yogurting ヨーグルティング

2021年05月02日

中国格安EV VS ロールスロイス

中国製EV、1台50万円の格安車 テスラ対抗モデルも
2021年4月19日 15:15 日本経済新聞
中国の新車市場で電気自動車(EV)の存在感が急速に高まっている。19日に開幕した世界最大級の自動車展示会、上海国際自動車ショーでは、約50万円からの格安モデルをはじめ多彩なEVが展示され、ネット検索最大手の百度(バイドゥ)など異業種の参入も目立った。中国では足元のEV販売が急回復しており、成長需要を取り込もうと競争が白熱している。
19日、上海自動車ショーの会場で、ひときわ注目を集めるブースがあった。中国国有自動車大手、上海汽車集団が株式の過半数を持ち、米ゼネラル・モーターズ(GM)が出資する上汽通用五菱汽車だ。「このEVは安いうえにデザインがかわいいので売れるだろう」。報道関係者は口をそろえた。2020年7月に最も安いタイプでは50万円以下で売り出した小型EV「宏光MINI EV」の品ぞろえを増やし、展示に人だかりができた。

50万円でクルマが買える? 中国EV市場で今、起きていること
2021年4月30日 19時05分 NHKWEB
EV(電気自動車)が50万円で買えるとしたらあなたは買いますか?中国のメーカーが去年発表した50万円を切る“超低価格”のEV。「価格破壊の波が来た」と世界最大の自動車市場、中国で今、衝撃が広がっている。最も安いグレードでは、走行距離を最大120キロに設定して搭載するバッテリーを少なくし、急速充電にも対応せず、冷房もない。また、エアバッグは運転席のみとするなど、装備も安全基準を満たす必要最小限にした。
中国製の格安EV

ロールスロイス

中国製のEVについてのニュースが増えてきたので面白い動画を探してきました
ぶっちゃけEVなんてまだできたばかりの市場だしこれから大きく変わるので
中国のEVもテスラの新車ですらただの試作機みたいなもんでしょうφ(.. )

ぶっちゃけ現時点での性能や完成度を批評したってほとんど意味ないですし
中国製のEVを批判したりするつもりもまったくありません。
もしかしたら日本より規制が緩くて補助金が多い中国製のEVの方が先に進化して
世界を圧倒する可能性だってあり得るのがEV業界ですからねΣ(・ω・ノ)ノ

今回はあまり小難しいことは抜きにして動画があまりに面白かったので
ゴールデンウィーク向けの暇つぶしとして記事を書いてみたというそれだけです
ただけっこう面白いので一度見て損はなと思いますにょ(σ´∀`)σ

0210












0209




ss2286234570 at 16:09│Comments(1) 電気自動車(EV) | アジア市場

この記事へのコメント

1. Posted by 名無し   2021年05月03日 20:45
トップギアの格安チャレンジ思い出した。
中国ジョークも面白いな。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔