yogurting ヨーグルティング

2017年10月30日

2018年春にも、DMMグループも仮想通貨取引事業に参入

DMMグループのネクストカレンシー、仮想通貨取引事業に参入
2017年10月30日 09時00分
DMMグループのネクストカレンシーは2018年春、仮想通貨取引事業に参入する。同社は参入に向け、仮想通貨交換業の登録準備を進めるとともに、スマートフォンアプリなど独自のサービスを開発していく。DMMグループのネクストカレンシーは、2018年春、仮想通貨取引事業に参入すると発表し、日本仮想通貨事業者協会(JCBA)※の準会員になった。

DMM系の仮想通貨取引会社「ネクストカレンシー」が
2018年春にも取引サービスを開始予定と発表したようですにょ(σ´∀`)σ
GMOはすでにサービス開始してるし、SBIはもうすぐサービス開始のようですが
次参入する本命といえばDMMしかないでそうφ(.. )
しかしなぜかDMM系の仮想通貨会社なのに社名にDMMと入っていません
せっかくあれだけFX業界で成功してCMのおかげでDMMFXが有名になったのに
そのDMMという看板を利用しないというのはちょっと大失敗でそ
早めに社名変えてDMMカレンシーとかに変名した方がいいでしょう(`・ω・´) 

FXでアプリやツールの開発のノウハウをもってるところは有利だおね
だって通貨ペアが仮想通貨に変わるだけで実質的な中身はまったく同じだし
なにより既存のアプリやツールを改変するだけで低コストで開発できるからです
そして一番重要なのは豊富な資金力でしょうφ(.. )



現時点での国内仮想通貨取引の最大手はビットフライヤーだろうけど
会社の規模は小さいし何百億円と資金調達できるわけもないんで
最終的には仮想通貨もFXみたいにコモディティ化かして資金力勝負になるでそう
その中でもFXに強みがあって資金力のあるところだけが残るのは自明の理。
おそらくGMO、SBI、DMM、楽天あたりがシェアの上位を独占してしまって
マネパ系とかビットフライヤーみたいな独立系は衰退するでそね
結局のとこ金融業で顧客基盤をもってるとこが圧倒的に有利ですからね(´・ω・`)

2017年10月18日
GMOのビットコイン採掘 独自半導体に100億円投資

2017年10月11日
サイバーエージェントが仮想通貨取引事業に参入を発表

2017年09月09日
GMOインターネットとDMMがビットコインマイニング事業に参入

2017年05月10日
「仮想通貨FX」GMO子会社が参入 レバレッジ最大5倍


ss2286234570 at 12:24│Comments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 仮想通貨 | 新規参入

この記事へのコメント

1. Posted by 週末   2017年10月31日 01:59
各社の取引ツールを見てみたけど
ダメダメですね

現状持ちっぱなし長期の人が
多いから問題ないですが

これからはFXも株も無い土日を
口寂しい思いでいた短期売買派も
参入してくると思います

先を見越し取引所形式を採らなかった
GMOはさすが目端が利いてる

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔