yogurting ヨーグルティング

2021年08月06日

5年で累損75億円 意識高い系スマホ証券FOLIOさん、来年資本が無くなる・・・

投資サービスのFOLIO、ロボアド基盤を外部提供
2021年1月14日 12:00 日本経済新聞
投資サービスを手掛けるFOLIO(フォリオ、東京・千代田)は金融機関向けに、資産運用を自動化するロボットアドバイザー(ロボアド)などの基盤システムを開発した。フォリオは自社でロボアドを提供してきたが、サービスの基盤システムを他社にも開放する。主に地方銀行の需要を見込む。
金融機関が独自にロボアドなどの基盤を開発するには、既存システムの改修が必要で費用がかさむ。フォリオの基盤を利用することで「大幅にコストを下げられる」(甲斐真一郎社長)という。21年中に数社の利用を見込む。フォリオの基盤システムでは、金融機関は利用者が開設した口座を用いて独自のロボアドサービスを提供できる。甲斐社長は「金融機関は自社口座を用いることで、自らの金融経済圏を維持したい」とみており需要を掘り起こす。
キャプチャ



2017〜2018年に日本で発生したフィンテックバブルの成果の一端がスマホ証券です。
新規参入したOne Tap BUY(現PayPay証券)FOLIOSTREAMLINE証券ですが
当初なつさんが予想した通り、時間の問題で全社が廃業または撤退になるでそ

アメリカのロビンフッドは低価格競争をするライバルがそもそもいなかったし
低価格で叩き潰してくるような既存のネット証券がいなかったんで生き残ったけど
日本では大手ネット証券が手数料を値下げして全面戦争をしかけてくるので
スマホ証券が生存できる可能性は残念ながら0.01%しかないですね

ちなみに2015年以降に新規参入したネット証券、スマホ証券は多くありますが
その中で唯一生き残って成功した事例はGMOクリック証券の1例だけです(´・ω・`)
(最近株を始めたDMM.com証券もあるけど、こちらは本業FXのおまけなので割愛)
逆にいえばこのセクターはほぼ死体の山で覆われた死屍累々の荒野です

おそらく挑戦した企業は20社以上あるけど成功例はたったの1例しかなくて
ネット証券とかスマホ証券セクターってのは究極のレッドオーシャンなんだおね。

さらに言うと、大手ネット証券の松井やカブコムですら激しい競争に巻き込まれて
数年後にいつ買収されて消滅してもおかしくないくらいの超レッドオーシャンです。
そんなとこに資本不足のベンチャーが参入しても100%死亡と予想しています
フィンテックバブルの仇花であるスマホ証券も残り数年で全社枯れて散るでしょう。

株式会社FOLIO
https://corp.folio-sec.com/company/overview/


FOLIO 売上高と業績推移のグラフで財務諸表の内訳を比較分析 2020 フォリオ
テーマを決めて投資が出来るサービス(アプリ)を展開する、FOLIO、2020年3月期までの通期本決算の、業績や財務を紹介します。LINE傘下のLINE Financialが出資。

2020年3月期通期決算
営業収益 4,851万円
営業利益 −22億7,052万円
経常利益 −22億2,689万円
当期利益 −23億6,334万円

2021年3月期通期決算
営業収益 1億1,634万円(+239.8%)
営業利益 −15億1,389万円
経常利益 −14億9,795万円
当期利益 −17億2,377万円

FOLIOは現在5年目の会社ですね。
最初はベンチャーキャピタルから4億出資してもらって会社を設立して
その後のフィンテックバブル最盛期にバカな投資家から18億と70億をもらいました
結果を出したのは資金調達だけで事業では一切の事績を残せていません。

Googleで「FOLIO」と検索するとヤバいとか退職とかろくなキーワードがありません。
退職した社員からの書き込みも非常に辛辣なことばかり書いてあります。
「メディアで目立つことばかり考えず、社内の現実を直視しろ」とか
https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a0C10000015bd02

■これまでの実績
2017年3月最終利益 −1億6,800万円
2018年3月最終利益 −8億3,478万円
2019年3月最終利益 −24億2,724万円
2020年3月最終利益 −23億6,334万円
2021年3月最終利益 −17億2,377万円
累積損失 75億1,500万円以上

https://corp.folio-sec.com/assets/pdf/disclosure-202107.pdf
決算資料をていねいに読むと2020年3月末の資本残高が32億2,700万円しかなくて
2021年3月末には−17億円でたった15億400万しか残ってないんですねΣ(・ω・ノ)ノ
2022年3月末までに15億円以上の損失出したら債務超過じゃないのかね
まずその前に自己資本維持率が低下しすぎて営業停止になるでしょうけど

残念ですけど残り1年以内に資本が尽きるとか金を預けるのに不適切なレベルですね
サービス利用するもう止めた方がいんじゃないのってとこまで追い込まれてます。
0002







https://corp.folio-sec.com/assets/pdf/disclosure-202107.pdf
開業5年目でようやくピンチだと気がついたのか応急処置を始めたようです(´・ω・`)
リストラしまくって従業員の人件費がいきなり30%カットされてます。
しかも不動産費用を75%削って格安のボロいビルに引っ越しまでしたようです
ただ残念ながら今のFOLIOは従業員全員の首を切って人件費をゼロにして
不動産をすべて解約して100%自宅勤務に切り替えても8億円赤字に着地します

FOLIOの大株主はLINEですが、LINEはLINE証券でも事業が大炎上してるし
LINEI銀行の設立も暗礁に乗り上げてるんで救援する余裕があるのでしょうか
仮にどこかのアホが40億円を出資したとしても寿命が2年延びるだけです。
フィンテックバブル最盛期に集金した92億円はほとんど消費したので
今から全ビジネスを変更して3〜4年以内に黒字化もまず無理でしょうφ(.. )
もしビジネスを変えるなら最低でも3年前にやってないとすでに手遅れですもん

経営者は会社の未来から目を背けて自称FinTechリーダーのセミナーに登壇して
日本の金融を語るという重要な責務を頑張っているようですねm9(^Д^)9mプギャー!!

FinTechリーダーが語る日本の金融
2021年8月6日(金) 19:00-20:30
Folio: 甲斐 真一郎 CEO


2020年08月06日
スマホ証券FOLIO、20年3月期の最終損失は23億6300万円

2020年04月19日
ベンチャーキャピタルの死体置き場、スマホ証券の未来

2019年09月23日
スマホ証券FOLIO、廃業までカウントダウン開始!

2018年01月18日
LINE、アプリで資産運用 ネット証券「フォリオ」に出資

2017年10月21日
新ネット証券「FOLIO(フォリオ)」いきなりSBI証券に潰される


ss2286234570 at 07:08│Comments(6) スマホ証券 | 撤退・廃業

この記事へのコメント

1. Posted by あき   2021年08月08日 08:58
STEAMではなく、STREAMだと思います。STREAM運営会社のSmartplus(Finatext)はクレディセゾンやANA等の大企業との提携も実現しており、FinTechスタートアップのなかでも別格なように感じます。
2. Posted by (・v・`*) なつ☆ていおう   2021年08月08日 10:45
ありがとうございます。綴りに抜けがあったので修正しました。

Finatextは証券事業以外のビジネスなら生き残っていけそうだけど
証券事業で穴空けてるからさっさと撤退するのが正しいでしょう。
そもそもこれから手数料がさらに低下して限りなく手数料が無料化していくセクターなんで
赤字を我慢して投資し続けてもまったくメリットありませんから。


3. Posted by (・v・`*) なつ☆ていおう   2021年08月08日 10:47
ただし、大手企業との提携とか、別格とかそういうのはもう意味をなさないでしょう。
そもそも手数料が限りなく無料化されたら手数料に依存してる大手ネット証券ですら全部廃業ですから。

Finatextが今やるべきなので損切りせずに証券事業に追加投資することではなく
証券事業以外で稼げそうなセクターに投資を回して、証券事業から撤退することです
4. Posted by あき   2021年08月08日 12:08
丁寧なコメントありがとうございます。
FinatextがSmartplus事業から早期に撤退し、他の事業に集中すべきであるというのは個人的に同感です。
ただ、BaaS事業の成長性で高いバリュエーションで多額の資金調達をしていると思われるので、既存株主がそれを許すかは疑問ではありますが・・・。
5. Posted by (・v・`*) なつ☆ていおう   2021年08月08日 23:57
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1911/07/news121.html

BaaS事業が間違ってるとは言わないけど、それはあくまで証券事業が儲かって
新規参入業者が増える前提での話ですからね。
すでにSBI証券が手数料無料化をぶち上げて新規参入メリットが0になったので
もはやBaaS事業自体が成り立たない世の中なんで撤退すべきでしょう。
6. Posted by (・v・`*) なつ☆ていおう   2021年08月09日 00:11
BaaS事業って安く参入できるのには罠というかデメリットがあって
証券業界そのものに大きな変動があった時はカスタマイズしにくいんで
結果的に安くて参入障壁が低いだけで融通が利かないビジネスになるんですよね。

BaaS事業の提携先がクレディセゾンくらいしかいないならさっさと契約終了させて手を切って
保険事業に絞って手を広げ過ぎずにどこか一つを突破口にした方がいい。
はっきり言って明らかに手を広げすぎて畳めなくなって
結果的に証券事業からの撤退判断を誤ってるように見える。
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52135

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔