yogurting ヨーグルティング

2016年07月25日

ソフトバンク、スマホ証券の「One Tap BUY」に10億円出資

株取引 スマホで簡単に ソフトバンクがネット証券に出資
2016/7/22 23:54     日本経済新聞 電子版 
ソフトバンクは新興インターネット証券会社のワンタップバイ(東京・港)とスマートフォン(スマホ)で株式を簡単に売買できる仕組みを開発する。年内にもサービスを始める。格安スマホの台頭で通信収入の伸び悩みも予想されるなか、ソフトバンクは新型保険の開発で住友生命保険と提携するなど金融関連のサービスを増やしており、新たな収益源に育てる。
このほどワンタップバイに10億円出資して筆頭株主となり、ソフトバンクの持ち分法適用会社とした。出資比率は非公表。ワンタップバイは株価にかかわらず1万円から株を売買できるスマホ向けサービスを6月に始めている。
同社が売買相手となることで利用者は1万円単位で取引できる。
両社でソフトバンクの契約者がスマホで簡単に口座開設や決済ができる仕組みを開発する。ソフトバンクの契約者向けの優遇策も検討する。取引サービスはワンタップバイが提供する。人口減や格安スマホの台頭で国内の通信市場は伸び悩むとみられており、新たな収益源の確保が課題となっている。ソフトバンクは21日に住友生命などと保険契約者の健康増進を後押しする保険の開発で提携を発表している。
0726









ソフトバンクが「One Tap BUY」に10億円出資するというニュースが出ていました
ただしこのニュース内容は読んでも意味が非常にわかりにくい。
ちゃんと主語や目的語が書いてないから意味が通じてない部分が多いんだおねφ(.. )
まるでバカが書いたような文章なので日本語として成立してなくてわかりにくい
・「One Tap BUY」のノウハウを使ってソフトバンクが参入って意味なのか
・ソフトバンクが支援して「One Tap BUY」が日本株をはじめるって意味なのか

そのあたりの表現が適当なのであまりわかりません(´・ω・`)

「One Tap BUY」は現在のところアメリカ株しか売買できません
恐らくソフトバンクから10億円出資を受けて日本株のサービスを始めるって意味なんでそ
サービスとしては完全にオワコンっぽかった「One Tap BUY」としては
なんとかして出資を受けないと会社を継続できなくなったってことでそう。おそらく

この会社は元岡三証券香港事業部にいた人が立ち上げた証券会社のようです
最初は自己資本で起ち上げて、現在はファンドなどから18億円ほどの資金を調達済み
https://www.onetapbuy.co.jp/company.html
設立当初の岡三オンライン証券が自己資本20億円くらいで開業してた記憶なので
おそらく20億円前後がネット証券を立ち上げるための最低投資額なんでそうφ(.. )
今回ソフトバンクが「One Tap BUY」に10億出資したようなので
35%の株を握る大株主になったってことは実質的には乗っ取られたともいえるでそう
逆にいえば商売がそれくらい追い詰められてたって証拠ともいえるおねΣ(・ω・ノ)ノ
(一般的に、最後にやってきた投資者が会社の決定権を握るってのはそういう意味でそ

ソフトバンクは子会社Yahoo!ジャパンを通じてネット銀行のジャパンネット銀行に出資して
最近だと旧サイバーエージェントFXを250億円くらいで完全子会社化しています。
この流れならてっきりYahoo!ジャパンがネット証券を買収するのかと思ってたら
いきなりソフトバンク自身がネット証券買収に動いたってことは驚きでしたΣ(゚д゚;)

なによりソフトバンクの孫さんはSBIの北尾さんとは大の友人関係だし
そもそもソフトバンクの管理財務部門が独立した会社がSBIホールディングスなんだおね
いわばこの2社は生まれは同じ兄弟みたいな会社だってことです
今回のソフトバンクの「One Tap BUY」買収はその兄弟の縁を切ったと言えます
孫さん自身も親友の北尾さんの首を本気で獲りに動き始めたってことです(((( ;゚д゚)))
まさにそういう意味では仁義なき戦いが始まるってことになるおね。

0722




  ※動画へのリンクあり







いくら兄弟だったとはいえ、現在では資本関係のまったくない赤の他人なので
ソフトバンクは自社の事業拡大を最優先に考えてもおかしくはありません。
しかし孫さんが北尾さんの友人関係を絶ってSBIに喧嘩を吹っかけたたのは事実

Yahoo!ジャパンはネット証券買収・参入を何度もにおわせていたので
てっきりソフトバンクの孫さんが義理を重んじて「押しとどめてる」と思ってたのだけど
義理とか人間関係を重視して参入しないなんてのはやっぱりありえない話だったんですね
結果的にSBI側からしたら裏切られ背後から襲われたってことになるので
ストーリーも人間関係も仁義なき戦いそのまんまの舞台ってことですにょ(σ´∀`)σ
(逆の立場からいえばSBIがドコモと組んで携帯事業に参入したっていってるようなもん)
ソフトバンクにしたら兄弟縁を切って背後から襲ってる訳なんで勝たなきゃいけません
もし本気でソフトバンクがさらに追加出資して「One Tap BUY」の拡大に走ったら
恩讐憎悪を交えてのすんごい血みどろの戦いになってしまうかもしれないですね
幹部の引っこ抜きあい、誹謗中傷・泥沼の訴訟合戦とかそういうリアルな戦いへ。

でも手数料の値下げ合戦に発展しやすいので投資家にとってはいいことですにょ(σ´∀`)σ


ss2286234570 at 04:57│Comments(3)TrackBack(0) ネット証券 | 新規参入

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by なつ☆ていおう   2016年08月07日 11:18
最近一番驚いたのがソフトバンクが「One Tap BUY」に出資した事件ですね。

孫さんと北尾さんはいまだに親交があって友人関係だと思ってたので
まさかいきなり孫さんがだまし討ちみたいな構図で
SBI証券の背後から襲いかかるとはさすがに考えてなかったので。

ドコモやKDDIやメガバンクならありえるかもってすこし考えてたけど
まさかソフトバンクが裏切ってSBIを襲うとはびっくりしたにょ(σ´∀`)σ
2. Posted by なつ☆ていおう   2016年08月07日 11:21
「One Tap BUY」が日本株サービスを始めようと思ったら
開発費やランニングコスト含めて100億円くらいは投資額が必要かなと思います。
(岡三オンラインやジョインベストもそんな額だったし)

もしソフトバンクがそこまで踏み込んできたら
おそらくスマホのみのサービスだとしてもかなり手数料を値下げして参入するだろうし
SBI証券側からしたらとても黙認できないので対応することになるでしょう。

手数料値下げ競争が再加速する可能性があるってことですね。
3. Posted by 高本   2017年02月18日 17:09
1 この林和人という人物は信用できんし、客を馬鹿にしてるとしか思えない!
ユナイテッドワールド証券という会社を創業した人物だが、そこでタイ株式の営業を始めた、そして営業不振だからやめると言われて、私は長期保有目的のタイ株を無理やり売却させられました。
そして数年後、東南アジア株が活況をはじめたら、またタイ株式の営業を再開していました。
本当にお客さんを馬鹿にしてるとしか思えません。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔