yogurting ヨーグルティング

2015年05月14日

ライブスター証券が黒字転換したことが判明Σ(゚д゚;) 〜その2

ISホールディングスというのはこの外為オンラインやライブスター証券、ひまわり証券などを
傘下にもっているそこそこ大手の金融グループといえるでそう
立場的にはSBI証券や住信SBIネット銀行の親会社のSBIホールディングスみたいなもん。
ただし、業績や規模などの情報を一切開示していないので極めて謎の会社です。
ここのグループはまったくといっていいほど情報を開示しない閉鎖的な会社です
有名な外為オンラインですら年に1回だけ業績や取引高を開示するだけだおね(´・ω・`)
多くの一般個人投資家をかかえているネット企業としてはさすがに閉鎖的すぎでそ
0501



過去には東北大地震とその後の先物市場の大荒れによって
たった一晩で80の損失をだしたひまわり証券が破綻寸前に陥りました
(その後、ひまわり証券を救済して買収したのがISグループです)
同時期に、松井証券やカブドットコムですらたった一晩で数十億円規模の損失を出してます。
最近の例では、FXCMという海外の大手FX会社がスイスフランショックの影響で
250億円近い損失を出してたった一晩で飛びそうになるという事件もありました(((( ;゚д゚)))
ネット証券とかFX会社というのはその取引規模が大きいがゆえにリスクも抱えてる会社です。
だからこそ、お客の死産を預かってる会社が適切なタイミングで、財務状況を開示して
情報をお客に伝えるってのはとても大切なことだと思うんですφ(.. )

特にライブスター証券は株式も先物もFXも手広く扱っている会社です
突発的な地震や金融ショックがあれば数十億クラスの特損を出す可能性は常にあります。
しかし資本金は21億円くらいと少な目だし、自己資本規制比率も202%とかなり低いおね
地震一発で先物で20億円の貸倒れをだしたらけっこう危険な局面になります。
そういう時は親会社のISホールディングスが緊急融資と増資をして助けるわけですが
ISホールディングスは財務状況や業績内容一切開示していません(((( ;゚д゚)))
それどころか社長以外の取締役に関する情報すら徹底して開示してません
おそらく子会社の外為オンラインがしっかり稼いで資金は潤沢にもってるはずですが
でもそれはしょせん「おそらく」「たぶん」であって根拠は不明だおね。
ライブスター証券が資本を失ってしまったとき「たぶん」助けてくれるだろうとか
「おそらく」資本援助してくれるだろうってだけではどうしても不安は払拭できません。
なによりもまずISホールディングスが手元資本や財務情報をすべて開示して
不安を払拭することがライブスター証券にとって非常に大切なことだと思います
その程度の努力すらしないってのはやっぱり会社として信用されないでそ(´・ω・`)

せっかく手数料や金利を値下げしてツール開発も頑張ってるなら
なぜお客から信用されるための努力をここまで怠るのか理解できませんΣ(゚д゚;)
お客の資金を預かるという客商売において信用されるというのは極めて重要なことだおね。
そのためにはとにかく包み隠さず、積極的に情報開示することが不可欠です。
しかしライブスター証券もその親会社も気味が悪いくらいに情報を隠したがります
これはお客の信頼を裏切る行為でもあり、極めて最悪な行為でそ(゚д゚)、ペッ
今すぐにでも姿勢を正して、積極的な情報開示を徹底してやるべきですにょ(σ´∀`)σ
でないといつまで経っても、ライブスター証券は「なんか怪しい会社」のままでしょう
せっかく手数料が安いだけにそれはすごく残念なことです。

ちなみに外為オンラインはかつては取引高が最多の国内最大手のFX会社でした
しかし現在ではかなり取引高が減少していてかなり下位に転落しています
国内のFX市場は、1位がクリック証券、2位がDMMFXでこの2社がほぼ市場を独占していて
3位がYJFX(旧サイバーエージェントFX)、4位が外為どっとコム、5位が楽天証券だおね。
ただそれ以降はSBI証券や外為オンラインやヒロセ通商などがしのぎを削ってるみたいで
外為オンラインがいま何位の規模なのかはよくわかりません
わかっているのはおそらく6位〜10位のどこかだろうというだけだおね(´・ω・`)
かつては、税引き前利益だけで毎年30〜50億円ちかく稼いでる絶好調の会社でしたが
直近では業績も低迷してるみたいです。
(昨年度2014/4〜2015/3の数値も非開示なのでこのあたりもすべて不明です)


2015年01月17日
スイス・フランショックが海外FX業者を直撃

http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2015-01-17.html

2011年08月18日
ひまわりホールディングスはどうなるのか?
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2011-08-18.html 

2011年04月09日
ネット証券のビジネスモデルと新興不動産のビジネスモデル
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2011-04-09.html

2011年03月31日
先物オプション市場で大波乱の展開へ その
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2011-03-31.html
2011年不足金発生額ランキング(暫定版)
1位 ひまわり証券 80億円
2位 カブドットコム証券 39億円
3位 松井証券 35億円
4位 岡三オンライン証券 18億円
5位 マネックス証券 13億円
6位 トレイダーズ証券 11億円
7位 クリック証券 3.9億円


ss2286234570 at 06:25│Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ネット証券 | FX業者

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがり   2015年05月16日 16:33
DMMFX、ついに世界一位となったと出てました。
2. Posted by 追証5000万円   2015年05月22日 18:25
5 とても勉強になりました。
やはり、開示情報が少ないようですね。
裁判で係争中の身としては、どんな会社か分かりずらく逆に怖いです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔