yogurting ヨーグルティング

2019年07月15日

リミポ小田「我がホットウォレットの安全は世界一ィィィィーー!」

協会、仮想通貨は「可能な限りコールドウォレットに」=関係筋
2019年7月12日 / 16:49 ロイター
仮想通貨取引所の自主規制団体である日本仮想通貨交換業協会は12日、会員であるビットポイントジャパンで仮想通貨の不正流出事件が起きたことを受け、ホットウォレットで管理している仮想通貨を可能な限り、インターネット接続がない「コールドウォレット」に移すなど安全対策を取るよう各社に要請した。関係者が明らかにした。ビットポイントで流出した仮想通貨はホットウォレットで管理されていた。


金融庁メンツ丸つぶれ、ビットポイント仮想通貨流出の「間の悪さ」
2019年7月12日 日経ビジネス
流出した約35億円分の仮想通貨は、約25億円が顧客からの預かり分、約10億円がビットポイントジャパンの保有分。仮想通貨の保管方法にはオンライン上で保管する「ホットウォレット」、オフライン環境下で保管する「コールドウォレット」の2つがあるが、流出したのはいずれもホットウォレットで保管していた仮想通貨となる。
仮想通貨については国内仮想通貨交換業者が相次いで流出事故を起こしたことから、ルールの目的化や制度整備を目的に資金決済法と金融商品取引法の改正が5月31日に国会で成立。改正法には仮想通貨をコールドウォレット等で管理することの義務化が盛り込まれていた。改正法は2020年6月までに施行されることとなっており、その狭間を狙われた可能性が高い。京都大学公共政策大学院の岩下直行教授は今回の流出事故について、「改正法の施行前だが、ビットポイントがその精神を尊重して、顧客の資産保護のために同種同量の暗号資産をコールドウォレットに保有していたかどうかが今後の焦点になるだろう」と語った。


ビットポイントの仮想通貨「3度目の巨額流出」で業界に大逆風の懸念
https://diamond.jp/articles/-/208753
7/12(金) 19:00配信 ダイヤモンドオンライン
今回、被害に遭ったとされる約35億円の内訳は、顧客からの預かり資産が約25億円で、自社勘定で保有していた資産が約10億円。同社が扱っているビットコインをはじめ、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルの5銘柄にまで被害が及んでいる可能性があるという。
また、約35億円相当の仮想通貨は全額が「ホットウォレット」と呼ばれるオンライン上の保管場所にあった。同社は自社の保管場所を「ウォームウォレット」と呼び、オンラインにつなぎながらも秘密鍵が暗号化されているなど、セキュリティーレベルはホットウォレットより高いとうたっていた。


今回のビットポイントの35億円流出事件の要因は何かと考えるとφ(.. )
金融庁や仮想通貨協会が「仮想通貨はコールドウォレットで保管しろという
通達を何度も出して警告していたのに、それをすべて無視して対応しなかったこと。
理由は不明だけど、ビットポイントは当社のホットウォレットは暗号化が完璧だから
セキュリティーレベルは完璧で問題ないとわざわざ自社のサイトでも自慢していました
(小田氏は俺は仮想通貨について一番詳しい!日本一のプロだと自称していたアホです)
しかし、案の定これが破られてあっさり35億円盗まれてしまったということです。
つまりこれってただの事故じゃなくて100%重過失によって起きた事件なんだおねΣ(・ω・ノ)ノ

2020年6月から仮想通貨業者は仮想通貨をコールドウォレットで必ず保管して管理しろ
という法律まで成立されてるのに、その直前の現在でも無視していたってこと。
ハッキリ言って親会社のリミックスポイントも社長の小田玄紀もキチガイだと思います
けっこうあちこちに顔を出して「オレは日本で仮想通貨について一番詳しいんだとか
ドヤ顔して意識高い系をアピールするのが大好きなキチガイでしたからね(゚д゚)、ペッ
ものすごく人格に問題があると思いますφ(.. )

ちなみに2019年6月25日にリミックスポイントとビットポイントの社長を兼任してる
その直後に35億円分の仮想通貨流出事件まで起こしてんだからもはや処置なしでそ
100%間違いなく1か月以内に副会長を辞任して謝罪になるのは間違いありません。
ここまでくるとキチガイというよりほとんど志村けんのコントみたいですね

今回の事件は偶然たまたま起きた事故でも何でもないということ。
自意識加増なアホの経営者が法律に気を配ることもなく完全に無視したような行動をとり
金融庁や仮想通貨協会の再三の警告忠告無視しまくって起きた必然の事故ってこと。
昔発生した「DQNの川流れ」で有名なあの死亡事故と極めて似てるということです(゚д゚)、ペッ


結論からいえば、これから金融庁による厳しい検査と監視態勢が敷かれ
徹底的な調査と重い処分がビットポイントとリミックスポイントに出されるでしょう。
ただあまり長期間にわたって取引を停止してると投資者にも影響が出てしまうので
おそらく半年〜1年以内にあたる来年のころには取引再開になると思われますφ(.. )

ただし、ビットポイントの株をリミックスポイントが所有したままでのサービス再開は
絶対にありえないと思うので、金融庁の指示のもとに事業売却になると思います。
もう少しまともで、常識があって、人の忠告に耳を傾けるだけの節度を備えていて
金融庁に対してもそれなりに従順そうな金融機関に売却されると予想しいます
もしリミポがさらに反発して反対するような永久に事業再開は許されることもないでそう。
金融庁の業務改善命令を完ぺきに無視して対応すらしていなかった
今回のリミポと小田玄紀も金融業界から永久追放になるであろうことは間違いないでそ

他人の忠告をまったく聞かず暴走するキチガイはそれくらい危険だってことですφ(.. )
これだけの重過失でかつ当局や協会を無視し続けた罪は非常に重いでそ
川で泳いでるDQNはそのまま放置して死んでしまってもいいですが
トラブルを起こす金融業界のDQNはこれはもう追放する以外の処置はないでしょう

リミックスポイント(3825)  350円 −80円 (−18.60%)
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3825.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

2018年11月14日
リミックスポイントが業績予測を白紙化!決算日に社長がトンズラ!

2018年09月23日
仮想通貨交換所ビットポイント、CMに本田圭佑氏を起用

2018年02月20日
キチガイにも程がある社会人失格レベルの、Zaif(ザイフ)


ss2286234570 at 05:49│Comments(0) キチガイ | 仮想通貨

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔