yogurting ヨーグルティング

2016年03月10日

餃子のヒロセ通商が3/18にも上場

「ヒロセ通商」のIPO情報総まとめ
スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他のFX取引業者との比較や予想まで解説
2016年2月14日 ザイオンライン
2016年3月期の業績は、売上高が前期比21.6%増の60.4億円、経常利益が同92.6%増の9.3億円と増収増益の見通しとなっている。
足元の同社グループでは、顧客ニーズに対応した取引システムのバージョンアップを行うとともに、これまでも好評を得ていたキャンペーン等を実施することで、顧客満足度の向上を図っている。2016年3月期の期末口座数は対前期末比12.1%増、預かり証拠金残高は同15.4%増を見込んでいる。
米国の利上げ実施等の影響によって為替変動率が改善していくことを見込み、通期の営業収益は対前期比で21.6%増収となる見通し。販売費・一般管理費ではシステム使用料の増加や管理体制強化等を目的とした人員の増加等により対前期比で増加することを見込むものの、増収効果によって営業利益・経常利益はそれぞれ対前期比81.9%増、92.6%増の大幅な増益となる見通し。
0310







餃子で有名なヒロセ通商が3/18にJASDAQに上場するらしいにょ(σ´∀`)σ
本社は大阪でやたら餃子とかカレーとか配ってる会社
たまにかなり不味いレトルト送ってくることもあるらしいけど
それもネタ要因的な扱いになってて未上場のわりにはFX個人投資家には人気があります
他社と一線引いたクセのあるキャンペーンや広告も人気の秘密だおねφ(.. )

0309













IPOに申し込んで当たった人はけっこう儲かりそうだにょ(σ´∀`)σ
2016年1〜2月は為替が派手に動いて出来高もかなり増えてたので業績も期待
なにより同業他社の株価がここのところ元気なので刺激を受けそうだお
さらに投資家への知名度が高いのでそのへんも株価を刺激しそうな感じ
いきなりマネパ並みのやたら割高な評価を受けて高く寄るかもしれません(*´∀`*)ムフー
ただしセカンダリで高値で買うのはただのハイリスクにしか思えないので
上場後の寄りつき日の高値で売ってさっさと逃げるのが上策でそうφ(.. )

業績面で比較すると売上高はマネパと同じくらいの水準なんだけど
販管費なのか何なのか、妙にコストが高めで利益は少なめかなという印象だお
やっぱり派手に配りまくってる餃子やチャーハンにけっこうなコストが掛かってて
利益を圧迫しちゃってるんじゃないかなって感じだおね(´・ω・`)
上場すると利益の最大化と株主還元をかなり株主から突き上げられやすくなるので
ユーザーが大好きなチャーハンや餃子はコストダウンで削られる可能性が高いでそ
食べ物キャンペーンの達成条件が何倍にも引き上げられたりだとか
条件は同じでも配られる餃子の数が1/3に減らされるだとかそういう影響が出そう

こういうクセのある会社って基本的に上場しない方がいいんだおね(。・ω・)ノ゙
上場してないからこそ株主からの圧迫がそれほど強くなくて済んでたけど
上場すると利益拡大配当を要求されるんでコストは圧縮されやすくなります
面白い派手なキャンペーンは自粛されやすくなるし、結果的に魅力も減ります(´;ω;`)
果たしてそれがお客のメリットに繋がるかといったらむしろ逆効果でマイナスだおね
会社の信用度は上がるかもしれないけどメリットはあんまなさそうに感じます

GMOクリックホールディングス(7177) 
http://kabutan.jp/stock/chart?code=7177
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=7177.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額 874億円
(昨年度)売上高249億円 営業利益77億円
(今年度)売上高222億円 営業利益84億円 ←ここの数字は4-12月までの9ヶ月間

マネーパートナーズ(8732)

http://kabutan.jp/stock/chart?code=8732
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8732.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額 279億円
(昨年度)売上高53億円 営業利益11億円
(今年度)売上高44億円 営業利益11億円 ←ここの数字は4-12月までの9ヶ月間

参考として上場してるFX会社3社の株価と業績を比較してみるおφ(.. )
営業利益でマネパとクリックと比べてみるとけっこう大きな差があるおね
業績面で考えたら7倍くらいの差があるのに時価総額の差は3倍程度だお。
ってことはマネパの株価はかなりの割高すぎる水準っていえるでそう(´・ω・`)
時価総額でいえば120〜150億円が本来の実力くらいなので
株価でいえば380〜420円くらいでそうか
ちょっと上乗せして高めに評価しても株価500円で時価総額160億円がせいぜいでそ。

もともと出来高の薄い銘柄だったんでビットコインネタで買い需要に片寄って
株価が300円から1200円までいきなり4倍に上がっちゃってるけど
流動性の低さから局所的にバブっただけかなという印象だお
バイオ銘柄みたいにセクター全体の高PERが許容されてる分野もあるけど
金融(銀行・証券ほか)はわりかし妥当なPERに落ち着くケースが非常に多いわけで
この異常値に近い株価をさらに高く評価するってのはなかなか微妙すぎだおね(´・ω・`)
なにより楽天証券がマネパの株を市場で売りさばいて売り抜けたので
流動株が増えて株券ジャブジャブ状態を考えると、その要因だけで買うのは躊躇われます

マネースクウェアホールディングス(8728)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=8728
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8728.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額 116億円
(昨年度)売上高52億円 営業利益25億円
(今年度)売上高40億円 営業利益18億円 ←ここの数字は4-12月までの9ヶ月間

マネースクウェアとマネパの2社を比べてもマネパの割高っぷりが異常だおね(´・ω・`)
マネスクは2007年に上場してから一貫して業績不振で一時は株価70円まで低迷しました
しかしその後、人気商品になった「トラリピ」で復活して業績が一気に回復
株価は最安値70円から2013年には最高値2740円にまで復活してます(*´∀`*)ムフー
その後も業績はかなり堅調に伸びてるのに株価は奮いません
足元の直近の四半期の業績が良くなかったとはいえ通期ではそんな悪くはありません。
4-12月までの3四半期(9ヵ月間)で営業利益が18億円もあるにもかかわらず
時価総額がマネパの半分以下しかないというかなり異常な状態だお(´;ω;`)
逆にいってしまうとマネパの異常な割高さが証明されてしまってるのも事実でそう
足元の四半期の業績もいいのでマネパに勢いがあるとはいっても
マネパの株価は勢いだけで評価されすぎてるって点を投資家はきちんと理解すべきだおね。

マネパGはストップ高連発、株価は2週間で3倍以上に
マネーパートナーズグループ<8732>が異彩高。きょうも寄り付きカイ気配でスタートし、前週末比150円高は連続ストップ高の1029円で寄り付く人気となった。動意前夜の2月23日の終値は301円で、そこからわずか2週間で株価は3.4倍に化けたことになる。直近9営業日で何と7回ストップ高を演じている。
前週末に政府が、ビットコインなど仮想通貨に対する初めての法規制案を閣議決定したことが伝わり、人気が一段と加速した。増し担保や貸株申し込み制限など信用規制の間隙を縫って投機資金流入の勢いが増している。売り残、買い残ともに厚みが加わるなか直近の信用倍率は1.5倍で需給相場の様相が強い。


ss2286234570 at 06:25│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 FX業者 | IPO

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔