yogurting ヨーグルティング

為替

2016年12月15日

米FRBが1年ぶりに利上げ0.25%を決定、ドル円は117円台へ

米FRB、1年ぶり利上げ0.25% 全会一致 17年は3回見込む
2016/12/15 4:03 日経電子版
米連邦準備理事会(FRB)は14日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、1年ぶりの利上げを全会一致で決めた。利上げ幅は0.25%。同時に公表した政策金利見通しでは、2017年中に3回の利上げを中心シナリオとし、引き締めペースの加速を見込んだ。FRBは08年の金融危機後に続いた超低金利からの脱却を目指しており、世界のマネーを再び揺り動かしそうだ。
FOMC後に公表した声明文では「労働環境と物価上昇率の実績と見通しに鑑みて、政策金利を引き上げると決断した」と強調した。米経済成長率は7〜9月期に2年ぶりの高さとなり、失業率も11月には9年ぶりの水準まで改善。物価上昇率も1.7%と目標の2%に近づいている。トランプ次期政権が巨額減税などの財政拡張策を掲げ、株価や金利が上昇したことも利上げを後押しする材料となった。
基軸通貨ドルを抱えるFRBの利上げは世界のマネーの流れにも影響する。金利上昇で利回りが見込めるドルに資金が回帰し、日本は円売りが進みやすい地合いとなる。一方で緩和マネーが集中していた新興国は、資本流出や通貨安のリスクに見舞われる。

円安加速、一時117円台に下落 10カ月ぶり水準
2016/12/15 5:49 日本経済新聞 電子版 
13日午前のニューヨーク外国為替市場で円相場は一段安となり、一時1ドル=117円24銭近辺まで下げた。117円台を付けるのは2月8日以来およそ10カ月ぶり。米連邦準備理事会(FRB)による先行きの利上げペースが加速するとの思惑から米金利が上昇し、日米金利差の拡大を見越した円売り・ドル買いが続いている。
※メールアドレスを登録すると全文読めるようになるみたいです 

つい先ほど米FRBが約1年ぶりに0.25%の利上げを発表したようですΣ(゚д゚;)
当初は「織り込み済み」なんてこといってるバカもいましたが
為替は激しく反応していて昨夜の115円からさらに2円円安に動いてるようです。
あっさりと117円台を突破する事態になりましたにょ(σ´∀`)σ

前も何回か書いてるけど、ドル円はすでに週足トレンドで大転換しています
こんな状況下で「いまこそドル円ショート全力」なんてのは自殺行為
トレンド転換した矢先に、さらにアメリカが利上げ発表なんてしたら
誰がどう考えても金利の高い通貨が買われるのは目に見えてますにょ(σ´∀`)σ
このまま行けば年内にも120−125円につっこむ可能性が出てきたおね

ドル円 117円12銭
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950


ss2286234570 at 05:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月23日

11/23 為替市況

円大幅続落、一時112円台に 8カ月ぶり円安水準
ニューヨーク外国為替市場で円がドルに対して下げ幅を拡大している。一時は1ドル=112円18銭近辺と、4月1日以来ほぼ8カ月ぶりの円安・ドル高水準をつけた。10月の米耐久財受注額が前月比4.8%増と、市場予想(同2.7%程度の増加)を大幅に上回った。米景気回復の勢いが増しているとの見方からドルが円など主要通貨に対して買われている。
チャート上の節目を下回ったことで損失を限定する目的の円売り・ドル買いを巻き込んた。市場では「感謝祭の祝日前で取引量が少なく、値幅が大きく振れやすかった」との指摘もあった。
1123








ドル円 112円30銭
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
祝日だけど為替は今日も激しく動いてるようですにょ(σ´∀`)σ
米国の景気とさらなる利上げを見込んで強烈に円安がすすんでるようですおφ(.. )
11/9のアメリカ大統領戦後に101円19銭つけたばかりなのに
それからまだ2週間しか経ってないのに112円30銭達成というのは異常なハイスピードでそ
おそらく「こんな短期間に円安に10円も動いたらきっと反動で円高がおきるはずと考えて
ドル円をショートして悲惨なことになってる人が市況2にたくさんいるんじゃないでそか

トランプ大統領候補がFRBの低金利政策を批判したり、来年以降の利上げを煽ったりで
アメリカにおいてかなり強烈に利上げ先行期待が強まってドルが買われています
週足チャートを見ると、ついに上値抵抗線だった111〜112円あたりにあった雲を
あっさり上に抜けて完全にトレンド転換するというすごい状況だおねΣ(・ω・ノ)ノ
ここでドル円ショートするのはよっぽどなにかの材料もってないと難しそう
素直にトレンドだけで読めば、2017年1月のアメリカ新大統領就任までに円安が加速して
ドル円120円くらいまで一気に走っててもおかしくなさそうな様子になってきました
 
アメリカがドル高政策に舵を切って日本が円安政策を維持してるようなもんだから
日米政府がほぼ同時に(政策的に)為替介入してるようなもんだと思いますにょ(σ´∀`)σ
こんな地合いでドル円ショートなんて高速道路に飛び込むのと大差ないくらいのリスクでそ 

ss2286234570 at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月18日

FRB議長 来月12月にも利上げに踏み切ることを示唆

FRB議長 来月利上げに踏み切ることを示唆
11月18日 6時12分
アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会のイエレン議長が、17日に議会で証言し、追加の利上げについて「比較的早い時期に適切になる」と述べ、来月の会合で、1年ぶりの利上げに踏み切る可能性を示唆しました。FRBのイエレン議長は17日、アメリカ議会の上下両院の合同経済委員会の公聴会で証言しました。
この中でイエレン議長は、アメリカ経済は引き続き緩やかな成長が見込まれるとしたうえで、追加の利上げについて「比較的早い時期に適切になる」と述べ、来月の会合で、去年12月以来1年ぶりの利上げに踏み切る可能性を示唆しました。さらに長期間、今の金利水準にとどめていると、最終的には、金融市場の安定を損なうことになるなどと指摘しました。
1120


  ※動画あり





ドル円 110円90銭
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950

12月にも早期利上げがあるのではないかと今週に入って噂されていましたが
ついにFRBのイエレン議長が12月にも追加利上げを行うことを明確に示唆したようです
これを受けて、為替もすぐさま反応しあっというまにドル円は110円を達成したにょ(σ´∀`)σ
ここまで急激に為替が円安に動くことは最近あまりなくなってきたので
個人投資家の人たちもFXで逆張りやってみごとに玉砕してる人が多いんじゃないでそか

ドル円の週足チャートを見ると111〜113円あたりに上の雲が覆いかぶさっていて
かなりの上値抵抗線になってゆく手を阻んでるように見えます(´・ω・`)
一方で、それほど厚い雲でもないのであっさりぶち抜いてしまう可能性も感じています
来年1月にアメリカ大統領に就任するトランプはどうも利上げ政策を望んでるようで
今のFRBに対しても「低金利政策はおかしい」とかなり批判を強めているようだおね。
選挙中には「FRBの幹部連中を全部更迭して首にしてしまえ」という荒っぽいことも言ってるお。
どうやらトランプ大統領はユダヤ系の金融エリート層をかなり嫌ってるような印象でした。
それに対してイエレン議長も反発して「2018年3月の人気までは辞めない」と強く反発
このあたりはどうやらきな臭い政治的なやり取りがおきそうな雰囲気がありそう。

これらのことを考えるとなかなか予想しにくい部分のあるのだけど
個人的には大統領側がFRBに対して追加利上げをさらに強く求める可能性を感じてます
今回の発言内容でイエレン議長はさらなる追加利上げをかなり匂わせてる感じがあったお。
ってことは年内12月に利上げして、来年以降も早期からどんどん利上げするんじゃないでそか
実際に踏み込むかどうかはともかく、そういった可能性を匂わせることに為替は反応します
例年なら12月2週目以降はあまり為替が動かなくなるんだけど
今年は2017年1月以降のさらなる利上げの可能性を織り込む気がするんだおねφ(.. )

ぼくちんの結論としては
年内にさらに円安がすすんで112〜115円になる可能性があるって予想だにょ(σ´∀`)σ
上にある抵抗線のはずの雲もすごく薄いからあんまり機能しそうにないんだおね


ss2286234570 at 18:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月16日

11/16 為替市況

ドル円 109円40銭
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
予想してた通り、ドル円の週足トレンドが強烈にゴールデンクロスしています
しかし市況2界隈ではドル円をどんどんショートして立ち向かった結果
大量のロスカット損切りを巻き込んで阿鼻叫喚の世界も一部あるようだおね(((( ;゚д゚)))

1010









足元ではアメリカで金利が強烈に急騰してるので当然利回りが向上します
あたりまえですけど利回りのよいドル資産にお金が集まるので円は売られます
今の為替市場を正しく表現するなら円安ではなくドル高というのが正しいでそうφ(.. )
そのドル高相場でショートするなんて特急電車に飛び込んで体当たりするようなもの。
本人が「自分が勇気がある」と勘違いしてるだけで現実ではただの自殺だにょ(σ´∀`)σ

為替の世界は日本株よりもずっと大きなお金が流れてる大きな河川みたいなもの。
日本の株式市場が利根川なら、為替の市場はアマゾン川みたいなもんでそ。
アマゾン川はあまりにも巨大なのでそう簡単に数日でトレンド転換はしません
つまり流れに逆らって逆張りするのは正しくなく、素直に順張りして流れにのれってこと。

さてそのアマゾン川の為替市場ですが週足チャートでは上の雲にぶつかりそう
もう少しだけ110円50銭くらいまでなら余裕あるけど、その先の高値があるかは怪しい。
ここ1週間ほどの間にさらに大きな流れの転換点に差しかかりそうだおね(´・ω・`)
トランプはFRBの低金利政策をかなり批判していてかなり強烈にディスってます
このまま低金利政策やるならFRBの幹部は全員解雇するぞと脅してるんだお。
そのプレッシャーに負けてFRBが年内利上げの可能性が噂されてるおね。
もし12月に利上げするなら発表するのは今週か来週ってとこでそう。
利上げ決定ならドル高続伸かもしれないし空振りなら円買戻しの可能性もあり
来週あたりまではかなり神経質な相場が続きそうだおね(`・ω・´)
そしてもし強烈に利上げするようなら年末〜年明けも大荒れになりそう
雲突き抜けて120円めざす可能性もありえるから安易な逆張りは自殺行為

ss2286234570 at 16:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月01日

11/3 為替市況

クリントン氏捜査FBI再開 新たなメール発見
米大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン前米国務長官(69)が在任中に公務で私用メールを使った問題で、米連邦捜査局(FBI)は28日、打ち切った捜査を再開したと明らかにした。問題に関連する可能性のあるメールが新たに見つかったためという。優位に選挙戦を進めるクリントン氏にとって打撃となることもあり得る。
米メディアが一斉に報じた。コミーFBI長官は同日、議会にあてた書簡で「捜査に関連するとみられるメールの存在が判明した」と指摘した。捜査担当者から27日にコミー氏に報告があったという。書簡では「(メールが)重要かどうかはまだ評価できない」とし、調査を終えるまでどの程度の時間がかかるかは分からないとしている。
1101









米大統領選の共和党候補者トランプ氏の支持率が、民主党候補者のクリントン氏を追い抜いた。米大手紙ワシントンポストとABCテレビが11月1日に公表した民間世論調査によると、トランプ氏の支持率が46%でクリントン氏(45%)を1ポイント上回った。ABCニュースは、「クリントン氏の支持層で、投票する意欲が下がっている」と指摘。クリントン氏の私用メール問題でFBIによる再捜査が決まったことが影響したとみられる。

例のFBIの再調査が開始したあたりからドル円の動きがだんだん悪化してます
特に先物は明らかに動きが悪化してきてるのでヤバイふいんきが強いお。
今日はたまたま日銀会合があったんで昼間に反発する局面があったけど
今朝の段階でトランプとヒラリーの支持率の差が1ポイントに縮小したと
海外ニュースでバンバン報道され始めたのでポジションどんどんぶん投げました
(といってもまだ利益が乗ってるし、なぜか日経が急騰したんで儲かったんだけどw)
まだ残りもあるのでとりあえず週末になにが出るかわからないのでノーポジにするお。

特に11/3(木)は祝日で株式市場が閉まってるのでかなりリスキーでそ
FXやCFDなら祝日でも即決済して逃げられるけど、株や先物は逃げられません。
売りポジなら安心してホールドしてても大丈夫だろけど
なつさんは買いポジなのでとてもじゃないけど11/3以降は市場に近寄る気がしない

今のところ世界中の市場は「トランプの勝利なんてありえない」っていうスタンスなんで
そういうリスクや可能性を市場がそもそもまったく織り込んでないと思うんだおね
だからこそ、その可能性が急に高くなったり、ましてや実現してしまうようなことがあったら
ものすごく短期的に激しい株価の変調(というか暴落)が起きかねないのが怖い(((( ;゚д゚))) 

アメリカ大統領選は各州の「選挙人」に投票していく間接選挙です。
最終的には選挙人をたくさん集めたほうが勝つという選挙方式なので
今はまだ選挙人が多い大きな州を押さえているヒラリーが有利なのも事実でそう
正直なとこ、まだヒラリーが負けてトランプが勝つとは思ってないけど
ここにきてトランプが勝つという現実的な可能性が出てきたのも事実だおね
(おそらく今ごろ西側同盟国の各国首脳はかなりビビッてるはず)
もしトランプが勝つと世界中の市場が相当なレベルで動揺して大混乱するでそう(´・ω・`)
まずドル売り円買いがすすんでものすごい円高リスクがあります
 でも一番怖いのは為替や株価じゃなくて「世界の安全保障体制」なんだおね
残念ながらトランプという人は異端すぎて従来の大統領後任者とは言えません。
(すでに出馬先の共和党ですらトランプをもてあましてコントロール不能気味
ここまで異端すぎる大統領がアメリカに出現してしまうと
戦後一貫して続いてきたアメリカ中心の同盟国関係すべてが不安定になるのでそれが怖い。
要は西側諸国が築いてきた安全保障体制にひびが入る可能性があるってこと。
世界中が不安定に晒されるので為替と株価が大荒れになりそうで怖いんだお
海外ではすでにトランプが勝てばドル円90円割れ懸念という情報がでています。

なにもなくヒラリーが勝ってくれるに越したことはないけど
リアルにトランプ大統領誕生の可能性が出てきたら11/7-11/8は特に荒れそう。
なによりヒラリーが勝ったって日経が2000円上がるわけじゃないけど
トランプが勝ったらドル円90円割れて、日経−2000〜3000円下がる可能性があるなら
わざわざ今週末から来週前半にかけて買いで勝負するメリットがありません(´・ω・`)
売りポジで行けって意味じゃなくて、素直にノーポジ様子見でいいよねってことでそ


ss2286234570 at 20:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月17日

10/17 為替市況

ドル円 104.11円
http://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
ここにきて為替のトレンドが大きく変化しそうな兆しがありますφ(.. )
ここまで奇麗な週足下げトレンドだったドル円チャートに変化が現れて
日足チャートではすでに雲を上に突き抜けて上昇トレンドに転換してるんだおね
さらに週足チャートで移動平均線をみていく104円40銭105円ちょうど二か所
上値抵抗線があってそのラインで上値を抑えられてもがいてるところなんだおね
1010








ただしここを突破すると週足チャートで超絶ゴールデンクロスが発生するにょ(σ´∀`)σ
まだここから上下どちらに動くかははっきりと予想しにくいポイントですが、
105円を抜けて円安に行くと一気にトレンド転換に走る可能性があるので注目すべきでそ
騰落レシオが今のところけっこう高めなのでここから株を買うのは悩ましいところだけど
もし105円を抜ける動きが顕著になればドル円ロングまたは先物ロングが狙いどころ
月末の米FOMCだったり利上げ発言などの材料も絡むので予想は容易ではないけど
かなり大きな転換点となる可能性があるので10月末の為替は大いに注目するにょ(σ´∀`)σ

ドル円105円を突破するとその上の雲がある107円あたりまでは空白ゾーンだおね
ここのラインを突破するようなことがあれば目先で円安に走る可能性が強くなるお
もしドル円が逆走するなら目先の押し目は102円30銭〜50銭あたりでそか

日経平均 16,900円 +43円 (+0.26%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=998407.O&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b&a=
もし為替が週足トレンドで好転するようなことになったら
やや高値圏にある日経平均も上値を探りながら再上昇ってことになるでそうφ(.. )
特に最近はハイテク株や半導体関連、石油資源株、商社あたりが強いので
これにさらにプラスして輸出関連株あたりに買いが入ってくるとおもいます

日経そのものは騰落レシオを高めなんでここで買うのは悩ましいところだけど
ドル円102円台前半まで押し戻されたタイミングや105円突破したタイミングのどちらかで
レバETFや先物を買うってのは戦略としてはありだろうとおもいまつφ(.. )


ss2286234570 at 16:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年08月04日

為替市況

ドル円 101.40円
http://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
前回は「これはいけるぜ」と気持ちよく107円台でドル円ロングをしたところ
そのわずか6時間もたたないうちに急激な円高がおきて105円台まで突っ込むという悪夢
忘れもしない夕方5時くらいからおきた円高事件
106円割れで見事に損切りにヒットして数時間で負けるというブザマなトレードでした(´;ω;`)

あの時は黒田総裁を呪って枕をぬらしましたが
今になってみればさっさと損切りしておいて大正解だったということφ(.. )
さてドル円のチャートは重い上値に跳ね返されてダラダラと円高基調をくり返してます
ドル円は下値めどがないのでどこまで行くのか予測が困難なんだおね
95〜97円あたりまで突っ込んできたら為替介入ありそうだけど
100円を割れたりするくらいの小さな攻防なら介入の可能性は低そうな気配
1010









日経平均 16,254円 +171.78円 (+1.07%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=998407.O&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b&a=
日経平均はかろうじて25日線でとどまってるけど落ちかけそうでもある感じ
日経のチャートだけで見たらふつうに支持線割りこんで下げそうな気がするお。
とりあえず目先では、15,850円を割ったら雲を下抜けてしまうので
そのラインを守れるのか、守れないかでその先の動きが大きく左右されそうですにょ(σ´∀`)σ
すべてはドル円の動き一つで決まってしそうな勢いだおね。
15,820〜15,920円あたりに窓が空いてるんであれを閉める動きはあるのか

去年の8月はチャイナショックですごい下げだったけど今年は特に何もない。
大きなイベントもなく円高が加速しそうな可能性があるだけなので
ただただダラダラとした円高と株安がしばらく続くのかもしれません(´・ω・`)

ss2286234570 at 16:15|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年07月20日

7/20 為替市況

ドル円
http://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
為替がけっこう動いてちょうど分水嶺的な価格までやってきました
イギリスのEU離脱が予想されていたような影響も混乱もなく淡々とすすんでしまい
少し前まで燻っていたイタリアの銀行問題の解決のめどがついたこともあって
リスク回避の流れが一気に逆流円を売って外貨を買う流れが強くなってきてるお(`・ω・´)

ドル円の日足チャートは106円50銭〜107円40銭あたりに上値抵抗線がありますΣ(゚д゚;)
ただしここが 分岐点になってるのでしばらく注目しておくべきでそう
ここからさらに買い上げる動きがなければ上の雲に押し戻されて円高にいきそう
しかしほんのちょっと円安にいくと上の雲をいっきにぶち抜くのも事実だおねφ(.. )

最終的にどちらに動くかはまだ不明ですが、円安ならさらに株が買いすすめられ
円高に戻したらまたしばらくは先物主導で日経も売られやすくなるでそ 
ドラギの発言一つでどちらにも大きく動く可能性があるので
ここ2週間くらいは「相場の分岐点である」ということを意識しながら
先物よりも為替の動向をしっかり監視すべきタイミングだとだと思いますにょ(σ´∀`)σ
ちなみに超個人的な予想としては目先ではやや円高に押したり引いたりの動きで
何かをきっかけにしていっきに円安に抜けるんじゃないかと考えていまつ



ss2286234570 at 16:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年06月20日

茶番劇レベルのイギリス国民投票の結果は?

英国民投票世論調査 議員殺害後 EU残留が上回る
6月19日 10時28分 NHKニュース
EU=ヨーロッパ連合からの離脱の賛否を問う国民投票が行われるイギリスで、EUへの残留を呼びかけてきた議員が殺害された事件のあと、初めての世論調査が行われ、残留への支持が離脱を上回りました。EU=ヨーロッパ連合からの離脱の賛否を問う国民投票を前に、イギリスでは16日、EUへの残留を呼びかけていたジョー・コックス下院議員が銃で撃たれるなどして死亡する事件が起きました。この事件が投票にどう影響するのか注目されていたなか、主な世論調査会社の1つ、サーベイション社が事件のあとの17日と18日に調査したところ、残留が45%、離脱が42%と残留が3ポイント上回りました。同じ会社が16日の事件の前に行った調査では残留が42%、離脱が45%と離脱がリードしていました。
0620










もしも英国がEUを離脱したら=(2)残留すれば一気にリスク回避の動き後退
あまり報じられていないが、大前提として国民投票自体は法的拘束力を持たない。離脱派が勝利してもEUとの離脱交渉と関連した法案整備が必要になり、いつ英国がEUから出てくのか明確なコンセンサスはないのが実際のところだ。なかには離脱まで10年がかりとの見方もあり、その間に「離脱撤回」ということすらあり得る。

やや茶番劇くささが鼻につくイギリスの国民投票のお話ですにょ(σ´∀`)σ

イギリスがEUから離脱するからイギリスや欧州の株が暴落するのはわかるけど
実際には欧州の株価より下げまくってるのは日経平均だおねΣ(゚д゚;)
イギリス経済と日経平均の関係性なんてそうとう低いはずだし
いくらなんでも値動きおかしすぎだろというのが本音です
ただし為替が動くと日経平均は激しく動く傾向が強いのでまあ原因はここでそう
要はEUからのイギリスの離脱が問題で日経平均が動いてるわけじゃなく 
為替のボラティリティが高まってるから日経平均が動いてるだけじゃないのかって話だお

少し前にウクライナで軍事衝突があったときも同じだおね
ウクライナ国境にロシア軍が接近してるというニュースが流れた瞬間に
為替が一気に円高に動いて、たしか日経が1日で700円近く暴落してたような気がするお
ウクライナ危機で欧州やドイツの株価が暴落するのはわかるけど
実際には東欧とはまったく関係のない日本の株価が一番暴落しました(((( ;゚д゚)))
そしてロシア軍が国境から引き上げた瞬間に円安になって日経が爆上げしました。
まるでリスクなんてまったくなかったかのようにあっという間に値を戻したのです
要は、日本株はそもそもリスクや日本とまったく関係のない要因で動く傾向があるってこと。

おそらく1ヵ月後には「イギリス国民投票」、なにそれ?って状態になるでそう。
ウクライナ問題のときも、ギリシャ金融支援問題のときもそうだったようにね

さて話を戻しますが、イギリスのEU離脱を問う国民投票はガチで茶番劇でそφ(.. )
だって残留だろうが、離脱だろうが国民投票に法的拘束力がないからです。
ぶっちゃけどんな結果が出ようが無視していいって事ですにょ(σ´∀`)σ
離脱派が仮に勝ってイギリスが本当に離脱を実行するには、EUとの長い交渉を経て
法案整備をしてからなので最短でも5〜10年後とかいうレベル
そんな先の、しかも可能性が低いものを株価リスクと呼ぶのはおかしいおね(´・ω・`)
イギリスの国民投票の結果によってはEUからの各国の離脱が加速して
EUが瓦解してリーマンショック級の不況が起きると煽ってる事象専門家はアホかと。
そういうのはせめてイギリス国内で離脱法案が通ってから騒ぐべきでそ

なにより離脱派の人たちはEUからの離脱をそもそも望んでいません
イギリスは日本と同じ島国なので閉鎖的で保守的な傾向のある国だおね。
だからドイツやフランスのような開けっぴろげ的な政策をかなり嫌います(`・ω・´)
そのあたりの国民性の違いとか、相違があるので受け入れがたい項目があるってこと。
イギリス人が望んでるのはEU離脱ではなく以下のような項目です
EUへの無制限な移民流入はすべきではなく即座に規制強化しろ
雇用奪われたくないので移民流入を規制してイギリスに入れるな
テロの温床になりそうな中東移民やイスラム教徒は極力排除しろ
ず眄基盤の弱い東欧諸国をバンバンEUに入れて負担を増やすな
EUの負担金を安くしろ。移民増やしてイギリスの負担金を増やすな


感情的なものもあるだろし、テロや犯罪増加を懸念する気持ちもあるだろうし
どんどん移民を受け入れて費用と負担ばかり増やそうとする
ドイツ中心の拡大政策をイギリス人が嫌ってるって事もあるでしょう。
ただこれらのイギリス人が反対してる項目はEUから離脱しなくても解決できる内容だおね
現在では今までのような開放的なEUの移民政策はドイツ国内でも叩かれまくってます
保守政党や右派が支持率を猛烈に延ばして既存政党の支持率が下がっています
こんな状況でドイツが自由な移民政策を推進できる余地はなく、規制強化に動くでそ。
そうなるとそもそもイギリスがEUから離脱したい要因が解消してしまうって事だおねφ(.. )

最終的には、EU残留だろうがEU離脱だろうが結果は同じことで
イギリスは移民拡大政策の規制強化、負担金増大の歯止めをEUに要求するでそう
元は大英帝国やってた国なのでタフな交渉とか引き伸ばしが好きな国民です。
国民投票で離脱派が勝ったという結果があれば、より強行にEUと交渉がしやすくなります。
ぶっちゃけ法的拘束性のない国民投票の結果なんてなんの意味もないけど
その結果をもってEUと交渉して有利な条件を引っ張り出すことに意味があるんだおね
最終的にはまさしくそういう方向に議論が進むと予想していますφ(.. )

足元では、先週のイギリスの国会議員暗殺事件が起きたあたりから
EUから離脱派が勢いを失ってきて、EU残留派の勢いが徐々に強まってきてるおね
これなら離脱の可能性はないだろうという予測が増えてきたことで株価が急騰しています。
ただしちょっと安易な判断だと思うし、リスクをやや織り込まなさすぎかなという印象もあるお。
万が一、EU離脱派がラストで巻き返せば市場が大慌てで一時的に大混乱することはあるでそ。
そういう面も含めて考えると6/24(金)はそれなりに注意すべきだと思います(`・ω・´)


米国株、ダウ反発し92ドル高 買い戻し優勢、英のEU離脱問題に思惑も
2016/6/17 5:28 日経電子版
朝方は売りが優勢だった。急速な円高を嫌気して日経平均株価が急落すると、投資家心理の冷え込みが欧州市場にも及んだ。英のEU離脱問題への懸念も根強く欧州株は軒並み下落。世界株安の様相が強まり、ダウ平均は下げ幅を168ドルまで広げる場面があった。
午後に入るとダウ平均は上げに転じた。英国ではEU離脱問題で残留を支持する最大野党労働党の女性下院議員が射殺されるという事件が発生した。「同情票が残留支持へ向かうとの思惑が浮上した」(ミラー・タバックのマシュー・マリー氏)といい、英株式相場が取引終了にかけて急速に下げ幅を縮めると米株式にも買いが優勢となった。


ss2286234570 at 04:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年05月23日

5/23 為替市況

G7で為替安定の重要性強調、最近は投機的な動き=麻生財務相
2016年05月21日 ロイター
麻生太郎財務相は21日午後、仙台市で開かれていた主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議の終了後に会見し、議長を務めたG7では為替安定の重要性を再確認したと協調した。同日午前に行われた日米財務相会談では、ルー米財務長官に対して最近の為替動向について、一方向に偏った投機的な動きだったと伝えたことを明らかにした。G7では為替に関し、為替レートを目標にしないことや、過度の変動や無秩序な動きは経済・金融に悪影響を与えるとの認識を再確認するとともに、すべての国が通貨の競争的な切り下げを回避することの重要性があらためて示された。
0524











ドル円
http://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
ドル円は以前ほど傾きの強いチャートではないものの依然として円高を示唆してます
「強い円高」という風でもないけど上値を抑えられたままで反転の気配なし(´・ω・`)
110円20銭のあたりから112-114円あたりにかけてぶ厚い雲が遮ってるおね
もしこの雲を上抜く気配がないなら、しばらくはまた上値を抑えられて円高に振れそう。
値動きの幅は105円〜110円といったところ。
万が一にも103〜105円まで突っ込んできたら介入の可能性が跳ね上がるので
この価格帯まで突っ込んでくるような円高になったら買い向かおうかなという感じですにょ(σ´∀`)σ

ただしあまり安易に「円高基調」と信じすぎないことも重要で
テクニカル的には円高だけど、6-7月にもアメリカが利上げかというネタも出てるので
ファンダメンタル的には円安に動く可能性があることも知っておくべきでそうφ(.. )
明らかに110円20銭のところが上値抵抗線であり分岐点になってるので
あそこをスルスルっと抜けるようなら一気に円安に振れる可能性もありえるということ
110円20銭を抜けることができなければヨコヨコか円高基調って覚えとけば楽チンですにょ(σ´∀`)σ

今後の値動きは、基本的には円高目線で株価はあまり強くなさそうφ(.. )
とくに為替の影響うけやすい自動車電機・輸出全般あたりはちょっと手出しできそうにありません。
買いたいなら内需やインバウンドの恩恵がありそうな銘柄や新興主体でそ
時価総額が250億円以下でかつ足元の業績が伸びてる実力派の銘柄を選ぶこと。 


ss2286234570 at 16:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加