yogurting ヨーグルティング

2015年10月23日

愚乃死ー(6047)さん、業績予測を下方修正されて上場来安値を更新

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では7日付で、レーティングを「ニュートラル」(中立)から「アンダーウエート」(弱気)に、目標株価を1400円から700円にそれぞれ引き下げている。
16年5月期第1四半期(15年6−8月)決算を踏まえ、業績予想を下方修正、あわせて目標株価を引き下げている。カバレッジセクター内での同社の今後の株価パフォーマンスが相対的に下位になると考えることから、レーティングも「アンダーウエート」に引き下げている。単体営業利益について、16年5月期5億7500万円(前期比3倍、従来15億400万円、会社側計画は11億2800万円)、17年5月期12億2300万円(従来28億5500万円)、18年5月期17億3500万円(同45億6300万円)と試算。
第1四半期決算で売上高が前四半期比で減収になった点、営業利益が15年11月中間期会社側計画に対する進ちょく率で15.5%にとどまった点をネガティブに考えたとコメント。

Gunosy(6047) 880円 ±0円 (±0.00%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=6047
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6047.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

上場前には未来の有望銘柄と騒がれていたグノシー(6047)さん。
ぼくちんが第二のgumi銘柄として有望視して記事まで書いて特集した銘柄だお(*´∀`*)ムフー
上場直後に時価総額が460億円近くにまで脹らんでしまい完全にバブル化しました。
しかし、その後の業績進捗がとても悪く、期待を裏切ったことで株価は下げの一途
最高値からたった5ヶ月60%下げるというなかなか新興銘柄っぽさを醸し出しています
 
この度、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が会社の業績予測を下方修正しました。
従来の予測 通期営業利益 15億0400万円 ⇒ 今回の予測 5億7500万円
来期の予測 通期営業利益 28億5500万円 ⇒ 今回の予測 12億2300万円 


ちなみに今回下方修正したのはあくまで証券会社のアナリストの予測であって
グノシー(6047)自身が業績予測を下方修正したわけではありません。
会社自身は、もしかしたら下期に大きく回復できるとまだ考えてるってことだおね(*´∀`*)ムフー

ただ以前も書いたけどグノシーは裏上場マニュアルに書いてあるかのごとく
上場直後の一発目の四半期決算の数字がよく見えるように数字を作ってきた会社だおね
ぼくちんもあそこまでミエミエの手法でやってくるとはさすがに予想してませんでした。
しかし、上場して2回目四半期決算では悲惨な数字を出してきました(´;ω;`)
決算資料の4ページ目に「1DL当たりの収益性は稼働広告主数の減少により低下」とあり、
つまりクライアント(広告主)に見限られて収益性が悪化したと書かれているわけです。
成長してるからこそ期待されてIPOやったはずの新興企業が
上場してちょうど5ヶ月目に、いきなりお客に逃げられて業績悪化しましたでは話にならんでそ

9/30に、「株価は下げてるけど業績はきっと伸びているはず」と期待していた株主さんの
気持ちを完全に裏切るような決算を出してしまったことで株価は転がり落ちるように下落
9/30の終値1,395円からたったの23日で880円まで下げ、‐36.9%の下げを記録。

しかしぼくちんはグノシーのここからの成長性にさらに疑問をもっています(´・ω・`)
新興企業ってのは「成長してる」、つまり売上高が増えてなんぼの会社だおね。
人を雇って事業を拡大して先行投資をガンガンやってますっていう中学生みたいなもので
学力(営業利益)は伸びてなくても、せめて身長(売上高)だけは成長しないと困るお
例えば、営業利益が直近四半期で2.65億円から0.47億円1/6悪化してるおね。
でもグノシーはテレビCMにすごい予算を投じて先行費用払ってる会社なので
売上さえしっかり伸びてるなら、どこかでコストを抑えればすぐに業績大向上できる
ただし売上高が減ってたらどんなにコストを抑えたり減らしてもしょせん多寡が知れてる。
いずれ会社が縮小均衡になるだけなんで、とにかく売上高は伸ばさないといけない
そういう意味では、グノシーは大きな分水嶺に差し掛かってるってことでそφ(.. )
成長路線へ回帰できるか、あるいは失敗するかの分岐点ってこと。

まずそのためにはグノシー自身がビジネスモデルを一から変えることを避けられないでそ
今のビジネスモデルは派手なテレビCMを打って、クライアント(広告主)の注意を引きつけて
その一方で大量のポイント小銭をばら撒いてアプリのダウンロード数を稼ぐというもの。
ダウンロード数は嵩上げしてるので1,000万を越したようだけど
実際に日々アプリを起ち上げて利用してるユーザー数(ユニークユーザー数)は
少なくてほとんど初回ダウンロード数だけで誰も使ってないんじゃないかという疑惑があります。
実際にグノシー自身もこのユニークユーザー数を一切非開示にしていますΣ(・ω・ノ)ノ

もしグノシーがこれから本気でビシネスを成功させようと考えてるなら
ダウンロード数ばかり指標にしてただこの数字を増やすだけのビジネスモデルから脱却して
実際の利用者(ユニークユーザー数)を増やしていく方向に大きく切り替えるべきだおね
まあいってみれば設立以来一貫してきた考えやモデルを否定するわけなんで
けっこう覚悟もいるし一大転換になるのは間違いないでそうφ(.. )
しかしこういうビジネスモデルの根幹の部分を変えない限り、先がないと確信してるにょ(σ´∀`)σ


1024















平成28年5月期 第1四半期決算説明資料
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS80384/85c87001/cc96/4c09/a282/6254ce7423f4/140120150930406408.pdf


2015年09月30日
クソ株 愚乃死(6047) 奈落の底へ


ss2286234570 at 16:09│Comments(0)TrackBack(0) 業績悪化 | 新興市場

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔