yogurting ヨーグルティング

2019年07月12日

ビットポイントから35億円相当の仮想通貨が流出 その1

ビットポイントから35億円相当の仮想通貨が流出
2019年07月12日 14時24分 ITmedia NEWS
仮想通貨交換業者のビットポイントジャパン(BPJ)は7月12日、約35億円相当の仮想通貨が流出したと明らかにした。BPJは同日午前、緊急メンテナンスのため全サービスを停止していた。流出したのは、BPJがホットウォレットで管理していた仮想通貨。流出の経緯や詳細は調査中だが、この手法で管理していたのはリップル・ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム・ライトコインの5銘柄という。コールドウォレットで管理している仮想通貨と法定通貨の流出は確認されていない。
顧客からの預かり分は約25億円相当、BPJの保有分は約10億円相当。BPJは資産が流出した顧客に対し、補填などの対応を行う方針だ。
11日夜にBPJの仮想通貨取引システムで送金エラーが検出され、調査の結果、不正流出が判明した。当初はリップルの流出のみ確認していたが、12日未明にその他の銘柄の流出も発覚。対応策として、全サービスの停止に至ったとしている。
ビットポイントは2016年3月設立。17年9月に金融庁の審査を通過し、仮想通貨交換業者として登録された。18年8月には、サッカーの本田圭佑選手をイメージキャラクターに起用するなど話題を呼んだ。
 
仮想通貨取引のビットポイント、緊急メンテで全サービス停止 親会社の株価はストップ安
2019年07月12日 13時31分 ITmedia NEWS
電力小売などを手掛けるリミックスポイントの子会社で、仮想通貨交換業者のビットポイントジャパンは7月12日、緊急メンテナンスのため同日午前10時30分ころから全サービスを停止した。原因と終了時期は明かしていない。
当初の緊急メンテナンスは午前6時30分〜正午を予定しており、送受金サービスのみ停止するとしていたが、途中で急きょ予定を変更。仮想通貨取引、法定通貨の入出金、店舗決済など、あらゆるサービスを停止した。サービス停止を受け、リミックスポイントの株価(東証2部)が急落。午後0時57分には、値幅制限の下限(ストップ安)となる前日比80円安(−18.6%)の350円まで値を下げた。





7/11の夜に外部からの不正アクセスが発生してビットポイントが35億円盗まれた様子
昨年非常に厳しい業務改善命令を金融庁に喰らって、解除されたのが6月28日です。
つまり改善命令が解除されてたった2週間後に今度は仮想通貨を盗まれたわけです(´・ω・`)
ビットポイントとしてもその利用者にしても最低最悪のタイミングですね
知ってる人は知ってるはずですが、ビットポイントって呪われた会社なんですよね
煽りじゃなくて本当の本当に呪詛でもかけられたのかってくらいの呪われた会社です。
0711










まあ間の悪さというかタイミングの悪さとかすべてが最悪ですよね(´・ω・`)
盗まれた仮想通貨は補填してくれるかもしれないけどその時期が問題になります
業務改善命令の解除直後にやらかしてるんでさらに非常に厳しい処分が出るでしょう
どんなに早くても半年は取引は再開できないだろうし見込みもないでしょう。
その間、投資家が預けていた仮想通貨は売買もできないし引き出すこともできません
コインチェックの時みたいに長期の資産凍結は免れれないでそう(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
(現金の出金くらいは部分的に解除があるかもしれないけど)

厳しい処分が出れば半年〜1年以内くらいは売買停止になる可能性がありえるでしょう。
その間、仮想通貨の価格が上がってたらともかく下がってたら悲惨ですよね
もし補填されるならその価格は7/11の市場価格が反映されることになるでしょうけど
一方、補填の対象でもないのに長期売買禁止になっただけなら一番悲惨なパターンでそう
自分の資産価値が下がり続けるのに売買も何もできないまま拘束されるだけだからです。

ビットポイントは六本木に本社を移したあたりから呪いが強まってるんですよね。
これは煽りでもディスりでもなく事実としてそうなんですよφ(.. )
世界一になりたいというメッセージを込めた本田圭佑を起用したCMを作るも
業績の悪化だか、業務改善命令の影響だかであっというまにCMが削除されてしまい
あのCMがテレビで放映された期間はありえないほど短い期間でした

基本的にビットポイントも親会社のリミックスポイントも経営陣がバカなんですよね
金融庁から業務改善命令を受けたのが2018年7月23日なのに、その業務改善命令が出た
直後の2018年8月に本田圭佑を起用したCM作って放映開始したもんだから
金融庁を激怒させてすぐさまテレビCMの全面禁止に追い込まれてるんだおね
おそらくは親会社社長の小田ってのが独断暴走して周囲が制御できてない状況なんでそ。
去年の後半からビットポイントの取締役や社長がどんどん逃げ出してるの見ればわかる。
2019年5月の下方修正のお知らせの中に、当初派手なCM広告を計画していたものの
業務改善命令の影響でマーケティング自粛に追い込まれたって明記してありますからね
Zaifにしろビットポイントにしろ両社に共通してるのは金融庁に唾を吐きかけて
結果的により厳しい処分を受けて業績悪化を招いているという点です。
そしてガバナンスガバガバで経営者の独裁と暴走を止める機能がないってこと



業績面もボロボロで、リミックスポイントは昨年2018年5月に業績予測を発表してて
具体的には通期で売上高が333憶円で経常利益が106憶円、最終利益は68億円だったのに
第1四半期(2018年4〜6月)の進捗率が予測の10%にも満たないほどの数字でした。
これはもう大幅下方修正待ったなしだなとなつさんが予測したのが2018年の8/14です。
そして早くも2018年11月には大幅な下方修正とそして業績予測の白紙化という
荒業をやらかして株価が夜間PTSでも暴落、決算日に社長もトンズラして逃げだしました
それ以降も次々と取締役が辞任して逃げ出すというありさまでしたΣ(・ω・ノ)ノ
まるで沈む船からネズミが一目散に逃げだすかのような壮大な光景でした
結果的には下方修正どころか最終赤字に転落して終わったようです(´・ω・`)

ちなみに2019年6月25日にリミックスポイントとビットポイントの社長を兼任してる
経営者の小田氏が仮想通貨協会の副会長に就任したというお知らせがありますが、
その直後に35億円分の仮想通貨流出事件まで起こしてんだからもはや処置なしでそ
100%間違いなく1か月以内に副会長を辞任して降格になるのは間違いありません。
ここまでくると呪いというよりほとんど志村けんのコントみたいですね

Zaifにしてもビットポイントにしても共通してるのは金融機関としての経験の浅さです。
そして経営者の独断専行暴走が目立って取締役会がまともに機能していないこと
嫌気がさした取締役が次々と自任して逃げていく金融機関なんて怖すぎですよね。
ガバナンスガバガバの会社のシステムがかっちりしてるなんてありえない話で
当然両社ともセキュリティーガバガバで不正アクセスして仮想通貨盗み放題です
アホといわれたコインチェックですら盗まれたのはネムだけなのに
今回のように5通貨同時に盗まれるとかどんだけセキュリティーガバガバなのかと。
盗まれたという事実よりそのへんの甘い管理体制こそが危険すぎでしょう

2018年11月14日
リミックスポイントが業績予測を白紙化!決算日に社長がトンズラ!
2018年09月23日
仮想通貨交換所ビットポイント、CMに本田圭佑氏を起用

2018年09月21日
クズZaifさん、ハッキングされて67億円盗まれる! その2

2018年09月20日
クズZaifさん、ハッキングされて67億円盗まれる! その1

2018年02月20日
キチガイにも程がある社会人失格レベルの、Zaif(ザイフ)


ss2286234570 at 16:45│Comments(0) 仮想通貨 | 犯罪・事件

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔