yogurting ヨーグルティング

2018年07月01日

みずほ証券、システム完全停止の日本最長記録を更新!!

みずほ証券、ネット取引 28日再開へ システム障害、1万件の注文に影響 
2018/6/27 22:00 日経電子版
みずほ証券は27日、システム障害でサービスを停止していた個人向けインターネット取引について、28日午前6時の再開を目指すと明らかにした。システム障害が起きた原因は個人向け業務システムと運営管理サーバーのあいだで起きた通信障害だ。23〜24日にかけて実施したサーバーの更新で設定ミスがあり、顧客や商品情報をつなぐネットワークに不具合が発生、取引所へ注文を送れなくなった。
0630










人為ミス、徐々に深刻化 みずほ証券システム障害の舞台裏 停止時間、最長記録に
2018/6/29 日本経済新聞
みずほ証券のインターネット取引で起きたシステム障害は28日正午に復旧したものの、取引停止が2営業日半に及ぶ異例の長さになった。ネット取引が普及した2000年代以降では最長記録となる。
前日27日夕方に会見した金森裕三常務は「(平常時の)午前6時の再開を目指す」と説明していた。ところが、午前6時50分時点のウェブサイトには「6時30分より再開を予定していたが、今しばらく時間を要する状況となっております」の説明文が登場。その表現もしばらくすると「6時30分より」が「今朝より」に変更。混乱ぶりを露呈した。
結局、再開したのはこの日の正午。2営業日半の間約1万件の注文がネット経由であり、うち1200件は約定していた可能性が高い。
なぜここまで長期化したのか。原因は5月にサーバーの入れ替えで起きた人為的なミスだ。顧客や商品情報をつなぐネットワークに不具合が生まれた。不具合は徐々に深刻になったため、ログインを停止するまでに時間が経過。この間、未処理の注文がたまり続けた。
ネット証券の場合は約定できないミスが発生した際、顧客通知などを自動対応できるシステムがある。大手ネット証券首脳は「みずほ証券にはなかったのではないか」と読む。実際「手作業での処理が間に合わなかった」(みずほ証券)。26日には主幹事の新規株式公開(IPO)案件もあり、未処理注文が膨らむ一因になった。
※メールアドレスを登録すると全文読めるようです

みずほ証券のネット取引が復旧、正午から売買可能に
2018年6月28日 bloomberg
インターネット取引ができなくなっていたみずほ証券は28日、システム障害が復旧して正午から取引ができるようになった。2日半ぶりに正常な状態に戻る。みずほ証はシステム不具合などによりネット取引を26、27日の2日間終日停止、主幹事銘柄の国際紙パルプ商事とアイ・ピー・エスの上場日と重なり、株式を取得している顧客や投資家らは自由な売買が制約されていた。27日夕刻の段階でログインや残高照会などの機能はいったん復活したが、この日は再び利用できなくなっていた。これがこの日の午後から正常に戻った。

またも俺たちのみずほ証券がやってくれました
2000年以降では過去最長となる2日半システム完全停止最長記録を更新
しかもみずほ証券自身の主幹事銘柄の上場日に取引停止とかすごすぎるお
27日の夜にわざわざ記者会見ひらいて「明日の朝から取引再開できますって説明して
その翌朝にまたトラブルが長引いて28日の午前まで停止するという糞っぷり

ここぞという重要な場面では必ず決めてくれるC/ロナウドみたいな会社ですにょ(σ´∀`)σ
客をどん底に叩き込むときのタイミング決定力がハンパじゃない
ジェイコム株大量誤発注事件であれだけシステムの未整備で大きな事件を起こしておいて
何の反省もなく今回も同じようにやらかすとかアホの極みとしか言いようがありません。
いかにシステムを軽視する会社グループなのかがよくわかる実例だおね(((( ;゚д゚)))



今回のトラブルはあまりに重要なポイントが多いので書き出してみます
2日半も株式取引が一切取引できない状態になった。
入出金もすべて停止。FXの注文も約定もできなくなった。
28日の朝に解消すると記者会見までしたのにさらに半日システムが停止してた。
ぜ膣柑やってる国際紙パルプ商事アイピーエスの上場日にやらかした。


今回のシステムトラブルのポイントは「インターネット取引が」と書いてあるところ
つまりシステムが停止したのは株取引だけじゃなく全てのネット取引が停止したって事。
入出金FXもありとあらゆる取引やオンラインサービスが停止してたってことでしょ。
システムの長期停止だけじゃなくその影響範囲でもぶっちぎりで日本記録だおね(´∀`*)
みずほ証券は決定力だけでなくその得点力でも全顧客を黙らせたわけです。
ぐうの音も出ないほどここまでお客を叩きのめすあたりはさすがみずほ証券といった所
みずほ証券が繰り出してくるサービスの素晴らしさに感激のあまり言葉もありません。

しかし主幹事銘柄が二つもあるタイミングでネット取引停止ってすごすぎでそ。
そんなの狙ってたってそんな簡単にできる芸当じゃありませんΣ(゚д゚;)
お客からの信頼だけでなく上場依頼者の信頼も徹底的に叩き潰す作戦に出た訳です
グループの一員であるみずほ証券これだけ素晴らしい対応を見せたわけですから
今後のみずほ銀行のシステム統合でも素晴らしい事件を期待してしまいますね


ss2286234570 at 05:28│Comments(4)このエントリーをはてなブックマークに追加 システムトラブル、障害 | 痛いニュース

この記事へのコメント

1. Posted by こういう時の   2018年07月01日 05:39
なつさんの文章は際立って冴えてイキイキしてる
含み笑いをかみ殺すのに苦労しながら
なんとか読み切ったw
2. Posted by 滋賀の投資家   2018年07月01日 05:40
仮想通貨業者と同レベルかそれ以下か


そんなんがメガバンクのグループって(笑)
3. Posted by なつ☆ていおう   2018年07月01日 13:03
主幹事の銘柄上場の日にシステムダウンってすごいことだと思う。
身近なことに例えるなら、奥さんの誕生日や夫婦の結婚記念日に自宅にデリヘルよんだのがばれたとかそんなレベル。

アホとかいうレベルじゃない。
4. Posted by どーん   2018年07月05日 02:31
こういうシステムのメンテ、保守するのってSIerが請負してると思うんですけど、下請けのSEは針のむしろでしょうね。
障害発生させたから仕方ないんだけど。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔