yogurting ヨーグルティング

2017年01月29日

トランプ大統領、難民受け入れを120日間全面凍結、シリアは無期限

難民受け入れ120日凍結 トランプ氏 大統領令、シリアは無期限
2017年01月29日 06時00分
ランプ米大統領は27日、イスラム過激派などテロリストの米国への流入阻止を目的に、全ての国からの難民受け入れを120日間全面凍結し、内戦下にあるシリアからの難民は期限を明記せずに受け入れを停止する大統領令に署名した。イスラム教徒が多数を占めるシリア、イラクなど7カ国の一般市民へのビザ発給も90日間停止する。
過激思想とは無縁のイスラム教徒も事実上排除する今回の大統領令は、先日署名した不法移民排斥の大統領令と併せ新政権の排外主義的な姿勢を象徴する。人権団体などは生命の危険にさらされている難民を放置することだと強く反発。国内のイスラム教徒への差別を助長する恐れもある。
大統領令に署名するために訪れた国防総省で、トランプ氏は職員らに「テロリストを入国させない新たな審査基準を(120日以内に)作る。米国を支持する人たちだけを受け入れたい」と述べた。トランプ氏は選挙中、テロ対策として「イスラム教徒の一時入国禁止」を主張していた。大統領令はシリア難民について「入国は米国益に有害だ」と指摘。オバマ前政権が2017会計年度内の難民の受け入れ目標に掲げた11万人も5万人に削減する。
0130







トランプ氏が、7カ国の移民入国制限に関する大統領令に署名
アルアーラムチャンネルによりますと、トランプ氏が署名したこの大統領令により、イラン、イラク、スーダン、ソマリア、リビア、シリア、イエメンの7カ国の難民や移民のアメリカへの入国が一時停止されます。これはアメリカ入国ビザを取得していても適用されます。この大統領令はさらに、アメリカの移民受け入れ計画を120日間停止し、難民の受け入れ上限を50%縮小します。トランプ大統領は選挙戦の中で、イスラム教徒のアメリカ入国を禁止し、メキシコとの国境に不法移民の流入を防ぐために壁を建設すると公約していました。
トランプ大統領はさらに、軍の強化に関する大統領令にも署名し、これは以前の計画を超えて、艦艇や航空機、その他の軍需品の購入を国防総省に許可するものです。
トランプ氏は、「この大統領令はアメリカ軍を建て直し、アメリカを守るためにその力を増強するものだ」と主張しました。

「テロ懸念国」の入国禁止、米IT業界が懸念強める 
グーグル、100人以上の社員が影響
2017/1/29 8:42 日本経済新聞電子版
トランプ米大統領が27日に署名した「テロ懸念国」の一般市民の入国禁止措置への懸念を強めている。グーグルでは100人以上の社員が影響を受けることが判明。マイクロソフトも該当する社員の支援に乗り出した。米IT企業は多くの移民を雇用しており、入国規制が長引けば影響が一段と広がる恐れもある。
グーグルのスンダル・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は27日夜、社員向けのメッセージで「社員とその家族(の行動)を制限し、優秀な人材が米国に来ることを妨げる命令の影響に動揺している」と懸念を表明。対象国出身で、出張もしくは休暇で米国外にいる社員に対し、無事に帰国できるように社内の担当部署に連絡をとるように呼びかけた。

トランプ大統領が就任して早くも難民受け入れやビザ発給に制限を入れたようですφ(.. )
予想して退場に早く、しかもあっさりと署名したので正直驚きました
今回の署名では以下の内容で入国が厳しくなったようです
・シリアからの難民受け入れを無期限で停止
・イラン、イラク、シリア、ソマリアなどの7カ国の一般市民へのビザ発給を90日間停止
(イラン、イラク、スーダン、ソマリア、リビア、シリア、イエメンの7カ国)
・移民(難民?)の受け入れは120日間停止
・難民の受け入れは年間11万人から5万人に削減


ただ、「難民」や「移民」の使い方が各ニュース元によってバラバラだったり
定義が曖昧なまま使われてるようなので正直ちょっと詳細が少しあやふやだおね
目的はとりあえず新しい法律を制定するまでは人の入国を規制することのようです。

イランやイラクなどの一般市民に対してビザ発給を90日間停止ってのはかなり厳しい
アメリカ軍だけでなくイラクにはアメリカ企業も進出してるしアメリカ企業の従業員もいます。
その家族は安全なアメリカ国内に住まわせてるケースが非常に多いので
アメリカ企業が現地採用した従業員がアメリカに入国不可で家族に面会できないってこと
この内容だとかなり厳しい内容だといえるでそうφ(.. )

とりあえず新しい審査基準120日以内に作るからそれまで待っとけってことらしい。
けどもし、新しい審査基準の作成がもめて遅れたらもっと長期間になるってことでそ
そのあたりも含めて早く動けたらいいけど、もし遅くなったら大批判浴びそうだおね(´・ω・`)
アメリカという国はそもそも移民が集まってできた移民国家なので
いくら白人が先に居たとはいえ、移民国家が移民を制限するってのはかなりのタブーです。
一歩間違えば共和党の支持者からも支持を失うリスクの高い判断だおね
議論の余地もなく一気に暴走しちゃう傾向がすごく強いのでこの先もかなり難題を起こしそう。
このままだと、就任期間が歴代最短のアメリカ大統領になる可能性もあるおね

経済や金融政策はそれほど大して心配してないけど
トランプ大統領の安全保障への対応策はいまでもかなり心配してる点が多いです
特にNATO諸国への批判ディスりは不安を覚えたました(((( ;゚д゚)))
NATOってのはまさに西側諸国の軍事同盟そのものなんだし
安全保障ってのは相互の信頼関係が絶対不可欠なんだおね(´・ω・`)
いまでもアメリカ陸軍の大将がNATOの連合軍最高司令官に就任するのが慣わしです。
そんな事情を無視して、ツイッターでドイツ・フランスの首領をディスるのはどうなのかと。
おそらく今のままだと欧州諸国は完全にアメリカと縁を切る方向に向きかねません
実はアメリカと欧州との関係のこじれがこれから一番問題になると考えていますΣ(゚д゚;)


トランプ氏の「イスラム教徒のアメリカ入国制限」大統領令草案を独占入手
http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/26/trump_n_14411830.html


ss2286234570 at 10:41│Comments(0)TrackBack(0) 政治 | アメリカ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔