yogurting ヨーグルティング

2018年07月12日

LINE、仮想通貨交換サービス「BITBOX」7月から提供 日米以外で

LINE、仮想通貨交換サービス「BITBOX」7月から提供 日米以外で
2018年06月28日 17時47分
LINEは6月28日、仮想通貨交換サービス「BITBOX」を7月から提供すると発表した。日米を除く全世界で利用できるという。BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)など30種類以上の仮想通貨を取り扱う。仮想通貨事業やブロックチェーン関連事業を展開するLINEのグループ会社LVCとともに、傘下のLINE Tech Plus(シンガポール)を通じてグローバル展開する。日本語を除く計15の言語に対応する。

LINE、仮想通貨取引所「BITBOX」発表--日本、米国以外のグローバルで展開
2018年06月28日 17時24分
BITBOXは、日本・米国を除いた全世界で展開する仮想通貨取引所であり、ビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインなど、30種類の通貨を取り扱う。対応言語は日本語、タイ語を除いた15言語に対応する。また、通貨は順次追加するとしている。BITBOXは、LINEと、仮想通貨事業やブロックチェーン関連事業を展開するLINEのグループ会社「LVC」が、両社の傘下であるLINE Tech Plus(所在地:シンガポール)を通して提供するもの。
0714











LINEが7月から仮想通貨交換業に参入するようですφ(.. )
社名は「BITBOX」というらしい。
といっても日本やアメリカを除いた地域でしかサービスを提供しないようなので
日本人は一切利用できないし、もちろん取引もできませんΣ(゚д゚;)
現在世界のビットコインの取引シェアの40〜45%を日本が占めていて30〜35%がアメリカ
なのでこの2大市場を除いてサービスを開始というのはなかなか厳しい船出だおね
(現在のビットコインの取引シェアは日米だけで80%を超えているようです)
最近はアメリカも仮想通貨の規制を強化して参入ハードルを引き上げてるようなので
日本とまったく同じ理由で仮想通貨の参入許可や登録が取得できなかったんでそう

現在ののところ通話チャットアプリであるLINEの利用シェアが多いのは
日本国内とその他ではタイで非常によく使われててその他ではアメリカのようです。
つまり「BITBOX」はLINEの利用者が多い国では一切利用ができないということ
これは非常に驚いたというか、ビックリするような内容だおねφ(.. )
一般的なビジネスモデルとしては考えられないような、ありえないモデル。

おそらくこの「BITBOX」は仮想通貨の取引を増やしていくことが目的ではなく
アジア地域でLINEの認知度や知名度を上げてLINEの利用者を増やすための
手段として仮想通貨を利用したってことなんじゃないかなと思いますφ(.. )
つまり目的は「BITBOX」を通じてLINEの利用者をアジア地域で増やすことでそ
でないと日本語とタイ語に非対応ってことと辻褄が合わないですからね

30種類の通貨を取り扱って、しかも15言語に対応ってことは
かなりサービスレベルとしては高いし相当な高品質といえるでそうφ(.. )
にもかかわらずわざと日本語とタイ語に非対応ってことは
(日本国内では登録許可が出てないんでそもそも日本国内では営業不可能ですが)
アジア地域で幅広くサービスを提供して広範囲で利用者増やしたいってこと。
さらにLINEの世界中の既存ユーザーがほとんど利用できないってことは
従来のLINE利用者層とはまったく異なったユーザー層を狙ってる戦略ってことだおね
一般的な商売として考えたらかなり特殊な戦略をやってる気がするお。

目的はアジア地域でのLINEのユーザー層の獲得であり底上げでと考えられます。
仮想通貨というツールを突破口にして売り込む戦略っぽいので
うまく行けばLINEの利用者がアジア地域で大きく増加する可能性もありえるし
下手したら完全に大失敗する可能性もあるので、かなり博打的な試みでそうφ(.. )
狙いは理に適っていてなかなか面白いけど、けっこう博打的な挑戦だおね


ss2286234570 at 10:45│Comments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 仮想通貨 | 新規参入

この記事へのコメント

1. Posted by 仮想通貨は取引所との戦い   2018年07月14日 14:45
仮想通貨に関しては土日に取引できる唯一のレバ商品という魅力に尽きると思ってます
しかし現状為替のように安定して取引できるところはまったくありません
bitFlyerはSTOPなど注文執行にまったく信用がならないのでひたすら板を叩くだけの張り付き売買のみ。BITMEXは成行ぼったくり手数料で短期売買で勝ちにくい仕様。あとOCOなどもないので張り付き売買のみ
バイナンスは商品設計ではリスクを取らない会社っぽいからレバ取引は提供しないだろうなぁ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔