yogurting ヨーグルティング

2019年08月08日

マネックス、SBI、楽天が日経225先物とミニ先物の手数料を引き下げ

マネックス 日経225 先物・ミニの取引手数料を主要ネット証券最安に引き下げ
2019年8月6日 09時00分
マネックス証券は2019 年8 月13 日(火)の日中取引(予定)より、日経225 先物の取引手数料(税抜)を1 枚あたり330 円から250 円に、日経225 ミニの取引手数料(税抜)を1 枚あたり50 円から35 円にそれぞれ主要ネット証券最安に引き下げますので、お知らせいたします。

SBI証券 日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
2019年8月8日 15時00分
株式会社SBI証券は、2019年8月13日(火)夜間立会[予定]より、日経225先物及びミニ日経225先物の手数料を下記のとおり、業界最低水準※にすることといたしましたので、お知らせいたします。
0806










楽天証券、日経225先物・ミニの取引手数料、業界最安に引き下げ
2019年8月9日 16時00分
楽天証券株式会社は、2019年8月16日(金)の夜間取引より、日経225先物および日経225ミニのお取引にかかる取引手数料を業界最低水準※1に引き下げることを、お知らせします。
0807





ここにきてネット証券各社が手数料値下げ競争を開始したようですφ(.. )
今回は日経225先物と日経225ミニ先物のようです。

手数料の値下げ競争ってのはいつもこういう時期に起きるんですよねΣ(・ω・ノ)ノ
これ同じこといつも書いてるけど豊作の年って争いは起きないんですよね。
日経平均がガンガン上がって個人投資家がドンドン口座作って取引をして
証券会社の業績がうなぎ上りの年には激しい手数料競争ってのは起きないんです
なぜなら他社から必死になってお客を奪わなくても豊かだからです
必ず争いってのは凶作の年に起きるもんなんですね(((( ;゚д゚)))

個人投資家の人ならすでに周知の事実ですが
昨年の後半あたりからトランプ大統領が中国との貿易戦争で揉め始めたせいで
ダウの急落が起き始めて日経が激しく売られる展開が増えてきました(´・ω・`)
しかも前触れなしでいきなり中国からの輸入に課税発表するから下げが早い
2018年の後半はとくに下げが厳しく最高値24,000円から19000円割れまで売られました
そのせいで2018年末〜2019年初めに個人投資家が大量に引退してるんですよね
もしくは、資産を痛めて取引を止めてるか様子見に切り替えてるってことです。

その後に日経平均は22,000〜23,000円まで回復したりもしてましたが
個人投資家の取引ってのは年末からここまでほとんど回復してないんだおね
出来高とか信用残高とか売買代金を見るとそのへんがはっきり残ってんだおね。
おかげで大手証券も中小証券もネット証券も足元で業績が悪化しまくりなんだお(´・ω・`)
ネット証券の決算発表を見てると「リーマンショック時並みの業績の急落」
という表現があったのでそれくらい証券会社の業績が落ち込んでるって事でそΣ(・ω・ノ)ノ

日本でも戦国時代ってのがありましたが、あれは小氷河期と合致してんだおね
小氷河期のせいで真夏に雪や雹が降ったとか、作物が壊滅して飢饉がおきて
食料を奪うしかないってんで戦乱が激しくなったと
過去のネット証券の競争とか簒奪(お客の奪い合い)の理屈もまさにこれ。
急激に市場が冷え込んで悪化するととたんに手数料を引き上げ始めるのですよφ(.. )
もしこのまま試合が回復しないならさらに手数料の値下げ競争が激しくなって
手数料が高めの松井とかカブドットコムあたりが非常に苦しくなると予想されます
(手数料が高いネット証券はうかつに追随して値下げすると業績が超悪化するから)
結果的にどうなるかというと、大手(SBI証券と楽天証券)がが焼け太りして
数年も経つと、この2社の占有率がさらに上がることが予想されます

松井の4〜6月期、税引き益53%減 売買低迷で手数料収入が減少
2019/7/29 8:45
松井証券が29日発表した2019年4〜6月期の単独決算は、税引き利益が前年同期比53%減の13億円だった。株式相場の先行き不透明感がくすぶる中、市場の売買代金が低迷し、手数料収入が減少した。
一般事業会社の売上高にあたる純営業収益は28%減の51億円だった。個人投資家の売買意欲が低下したほか、信用取引から得る金利収入も減った。減価償却などの増加も重荷となり、営業利益は54%減の19億円だった。

カブコムの4〜6月期、税引き益65%減 手数料収入など減少
2019/7/25 15:31 
カブドットコム証券(8703、監理)が25日発表した2019年4〜6月期の単独決算は、税引き利益が前の期比65%減の5億3300万円だった。株式などの受入手数料収入が減少したほか、信用取引から得る金利収入も低迷した。
一般事業会社の売上高にあたる純営業収益は22%減の38億円、営業利益は62%減の8億1300万円だった。減価償却費などシステム開発にかかる費用の増加も重荷となった。


ss2286234570 at 16:41│Comments(0) 日経225 | 手数料値下げ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔