yogurting ヨーグルティング

2016年08月26日

2017年から私設取引所でも信用取引が可能に!

株の信用取引、夜間も 17年にも証取外で解禁 金融庁検討
2016/8/26 1:12 日経電子版
金融庁はお金を借りて株を買うなどする信用取引について、東京証券取引所が閉まっている早朝や夜間もできるようにする規制緩和に乗り出す。いまは取引所にしか認めていない信用取引を、証券会社などが独自に運営する「私設取引所」にも解禁する方向だ。個人投資家の株売買で半分以上を占める信用取引の利便性を高め、株式市場の活性化につなげる。 取引所以外での取引や市場間競争のあり方については、金融審議会(首相の諮問機関)が議論している。年内をメドに結論を出し、早ければ来年から解禁する。 私設取引所は独自に営業時間を設定し、東証が閉まっている夜間や早朝も取引できるなど柔軟に運営できる。現在は信用取引ができないこともあり、SBIジャパンネクスト証券と米ファンド系のチャイエックス・ジャパンの2社にとどまる。株取引全体に占める割合も5%程度で9割は東証に集中している。 PTSでの信用取引が解禁されれば、投資家からみて使い勝手の面で取引所とPTSの差は小さくなる。市場間の競争が活発になり、証券会社が取引所やPTSに支払う手数料の引き下げにつながる可能性もある。
0826















金融庁がいきなり「私設取引所(PTS)」の信用取引をOKにすると発表したようです。
昔、松井証券がPTSの信用取引を規制緩和するようにと必死に説得してたころは
けんもほろろに全面拒否して突きかえしてたくせにどういった風の吹き回しなんでそか

記事を見てるかぎりでは金融庁主導での規制緩和ではないみたいですねφ(.. )
どうやら官邸直属の金融審議会という会議体がどんどん規制緩和しようということで
勝手に議論をすすめて、金融庁の頭越しでそのまま解禁させるって流れのようです
それにしても年内に議論して2017年からいきなり解禁するってすごいスピードだおね。
あれだけ金融庁が頑なに反対してた信用差金決済もあっというまに解禁させちゃったし
こういう面での政治主導での規制緩和ってのは個人投資家としてもすごくありがたい話
もっとどんどん規制緩和して自由な株取引を実現してほしいものです(*´∀`*)ムフー

さて規制緩和でPTSでの信用取引が可能になったからってOKってわけでもなく
実際には「私設取引所(PTS)」が信用取引を開始しないと意味がありません
チャイエックス・ジャパンはもとは野村系だったけど外資ファンドに売られたばかりΣ(゚д゚;)
個人向けサービスとしては実績がないのでなにも期待できません
SBIジャパンネクストは業績も黒字化してるのでかなり期待できそうだにょ(σ´∀`)σ
決算説明会でも北尾社長が「PTSでの信用取引について関係各局に働きかけたい」
って何度も発言してるので、2017年にもサービス開始するとみていいでそ

SBIジャパンネクストがPTSで信用取引を開始したらSBI証券は参加確定
とはいえ流動性を厚くしないといけないので参加者を募るしかありませんφ(.. )
投資家目線で考えたら、信用取引の取引チャンスが増えるだけなんで悪くない
どの市場で建てた建玉でも東証だろうがPTSだろうが投資家が自由に選んで返済できる
っていう部分だけ担保しておけば流動性や市場リスクはほぼ回避できます(`・ω・´)
証券会社からしたらPTSが現物取引だけだと手数料しか収入がないけど
信用取引もやるとなれば金利収入も入ってくるので商売として考えたら美味しい
建玉から安定した金利収入をえたい証券会社からしたら参加しない方がおかしい。
ジャパンネクストにその昔参加してた楽天証券クリック証券あたりもおそらくやるでそ


ss2286234570 at 15:47│Comments(3) 規制緩和 | 信用取引

この記事へのコメント

1. Posted by トレーダー   2016年08月27日 23:59
1570の売買代金だけが上がりそうですね
2. Posted by 通りすがり   2016年08月28日 20:26
東証の取引時間延長に絡むのでは。
PTSで個人投資家が信用取引で盛り上がる

機関投資家が夜間の値動きを見て取引したいが市場外取引は使い勝手悪い

東証の時間延長に乗り気になる

SBIもPTSで儲けさせてもらった手前前向きに転換
3. Posted by なつ☆ていおう   2016年08月29日 23:27
東証が夜間取引する可能性はないと思います。
まえもちょっと書いたけど
東証の値決め(終値)は投信の算出にかかわってるし
機関投資家もわざわざ夜間に関わるメリットないですし。

ただPTSっていう市場がもっとどんどん大きく拡大して
売買代金が膨らんできたら別の可能性が出てくることはあるかもしれないけど。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔