yogurting ヨーグルティング

2018年09月08日

「オマエの家族皆殺しにしてやる」スルガ刑務所

「オマエの家族皆殺し」スルガ銀、上司による壮絶な恫喝
2018年9月8日07時57分
スルガ銀行(静岡県沼津市)のシェアハウスなど不動産投資向け融資で資料改ざんなどの不正が横行し、役員や支店長、多くの行員が関与したことが第三者委員会の調査で明らかになった。高収益の裏で無理なノルマが課され、不正が蔓延(まんえん)していた。
「数字ができないなら、ビルから飛び降りろと言われた」「上司の机の前に起立し、恫喝(どうかつ)される。机を殴る、蹴る。持って行った稟議(りんぎ)書を破られて投げつけられる」「ものを投げつけられ、パソコンにパンチされ、オマエの家族皆殺しにしてやると言われた」「支店長が激高し、ゴミ箱を蹴り上げ、空のカップを投げつけられた」「死んでも頑張りますに対し、それなら死んでみろと叱責(しっせき)された」「『なぜできないんだ、案件をとれるまで帰ってくるな』といわれる。首をつかまれ壁に押し当てられ、顔の横の壁を殴った」
第三者委が公表した調査報告書には、行員らの壮絶な体験談がつづられている。いずれも融資拡大などの成績が伸びなかったときに叱られた例だという。
銀行業界で異例の高収益を支えてきたのが、不動産に投資する個人向けのローンだった。それを担う個人営業担当の執行役員1人も今回、不正への関与を認定された。
個人営業部門ではこの役員の元で過大な営業ノルマが設定され、支店長以下の職員に達成に向けたプレッシャーがかけられた。その中で不正が横行した。
収益を担う個人営業部門の発言力は強く、審査部門が融資に否定的な意見を述べても、営業部門幹部らによって押し通された。
審査担当者が「家賃設定に疑義あり」などと否定的な意見を残しながら融資された案件は200件超もあった。シェアハウスなどの融資承認率は、2009年度前後は80%台だったが、14年度下期以降は99%超で推移していたという。

スルガ刑務所、第三者委員会の調査報告書の受領と今後の当社の対応について

スルガ銀行の「第三者委員会の調査報告書」が目次だけでお腹いっぱい

※2018年スルガ刑務所入所式

0908










スルガ刑務所の内情が酷いのは薄々知ってたけどなかなか面白いですね
なんであんな無茶な押し貸しと営業やってたのかと詳細に調べたら
第三者委員会が「不正が多すぎて全てを把握できない」とか言いだしてワロタw
不正が多かった、ではなく不正やってない部分がなかったというコメントに感動したお
スルガ刑務所に入所した若者たちの笑顔が素敵すぎて思わず泣きそうになった(´;ω;`)

ちなみにかつての野村刑務所では恫喝や脅迫はヤバいってことになり
数字を上げれない部下と奥さんを土下座させてそれを他の囚人に見せたらしい
これなら法にも触れないし強烈な圧力を他の囚人に与えることができるから。

「第三者委員会の調査報告書」を読んでみましたが非常に面白い
不正行為とその隠ぺい行為に関する発言や記述がとんでもなく多い。
というかそれしか書かれてないというとんでもない報告書でした(((( ;゚д゚)))
もはや銀行というよりサラ金闇金の調査報告書なのかなって思うくらい。
ほとんど商工ローンとか日栄あたりと大差ないような金融機関だおね

でもいまだによくわからないのが「なんでこんな不正営業やったのかですね。
もちろん業績をアップするため、業績予測を上回るためとかなんだろうけど
本来なら融資に値しない人に融資しまくれば貸し倒れ多発するのは当然のこと
そりゃ売ってお終いの不動産会社なら押し込み営業するのはわかるけど、
自分の金を無理に貸し付けすぎたら融資が焦げ付きまくってしまって
最終的には自分たちが大炎上してとんでもない損失出すのはわかってたはずなのに
しょせん自分の金じゃなくて会社の金だからってやっちゃうんですかねえ(´・ω・`)

ss2286234570 at 09:25│Comments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 犯罪・事件 | 痛いニュース

この記事へのコメント

1. Posted by なつ☆ていおう   2018年09月08日 20:08
スルガ刑務所は思ってたより根が深いね。
ただの違法ってだけならよかったけど
想像以上に法令順守とかが根本的に欠けてる。
誰一人上司に対して通常の報告も、内部通報窓口への通報もしなかったという異常性もやばい。

なにがやばいかっていると
こういう風土ごと腐った会社って買い手が買いたがらないから。
資本支援とか買収とかされにくいのがよくないんだよね。
誰か買い手がつくきそうだから安値になったら買おうかと思ってたけどさすがにこれはちょっと悩む案件だ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔