yogurting ヨーグルティング

2022年02月12日

ウクライナにおけるロシアとアメリカの代理戦争

12日に米ロ首脳電話会談 ウクライナ情勢「米側要請」
2022年02月12日08時33分 時事ドットコム
ロシアのペスコフ大統領報道官は11日、緊迫するウクライナ情勢に絡み、プーチン大統領とバイデン米大統領の電話会談が12日に行われると明らかにした。ペスコフ氏の説明では「米側が要請した」という。ロシア通信などが伝えた。
ロシア軍は10万人規模の部隊を西部国境に集結させる中、ウクライナ北方のベラルーシでも3万人規模を投入して合同軍事演習を開始した。バイデン氏は11日、北大西洋条約機構(NATO)加盟国首脳とテレビ電話で連携を確認しており、プーチン氏との直接対話で制裁を警告するとともに、緊張回避を図りたい考えとみられる。 


実は個人的にはロシアがウクライナに攻め込むとはまったく1ミリも思ってません
なぜならロシアはウクライナに侵攻してもなに一つ目的を達成できないし
むしろ侵攻することによってその時点で敗北が決定して目的を何も達成できないから

今のロシアの目的って要は下記のどちらかでしょう
.ΕライナのNATO入りを阻止してウクライナを緩衝帯として是が非でも残したい
▲Εライナのに親ロシア政権を樹立してNATO入りを阻止して緩衝帯にしたい


△倭芦鵑泙任論功してたけどウクライナでクーデターが勃発したんで、結果的にウクライナはそれ以前よりもNATO側に立ってしまい戦略変更を余儀なくされました(´・ω・`)
歴史的にはこの時のクーデターをウクライナ騒乱とされています
意外と知られてませんけどウクライナの前大統領は民主的に選挙で選ばれたヤヌコーヴィッチでしたが、結果的には反政府側がクーデターを起こして新ロシア政権を倒しました
このクーデター時の動画はYouTubeでも当時は完全一般公開されてたけど、クーデター起こした反政府側が大量の重火器をもってて、その動画はなつさんも何度も見ました
(現在は暴力的として一般開示されてないか、ログインしたら見れるらしい)
軍でもない一般人がなんでこんなに重火器で武装してんのって思わせる動画でした。
そして当時から、米CIAが軍事資金を反政府側に渡して兵士を訓練してたとあったし、
一方でウクライナ政府側にもロシア国内で訓練されたクーデター鎮圧部隊がいたわけです

この時にウクライナのクーデターに関与したのが米民主党のオバマ大統領で
(オバマはノーベル平和賞貰ってるけど実際にはロシアとの代理戦争を起こした張本人)
さらに言うと現在進行形でロシアと揉めてるのが同じ米民主党のバイデンです(´・ω・`)
なぜなら当時のオバマ大統領の下で副大統領やってたのがバイデンだからです
客観的にいうと、アメリカにはウクライナをNATOに引き入れてロシアと紛争をしたい米民主党と、ロシアとはあまり紛争を起こして揉めたくない米共和党があるわけです

結論でいえば、アメリカとロシアどちらかが正しいとか言いたいわけじゃなくて
ウクライナで起きてることはすべてアメリカとロシアの代理戦争そのもので、
アメリカはロシアがウクライナに攻め込んで来てほしくて仕方がないわけですよね
そうすればロシアに悪人のレッテル貼って堂々と経済制裁を下して追いこめますから。
一方のロシアはウクライナに本当に攻め込んでも実際には統治できないし、国際的には自分たちが賊軍のレッテル貼られて経済制裁で苦しむだけでメリットは皆無です
というか、ロシアに侵攻させて叩きたいのがアメリカの戦略そのものでってこと

プーチンは最近でも南オセチアやクリミア半島に侵攻したけどこれはすべて電撃戦
アメリカが騒ぐ前に戦車とヘリで数日以内に制圧して即紛争を休止しました。
(クリミア半島は元ロシア領で住民の90%はロシア人なんだけど)
プーチンは戦争を本気でやる時は必ず電撃戦で勝ちきれるというタイミングでやります。
戦車で攻めるだけでなく、速やかに終結できると判断できる時だけ動いてるし、目的も明確で、目的を達成したらすぐに休止するを繰り返し行っていますφ(.. )

今回のウクライナではプーチンは国境の周辺に軍を増強はするけどまったく動きません。
なぜなら目的は戦争や紛争ではなくアメリカやNATOとの交渉だからです
交渉をした上でNATO拡大を防ぐ協定なりを締結できたらそれが勝利なんだおね
逆にいうと、アメリカの罠にかかって挑発に乗って軍を動かしたら即敗北なわけです。

軍を動かしてはいますけどロシアが今やってるのはやっぱり外交でしょう。
自分たちの目的を達成するために圧力をかけて交渉の場を用意させてるわけですし。
アメリカが何らかの形で譲歩して例えば「10年間はウクライナのNATO入りはない」
回答すればプーチンは妥協して調停を締結した上で軍を撤退させるでしょう

ちなみによく勘違いしがちだけどクリミア半島は一貫してずっとロシア領でしたが
ソ連が崩壊した時に、ゴルバチョフ書記長がなぜかクリミア半島を分割して
そもそもウクライナ領ではなかったのにロシアからウクライナに領土を割譲しました
このあたりがロシアとウクライナ間の衝突の背景にあるのも事実でしょうφ(.. )

下記の記事はなつさんの考えに非常に近いと思います。
ロシアにとってのウクライナ侵攻は敗北でしかないのでまずやらないでしょう
周辺地域を不安定にさせたり、動揺を誘う行為ならいくらでもやるでしょうけどね。






ss2286234570 at 09:38│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 紛争 | アメリカ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔