yogurting ヨーグルティング

2021年03月19日

黒田総裁「ハッハッ、見ろ!ユニクロがゴミのようだ」

東京株、一時500円超下落 日銀ETF買い入れ変更で
2021年03月19日16時40分 時事通信
19日の東京株式市場で、日経平均株価は急落し、下げ幅が一時500円を超えた。同日開かれた日銀の金融政策決定会合で、上場投資信託(ETF)の買い入れ対象から日経平均連動型が除外され、東証株価指数(TOPIX)連動型に限定されたことが響いた。
終値は前日比424円70銭安の2万9792円05銭。個別銘柄では、ソフトバンクグループやファーストリテイリングなど日経平均の値動きへの影響が大きい銘柄の下落が目立った。一方、日銀の決定はTOPIXには追い風となり、終値は3.70ポイント高の2012.21と上昇。東証1部全体では7割近い銘柄が値上がりした。 

TOPIX上昇転換、日銀ETF購入方針変更で−日経平均は下げ拡大
2021年3月19日 7:57 ロイター
19日の東京株式相場は午後にTOPIXが上昇に転じた。9日続伸となりバブル後の戻り高値を再び更新した。日本銀行が金融政策決定会合で上場投資信託(ETF)の買い入れをTOPIX型のみに変更することを決め、銀行をはじめ幅広い銘柄に買い注文が先行した。米長期金利上昇や原油高で下落していた日経平均株価は対照的に午後に下げ幅を拡大した。
金融政策決定会合を終えた日銀は午後、ETF買い入れについて「今後、指数の構成銘柄が最も多いTOPIXに連動するもののみ買い入れることとする」と発表した。また買い入れ額について年間約12兆円の上限を感染症収束後も継続するとしたが、約6兆円の原則については削除した。
これを受けて午後にTOPIXの水準が切り上がった。逆に日経平均株価の寄与度の高い銘柄に売りが大きく膨らみ、ファーストリテイリングは一時6.8%安と昨年8月以来の日中下落率となった。SMBC信託銀行の佐溝将司シニアマーケットアナリストは、日経平均は一部銘柄に偏る問題点が前から指摘されており「日銀が買うことによりゆがみを大きくしていた」と指摘。その上で「今の水準であれば気にする必要はなく、TOPIXのほうが市場に合った買い入れ割合になる」と述べた。

日銀ETF購入がTOPIX型のみに、バリュー株シフトが鮮明化
2021年3月19日18:48 ロイター
TOPIX型のみを買うという点については歓迎する声が多い。ある市場関係者は「浮動株比率が少ないファーストリテが上昇すれば日経平均も連れ高となるなど、市場のゆがみが指摘されてきた。そのゆがみが是正されるという面ではポジティブ。短期筋による日経先物の投機的な売買も減るのではないか」(国内証券)と分析していた。また「一部の指数寄与度が高い銘柄に市場が翻弄(ほんろう)される場面が多かったことを踏まえれば、適正な購入法に変更したと言えそうだ。日銀は株式市場をよく観察し、相場の本質を理解していることを示したとみることができる」(東海東京調査センター・シニアストラテジスト・中村貴司氏)と、日銀の姿勢を評価する声も聞かれた。

「見せてあげよう、日銀の雷を
「ハッハッハ、ユニクロ民がまるでゴミのようだ」

0319






さて、日銀の黒田総裁が「日銀はもう日経225型のETFは買わない」と発表したことで
3/19の相場は昼間からかなり大荒れの展開を見せましたΣ(・ω・ノ)ノ
浮動株が少なく日経型ETFを購入するたびにアホみたいに上がってた銘柄が暴落
柳井家に日銀が金を貢いでるだけだと批判されていたユニクロ株を筆頭にして
日経に寄与度の高いいわゆる値嵩株が叩き売られて先物もMAX500円近く下げました

しかし一方で日銀がTOPIX型ETFしか買わないと発表したことでTOPIXは上昇
結果的に値嵩株からその他の株に資金が流れたことで市場のふいんきは大きく回復
東証1部の騰落数は、値上がり1491銘柄に対し、値下がりが623銘柄、変わらず81銘柄
つまり600銘柄だけが下がって、その2倍以上の1491銘柄は上げたってことなんですね
ユニクロだけで日経は212円分下げたとあるのでむしろ良かったといえるでしょう。
そもそもユニクロ1銘柄だけが下げただけで日経が200円下がるとか頭おかしいですし
結果的に日本の市場のおかしな部分やゆがみが修正されるのは良いですよねφ(.. )

ちなみに過去1か月間は特に市場のゆがみがひどくて日経がほとんどただのゴミでした
日経が+500円でも保有銘柄の半分は下げててむしろ前営業日比でマイナスというね。
特に日経が+800〜900円の日なんて保有銘柄がほとんど下げて前日比で大幅マイナス
一方で日経が−800円−1000円以上下げた日はトントンか横ばいでしたΣ(・ω・ノ)ノ
日経が−300円〜+300円くらいの値動きの日が一番プラスというわけの分からん状態。
ぶっちゃけ日経225先物の値動きが一切役に立たない状態になってたんですよ。
変な話、日経225先物が−200円ならよろこんで、+500円以上ならになるというね

日経平均 29,792円 −424円 (1.41%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

TOPIX 2012 +3.7 (+0.18%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0010

ファーストリテイリング(9983) 91,020円 −5,910円 (−6.10%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9983
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9983.T/chart?styl=cndl&frm=dly
月足で見るとすでに大陰線のド天井みたいなチャートになってますよね(((( ;゚д゚)))
そもそもPERもクソ高いしい日銀が買わないなら誰も買わないんじゃないでしょうか
日足の支持線も普通に割って、そのまま次の支持線がある85,000円まで下げていって
さらにその下にある80,000円の支持線のところまで下がっていくだけなんじゃないのけ
そう考えると日経225先物ってけっこう下げていきそうな傾向になりそうですよね。
ただしTOPIXは日経と関係なくそのまま右肩上がりになりそうですけど(´∀`*)

JFE(5411) 1,385円 +53円 (+3.98%)
https://finance.yahoo.co.jp/quote/5411.T/chart
鉄鋼セクターは非常に強く、日経なんて無関係で急騰して年初来高値を更新しました
っていうか新日鉄もJFEも3/19に年初来高値を更新してますよね(●´ω`●)
月足で見ると1,500〜1,700円あたりまでは十分に上値余地があると考えられます。
ただし、1,700円を超えると雲があるので上値が重くなりやすくなります。
ちなみに主力銘柄である鉄鋼とか百貨店はどこも年初来高値の銘柄だらけでした

H2Oリテイリング(8242) 992円 +16円 (+1.64%)
この銘柄のいいところはつい最近になって月足の雲を上に突き抜けたってことです
つまり今までは上値抵抗線に抑えられて揉み合いをしてただけってことなのよね。
雲は1,500円あたりなんでつまり上値余地がまだ500円もあるのが魅力なのです
これまではあくまで準備期間でここからが上昇フラグ点灯ってとこがいいですね。

スバル(7270) 2,269.5円 +63.5円 (+2.88%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7270
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7270.T/chart

月足はまだよくなけど最近やたら強い買いが入ってきて上げてるのがスバルです
2,500円を超えてくると月足が好転するのでもっと上値が広がりますね。
週足でゴールデンクロスになってるので非常に上がりやすいタイミングだおね
まずは2,300円まで上げて週足でも上抜けトレンドを達成してほしいところでそ。
自動車では日産もいいけどなつさんはこちらの銘柄を仕込んでいますφ(.. )

IHI(7013) 2,364円 +64円 (+2.78%)
JFEは翌日と翌々日まだ安かったし、IHIはしばらく押し目があったのがよかったお
いくら予想が当たっても買いタイミングがないまま窓空けて上げたら意味ないですからね。
結果的に一番ラッキーだったのはこの2銘柄の予想が当たったことなどではなく
仕込み時間がちゃんとあったってのが最もラッキーな出来事と言えるでしょう
ぶっちゃけ同じタイミングで上げ予想した三菱重工も同じように上げてるんですが
一番重要なのは三菱重工よりHIの方が上値余地が大きいと感じたって部分ですφ(.. )
セクター丸ごと上げてるんだからどちらも上がるのはもうわかってたことですから

百貨店も同じですよねセクターが上がるのはすでに分かってることです
重要なのは百貨店セクターの中で上値余地の大きい銘柄のどれを選ぶかでそ(*・ω・)ノ


ss2286234570 at 20:09│Comments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 株式市況 | 日本株

この記事へのコメント

1. Posted by あwせdrtfgyふjk   2021年03月24日 21:47
日銀の日経ETF外しのTOPIXオンリーって、大口のサヤ取りの手段になるんじゃないかしらん。
なんか、抜ける手段がありそうって直感が働いてますけど、どうでしょ。
日経売り仕掛け、TOPIX連動売り、
TOPIX日銀買い、日経ETF買わず、
ここにTOPIXと日経との差が生まれるので、
個別株の売買と組み合わせるとえっっと。

日経平均でウェートが大きい、ファーストリテ、ソフトバンク、東京エレクトロンを売って、ガンガン下がるでしょ。
すると、日銀がTOPIXだけを買ってくるので、日経でウェートが低くて、TOPIXでウェートが高い銘柄であるトヨタとかの戻りが期待できてということで、トヨタを前引け前に拾って、後場に日銀の買いが入ったところで売るのかな。

大口には空売り規制あるから、こんなうまくいかないけど、
うーん売り仕掛けがしやすい割に、買いをしかける組み合わせがなくて、株価上がりづらいのかな。

アメリカの下げにより日経平均が下がるとき、必然的に日経ETFが売られるので、その分、ソフトバンクとかファーストリテの売りが出るけど、そのとき、いままで期待されてた日経ETF買いは、全くこれらの銘柄にはないと。

一方で、日経の下げを阻止するために、日銀が、日経ETF分までTOPIXを買ってくると、現在、ソフトバンクで、日経とTOPIXでウェートの差が3倍、東京エレクトロンで5倍あるから、今までの3倍〜5倍の量をTOPIXETF買わないといけない。
ってことは、TOPIXは全体平均だから、TOPIXのウェートが低い銘柄群には、今までの3倍くらいの買いが入ってくる可能性があるってことは、むしろ、その辺の銘柄にはプラスなので、そういう銘柄は大抵バリュー株なので、当面、バリュー株は強含みってことになるのかな。

バリュー株系がここ数ヶ月やけに強かったのって、日銀がこうすること何となく市場で想定されてたから、そこを先回りしてたのかな。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔