yogurting ヨーグルティング

2019年07月17日

華為技術(ファーウェイ)の会長「バックドアはありま〜す!」

ファーウェイ、バックドア不使用誓う合意書に各国政府と署名する用意ある
2019年07月13日 08:06
中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の梁華会長は、機器への不正アクセスを可能にするために開発者が埋め込んだ脆弱性(バックドア)を利用しないと、各国当局と合意書に署名する用意があると述べた。「中国には、企業が情報収集に従事することを義務付ける法的規制はありません。私たちは各国現地の法律に従ってビジネスを行います」
バックドアとは、開発者によって意図的に埋め込まれたアルゴリズムの欠陥。これによりデータへの不正アクセスやオペレーティングシステム(OS)とコンピュータ全体の遠隔操作が可能になる。


ファーウェイ、バックドア不使用を誓う合意書の意思を示すも「あったのかよ」の声
ファーウェイの梁華会長はバックドアを使わないことを示すための合意書を用意できると述べました。これまでもファーウェイは一貫してバックドアの存在を否定してきましたが、今回は合意書の形で「不使用」を示すものになります。


華為技術(ファーウェイ)の会長自らが公式な場において
自社の製品にバックドアが埋まってることを明確に認めたようですにょ(σ´∀`)σ
自社の機器に不正アクセスするために意図的に開発者が埋め込んだバックドアがあるけど
そのバックドアを利用しないという合意書に署名するとか意味不明なこと言ってます。
少し前まで「自社製品にバックドアなど一切埋まっていないって断言してたくせに
今度は「埋まってました」と嘘つくようじゃさらに信用度が下がるだけだおね

でもいくらファーウェイがバックドアを利用しないという合意書に署名したところで
実際にそのバックドアを利用して侵入してくるのはファーウェイではなく
中国本土の政府に雇われたハッカーや諜報専門の軍属部隊なんだおねφ(.. )

いまさらファーウェイが利用するとか/しないとかの誓約なんてなんの意味もないし
むしろ「中国軍が侵入するとは言ってない」って言い訳の根拠にしかならないでそ
いったいどこのバカがこの言い訳聞いて満足するのかと小一時間問い詰めたい。

一番困ってるのはおそらくファーウェイと中国の肩を持っていたドイツあたりでそ。
トランプ大統領が「ファーウェイの商品はバックドアが埋めてある」と発言したとき
ドイツの高官首相はトランプ嫌いのあまりやたら反発した発言を繰り返して
「ファーウェイの商品にバックドアが埋まってる証拠などない」だとか非難しまくって
「ファーウェイは安全だ」とか「バックドアの危険はない」とか言ってたのに
いきなり「バックドア埋めてるんでスパイし放題の状態です」って言ったもんだから
華為技術(ファーウェイ)に梯子を外されたかっこうです(●´ω`●)

今まで欧州各国は「ファーウェイの商品にバックドアは埋まってない」と主張して
ファーウェイからの通信機器の調達を続けると宣言していたわけですから、
実は埋まってましたと暴露されたら立つ瀬もないし、調達もむつかしくなります
今回の暴露宣言は欧州にとってもファーウェイにとってもマイナスでそ
こんな意味不明な宣言や誓約なんてむしろファーウェイの首絞めるだけでそ
(なんせファーウェイは散々バックドアなどないと主張し続けてきたわけですから)


ss2286234570 at 18:06│Comments(0) 米中貿易戦争 | スパイ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔