yogurting ヨーグルティング

2016年07月04日

ソフトバンク、国内派とアローラ派が暗闘してたもよう

孫氏は米国でアローラ氏を口説いていた2014年、実は幹部人事をめぐって二股をかけていた。アローラ氏に「キミと一緒に仕事をしたい」と甘くささやく半面、この年6月の株主総会で、2000年入社の後藤芳光(元安田信託銀行勤務)、01年入社の藤原和彦(元マツダ勤務)両氏を取締役に起用したからだ。創業3年後の1984年入社の宮内謙副社長と、若返りを果たしたヤフーの宮坂学社長(ソフトバンクの非常勤取締役)に加える形で、準「生え抜き」の2人を取締役に起用。当時の幹部からは「サラリーマンでも役員になれるんだという希望を与えた人事」といわれた。
ところがその3カ月後の14年9月にアローラ氏が「バイスチェアマン」という肩書で入社し、さらにその一年後の15年6月には、孫氏の「事故でも起きない限り彼が最有力な後継者候補」という触れ込みで、アローラ氏が副社長に大抜擢されると事態はややこしくなる。このときまで副社長だった宮内氏はヒラ取締役に降格、後藤、藤原両氏も在任わずか1年で取締役の任を外される一方、アローラ氏はラジーブ・ミスラ氏(ドイツ銀行出身)、ディープ・リシャール氏(グーグル出身)、アロック・サーマ氏(モルガン・スタンレー出身)ら自身と同じく米国勤務歴のあるインド系の人材を続々スカウトし、チームでソフトバンクに乗り込んできた。最近は40〜50人の規模になった「ニケシュ・チーム」は新興ベンチャーへの投資、M&A、さらには資金調達など様々な事柄に口を出すようになった。
昨年暮れごろから私が耳にするようになったのは国内派と外人部隊の不協和音だった。英国への本社移転、幹部人事、東証の上場をやめ海外に再上場……。そんな案が浮かんでは消えた。昨年暮れ会食したソフトバンクの関係者は「ニケシュたちが、ラジーブをCFOにしてくれといってきているが、孫さんは決めかねて、のらりくらりしている」「投資案件で意見が対立し、ニケシュが孫さんを厳しく批判した。孫さんはすっかり愚痴っぽくなっている」などと内部の雲行きが怪しくなっていることを打ち明けた。
0704










ソフトバンクの内部対立。これはもう起きるべくして起きたってことでそう
零細企業から大手携帯会社にいたるまでこれまで何十年もかけて
ソフトバンクを支えてきた幹部社員や重鎮がはしに追いやられて
1年ちょっと前に入社してきたアローラ派が肩で風をきりながら闊歩する
(しかも入社してきたのは外資系証券・銀行出身の高給取りばかり)

例えそれが日本でなくどんな国であっても、どんな企業であっても
これと同じことが起きたら確実に内紛が起きて権力闘争が勃発するおね

そして最終的には社内での権力闘争がドンパチ始まりだして
次第に孫さんを蔑ろにしてアローラ派(急進派)が暴走の兆しを見せはじめたので
ついに孫さんが権力を使ってアローラ派を一刀両断に切り捨てたということ
そして、アローラ派は一人残らず社内から追放されていなくなりました(´・ω・`)

良いか、悪いかという問題はさて置いて
混乱を最小限度で収めるために一方の派閥を完全に切り捨てたってのは正しいでそ
こういうのはどちらも中途半端に残してしまうとさらに抗争が長引きます
それをなくすためにアローラ派だけが完全に一掃したってことだおね。
ニュースではソフトバンクがなん夜間やといろんなネタを出して誤魔化してましたが
なつさんは「人事情報」を読んですぐに変だなと気づきましたφ(.. )
平取りに降格してた元副社長の宮内氏がいきなり副社長に返り咲いてたからです

上場企業の方針って必ず人事改定のお知らせにまとめて重要情報が載ってるので
誰が切られて、誰が昇進してるのかを見ると「ああ、そういうことか」となります(`・ω・´)
今回のケースではアローラ派が一掃、国内派が昇進とかなりはっきりした内容でした

ただニュースを丹念に読んでいくと国内派とアローラ派が激しく権力闘争したってより
実際には増長したアローラ派を孫さんが押しとどめて手打ちにしたって感じなんだおね
ソフトバンクはもともと投資事業会社で実業をあまりやってない会社でした
「虚業、虚業」と散々いわれて貶められるようなことも多かったので
損さん自身は携帯事業やネット回線事業といった実業を強く望んでるみたいです

ところが新社長候補だったアローラさんは外資系金融機関から人材を集めて
あきらかに投資事業会社にしようと舵を切ろうとしてたんでそ 
本社もアメリカかイギリスに移して、いっそ国内の携帯事業も売却でもしてしまって
資金をあつめて完全に投資で稼ぐ組織に変えようとしてたんじゃないでそか。
そしてそれを快く思わなかったのが大株主の孫さんで、急遽中止させたってことでそ 

アローラ一派が進めたという昨今の株式売却を見ればそのあたりがはっきりしてるおね 
どっちが良い、悪いって話じゃなく、ようはビジネスの路線が喰いちがってたってことでそ。 

ss2286234570 at 16:12│Comments(1)TrackBack(0) 権力闘争 | 内部抗争

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぺこぽん   2016年07月09日 06:14
朝鮮人、インド人を信用しないニダ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔