤振る舞いを決定したようです
他の決済業者が7月以降は手数料1.5〜3%も取られるのに
ペイペイだけ永久0%なら小売店は全店がペイペイに乗り換えるんじゃないでそか

そうなると当然他の決済業社も大幅に手数料を引き下げて対抗するか
ペイペイと同じように手数料を請求しない方針でいくしかありません(´・ω・`)
おそらく大手キャリア系で資金的な余裕のあるドコモのd払いとか
auのauPayはPayPayペイに対抗してすぐにも手数料値下げか0円に走るでそ

大手キャリア系なら年間赤字500〜1000億円なら許容範囲で済むだろうし
PayPayは基本大赤字でもソフトバンク的にはぶっちゃけ余裕だけど
大赤字では困るLINEPayやメルペイは地獄を見るかもしれませんね
(といってもLINEもすでにソフトバンクの孫会社みたいなもんですけど)
0621

















メルカリ(4385) 3,225円 −70円 (−2.11%)
メルカリにしたら決済事業であるメルペイ事業が大きな痛手を受けるでそう
なんせ2020年7月以降は手数料収入が入ってくると信じて先行投資してたわけで
それが今回のPayPayの対策によってメルペイが一切利益を生まない事業になる
可能性が高くなってくるので、資金力の弱いメルカリにとっては痛恨の一撃でそ

政府も決済手数料を安くしろとかなり以前から決済業者に呼びかけてたし
まあなんとなくこんなオチになるだろうなとはぼくちんも予想していたので
資金力が弱いメルカリやLINEはさっさと撤退した方がいいと言ってたわけですけど

このあたりの構造ってSBI証券が仕掛けた手数料無料化と同じ流れですよねφ(.. )
大手で資金に余裕があるとこは無料化に踏み切ってもなんてことないけど
中小の資金力に余裕がないところは踏みつぶされて消えるしかないみたいな。
ネット証券でも没落するとこ増えるだろうし、スマホ証券は軒並み廃業でしょうし


ss2286234570 at 07:09|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加