yogurting ヨーグルティング

2017年02月20日

ソフトバンクがスプリント経営権譲渡か Tモバイルに

ソフトバンクがスプリント経営権譲渡か Tモバイルに
2017/2/18 9:20 日本経済新聞 電子版
ソフトバンクグループが株式の8割超を握る米携帯電話4位スプリントの経営権について、ドイツテレコム傘下の米携帯3位TモバイルUSへの譲渡を検討しているとロイター通信が17日、関係者の話として報じた。スプリントとTモバイルの経営統合につなげる意図があるとみられる。ソフトバンクとドイツテレコムは2014年、スプリントによるTモバイルの買収で大筋合意した。業界首位のベライゾン・コミュニケーションズ、2位のAT&Tに対抗する「第三極」を目指したが、米規制当局の反対で承認を得られないと判断、断念していた。
ただ、昨年の大統領選で規制緩和を掲げるトランプ政権の誕生が決まったことを受け、ソフトバンクの孫正義社長は同12月、ニューヨークに大統領就任前のトランプ氏を訪ねていた。米国での巨額投資と雇用創出を約束したが、携帯分野で合併に再挑戦する地ならしだとの観測も出ていた。
米携帯市場ではTモバイルが割安感を武器にベライゾンとAT&Tを急ピッチで追い上げており、スプリントは3位から4位に転落している。

「米スプリント、買わなければよかった」と本音漏らした孫正義氏の今
2017/02/09 マイナビニュース
スプリントは、2013年7月にソフトバンクが買収した米国の携帯電話会社だ。同社を買収した狙いは、米携帯電話市場でAT&Tとベライゾンと戦える対抗勢力をつくることだった。スプリント、T-モバイルを買収して両社を合併させ、「2社でほぼ独占している市場に3社目の対抗勢力を作ると。三国志にするんだという構えでいこうとした」(孫代表)という。 しかし、その戦略はうまくいかなかった。米当局の意向により、T-モバイルの買収、そしてスプリントとの合併は叶わず、残ったのは業績不振に苦しむスプリントだった。
孫代表は当時を振り返る。「買わなきゃ良かったとずいぶん後悔しました(中略)。自信をなくしました。世の中も嫌になりました。非常に悩みました。だいぶ毛も薄くなりました。もう売りたくてしょうがないところまでいきました」。自虐的な表現を入れながら、後悔したことを強調する孫氏。結果的に、買い手もつかず、スプリントを自力で再生せざるを得なくなったが、状況は惨憺たるものだった。
001










具体的なことがはっきりしないからまだ判らないけど
これってソフトバンクが買収したスプリントをドイツテレコムの系列に売却して
結果的にスプリントを損切りしてアメリカから撤退って意味なんでそうか
書いてある内容の表現が曖昧なんでなんとも言えませんが(´・ω・`)  

もしそうならソフトバンクの株主にとっては朗報かもしれません
残念ながら米スプリントは当初の予測ほど上手く行ってません。まったく。
最近はてこ入れしまくってようやく回復軌道に乗ったとか報道されてるけど
それはしょせん「含み損の株が少し上って含み損が減った」って言ってる程度の話。
ソフトバンクの業績を大きく支えるような期待はちょっと厳しい
なによりここからさらにスプリントを拡大させて本当に成長軌道に乗せるには
他社を買収とかもしなきゃいけないんで追加資金が莫大に必要になります
そういう風に考えたらここで売却して損切りしておくのは間違ってはないおね。

ソフトバンク(9984) 8518円 −139円 (−1.61%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9984
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9984.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
ソフトバンクの株価的にはスプリントからの撤退は好材料でそう。おそらく
あまりに金がかかりすぎだから売却しろって話はかなり前から何度もあるし。
日足チャート的には弱くなってきたタイミングだったので
ここで米スプリント売却が事実ならまた大きく上げ始めるかもしれませんφ(.. )


ss2286234570 at 03:42│Comments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 アメリカ | 海外進出

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 寄り道   2017年02月19日 07:19
見切り千両ですね、孫さんでもジョージ・ソロスさんでも投資の失敗はあるってうれしいなあ。でも今回の孫さんは想定より損失額が大きかったんでしょうね。
2. Posted by なつ☆ていおう   2017年02月19日 12:36
失敗したのかもしれないけど、東芝みたいにズルズル行かずに「スパッと」損切り判断したところはやっぱり優秀な経営者ですよね。

東芝はコロコロ経営者が代わるので
前社長、前々社長の手がけた案件に似は手を触れにくい雰囲気がおもいっきりあるし
しかもその辞めたはずの前社長、前々社長も
相談役とか会長の座に残り続けるので現社長は首を切れないし
その前任者の意向を尊重しなきゃいけなくなるし
前任者の案件を切り捨てるという判断ができない構造になっています。
まあリーマン経営者の会社はどこも似たようなもんだけど。。

それに比べたら創業者で大株主の孫社長の判断は
英断というべきで立派だなと思いますにょ(σ´∀`)σ
3. Posted by ssbrain   2017年02月19日 12:52
初めまして

よく分からない所があるのですが、ソフトバンクがスプリントを取得したのが2兆2000億程度で今の時価総額で全株式売れるとしたら、3兆4000億程度になると思いますが、こういうのって損切りと言うんでしょうか?
4. Posted by 寄り道   2017年02月19日 17:30
 ほんとですね、スプリント株価って孫さんが購入した当時6ドル位で、3ドル位まで下がって現在は9ドル位なんですね。V字回復で株価上昇ですが、営業利益で営業外費用を賄えなるようにはまだ時間がかかりそうですね。

 そういえば孫さんのトランプとの会談時に企業買収にかかる規制緩和についての話もあったんでしょうね、たぶん、そんな気がします。
5. Posted by 能年ちゃん   2017年02月20日 02:02
スプリントの負債3兆減って
現金1兆入って
当時、1$90円の時買ったから
そんなに酷い損切りじゃないんじゃ?
6. Posted by ぺこぽん   2017年02月22日 06:04
アメリカには原口一博がいなかった。
これがチョンコバンクにとって痛かったニダ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔