yogurting ヨーグルティング

2022年09月07日

楽天証券、楽天証券ホールディングスを設立して上場準備に入る

楽天証券ホールディングス設立及び証券事業再編に関するお知らせ
2022年8月10日
本日開催の取締役会において、連結子会社である楽天カード株式会社(以下「楽天カード」)が同連結子会社である楽天証券株式会社(以下「楽天証券」)及び楽天投信投資顧問株式会社(以下「楽天投信投資顧問」)の全株式を当社に現物配当等を行った後、楽天証券及び楽天投信投資顧問が共同株式移転の方法により当社の完全子会社として楽天証券ホールディングス株式会社(以下「楽天証券HD」)を設立し、楽天証券等の親会社を本年10月3日付で当社から楽天証券HDに変更すること、楽天証券HDが株式上場の準備を行うことについて各決議しましたので、お知らせします。
当社連結子会社の楽天証券は、2022年5月24日付開示「楽天証券株式会社の株式上場準備の開始に関するお知らせ」において公表したとおり、より自律的な経営視点による成長戦略の遂行、独自の資金調達を含めた様々な成長及び財務戦略実行等を可能とするため、現在上場の準備を進めております。

楽天グループ、楽天証券の上場準備開始
2022年5月24日 10:20 日本経済新聞
楽天グループは24日、傘下のインターネット証券、楽天証券の上場準備を始めると発表した。上場後も楽天の連結子会社とし、上場時期は未定としている。楽天証券は投資信託の積み立てや米国株式の売買の増加で業績を伸ばしている。新規株式公開(IPO)で資金調達の手段を広げ、グループ全体の競争力を高める。


ニュースでは盛んに楽天グループのモバイル事業の赤字と負債の返済のために
楽天証券と楽天銀行を上場すると書いてあるけど、正直どう見ても嘘っぽい気がします
そもそも証券と銀行上場したくらいじゃ大して借金返済できないですからね
どう考えても金融事業会社を上場させて資本厚くして経営を安定させるためでしょφ(.. )
本当に借金返済するのが目的なら金融事業のトップの楽天カード上場させるのが筋です。

楽天証券はここにきて急激に規模が拡大して口座数も取引も増加しています
証券会社の場合は信用建玉とかFXの建玉が増えていくと自己資本規制比率が下がります
楽天証券のお知らせ見てるとこれまでにもちょいちょい増資を繰り返してるようなので、
自己資本を厚くして自己資本規制比率を改善したいだけなんじゃないのかなとφ(.. )
あともう一つはやっぱり金融収益の底上げで業績を伸ばしたいからでそう

楽天証券を上場させる理由
ー己資本を厚くして格付けを上げて資金調達をしやすくるため。
⊆莪が増えてるんで自己資本を厚くして自己資本規制比率を改善させるため。
D潅した資金を信用取引の貸し付けに回して金融収益をさらに伸ばすため。


はやっぱり楽天グループの格付けが下がってきてるという背景もあるでしょう。
証券や銀行は金融機関なんで外部から資金調達をすることがもちろん多いし
楽天証券は日証金や色んなとこから信用取引にかかわる資金を調達する必要があるんで
親会社の格付けで資金調達するより上場して自分の格付け上げた方が有利だおね

はコロナショック以降に楽天証券の成長速度が上がったという背景もあるでそ。
2018年末には5,000億円だった信用建玉残高2022年現在は7,500億円まで増えてます
信用建玉が増えるともちろん金融収支は改善するけど会社リスクも増えます
そうなると自己資本規制比率が下がるのでとにかく資本を増やす必要があります。
親会社から毎年あるいは数年に1回増資して資本を増やすのでは足りなくなってくるんで
この際上場して一気に資本を厚くして会社の財務基盤を固めるのは当然のことでしょう
https://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/disc_PDF/kessann_20220802_01.pdf
キャプチャ













SBI証券の決算資料を見るとSBI証券の信用建玉残高はこの数年ずっと横ばいのままです。
1兆1,000〜1兆2,000億円の間をウロウロしてるだけで数字的にはもう伸びていません。
一方、楽天証券の信用建玉残高は2022年3月末に6,720億円だったのに、2022年6月末には6,980億円に増えていて、2022年8月末時点ではなんと7,500億円にまで増えています

そもそも楽天証券は口座数でも圧倒的にSBI証券より速いペースで増えてるわけだし
数年後には預かり資産でもSBI証券を抜くんじゃないかとすら予想されていますΣ(・ω・ノ)ノ
当然ながら信用建玉残高でも数年後にはSBI証券を抜いてしまう可能性があるわけです
それならば尚更急いで上場して自己資本を厚くしておかないといけないでしょうφ(.. )

は楽天証券自身が信用取引による金融収益をより稼げるというメリットがあります
楽天証券は他のネット証券より金融収益で稼いでる収益の比率が相対的に低いです。
上場して資金調達ができれば信用取引の金利でより効率的に稼げるようになるでしょう。
かつて、上場前までは非常に稼げてなかったマネックスやカブドットコムも、上場して手元資金を厚くすることで信用取引の金融収益で稼ぐことで業績が大幅に改善しました

2022年内にはSBI証券が株式手数料をすべて無料化にすることを発表してますφ(.. )
もし楽天証券がそれに対抗して手数料を無料化すればそれなりにダメージを受けますが
楽天証券自身が上場することで信用取引の金融収益が改善すれば、株式手数料無料化で失うであろう収益の穴を金利収入で補うことが期待できるでしょう

そう考えると楽天証券にとって自身が上場することは極めて大きなメリットがあります。


楽天グループ(4755) 627円 −27円 (−4.13%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart


ss2286234570 at 06:50│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ネット証券 | IPO

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔