yogurting ヨーグルティング

2024年06月01日

5/30-5/31株式市況 〜日経平均、4日ぶり反発433円高で引け〜

東証大引け 日経平均、4日ぶり反発 売買代金はプライム移行後最高
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFL3166O0R30C24A5000000/
2024年5月31日 15:35 日本経済新聞
31日の東京株式市場で日経平均株価は4日ぶりに反発し、終値は前日比433円77銭(1.14%)高の3万8487円90銭だった。前日までの3日続落で800円あまり下落していたため、自律反発を見込んだ買いが優勢だった。前日の米長期金利の低下で金利上昇への過度な警戒感がいったん後退するなか、これまで売り持ち高を積み上げていた海外短期筋などが週末を前に株価指数先物への買い戻しを膨らませ、後場は一段高となった。東証プライム市場の売買代金は7兆7612億円と、2022年4月のプライム移行後で最高となった。
31日の国内債券市場で新発10年物国債の利回りは1%台で高止まりしたが、このところ急速な金利上昇が株安を促す場面が多かったため、金利上昇がひとまず一服したとの見方が株の見直し買いにつながった。東証株価指数(TOPIX)は3日ぶりに反発した。終値は46.29ポイント(1.70%)高の2772.49だった。JPXプライム150指数は4日ぶりに反発し、16.95ポイント(1.42%)高の1209.05で終えた。東証プライムの売買高は29億8398万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は1512。値下がりは117、横ばいは18だった。


日経平均502円安 「米金利発トリプル安」の様相
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB301WV0Q4A530C2000000/
2024年5月30日 11:58 日本経済新聞
30日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅続落して始まり、下げ幅は一時前日比900円を超えた。米利下げ期待の後退で前日の米債券市場で長期金利が上昇。日本市場では株安・債券安(金利高)・円安の「トリプル安」の様相を呈している。米金利が再び上昇し始めたことを警戒し、4月から膠着状態が続いていた日本株の風向きが変わり始めた。
「トリプル安」の発端は、米連邦準備理事会(FRB)高官による、相次ぐ利下げけん制発言だ。米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は28日のインタビューで、FRBが利下げに動くには「さらに多くの月にわたる(インフレ鈍化を示す)明るい指標」が必要だとの考えを示した。29日実施の米7年債入札が「低調」だったことも追い打ちをかけ、米長期金利の指標となる10年物国債利回りは一時4.63%と、約4週間ぶりの高水準となった。市場では利下げ時期の遅れだけでなく、利上げのリスクを意識する見方もある。
0605



今週はアメリカの利下げ期待後退と長期金利の上昇でNYダウとNASDAQが大幅に下落
この影響で日本株式市場でも5/30(木)はハイテク株や半導体株が主導して朝方急落
値がさ半導体株の下げがきつかったことで日経の下げ幅が大きくなったようです(´・ω・`)
大引け時点ではわりと反発して終値では前日比502円下げで引けました


 
その晩のアメリカ市場では長期金利が一転して低下したことでNYダウとNASDAQが反発
前日はアメリカ株式市場の影響をもろに受けて大幅な下げを記録した日本株式市場は
手のひらを返したように大幅に上昇大引け時点では日経平均+433円で引けました
まるで前日の日経平均の瞬間風速−900円なんて最初からなかったかのような結果でした。

先週・今週は日本での金利上昇傾向もあって日経平均は下落傾向が続いていましたが
銀行株やネット銀行株や金融株は順調だったので木曜日の下げでうまく約定してました。
もちろん約定できなかった銘柄もあったので全て上手くいったわけでもないです(´・ω・`)

三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306) 1,658円 +28.5 (+1.75%)
本来は糖蜜が本命で5/27に上昇してトレンド転換した時点で買う予定だったんですが・・・
指値がまったくヒットせず、置いて行かれたので諦めたという経緯があります(´・ω・`)
5/28以降も何度か指値は出してたけど期待してたより下がりきらず約定ヒットなし

りそなホールディングス(8308) 1,084円 +48.5円 (+4.68%)
りそなHDは糖蜜の次にチャートもよくて押し目で買いやすい銘柄だったんで
指値を何個も出してたら今回は5/30の急落時にうまく指値がヒットしていました

生保や損保銘柄もこのところずっと強い銘柄で良いのはチェックはしてますが、
残念ながらあまり押し目と言えるような明確なタイミングがなかったので(´・ω・`)
いい銘柄、いいセクターではあるけど今回狙う銘柄からは除外していました

オリックス(8591)  3,419円 +74円 (+2.21%)
今回選んだのは決算前に一度持ってて、決算後に利食いしていたオリックスですね
業績が良いのも知ってたし調整したらまた上がるだろう思ってずっと待っていたので、
以前から出しっぱなしにしていた指値を少し調整してたらヒットしてたやつです

野村ホールディングス(8604) 950.5円 +41円 (+4.51%)
にょむらは先々週にトレンド転換ポカったタイミングで一度購入して、その後思ったより上がらなかったので薄利で撤退してたのであらためて購入しなおした銘柄です。
5/30大引け時点では終値でけっこう下げて普通に含み損でしたが5/31は反発しました
そうは言ってもメインは銀行・地銀セクターなんでにょむらはただのオマケです(´・ω・`)

千葉銀行(8331) 1,493.5円 +40円 (+2.75%)

ふくおかFG(8354) 4,579円 +144円 (+3.25%)

群馬銀行(8334) 1,081.5円 +30.5円 (+2.90%)

めぶきFG(7167) 629.8円 +20円 (+3.28%)

しずおか銀行(5831) 1,622.5円 +65.5円 (+4.21%)

第四北越FG(7327) 5,030円 +75円 (+1.51%)

西日本FH(7189) 2,180円 +46円 (+2.16%)

地銀はある程度規模があってチャートが良いものをいくつかストックして監視φ(.. )
重要なのは過去に外債絡みで変な損失計上してなさそうなのを選ぶことでそう。
(突発的にいきなり外債含み損がどうとか、決算で損失計上とかありえるので)

銀行とか地銀は非常に銘柄が多くて値動きもまちまちだったりしますよね(´・ω・`)
特に地銀セクターはあまり小型なものを選ぶより一定の規模がある方を選んでいます
もちろん小型の地銀の方が爆発力があって急騰する可能性もあるにはありますが、
あまり低位株セクターの株を買うような手法はしない方がいいと考えています


ss2286234570 at 07:41│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 株式市況 | 日本株

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔