yogurting ヨーグルティング

2015年04月20日

ライフネット生命がKDDI・三菱東京UFJ連合の傘下に 〜藪ドラゴン〜

先週、ECサイト運営のルクサを子会社化したばかりのKDDI。今度はライフネット生命保険との資本・業務提携を発表した。ライフネット生命では、監督官庁(金融庁)の認可を経て5月中にもKDDIを割当先とする第三者割当増資を実施する。KDDIはライフネット生命が発行する普通株式800万株 (議決権ベースで15.95%) を30億4000万円で取得する予定。KDDIでは「ライフネット生命はこれまでどおり経営の独立性を維持・確保しながら、さらなる成長を目指す」としている。
KDDIは、プリペイド型決済サービスの「au WALLET」や三菱東京UFJ銀行と共同出資して展開するネット銀行の「じぶん銀行」など、IDサービス「au ID」を起点とした金融事業領域のサービスを展開している。
今回の提携では、「au WALLETやau IDを起点として金融ビジネスをさらに推進し、金融事業領域での事業拡大を目指すとともに、auの商品・サービスと融合した従来にない新たな金融サービスを提供する」としている。
0422









これまでいつもライフネット生命に批判的な意見の多かった当ブログですが
今回のKDDIとの資本提携は最高にGJだと評価します(●´ω`●)
格付けを3段階くらい引き上げてもいいくらいの高い評価だと思います
おそらく考えられる選択肢の中では最高位の素晴らしい選択だったといえるでそう
ソニーFGとかメガバンの傘下にすぐ入るべきだと過去にも書いてますが
今回の件で、ライフネット生命はKDDI・三菱東京UFJ連合の傘下に入ったことになるので
結果的にはメガバン傘下に入ったともいえるんじゃないでそか?

前回、ライフネット生命がオリックス生命や楽天生命に対抗して値下げしたときは
無謀すぎるし業績悪化しか招かない最悪の選択だとこっぴどく批判しました
なぜなら同業のライバルであるオリックス生命、楽天生命、SBI生命は
ライフネット生命なんて足元にも及ばない巨大グループ会社をバックに持ってるからです。
資金力のない企業が資金力のある会社と資金勝負するのはほぼ自殺行為だおね
オリックス、楽天、SBIなんてのは簡単に300〜1000億くらい資金を供給して
実弾攻撃を仕掛けてこれるくらいの超強力な企業グループですφ(.. )

100億円すら調達できないライフネット生命がそんなのを3社同時に相手するなんて
竹やりで戦車と戦うどころか、竹やりで艦載機付きの空母と交戦するようなもんだおね
どんなに力を尽くしても努力しても勝負に負けるのはもう見えてる話ですにょ(σ´∀`)σ
値下げしたのが悪いってゆってる訳じゃなく、力関係と資金力を無視して
無謀な喧嘩をふっかけたところで絶対に勝ち目はないよねって言ってる訳です
まあ今回はその資金力の差が解消されるきっかけになるはずなので大きな好材料でそう。

記事には書いてありませんがKDDIは子会社に「AU損保」なんて会社も持ってます
(ただし毎年3億円の赤字を4年垂れ流してるどうしようもないクズ会社ですけど)
おまけにじぶん銀行というネット銀行まで半額出資してもっているので
ここらでネット生保会社を買収したとしても非常に頷ける話でそう(´∀`*)
KDDIにとって将来的にプラスになる話なのかはわかりませんが
少なくともライフネット生命にしたら超金持ちのバックができたんでイケイケだおね
しかもKDDIは裏で三菱ともつながってるのでKDDI・三菱東京UFJ連合を形成してます。
つまりカブドットコム、じぶん銀行、AU損保、ライフネット生命らは
従兄弟か親戚みたいな関係になるので、互いに協力しあう関係になるってことでそ
ライフネットにしたらこれ以上ない援軍を味方にしたことになるの最高の一手だおね。

むしろ最悪の結果を招いてしまったのはオリックス、楽天、SBIだおね
ここまではグループの資金力で圧倒的に有利な立場で戦略を進めていたのに
いきなり「藪を突いてKDDIというドラゴンが出てきた」のでシャレになりません(´;ω;`)
藪蛇どころか藪ドラゴンという故事の語源になるかもしれないくらいの大失態でそ
まだKDDIが絡んできただけならまだなんとかなる話かもしれませんが
ここでさらに三菱東京UFJやカブドットコムまで絡んでくると厄介です(((( ;゚д゚)))
「藪ドラゴン」だけでなく「藪タイガー」「藪ライオン」まで行くかもしれません
先発のライフネット生命の息の根を止めようと飛び掛ったまさにその瞬間
とんでもない化け物入りの玉手箱を開けてしまったということです(´・ω・`)


2014年10月13日
政治活動やってる場合じゃないライフネット生命の決算

2014年04月14日
ライフネット生命(7157)の運命の分岐点


ss2286234570 at 19:25│Comments(6)このエントリーをはてなブックマークに追加 ネット生損保 | 好材料

この記事へのコメント

1. Posted by タカ   2015年04月21日 00:31
(KDDIが支援をしている限りは)ライフネット生命は安泰そうですが、資金力が武器になるは、裏を返せば、オリックス生命のように増資連発ってことで個人投資家としては希釈化が続いて微妙かなあと感じてますが、投資対象としてはどうですか?ありですか?
2. Posted by シュン   2015年04月21日 08:19
そもそもバックがどうこうという話であればその4社は楽天以外みんな三井や住友の親戚関係じゃないかと
ライフネット生命にSBIも金出してますしまだ三菱系列より三井住友系列の出資割合が多いはずです。
3. Posted by タコス   2015年04月21日 20:15
どう見ても、ライフネット生命は経営が下手なので、
経営陣の刷新が必要だと思います。

4. Posted by なつ☆ていおう   2015年04月22日 01:01
>そもそもバックがどうこうという話であればその4社は楽天以外みんな三井や住友の親戚関係じゃないかと

それは違うでしょう。
企業ってのは資本関係がないと普通は出資しないし、支援はしない。
遠い親戚だからってかってに企業のお金持ち出したら、株主から見たらただの泥棒か横領だもん。
5. Posted by なつ☆ていおう   2015年04月22日 01:07
SBI証券はライフネットなんかに出資しないでしょ。
だってグループ内に自前のSBI生保まで作ってるのに
わざわざライフネット生命に出資して支援してたら経済合理性敵におかしいもん。
はっきり言って何のメリットもないし、意味もない。

そもそも出資するならSBI証券じゃなくてSBIホールディングスだしね。
6. Posted by なつ☆ていおう   2015年04月22日 01:11
http://ir.lifenet-seimei.co.jp/stock/overview.html

もしかしたらここに載ってる数字のこといってるのかもしれないけど
どうみてもそれはSBI証券のお客がもってる株でしょ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔