yogurting ヨーグルティング

2016年06月17日

アマゾン、ヤフーの猛追で楽天国内モール事業も黄信号

楽天、海外事業立て直しで問われる真の底力
2016年06月12日 東洋経済
6月8日には欧州のECモール事業で抜本的な見直し策を発表した。英国とスペインからは撤退。オーストリアは拠点を閉鎖してドイツにサービス提供機能を統合、今後はフランスとドイツに経営資源を集中させる。8月末までにサイト閉鎖を終え、欧州全体で従業員100人前後を削減する予定だ。すでにアジアでは見直しを進めている。インドネシアとマレーシア、シンガポールでは、3月にECモールを閉鎖。タイではECモール事業会社を4月に売却した。三木谷浩史会長兼社長は2月の決算会見で、「東南アジアはまだECの市場規模が小さいため、事業モデルの修正を実施していく」と説明している。
アジアに続いて、欧州でも大ナタを振るったことで、10カ国・地域以上に進出したECモール事業の海外拠点は、台湾や米国と合わせて、5カ国・地域まで縮小。海外は、これまでの先行投資を伴う拡大路線から一転、米EC支援子会社のイーベイツなどを軸に、着実に収益貢献できる体質への変換を急ぐことが鮮明になった。
2014年には1000億円前後の買収を2件行うなど、海外展開を急速に進めてきた楽天。だが今、力を注ぐのは、国内事業の競争力強化だ。海外事業を中心とした減損損失が響き、2015年度は8期ぶりの営業減益となった。一方で、国内の楽天市場を取り巻く環境も急速に厳しさを増しており、早急に手を打つ必要があるからだ。最大のライバルであるアマゾンは、配送の超・高速化や有料会員向けの動画見放題をはじめ、サービスを急速に強化している。さらに同じモール型ECであるヤフーの「Yahoo!ショッピング」も、品数の充実とポイント還元の強化を武器に、新たな顧客の獲得を加速。自社クレジットカード「Yahoo!JAPANカード」との組み合わせで会員を囲い込むという、楽天と同じビジネスモデルで追い上げを図っている。
0227











ここにきて業績の悪化がはっきりとしてきた楽天のお話ですφ(.. )
過去1年間とその前の四半期決算の数値をみているともう明らかに業績が衰退してるおね
個別でいえば国内金融事業(証券、カード、銀行)や楽天トラベルは伸びてるようだけど
主力の国内モール事業が頭打ちになってきてライバルに負けてしまっています

ヤフーは社長を変えてからかなり意欲的になって成長力が大幅アップしています
旅行事業強化のために一休も買収したし、モール事業もとことんお金をつっこんでる
まだ楽天に買ってるわけじゃないけど、ここにきて成長率が大きく向上してて
いつのまにか国内モール事業の成長率が楽天よりはるかに高くなってるおね。
楽天市場が磐石の「楽天経済圏」なんていわれてたのははるか過去の話。
明らかにヤフーとアマゾンに陣地を食い荒らされて追い詰められてきてるように思います
ここ1〜2年くらいヤフーのCMもものすごく目にするようになったし
CMやりゃいいって訳じゃないけど、成長力が急に伸びた要因であるのは間違いないでそ



また国内ライバルとして最強といわれてるのがアマゾンだおね
売上高もでかいくせに成長率でも楽天市場と比べ物にならないくらい高い
最近になってやたらCMを打つようになって見たことがある人も多いはず。
CM打てばいいって訳じゃないけど、それくらい必死になって伸ばそうとしてるわけだし
CMの質も高いし、CMを目にする頻度もいつの間にか楽天よりも多いなと感じます
つまり楽天は成長力だけでなく、必死さでもアマゾンに負けてるってことでそ(´・ω・`)

楽天が2014〜2015年に海外事業にうつつを抜かして国内事業を放置してる間に
ヤフーとアマゾンの猛攻を受けて国内事業が陥落しそうになってるって構造だおね。
楽天の四半期の業績の伸びが明らかに悪化してる要因もこのあたりにありそう
楽天はいつの間にかSBIだけでなく、ヤフーやアマゾンにまで包囲されてるわけで
この3社を同時にライバルとして戦わないといけない苦境に陥ってるってことΣ(゚д゚;)
ちょっとやそっとの努力では再成長軌道に乗せるのは難しいだろうって印象だおね




2016年06月09日
楽天(4755) 英語公用語化がまったく無意味だったことが判明!

2016年02月26日
楽天CEO三木谷氏 「ワイ、英会話やめるわ。海外からも全部撤退や」

2014年02月20日
楽天がバイバーを買収して株価暴落↓


ss2286234570 at 04:51│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 業績悪化 | 悪材料

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔