yogurting ヨーグルティング

2020年07月19日

渋谷からオフィスバブル崩壊始まる、コロナで「縮小移転」ラッシュ その2

富士通、オフィス半減発表 在宅勤務支援に月額5千円
2020/7/6 11:41 日本経済新聞
富士通は6日、国内のグループ会社を含めたオフィススペースを2023年3月末までに半減させると正式発表した。全国で約60カ所の事業所を保有、約380カ所を賃貸契約しており、計約120万平方メートルのオフィス面積を3年かけて縮小する。全社員を対象にした月額5千円のテレワークに伴う補助金なども新設し、在宅を原則とした働き方にシフトする。




単純にハード面だけでなく、例えば会社の組織やありかたも縦方向の組織から
もっとフラットな組織に一気に変化していく流れが起きるだろうし
勤務時間とか勤務場所も、会社のオフィスや自宅に縛られることがなくなって
もっと自由に自分で選択して自分の生活スタイルに合わせる流れになるだろうし
それこそ金曜日は自宅か自宅近所で朝7時から働くような人が増えれば
金曜日は15時に仕事終えて遊びに行くみたいなスタイルに必ずなるでしょう

あと間違いなく無駄な業務が減るから、これから勤務日数が減ると思うんだおね。
昔って学校も土曜まであったし、小中高校も週休1日だったけど今は2日です。
企業も今はどこでも週休2日だけど少し昔まではあれ1日だったんですよね(´・ω・`)
そして今後は間違いなく週休3日になってくだろうと予想してます

するとオフィスに出社するのは週に2日で、自宅または自宅近所で働くのは2日
つまり1週間の内の5日は自宅に近いとこで過ごす生活になっていくでしょう。
すると個人は会社に近い場所に住むメリットがまったくなくなるんだおね
するとサラリーマンはより郊外の広い自宅に住むライフスタイルになってくでそ
週に5日出勤するなら23区の近くに住んだ方がメリット大きいけど、
週に2日しか働かないし出社しないなら郊外に住む方が圧倒的に良いですもんね

そうなると建売り不動産系はこれからビジネスチャンスは広がりそうだけど
大手町や新宿・渋谷にでかいオフィスを作って伸びてきた
三菱地所とか住友不動産なんかは向かい風どころか構造的な大不況でしょう
オフィス需要が減るってのもあるんだけど、企業側はオフィス削減を盾にして
不動産会社と交渉するから値下げ圧力がものすごく強くなるんですよね
値下げに応じないならガンガン床面積削って撤退するよって交渉するわけだし。
今まで売り手市場だったから、値引き率15〜20%なんて迫られたら
あっという間に営業利益がふっとんで死ぬほど業績悪化しそうですもんね

ビジネスオフィスを提供してる不動産会社、革靴メーカー、スーツ店は
これから出口のない構造不況が待ってるのは間違いないと思います(´・ω・`)
一方で、自転車メーカーのあさひ(3333)は絶対伸びると思うけど.。゚+.(・∀・)゚+.゚
駅前のオフィスに通う程度なら自転車あれば十分ですもんね。
実際に自転車の売れ行きってメチャクチャ伸びてきてるんですよ
格安の価格帯じゃなく、利益率のいい高価格の自転車がものすごく売れんだおね



あさひ(3333)1,591円 −4円 (−0.25%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3333
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3333.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v


ss2286234570 at 12:02│Comments(0) オフィスバブル崩壊 | テレワーク

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔