yogurting ヨーグルティング

2021年10月10日

【悲報】巨人をボロボロにした張本人、まさかの監督続投か?

巨人原辰徳監督続投へ 正式要請なら受諾に障害なし 「ポスト原政権」準備
2021年10月10日5時0分  日刊スポーツ
巨人原辰徳監督(63)が来季も続投する方向で調整していることが9日、分かった。今季が3年契約の3年目で、昨年までセ・リーグ2連覇を達成。今季は残り10試合となり優勝は絶望的な状況だが、現在3位でクライマックスシリーズ(CS)進出は決定的。日本一への道は続いているだけに、正式要請となれば受諾に障害はない模様。
近未来への継承役も託されている。「ポスト原政権」に備えていく。現役時代にチームを支えてきた阿部、村田、杉内らを第3次政権で首脳陣に据えた。今季はシーズン中に首脳陣の入れ替えを3度も敢行。5日からは阿部2軍監督を1軍作戦コーチに配置し、ポストシーズンへと続く勝負どころで1軍経験を積む機会をつくった。球団は来季、首脳陣の世代交代も進めていくとみられる。球団の伝統と指揮官としての帝王学を継承するためにも、続投の選択肢は最適解になる。
この日の広島戦で今季3度目の5連敗を喫し、残りは10試合。9・5ゲーム差の首位ヤクルトは、優勝マジック11を点灯させている。リーグ3連覇は絶望的となったが、CS進出はほぼ確定。日本一への熱戦は続いていく。

巨人・原監督迷采配 最大6点差痛恨ドロー 坂本ベンチ下げ→遊撃若林失策から4失点
2021.09.06  デイリースポーツ
6−0の六回の守備から坂本を「ずっと連戦続きで彼がずっと出っぱなしだった」とベンチに下げた。途中出場していた若林を代わりに遊撃手として起用。その六回の守備で相手にスキを見せた。先頭・中野に三塁打を浴びてピンチを迎える。続くサンズの平凡な遊ゴロを若林が失策し、簡単に1失点。阪神に勢いがつき、この回は4失点を喫した。
七回の守備からは広岡が遊撃に。だが、無死一塁からマルテのゴロを捕球した広岡が二塁に悪送球し一、三塁とピンチを広げてそこから2失点。同点に追いつかれた。2つの失策が命取りになった。
首位攻防3連戦は2敗1分け。この夜、勝てば首位の座を奪回できるチャンスだったが、それも逃した。

d4b527ae



October 09, 202119:11
巨人 52勝37敗→59勝56敗
1: 風吹けば名無し 2021/10/09(土) 18:45:33.81 ID:qMw7/V4y0
9/1 52勝37敗
7勝19敗
10/9 59勝56敗

10: 風吹けば名無し 2021/10/09(土) 18:48:13.51 ID:gttJV8Iur
中田のせいやなく中5日ローテのせいやで

64: 風吹けば名無し 2021/10/09(土) 18:55:41.23 ID:XWKVq70n0
中4中5継続してCSへの余力も残す気ないしマジ意味わからんわ原
さっさと解任しろ

67: 風吹けば名無し 2021/10/09(土) 18:55:54.30 ID:uokrzohw0
士気が下がるような事柄が何かあったとか…?

72: 風吹けば名無し 2021/10/09(土) 18:56:06.74 ID:pm31h/4o0
>>67
タクロー左遷や

76: 風吹けば名無し 2021/10/09(土) 18:56:48.30 ID:UZw9O+s3M
久しぶりに戸郷育ったなと思ったら速攻で壊しにいってて草生えない

122: 風吹けば名無し 2021/10/09(土) 18:59:47.81 ID:Br/xE+kTd
なお明日は高橋が中4日で登板する模様

原野球 (もともと酷かったけど今年から病状が悪化)
・ドラフトくじはすべてハズレ
・自前で獲得してきた外人選手は全部ハズレ
・年寄りの愛人育成が趣味(亀井、中島)
・若手育成は100%失敗
・守備を軽視する(若林、廣岡)
・中4、中5野球を目指したせいで先発陣が崩壊。中継ぎ陣、抑えも崩壊
・癇癪起こして先発引きずりおろす・・
・重度の左右病
・選手の首根っこ掴んで犬猫みたいに引きずり回す(若林)
・FAで選手増やしまくるんで不良債権が山積み(陽、梶谷、野上、井納)
・金魚のフンのコーチが大好き(元木ヘッド、宮本投手コーチ)
・諫言してくるコーチは大嫌い(石井琢朗)
・自分に逆らったコーチは即座にベンチから追放して降格(石井琢朗)
・データを無視して「役割野球」「わっしょいベースボール」を唱える

今年の原巨人のターニングポイントになったのは明らかに9/5の阪神戦でしょう
首位攻防戦の一番重要なとこで2敗して、後がない絶対勝たなきゃいけない試合で
6-0で勝ち越したとこで坂本下げて、若林、廣岡を出したら守備崩壊引き分け
阪神矢野監督が「勝ちに等しい引き分け」と試合後に語ったのは有名ですφ(.. )

天王山の首位攻防戦で白星を失ったのがターニングポイントとなり
以降は、やることなすことすべて裏目に出るというよくあるパターンに陥りました
しかし、その後も原監督はエラーを繰り返す若林、廣岡コンビをたびたび起用したため
足を引っぱられた投手が苦しんで負けるという最悪のパターンになってしまいました。
そもそもショート、セカンドという重要なポジションに吉川という良い選手がいるのに
なにが悲しくて守備下手くその若林、廣岡コンビの起用を繰り返したのかはですね

さらに優勝争いの最終コーナーで中4,中5で先発投手を回すのはまあわかるけど
その1ヶ月以上も前から中4、中5ローテを開始したことで先発崩壊したのも事実です
特に高橋優とか戸郷あたりを長期間にわたって酷使するのは非常にリスキーでしょ。
というか、来年以降を考えたら若手有能投手の酷使はケガの要因になるので危険
それこそ先発候補の若手にケガや離脱があれば来年からは焼け野原待ったなし。

そして一番謎なのがすでに優勝の可能性がないのに中4,中5ローテをやってること。
優勝目指して最後の追い込みで先発を使い回すのはよくあることなのでわかる。
けど、優勝も関係ない、しかもCSが始まる前のこの時期に先発酷使はなんのため
このまま過酷なローテを続ければ脱落者も増えるし、なにより中継ぎ陣にも負担でそ。

すでに原の周りには腰巾着の元木とか宮本しか居なくなっていますφ(.. )
唯一厳しい意見を言える石井琢朗野手総合コーチは謎の人事で9月からベンチ外に追放
そしてとどめを刺すように、参謀役として雇ったはずの石井コーチは3軍に降格
こんな逝かれた頭のおかしい人事を見せられた選手が本気でやる気をだすでしょうか?

タクトを振る指揮者の原の指示をまともに聞く選手すらいないのが実情です(´・ω・`)
先発が足りてないのにすぐ癇癪起こして捕手ごと先発を3回で交代させてみたり
(高齢者は60歳すぎると前頭葉が衰えて感情をコントロールできなくなるようです
気に食わないコーチをベンチから追放したり、恥をかかすような人事をやったり・・・

少なくとも巨人の選手が完全に戦意を喪失してるのは誰の目からも明らかですよね

4番の岡本は死んだ魚の目をして凡打の繰り返し。1塁までダラダラ歩くだけ。
キャップの坂本ですらチャンスでポップフライを打ち上げるだけの打席が増えてます。
とくに坂本は原監督をものすごく軽蔑してるようなしぐさを試合中にもしています。
原監督の方を見ない、完全にしらけたような顔をして話を聞こうともしない
こんなチーム崩壊状態で監督続投とか頭おかしいんじゃないのって誰でも思うでしょ

少なくとも選手は完全に愛想尽かせてあえて打たずにサボタージュしてますよね





ss2286234570 at 06:28│Comments(0) プロ野球 | 痛いニュース

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔