yogurting ヨーグルティング

2017年07月29日

手数料が高すぎのOne Tap BUY、テレビCMを開始予定

「1000円で株主」のOne Tap BUY、いよいよ日本株個別銘柄に対応
任天堂、ソニーなど30銘柄
2017年7月24日
証券取引アプリ「One Tap BUY」を提供するOne Tap BUYは7月24日、同アプリで日本株個別銘柄の取り扱いを開始すると発表した。これまでの取り扱いは、主要アメリカ株30銘柄と国内ETF3銘柄だった。
2016年6月リリースのOne Tap BUYは、「ロゴマークで銘柄を選ぶ」「売買する」「確認」の3タップで株式の売買が可能な証券取引アプリだ。
通常、日本株は1000株だとか100株単位での売買しかできないことになっている(単元株制度)。トヨタ単元株は100株。株価が6000円だとすると、合計60万円もの金額を用意しておく必要がある。その一方、One Tap Buyの取引単位は1000円以上1000円単位で、少額の資本でも株式取引を始めることができる。今回追加される日本株個別銘柄は30銘柄。任天堂、ソニー、ファナック、キャノン、ファーストリテイリングなど、いずれも東証1部上場の大型銘柄ばかり。
0729










取引手数料は、売り買いともに市場価格✕0.5%。
One Tap BUYと似ているサービスとして、ネット証券大手のカブドットコム証券が提供する「プチ株」などがある。他のネット証券会社も、名前は違えど同様のサービスを展開中だ。
比較として述べておくと、プチ株の取引手数料は「約定代金2万円まで100円、以降約定代金1万円増加まで毎に67円加算」となっている。約定代金が2万円であれば手数料は0.5%の100円なので、手数料はOne Tap BUYと同程度だ。
ただ、取り扱い銘柄数をくらべると、ネット証券の方が圧倒的に多い。そのため、当面One Tap BUYは取引のしやすさや、とっつきやすさで勝負していくことになるのだろう。取り扱い銘柄数について、同社は「今後、日本株個別銘柄に関しては銘柄の追加を予定しております (時期や銘柄数は未定)」と話している。One Tap BUYは2017年2月、みずほキャピタルなどから15億円を調達した。また、同社は8月からTVCMの配信を開始する予定で、これまでリーチできなかった顧客層の取り込みを目指す。

手数料がアホみたいに高いので有名なスマホ証券の「One Tap BUY」
外国株の手数料もSBI証券、楽天証券、マネックスよりはるかに高いのに
新しくサービスを開始した日本株でも迷走しまくりの微妙な商売っぽいおね(´・ω・`)
海外のスマホ証券Robinhood(ロビンフッド)は取引手数料が完全無料で
信用金利だけ払えばいいってのがうけてアメリカでも大人気みたいだけど
日本版スマホ証券「One Tap BUY」は手数料安くもないしなんの何のメリットもないお
日本株のサービスを開始するとか2年間もさんざん待たせておいて
実は通常の日本株じゃなくてただのミニ株でしたというオチも酷すぎでそ(゚д゚)、ペッ
本田圭佑が参加すると聞いてチケット買って日本代表戦を観戦しに行ったら
たいして似てもない偽者のじゅんいちダビッドソンが出場してて騙された感じ

07280730








「One Tap BUY」の一番ダメなことは期待値を常に大幅に下回ってくること
100の期待してたれ常に40以下のしょぼいサービスしか出してこない。
あれだけ日本株の取引始めるって2年間もホラ吹きまくっといて
2年後に出てきたのがくそしょぼい30銘柄しか売買できないミニ株ってどうなのかと
子供騙しのサービスしか出してこないから期待するだけ無駄だと悟りました(゚д゚)、ペッ
しかも手数料も0.5%なので既存のネット証券と同じでものすごく割高で最悪
ここまで期待を裏切って三流サービスしか出してこないって呆れてものも言えません。

Robinhood(ロビンフッド)を真似しただけの偽者ってのは最初から知ってるんだけど
せめてもう少し本物に似せてくる努力をしないともはや偽者ですらないでしょ
ほんとここまで個人投資家をバカにして舐めてる会社も珍しいレベル(゚皿゚メ)
そして今回もっとも騙されたのは「One Tap BUY」に出資したみずほとソフトバンク。
こんなクソ会社の糞サービスに期待して10億円騙し取られるってアホすぎ
しかもこの三流サービスを個人投資家に知らしめるためにCMまで流すとかキチガイレベル。
10年前にイチローが松坂に向かっていった言葉をOne Tap BUYに送るお

イチロー「松坂、お前深いところで投資家舐めてるだろ」



2015年11月21日
米国で手数料完全フリーのスマホアプリ証券が登場

2016年07月23日
スマホ証券「One Tap BUY」は期待はずれもいいとこ

2017年02月21日
スマホ証券「One Tap BUY」が日本株も取扱開始へ→オワコン終了


ss2286234570 at 04:23│Comments(2) アプリ証券 | スマホ証券

この記事へのコメント

1. Posted by 滋賀の投資家   2017年07月30日 06:47
米国株ならまだ数万円単位ではSBIに比べて安いけど

日本株の場合はいらないな


2. Posted by アレク   2017年07月31日 20:20
いつの間にか、林さんは朝鮮なまりの日本語を話すようになってますね。
旧ユナイテッドワールド証券を売った後は、韓国にいたんでしょうか?


旧ユナイテッドワールド証券はエイト証券になったけど、外国株の取扱いを終了させ、ロボ・アドバイザーとスマホアプリの開発に集中するそうです。

林さんのやる事業はあまり上手く行きませんね?
スマホアプリなんて、どの証券会社でもやるでしょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔