yogurting ヨーグルティング

2015年09月18日

岡三オンライン証券とSBI証券が、松井証券の一日先物を丸パクリ

岡三オンライン証券株式会社は、平成27年9月28日(月)より、日経225先物取引でデイトレードなどの短期売買を行う投資家に最適な「アクティブ先物取引」のサービスを開始いたしますので、お知らせします。「アクティブ先物取引」は、返済期限を1セッションに限定する代わりに、通常の先物取引の約50%の証拠金で取引が行える大変資金効率の良いサービスです。業界最高水準のレバレッジで、より大きな利益を狙うことが可能となり、日中も夜間も日経225先物取引をもっとアクティブに取引したいというお客さまの声をカタチにいたしました。また、「アクティブ先物取引」では、ロスカットルールを採用しており、リアルタイムに証拠金余力を計算し、一定の基準を下回った場合に自動的に全ての建玉を決済するため、損失を一定の範囲に抑えるなど、相場急変時のリスク管理も可能です。
0917













株式会社SBI証券は、2015年10月初旬(予定)より、先物・オプション取引の新サービス「HYPER先物」をリリースすることとなりましたのでお知らせいたします。
「HYPER先物」は、建玉返済期限を新規建てしたセッションに限定する代わりに、当社通常の先物取引と比べて、約1/2※1の必要証拠金でお取引いただける先物取引です。これにより、通常の約2倍の高レバレッジでお取引いただけます。また、建玉上限枚数も大幅に拡大し、個人のお客さまは最大500枚まで取引が可能になるなど、よりアクティブに先物取引をしたいお客さまに最適なサービスです。さらに、従来先物取引では提供していなかったロスカット機能をご利用いただくことができ、証拠金に対して損失が一定の割合を上回ったときに、自動的に強制決済をおこなうことでさらなる損失を防ぎます。

岡三オンライン証券とSBI証券が新サービスを発表しました。
まったく同じ日にまったく同じ内容のサービスを出すのってかなり珍しいおね
内容としては証拠金が少なくて済むハイレバ先物のようです。
名前はそれぞれ違いますが、松井証券がやってる一日先物丸パクリですにょ(σ´∀`)σ
まあある程度にたようなサービスはリーマンショック前からあったし
最初はひまわり証券が作ったのを松井証券がぱくっただけなんでお互い様ともいえます。

この手のサービスは資金効率が向上するという謳い文句で売り出してますが
残念ながら個人的にはこの手のサービスはまったくお奨めできません。
なぜなら実効レバレッジがあまりにも高すぎて非常に危険だからですにょ(σ´∀`)σ
忘れもしない8/24、寄りつきはまだ19,000円台だったのが引け値で18,540円まで下落
しかし怖いのはここから夕場が始まった前後からさらに500円下げてあっという間に
日経225先物は17,900円前後にまで急落するという事態になりました
そして魔の時刻。夕方6時〜7時台はやや小康状態を保っていたものの
アメリカ市場が開始と同時に1000ドル下げるというパニック状態に陥ってしまい
わずか5分間でドル円は3円暴落し、先物は一時17,160〜17,170円あたりまで暴落
夜間先物は15:00の引け値からわずか8時間で1,390円くらい下げています。
先物はたった1日で1840円も下げてるので約10%暴落したってことだおね(((( ;゚д゚)))

ドル円で10%の値動きといえばたった1日で12円円高になるっていうレベルの話でそ
ユーロ円やポンド円ならたった1日で8円くらい動いたのを見たことは何度かありますが。
さすがにメジャー通貨であるドル円が1日で12円も動いたらパニックどころではありません
こんな状況で日経先物ラージを通常の2倍のレバレッジでやるなんてキチガイでそ(゚д゚)、ペッ

さらにいうと、流動性という非常に危険な罠があります(´;ω;`)
ドル円のような主要通貨は世界中の機関投資感も参加してるメジャーな市場です
しかし日経225先物なんて日本国内に限定されたものすごく狭い市場にすぎません。
市場がパニックになれば流動性がなくなって、板はスカスカになりまともに約定すらしません。
さらにいうと大地震などにおける災害時の流動性は危険どころの話ではないでそう
国際的な取引である通貨取引なら大暴落してもなんとかレートは存在しうるし約定はします。
(なぜなら海外から膨大な注文が出てくるので需給というものがなんとか存在しうるから)
しかし、東南海大地震東京大地震クラス未曾有の事態が起きてしまえば
サーキットブレーカーが発動しまくりというだけでなく約定すらしなくなるでそう。
もしそれが日中ではなく夕刻や夜間であればさらに深刻な事態になり
おそらく日経225先物はいわゆるストップ安状態になって完全に詰みます

通常の50%の証拠金で先物ができるというこの手のサービスでは
リアルタイムで口座の証拠金を値洗いして自動ロスカットするというサービスがあります。
しかしこの自動ロスカットとは市場の流動性があって初めて効果を発揮するものだおね
もし金曜日の深夜に巨大地震がおきて瞬時に先物が暴落してしまえば
おそらくもう間にあわないのでロスカットしてくれるかどうかすら怪しい事態になるでそう
これはもう平日でも同じで、深夜12時過ぎに地震がおきてしまえば
サーキットブレーカーが発動しまくってももう約定は保証されない事態になるんだおね。
(需給が完全に崩れた状況下で約定を遅らせてもあまり意味はないからです)
当然ながら本来自動ロスカットされるはずだった建玉は持ち越されてさらに危険になるでそ
もし先物の前日03:00における終値が17,500円だとしたら
翌朝の寄り値は15,400円とか、14,700円といった未曾有のスタートの可能性もありえます
値幅制限が拡大されまくった値段でロスカットされてももう手遅れだおね(((( ;゚д゚)))
間違いなくとんでもない額の追証をかかえて訴訟沙汰まったなしになるでそ(´;ω;`)

一番危険なのは自動ロスカットがあるから次のセッションまでの持ち越しはされない
というルールを鵜呑みに信じてしまって、無茶なポジションを持ってしまうリスクです
自動ロスカットによる強制決済は市場の流動性があって約定して初めて意味があるもので
巨大地震がおきてしまったような事象下においてはむしろ無意味と考えるべきだおねφ(.. )
なにより取引所が一時的に取引を停止して待ってしまう可能性があるので
もし深夜12時以降に大地震がおきて取引を停止される事態になれば当然市場は閉まったまま。
ロスカットされない建玉を強制的に持ち越しになって翌朝をむかえるパターンですにょ(σ´∀`)σ

その中でも一番怖いのはその後に起きる事態でそう(´・ω・`)
証券会社は日証金にお客のお金と株券を担保に入れてお金を借りていて
その金を個人投資家向けに信用取引として貸し出すというスキームをもっています。
最近は市場が活況なのでどこのネット証券もものすごい額の信用建玉を抱えています
SBI証券は7870億円、楽天証券は3580億円とかなりの額だおね

0919









もし巨大地震がおきて市場が大暴落すると最初におきるのは証券会社の追証です
これは日証金に差し入れているお客の担保価値が急落してしまったことによって
各証券会社が緊急で日証金に対してお金を差し入れる必要があるからですφ(.. )
東北大震災直後におきた原発事故と先物の暴落した状況下において
楽天証券なんかだと住友銀行から200億円ほど緊急で借りてきて払ってるようです
株価が低迷して信用建玉が少なかった時期ですらこの程度なので
もし今のような信用建玉が膨らんでる時期だとさらに2〜3倍の額になるでそう

これは金融機関から資金借りてきて払えば済むのでまだ大したことはないですが
一番怖いのはその後に起きる信用や先物によって発生した回収不能の追証
特損に計上されて自己資本が決定的に傷んでしまう事態です(´;ω;`)
自己資本が数百億円規模あって手元資金を豊富にもってる大手ネット証券はいいでそう。
とくに松井証券は資本も厚いし、三菱系列のカブドットコムはかなり重厚な体制です
一番リスキーなのは圧倒的に飛びぬけて岡三オンライン証券だおね(´・ω・`)
自己資本もせいぜい20〜25億しかないし、赤字なので手元資金も少ないでそ
もちろん親会社は大手なので緊急増資をしてくれればなんとか乗り越えられますが、
東京直下型の大地震だと緊急増資が間にあわないかもしれないというリスクが生じます
一般的に大型の増資は親会社の取締役会決議事項なので
もし東京直下型の大地震直後でこの取締役会決議が即開催できるのか?ってことだおね。
もし増資が遅れれば、営業停止命令が出る可能性が高くなるのでけっこうなリスクでそう。
しかも自己資本が25億の会社で特損が30〜40億とか出たら致命的どころではありません

巨大地震というこれからかなり高い確率で生じるリスクを考えてみると
なんで岡三オンライン証券が今回のようなサービスを開始したのか理解不能ですにょ(σ´∀`)σ
赤字で儲からないから一発逆転を狙ってハイリスクな商売に手を出すというのはよくある話。
しかし、それにしても自分の身をわきまえないとんでもない愚行としか言いようがないおね
資本金と資本準備金が200億円ある松井証券に比べ、20億円程度しかない岡三オンラインが
同じようなリスクを負ってハイレバ先物をやるなんてちょっと頭が逝かれてるでそ。
大地震で50〜70億円の損失を出しても松井証券は財務的には平気ですが
資本の薄い岡三オンライン証券が30〜40億円の特損を出す事態になれば
ちょっとシャレにならないようなとんでもなく致命的な一撃になってしまうでそ(((( ;゚д゚)))
赤字で商売がうまく行かないからハイレバで一発逆転を狙うってのは失敗の第一歩だおね。
救いようのないバカってのはまさにこういうのを言うんでそう


2011年03月18日
先物オプション市場で大波乱の展開へ その

2011年03月19日
先物オプション市場で大波乱の展開へ その

2011年03月20日
先物オプション市場で大波乱の展開へ その

2011年03月21日
先物オプション市場で大波乱の展開へ その


ss2286234570 at 16:49│Comments(2)TrackBack(0) 新サービス | 日経225

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぺこぽん   2015年09月20日 08:50
日本ではビジネスモデルの特許は認められていない(だったっけ?)
2. Posted by あ   2015年09月21日 05:07
松井の一日先物利用してるのは、むしろリスク管理能力高い人が多いから、大地震等のケースで追証で死ぬ割合はむしろ通常の先物より低いと思うよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔