yogurting ヨーグルティング

2016年05月26日

【悲報!】高速鉄道大国中国さんに、日本勢は入札で連敗しまくり!

フィリピンで鉄道建設を「放棄」した中国、高速鉄道発展計画の実現性は?
中国はインドネシア政府と高速鉄道建設で合意しており、「2016年1月21日に建設を開始した」と紹介。全長約150キロメール、最高設計時速350キロ、19年の開業を目指すと報じた。しかし、実際は1月の起工式以降、中国側が提出した書類の不備によって建設許可が降りたのは一部区間にとどまっているとの報道もあり、前途多難が予想される。
さらに記事はタイ、ラオス、中国を結ぶルートについても言及している。現在、タイ政府は鉄道インフラの整備に向けた投資を拡大しており、中国・昆明とタイ・バンコクを結ぶ高速鉄道路線の建設が中国主導で始まる可能性があることを紹介した。
ほかにも、カザフスタン、ロシア、ハンガリー、セルビア、ブラジルでの建設計画が報道されている。中国は世界各地に中国高速鉄道を売り込んでおり、いくつかの国では建設が決まっている。中国政府は長期的な視点で計画を立てており、この点は日本も見習う必要があると言えるが、中国は過去にフィリピンで鉄道建設プロジェクトを「放棄」しており、すべてが中国の計画どおりに進むとは限らない。

中国に騙された! ずさんすぎる高速鉄道計画に大きな後悔ーインドネシア
2016年1月31日、インドネシアの高速鉄道の工事が未だに着工しない。建設許可はクリアされていないものの、21日にはジョコ大統領や中国の国務委員らが出席しての起工式が行われたことから、建設許可の見通しがあり、一両日中に許可が出ると見られていたが、とんだ誤算の起工式になってしまった。
地元メディアによると、中国から提出されていない必要書類が多く、また一部提出された書類は、中国語だけの記載がほとんどで、インドネシア語や英語ではないため、審査担当者は読むことも出来ず審査が進まない。許可を出した区間はわずか5Kmだけ。中国は高速鉄道を建設する意欲が、中国の国内問題を背景に下がっており、中止に持ち込みたいのではないかと疑心暗鬼になっている関係者もいる。
スタート前からこれほどトラブルの連続になるとはインドネシア政府の関係者も思っていなかったようで、期待を裏切られ騙されたのではないかと、後悔する声が強まっている。
また、現政権の面子を保つために無理を押して起工式に漕ぎ着けた格好だったが、1月中に着工出来なかったことで、インドネシア国内でも不安を口にする見識者が増加。

中国がベネズエラから受注した高速鉄道計画「ほとんど放棄された状態」…
フィリピンでも鉄道建設を放棄、インドネシアは?

ほぼ放棄!中国受注のベネズエラ高速鉄道、インドネシア「日本に任せれば良かった?」
中国メディアの新浪はこのほど、中国がベネズエラから受注し、2009年に建設が始まったベネズエラのティナコ−アナコ間の高速鉄道建設計画が現在、「ほとんど放棄された状態である」と伝えている。この建設計画は75億ドルで契約が交わされた全長400kmの路線で、記事は「12年に完成する予定だった」と紹介。しかし中国側の建設スタッフはすでにほとんど撤退しており、その後建設現場に残された金目の物は、すべて現地住民に持ち去られたと説明している。


中国はJR東海から高速鉄道技術を横領したことは一度たりともなく
いただいた技術の横流しも一切ないことで有名な世界No1高速鉄道大国だお(´∀`*)

その中国さんの世界高速鉄道網戦略がちゃくちゃくと侵攻してるようですにょ(σ´∀`)σ
東欧、中央アジアはいうに及ばず、南アジアへも鉄道網を延ばしまくりだおね
日本の技術力や資金力では到底太刀打ちできないくらいの圧勝だお
このままいけば日本が高速鉄道の入札競争で中国に勝つことは到底ムリでそう(´;ω;`)

中国の鉄道インフラの技術力プレゼンテーション能力は日本の比ではありません
〇楾主のどんな我儘にも即座に「対応可能!」と返答する!
建設費用がないと知れば即座に国からの融資保証をつける
事前の地質調査、環境アセスメント調査をしないけど仕上げは完璧
ず埜紊泙農嫻い鯢蕕辰撞工〜完成まで一貫してこなせる総合力

日本の技術が優れていたなんてのははるか過去の話だおね。
いまこそ日本は中国式の交渉力と高い技術力に学ぶべき時期ではないでそか?

中国国内では過去に一度、高速鉄道で大きな衝突事故をおこしました(((( ;゚д゚)))
しかし共産党幹部様の高い指導力と隠ぺい力によって「すべてなかった」ことに
生存者や死者の確認は目にも写らないほど高速で即座に完了させ
あっというまに車輌と死体を地下に埋葬して問題解決してしまいました
もし同じことが日本で起きたら内閣がふっ飛びかねないくらいの大きな事故でしたが
中国共産党はその高い指導力によって問題を解決し、大いに国家発揚に貢献したおね
その凄まじい実行力と解決力は中国国内のみならず各国でも大いに賞賛され
その能力が評価されたからこそ高速鉄道の入札結果につながったんでそう(●´ω`●)
まさにこの「生き埋め力」こそが高速鉄道の海外輸出に不可欠だと考えています。
いまこそ日本は中国にヒザを屈して、多くを学ぶべき時期ではないでそうか

中国の事故処理が酷すぎてワロタ 車両から死体がズルッと
生存者が生き埋めにされた可能性…



0527

 

ss2286234570 at 14:51│Comments(0) 中国リスク | 痛いニュース

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔