yogurting ヨーグルティング

2015年07月27日

ソニーによるソニーFHD(8729)のTOBはありえるか? その1

ソニー が26年ぶりの公募増資を含む4400億円規模の資金調達を発表後、金融子会社の株価が3日連騰となった。背景にあるのは、稼ぎ頭の金融事業が完全子会社化されるとの思惑だ。
ソニーは公募増資と新株予約権付社債(転換社債、CB)で集めた資金を画像センサー向け投資などに充てると発表した。それにもかかわらず市場では、財務基盤が強化されることで自動車保険などを扱うソニーフィナンシャルホールディングス を100%子会社化するのではとの見方が広まった。資金調達が報じられて以降、金融子会社の株価は2日までに11%上昇、7年ぶりの高値を付けた。
ソニーフィナンシャルはソニーが60%の株式を保有する連結子会社で、前期はソニーの事業部門の中で最も営業利益を稼いだ。完全子会社化で利益を100%親会社に取り込めば、同社が目標に掲げる株主資本利益率(ROE)10%達成に貢献できる上、苦戦するエレクトロニクス事業と一体化すれば税制上のメリットも期待できる、との指摘もある。 
0728









この画像はソニーの昨年度(2014/4/1〜2015/3/31)決算資料の1ページです
.押璽燹ネットワークサービス事業ってのはプレイステーションに関する事業のこと
▲ぅ瓠璽献鵐哀廛蹈瀬ツ&ソリューション事業はデジカメとビデオカメラ事業のこと
ホームエンタテイメント&サウンド事業はテレビ・オーディオ・ビデオ事業のこと
ぅ妊丱ぅ校業ってのが半導体やイメージセンサー事業のこと

たかが事業内容をここまでわかりにくいカタカナで書くって真性のアホですにょ(σ´∀`)σ
読み手にまったく説明しようという誠意の欠片も感じないゴミみたいな決算資料だおね。

まずソニーの事業部門別(セグメント別)の営業利益を見ていくと
安定的に営業利益を稼げてるのは映画音楽金融だけなんだおね
他の事業は良いときと悪いときの差が激しすぎて、安定感もないし足引っぱるケースも目立つ。
今は為替が円安にあるから円安効果で+2900億円もの増益効果があるみたいですが、
逆にいえば円高になるととんでもない額の損失が決算を襲うわけでそ(((( ;゚д゚)))
為替の寄与度を見ただけでもいかにメチャクチャな事業バランスかがよくわかります

ちなみに今回ソニーはい離札鵐機嫉業でかなり荒稼ぎしてるとかなんとか。
そこで調達した何千億円の資金をこのセンサー事業にぶち込むらしいです
とはいえ、いまから資金調達してから工場とライン増やすとけっこう時間喰うおねΣ(゚д゚;)
もちろん大当たりしたらいいですが・・・
今みたいに流行り廃りが早いこの世の中で今から増資して
2年後に生産ラインが本格的に立ち上がってきて大増産されるって
本当にそれで問題ないんだろうかってかなり不安を感じるところ
増資やって海外IRツアーに旅立って時間浪費しちゃってるのもかなり痛いと思う。
それなら銀行から即座に金借りて、即ライン増設&稼動を急ぐべきだったんじゃないでそか?

ソニーは今回、公募増資で4400億円の資金調達をしたようです
ものすごく客観的に考えてこの資金を製造業の部門に注ぎ込むのは猛烈なリスクだおね。
まず作った製品がしっかり売れて利益が出るという条件を達成しないといけないし
しかも為替が円高に動いて為替差損を出さないという前提条件もクリアしないといけません。
まして今から3000〜4000億円も投じて工場や生産設備に投資を開始したところで
実際に生産がはじまって市場に商品を卸すまでにものすごいタイムラグがあるでそ
商品が大量生産された頃には市場が壊滅してたとかいうオチがまってる余寒だおね。

もちろん成功する可能性がないわけじゃないけど
せっかく増資で調達した4400億円を丸ごと製造部門に投資したところで
これから先ずっと安定的に数百億円の営業利益をもたらすかって考えたらかなり怪しいおね
むしろ台湾あたりのオーナー系半導体会社が猛烈に技術力で追いついてきて
ソニーが大量生産はじめる前に市場を奪って独占してしまう。
そんな予感がしますにょ(σ´∀`)σ

なぜそう思うか?ソニーを見てると判断してから動くのが「遅い」と感じるからです


ss2286234570 at 05:48│Comments(0)TrackBack(0) 買収 | TOB

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔