yogurting ヨーグルティング

2017年12月29日

「グリコ株売却され損害」 創業者の孫が野村証券提訴

「グリコ株売却され損害」 創業者の孫が野村証券提訴
2017/12/21(木) 11:24配信
江崎グリコ(大阪市)創業者の孫の女性が、十分な説明もなく保有していた同社株を大量に売却され損害を受けたとして、野村証券を相手取り、約4億2千万円の賠償を求める訴訟を起こした。21日に初弁論が大阪地裁(森田浩美裁判長)であり、野村証券側は争う姿勢を示した。原告は兵庫県西宮市在住の70歳代の女性。訴状によると、江崎グリコ創業者の祖父、江崎利一(りいち)さんや父誠一さんが亡くなった際に約44万7千株(総額約26億円相当)を相続し、配当金で生計を立ててきたという。
2015年、野村証券の担当者は相続税対策などとして、株を売って外国債券や投資信託に乗り換えるよう勧誘。約8カ月の間に保有株の87%にあたる38万9千株を担当者が売却し、投信などを購入した。親族が売買に気付いて解約・売却したが、約4億2千万円の損失が発生したという。

また野村證券が高齢者のお客を騙してサギを働いたようです。
外債や投信の乗りかえ回転売買をさせるといういつも恒例の詐欺手口ですね
でもなつさんはあまり野村證券を批判する気はありません
なぜなら野村證券は資産をもってる高齢者の客を騙して回転売買で金を稼ぐだけの
純粋なサギ集団だからですにょ(σ´∀`)σ

詐欺師にお金を預けたら騙されて金を巻き上げられるのはあたり前のこと(`・ω・´) シャキーン
むしろ詐欺師に資産を預けて今さら「騙された被害にあった」と騒ぐ方が無粋でそ
野村證券なんていわばサギがメインの金融暴力団みたいなもんだおねφ(.. )
バブルの時期なんて野村證券が堂々と本物の暴力団に700億円もの資金を融資して
仕手戦をやらせるというとんでもない犯罪までやらかしてた本物の反社組織
おかげで野村證券の経営陣が警察にパクられて逮捕されるなんて事件までおこしてます

いわば極道の中の極道、犯罪組織の中の圧倒的エリートとして名高い
野村證券にお金を預けたらどうなるかなんて誰でもわかる話だおね(´・ω・`)
騙した野村證券が悪いんじゃなく、騙されたと思った被害者もよくないと思います
ぼくちんは野村證券を全力で応援したいと思うお(*´∀`*)ムフー


2017年06月27日
野村證券元社員が“騙し取った”金で高級外車など購入

2017年06月09日
野村證券、ついに顧客本位の強盗サービスをはじめる

2015年12月31日
「また野村か」で有名な愚乃死ー(6047)さんの1年

林良紀 野村證券元社員が“騙し取った”金で高級外車など購入
1230










野村証券豊橋支店の元社員・林良紀容疑者(32)は2012年から去年までの間、客の60代の女性に再発行させたキャッシュカードを使って約1億8500万円をだまし取った疑いで警視庁に再逮捕されました。林容疑者は、去年2月に同じ手口で50代の女性からも金をだまし取ったとして逮捕・起訴されています。警視庁によりますと、林容疑者はだまし取った金でフェラーリやベンツなどの高級外車のほか、プレジャーボートを購入していたということです。取り調べに対し、林容疑者は容疑を認めています。


ss2286234570 at 14:55│Comments(2) 犯罪・事件 | 最凶野村證券

この記事へのコメント

1. Posted by せdrftgyふいjこp   2018年01月11日 23:26
こないだ、D証券の営業とやり取りする機会があったんだけど、丁寧かつ紳士的かつ、ちょっと色々理由があって、多少の無知を装い会話してたら、案件終了後、
ぬけぬけと「そういえば、お客様、ラップ口座始めませんか?」とか抜かしおった。

営業だから、普段、他の客から色々言われて、心荒んでるだろうから、少しでも丁寧に対応してあげていい気分で帰ってもらうかとか、こっちは気を遣って話してあげた挙句の台詞がそれだったから、
「こいつ舐めてんのか?」と心底、腹立ったが、顔にも口にもそれは出さなかったけど、
「そんな、とんでもない! ラップ口座だけは、勘弁してください。」と頭を下げて追い払って玄関のドアを閉めた。

これじゃどっちが客だか分かりゃしねぇ。
甘い顔見せると、それに付け入ろうとする輩って嫌だわー。
2. Posted by なつ☆ていおう   2018年01月12日 01:17
N證券とかD証券なんて
客のことを歩く財布か鴨ネギくらいにしかおもってないですからね。

金もってるやつを嵌めこんでラップ口座に入金させたら
資産運用の委託手数料でガッツリ儲けて
同じグループの野村とか大和の投信バンバンラップ口座で売買運用して
何もしなくても安定収入になるという将に魔法の商品ですから。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔