yogurting ヨーグルティング

2021年10月31日

朝日新聞系列アエラ「立憲と共産党のせいでワクチン接種が遅れた」

菅首相は戦犯に間違いないが、立憲、共産党もポンコツ過ぎたワクチン国会
2021/06/17 18:36 AERA
菅義偉首相は政権の浮沈が懸かるワクチン接種について10〜11月完了を目指し、作業を急いでいるが、立憲民主党(以下は立憲)の安住淳国会対策委員長は「今になって菅政権は慌ててやっているが、半年前に出来たのではないか」と皮肉った。立憲が指摘するとおり、菅政権は当初、海外からのワクチン確保で後手後手に回ったのは紛れもない事実だ。世界的なワクチン争奪戦に敗北し、ファイザー社との契約も期限の縛りのない杜撰なものであったことなどが発覚。五輪開催国でありながら、供給スケジュールは先進国の中では最も後ろ倒しになった。戦犯の一人は紛れもなく菅首相自身だ。だが、あまり語られてなかったが、もう一人の戦犯がいる。
「政府は当初、ワクチンがコロナ対策のゲームチェンジャーとなることを見越し、日本でも早期に接種開始できるよう、海外の臨床試験データに基づいて迅速に承認する『特例承認制度』の活用を検討していた。しかし、立憲と共産党が強く反発。ワクチンではなく、むしろPCR検査体制の拡充をと主張した。立憲や共産党はワクチンの効果には人種差があるという理由で国内での治験にこだわり、欧米各国で行われていたワクチンの緊急使用に猛反対した。予防接種法の法改正でも、こうした立憲・共産党の意向を踏まえ、ワクチン審査を慎重にすべきという付帯決議が付けられたほどです」(政府関係者)さらには立憲と共産党は現実的には実施が難しい「検証的臨床試験」の実施も求めていたという。
「臨床試験の実施期間は開発の分野によってさまざまですが、平均で3〜7年ほどの歳月がかかることもあります。コロナ禍を踏まえれば、机上の空論的な主張です。仮に主張どおりに治験を実施した場合、今なおコロナワクチンは日本では承認されていないことになります」(厚生労働省関係者)
こうした野党の強い反発などもあり、政府は「特例承認制度」の活用を断念。承認にかなり時間を要することとなった。それが尾を引き、日本の接種開始時期はイギリスが世界で最初に承認した時期から約3カ月遅れとなった。その時はすでに70を超える国や地域で接種が進められていた。G7の中でも最も遅い接種開始となったのである。
しかし、ワクチン慎重派だった立憲や共産党はその後、国会で豹変し、菅政権のワクチン接種の遅れを舌鋒鋭く追及した。
この記事はものすごく貴重で、そして重要な記事であることは間違いないφ(.. )
なぜなら反自民党の人たちはそもそも読売や産経の記事を読まないし、信じないけど
今回のこの記事を書いたのは朝日新聞系列のAERAが書いてるからなんですよね。

そう、朝日新聞ですら立憲民主・共産党が国内のワクチン接種を邪魔したと
記事の中ではっきりと認めている極めて珍しい重要な記事がこれです

いまだに立憲民主党や共産党を支持してる人たちは政府のせいでワクチン接種が遅れたと
信じてる人が多いけど、実際には自分たちが支持している立憲民主党と共産党が
ワクチン接種に大反対をして「検証的臨床試験」を要求してたのまでバラされてる。
「検証的臨床試験」をやってたら国内接種は3〜7年遅れてた可能性すらあるわけです

しかもこの記事の一番すごいところは立憲民主党と共産党が自民党憎しのあまり
国内ワクチン接種を3〜7年も遅らせようと画策してたという事実を
朝日新聞系列のAERAですらはっきりと認めてるってことです(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

もし政権与党が立憲民主党や共産党だったら今ごろはまだワクチン接種どころか
ワクチン接種開始まで最低でも3年以上待たされてる状態だったということですΣ(゚д゚;)

誰のせいで国内のワクチン接種が遅れたのはよくよく考えるきっかけになったら幸いです

チャートで見る日本の接種状況 コロナワクチン
10/28時点。接種から統計に反映されるまで時間がかかるケースがあり、直近の数字が実態より低くなっている。職域接種1896万回のうち、ワクチン接種記録システム(VRS)に未入力の149万回分は含んでいない。
国内のワクチン接種人数
10/28時点: 少なくとも1回以上 9,771万人(総人口の77.2%)
10/28時点: うち2回接種 9,015万人(総人口の71.2%)

キャプチャ


ss2286234570 at 06:55│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 キチガイ | 民主党

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔