yogurting ヨーグルティング

2017年10月21日

新ネット証券「FOLIO(フォリオ)」いきなりSBI証券に潰される

2017年2月初めにFinTech(フィンテック)関係者が驚愕する報道があった。ゴールドマン・サックスやバークレイズ証券で債券トレーダーだった甲斐真一郎氏がベンチャーキャピタルなどから18億円を調達し、業界としては10年ぶりにネット証券に新規参入するというのだ。
――素朴な疑問なのですが、テーマ投資に大きな需要があるのでしょうか。
甲斐:はい。相当強いと思います。たとえば、日本の大手運用会社が提供するロボティクスファンドやAIファンドには、純資産が1,000億円を超えるものがいくつもあります。中には3,000億円を超えているものもあります。以前ほどではないですが、投資信託も常に新規設定はあります。
ただ、比較的短期間に数百億円を集めるのは難しくなってきています。特に、最近の投資信託は信託報酬の安いインデックスファンドに注目が集まりやすいですからね。
とはいえ、そうしたことを考えても先にお話したテーマによる投資信託の純資産規模を見れば、投資家の熱量が高いことが分かります。それに、定性的な話ですが、株式投資に関する雑誌の特集にはテーマに関するものが非常に多いですよね。これもテーマ投資のニーズを示す一つの証左だと言えるのではないでしょうか。
当社の場合、テーマの品揃えが多いだけではなく、ポートフォリオに含まれる10銘柄も上級者向けに購入比率を変えられるようにしています。したがって、テーマだけではなく、個別の銘柄に思い入れがある場合にはその銘柄の成長も楽しんでいただくことができます。
0310












SBI証券、少額テーマ投資サービス「S株Now!」の提供開始のお知らせ
平成29年9月25日
SBI証券は、2017年9月30日(土)より、単元未満株(S株)による少額テーマ投資サービス「S株Now!」を開始することとなりましたのでお知らせいたします。
「S株Now!」は、「人工知能(AI)」、「自動運転車」、「ヘルスケア(健康)」といった旬のテーマを選ぶだけで、複数の企業に簡単に投資ができる新感覚の株式投資サービスです。流行りのテーマから、息の長いロングランテーマまで幅広い30のテーマを用意しており、テーマごとに、「みんかぶグループ(エムサーフ社)」による独自の分析に基づいて作成したポートフォリオ(有望企業10社への分散投資)を提案いたします。

最近一番驚いたのはSBI証券のこのテーマ投資サービス「S株Now!」です
サービスの内容自体はぶっちゃけどうでもいいんだけど
超露骨にテーマ投資サービスとか少額投資サービスの強化をしたからですΣ(・ω・ノ)ノ
半年ほど前に「FOLIO(フォリオ)」っていう会社がネット証券参入を発表しました
すでに半年たってるけどまだ開業や口座開設はできないようです
ちなみに今回SBI証券がサービス開始した少額からのテーマ投資サービスこそが
もうすぐ新規参入する「FOLIO(フォリオ)」のサービスそのものだったからです
いつどのタイミングでFOLIO(フォリオ)のサービスを嗅ぎつけたのかは判らないけど
少なくともFOLIO(フォリオ)よりSBI証券の方が先行サービス開始してしまいました

もしFOLIO(フォリオ)が遅れて開業した同じようなサービスを開始したとしても
今度はSBI証券が動揺のサービスで手数料を大きく下げてしまえば
資本力のないFOLIO(フォリオ)としてはまったく太刀打ちできなくなります(´・ω・`)
SBI証券の方が圧倒的に資金力があるので派手に広告宣伝して潰すことも可能でそ

ここまで露骨にライバル(になりそうな可能性のある)会社を潰しに行くのもスゴイ
相手が小さい会社であったとしても可能性を感じた瞬間に
情けも容赦もまったくなく、叩き潰しに行くのがSBIグループの特徴だおね
ついでに少額投資サービスしかやってない「One Tap BUY」までも
いっぺんにまとめて潰しにいくという恐ろしくエゲツナイ戦略やってるおね(((( ;゚д゚)))
FOLIO(フォリオ)と「One Tap BUY」の2社はすでに詰んだ感じだお
FOLIO社長の甲斐さんはSBIの北尾さんの恐ろしさを身をもって知ってるとこでそう。
ライブドアの堀江さんも情け容赦なく叩き潰した人ですからね。
あのエグイやり方をちょっと舐めてたというか脇が甘かったってことでそう
自分たちの戦略やサービスをペラペラしゃべって相手に知られるとかダメすぎだお

2017年03月09日
2月 ネット証券比較

2017年02月21日
スマホ証券「One Tap BUY」が日本株も取扱開始へ→オワコン終了

2016年07月23日
スマホ証券「One Tap BUY」は期待はずれもいいとこ


ss2286234570 at 06:09│Comments(2) 競争激化 | ネット証券

この記事へのコメント

1. Posted by 滋賀さん   2017年10月21日 23:10
で、なんちゃってAIの会社には手を組むと言う
2. Posted by アレク   2017年10月22日 06:37
マネックスの松本もゴールドマンの債券トレーダーだったけど、経営手腕はサッパリ。

債券トレーダーは頭脳は明晰だけど、自信過剰で経営が下手な傾向がある。

米国のIT企業なんて模倣ばかりしている。
瞬時に、他社の戦略をマネないと取り残される。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔